FC2ブログ

TOP ご案内


ご訪問頂きありがとうございます。

鹿児島のおかしな問題や疑惑を追及しています!

身近な問題や疑惑に関する情報提供お待ちしております。(公益性のある問題に限る)

【個人情報は厳守致します】

【リンクフリー・注・提供写真については転載禁止です】

このページがトップページに来るように設定しております。

下記注目記事は定期的に更新しています。

Click→【注目記事】2019/3/26・速報!拝啓 鹿児島県知事 三反園 訓 殿・・・拝啓 鹿児島市長 森 博幸 殿・・・今度からボクのことを予言的中率 史上NO1の暴露くんと呼びなさい!【鹿児島県ビルメンテナンス関連】

Click→【注目記事】
2019/1/5・拝啓 三反園 訓 鹿児島県知事!平成31年度 鹿児島県庁行政庁舎清掃業務入札をズバリ予想致します!的中率上昇中!県民連合 ふくし山 ノブスケ先生【鹿児島県ビルメンテナンス業界編】

Click→【注目記事】
2019/1/7・拝啓 森 博幸 鹿児島市長殿!平成31年度 鹿児島市役所本庁舎清掃業務入札の落札業者をズバリ予想致します!的中率上昇中!鹿児島市議会議員 自民党新政会 仮屋秀一先生・自民維新の会 中島蔵人先生【鹿児島県ビルメンテナンス業界編】

Click→【注目記事】
2018/9/27・最新文書公開!南さつま市民の皆様へ・建設推進を求める陳情に異議あり!・地元住民75%が反対する南さつま市 ごみ処理施設建設問題!南薩地区衛生管理組合は南さつま市民に対し説明責任を果たしたと言えるのか?

Click→【注目記事】
2018/8/1・三反園訓がブラジルで叫ぶ!「なんで締めるの!」「誰が会を閉じていいといった!」三反園訓はそんなに偉いのか?品格無き鹿児島県知事

Click→【注目記事】
2018/2/15・三反園訓 鹿児島県知事の還暦を祝う会・・・三反園知事は恥知らず!西郷隆盛も笑ってる!

Click→【注目記事】
2018/5/8・怪しげな話が聞こえて来た!誘致決定前から利権にまつわる話がチラホラ!奄美大島 瀬戸内町大型クルーズ船寄港地誘致問題【一般廃棄物・産業廃棄物】

よろしければ2つとも↓↓ポチッと↓↓お願い致します。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






来年の鹿児島市議会議員選挙に自民党新政会ベテラン議員の実弟が立候補するとの情報が錯綜!前代未聞の兄弟対決勃発か?兄VS弟!自民党鹿児島県連も注目?

来年の鹿児島市議会議員選挙に自民党新政会ベテラン議員の実弟が立候補するとの情報が錯綜!前代未聞の兄弟対決勃発か?兄VS弟!自民党鹿児島県連も注目?

2019060901164480f.jpg


Click→→2019/5/9・来年の鹿児島市議会議員選挙に自民党新政会ベテラン議員の実弟が立候補するとの噂あり!前代未聞の兄弟揃い踏みでの立候補となるのか?

現職鹿児島市議実弟の市議選立候補の噂について新たな情報を入手した!

一部では「毎回毎回選挙の度に同様の話が聞こえて来るが、これまで立候補すらしたことがない!今回の話も全くのデマだろう」と言われて来たが、最新の情報によるとどうもそうとも言えない様子であることが分かった。

単なるデマではなく、十中八九選挙に出ることは間違いないとの見方が強くなってきたとの情報を得たことからその発信源を追跡してみた。

大方の予想によると「体調面に不安を抱えていることから市議選を戦い抜く体力などあるはずない」「周辺者が本人を煽ってその気にさせているだけだろう」との見方が強かったのだが、今回得た情報をまとめてみるとひょっとするとひょっとするかもしれない・・・そう思うだけの話を聞くことが出来たのでお伝えしたいと思う。

戦いの舞台は来春予定されている鹿児島市議会議員選挙。

現職市議である兄は過去に議長をも務めたことがある自民党新政会のベテラン市議会議員。

実弟の立候補が実現すればまさに鹿児島市議選始まって以来の兄弟揃ってのダブル当選もあるのではないか?との期待も高まっていたが、地方の町議村議選挙ならまだしも鹿児島市議会議員選挙は口で言うほど甘くはないことは立候補者のみならず誰もが分かっている。

では・・・その実弟なる人物が何故に立候補するのか?また、過去に政治に携わったことがあるのか?

今回立候補が噂されているその市議の実弟について調べたところ、国政は勿論のこと地方選挙にすら立候補した痕跡は見つからなかった。

どうやら今回の選挙が初陣のようだ。

何故今さら鹿児島市議会議員選挙に立候補する決意を固めのか?

つい数日前、その理由を匂わせる1つの話を耳にした。

本人は常々「政治家は常に誠実でなくてはならない」「偽善者であってはならない」「何より第一にウソをついてはならない」と口癖のように言っているそうだ。

勿論、政治家は誠実でなくてはならないし、誠実さに欠けるような人物は政治に携わるべきではないと思う。

また、偽善者であるなど以ての外、ましてやウソをつくなど全くもって論外だと言える。

「誠実」「偽善」「ウソ」この3つのワードは何を意味しているのか?

政治家というより人として絶対に欠かすことが出来ない誠実さ。

偽善、ウソについては議論するまでもない。

何故、今回のブログタイトルが「来年の鹿児島市議会議員選挙に自民党新政会ベテラン議員の実弟が立候補するとの情報が錯綜!前代未聞の兄弟対決勃発か?自民党鹿児島県連も注目?」となったかは、この3つのワードに深く関係している。

まさに「前代未聞の兄弟対決勃発」となる恐れがあると考えたからだ。

聞くところによると、どうやらこの実弟なる人物は有権者に対しどうしても訴えねばならぬことがあるのだという。

自身の政治信条については勿論のことだが、と同時に実兄の政治に対する姿勢についても正さなくてはならないと呟いていたそうだ。

「正さなくてはならない」とは、どう考えても穏やかな話でないと受け取れる。

兄は谷山地区を地盤とし福祉問題に力を入れている自民党新政会所属のベテラン議員。

また、そのベテラン議員の実子も現職の鹿児島県議会議員として活躍中だ。(注・先日、自民党鹿児島県連 組織委員長に就任)

親子揃って福祉問題に力を注いでいる。

ベテラン議員一族に何があったのか?

「正さなくてはならない」とはどういう意味なのか?

・・・・・・・・・・

実は、その実弟なる人物が意味深な発言をしていたことが分かった。

「家族すら知り得ない話がある・・・」「議員である前に人として如何なものかと思う・・・」

・・・・・いったい何が・・・・・あったというのか?

家族すら知り得ない話とは・・・・・

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






気になるニュース!自民党二階幹事長が講演!予定どおり次は国土強靭化対策ですか!なんとも根回しがいいですなぁ〜まずは手始めに奄美大島 瀬戸内町?

気になるニュース!自民党二階幹事長が講演!予定どおり次は国土強靭化対策ですか!なんとも根回しがいいですなぁ〜まずは手始めに奄美大島 瀬戸内町?

2019061520175102d.png
【しなやか?安倍さんが好きそうなフレーズですね】

Click→→鹿児島県 奄美大島 大型クルーズ船寄港地関連・過去記事一覧

Click→→
2018/9/11・鎌田愛人町長が次期瀬戸内町長選挙に出馬表明!「瀬戸内創世マニフェスト・次期長期振興計画を着実に実行することが私の責務であり使命」・・・使命って大型クルーズ船寄港地誘致と国土強靭化計画のこと?

Click→→
2018/8/17・【過去記事 再掲載 一部加筆】瀬戸内町 町政懇談会の開催スケジュール周知されず!町民からクレームの嵐・・・PPP/PFIによる民間資金の積極的な活用を図る?瀬戸内町大型クルーズ船寄港地誘致問題【内閣官房国土強靱化推進対策室・内閣府民間資金等活用事業推進室】

全てが想定内?

地元MBCニュースから引用させていただきました。

【政府の防災対策に理解求める 自民党二階幹事長が講演】

自民党の二階俊博幹事長が15日鹿児島市で講演し、「相次ぐ自然災害に対し、先手先手の対策が必要」と述べて、政府が取り組む防災対策に理解を求めました。

二階幹事長は15日、鹿児島市で開かれた自民党県連の定期大会で講演しました。その中で、相次ぐ自然災害について、「前もって対応すれば、国民の負担も軽くなる」として、次のように述べました。

(自民党二階俊博幹事長)「先手先手の災害対策をやっていかなければいけない。これが長年政権を預かっている自民党の責任ではないのか。」

二階幹事長はこのように述べ、政府が昨年度から3年間の緊急対策として、3兆円以上かけて河川や道路の防災・減災や学校施設の耐震化などに取り組む国土強靭化対策に理解を求めました。
その上で、参院選鹿児島選挙区の自民党候補への支持を訴えました。

【引用終了】

時事通信ニュースより引用させていただきました。

【災害対策、来年度から本腰=自民・二階氏】

自民党の二階俊博幹事長は15日、鹿児島市内で開かれた党鹿児島県連大会で講演し、「われわれはもっと腰を据えて、先手先手の災害対策をやっていかなければならない。必ず政治の場、来年以降の予算の場ではっきりさせていきたい」と述べ、来年度予算編成から防災、減災対策に本腰を入れていく考えを示した。

二階氏は「(災害対策を)先にやっておけば、国費も国民の負担も安く上がる」と強調した。 

【引用終了】

本丸登場って感じですかね?

参院選がメインテーマであることは間違いないが、選挙に絡めて国土強靭化対策にも言及。

ボク的には参院選よりも国土強靭化対策が気になります。

瀬戸内町あたりに白羽の矢が立つのではないかと想像しているのですが・・・・・

まぁ〜何れにせよ近い将来何らかの動きがあると思いますよ。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





湧水町が騙したの?それともゴマ産地偽装の鹿北製油が騙したの?未だ支給されない退職金?鹿北製油に関する疑惑はまだまだ続く?【鹿児島県 湧水町 ゴマ産地偽装 鹿北製油】

湧水町が騙したの?それともゴマ産地偽装の鹿北製油が騙したの?未だ支給されない退職金?鹿北製油に関する疑惑はまだまだ続く?【鹿児島県 湧水町 ゴマ産地偽装 鹿北製油】

201906142151552d0.png


20190614215226863.png


Click→→2019/6/12・気になるニュース!奄美大島 瀬戸内町 嘉徳浜護岸工事の公金差し止め訴訟 第1回口頭弁論 ・・・護岸計画の浜にウミガメ産卵・県、専門家交え工事協議中 瀬戸内町嘉徳&気になるニュース ごま産地偽装 鹿北製油

上記掲載の画像を見ていただければ分かるが、これは鹿児島県湧水町が発行した「湧水町 企業・事業所ガイドブック」だ。

「湧き水の町で働いて生きる」・・・なかなかのキャッチフレーズ!センスいいじゃん!と言いたくなる。

ところが2枚目の画像を見ると・・・・・

ハイ!ハイ!出ました!
作務衣姿がお似合いですね!がキャッチフレーズの鹿北製油の社長さんが画像右下に登場。

湧水町もまさかこんな事態になるとは想像もしていなかったのでしょう。

痛々しいくらい丁寧に鹿北製油の企業紹介をしています。ハイ。

【企業紹介より引用】

《どんな事をしている会社ですか?》

創業以来「国産原料」へこだわり、国産なたね油、ごま油、黒ごま油、白ごま油、椿油、えごま油、幻のかやの実油等を製造・販売しています。今現在、工場直営4万坪にアーモンド2,500本を植林しており、日本初となる鹿児島県産・宮崎県産アーモンドを搾取した、「国産・アーモンドオイル」の製造・販売もしております。

自分が暮らす土地で穫れた季節ものを、一物全体エネルギーを余さずいただくという「身土不二(しんどふじ)」といいます。当社では、この「身土不二」の精神に則り、原料本来の栄養分や風味を出来るだけ損なわない、より美味しく安心な製品を提供することを目指して、日々製品作りに励んでいます。

《先輩社員インタビュー!》

Q.現在の仕事内容を教えて下さい。

食用油製造業、出荷伝票作成、出荷発送業務等です。

Q.職場の雰囲気を教えて下さい。

小さな製油所ですので、みんなで協力しながら仕事をしています。

Q.この職場で働く魅力を教えて下さい。

全国または、海外のお客様へ喜んでいただける商品を通じてキャッチボールが出来ることに喜びを感じています。
また、自社農園では、無農薬、無化学肥料を原則とする自然農法を「理想の農」とし、農家の方々ともコミュニケーションをとりながら、安心・安全な良質な原料作りに取り組んでいます。

《特色や魅力、こだわりを教えてください》

鹿北製油では、「石臼式玉締め法(玉搾り)」と「ベラー式圧搾法」という圧搾法にこだわった搾油を採用しています。低コスト・大量生産が可能な大手メーカーが採用している「溶剤抽出法」に比べると、高コスト・少量生産となりますが、薬品を使う事なく、原料本来の自然の風味が生きた美味しい食用油を製造することができ、全国へ宅配しています。最近は海外へも輸出しています。

【引用終了】

・・・・・痛いよ!・・・痛すぎるよ!

よくもまぁ〜これだけの言葉を並べられたものだと感心する。

「低コスト・大量生産が可能な大手メーカーが採用している「溶剤抽出法」に比べると、高コスト・少量生産となりますが、薬品を使う事なく、原料本来の自然の風味が生きた美味しい食用油を製造することができ・・・・・」?????

うちは心遣いが違いますよ!と言わんばかりの強烈なアピール!

薬品を使うことなく?
原料本来の自然の風味?

よくもまぁ〜ここまで言えたもんだね。

ここまで自画自賛しておきながらフタを開けたら「産地偽装」では、自称「日本初となる鹿児島県産・宮崎県産アーモンドを搾取した、国産・アーモンドオイル」などと大々的に宣伝しても誰も信じないし購入しないだろう。

鹿北製油の製品が売れないことについては自業自得だが、消費者感情を言わせてもらえるならば「メイドイン 湧水町」の製品を購入するにも一瞬躊躇してしまう。

鹿北製油は事件後早々にアーモンドがどうのこうのと呑気なことをほざいていたようだが、湧水町のブランドに傷をつけた張本人であるにもかかわらず反省の色など全くなさそうだ。

それと・・・このくだりを読んだ時はマジに怖くなったよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

自分が暮らす土地で穫れた季節ものを、一物全体エネルギーを余さずいただくという「身土不二(しんどふじ)」といいます。当社では、この「身土不二」の精神に則り・・・・・

ドン引きしたくなりませんか?

一物全体エネルギー?
身土不二(しんどふじ)?

頭おかしんじゃね?って言いたくなる。

通常の産地偽装事件を見てもここまで手の込んだ偽装事件なんてありませんよね。

鹿北製油の場合、1から10までストーリーを作り上げ消費者を欺いていた前代未聞のブラック製油会社です。

ちなみにボクは偽装発覚後も楽天やアマゾンで鹿北製油の製品が取り扱われていたことから、それ以降、口に入れるものについては楽天やアマゾンで購入しないことにしています。

それにしても湧水町はいったい何やってんだよ!鹿北製油にバカにされっぱなしじゃないか!と言いたくなりませんか?

補助金は食い物にされ、挙げ句の果てには湧水町ブランドは信用丸潰れ!

早々と補助金返還請求見送りを表明した湧水町はキチンと対処することが出来ない自治体とのレッテルを貼られただろうね。

町長さんは1日も早くこの問題を収束させたいと考えたんだろうけど、消費者の見方は違うと思いますよ。

時間をかけてでも徹底的に調べ上げることが、湧水町はグレーな自治体ではないと評価されたはず。

今回の幕引きは大失敗・・・いや・・・ある意味大失態だと思いますよ。

あっ!そうそう!

大失態と言えば・・・企業紹介の2枚目の画像右下に「勤務概要」が記載されていますが、退職金制度ありって書いてありますよね!

ボクが得た情報によると、退職された元職員さんたちには退職金支払われていないとか・・・・・

退職金制度ありは湧水町が騙したってこと?
それともゴマ産地偽装の鹿北製油が騙したってこと?

消費者を欺くくらいへっちゃらな会社なんだから、社員も騙しちゃいましたよ!ってことなんだろうね。

身土不二(しんどふじ)?

笑えないよね。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





速報!奄美市 男子中学生指導死について奄美市教育委員会が当時の対応を正当化!ついに奄美市の本音が飛び出した!鬼畜すぎる奄美市教育委員会の巻

速報!奄美市 男子中学生指導死について奄美市教育委員会が当時の対応を正当化!ついに奄美市の本音が飛び出した!鬼畜すぎる奄美市教育委員会の巻

20190613200246121.png


20190614000133092.jpg


20190614000151ad8.jpg


20190614000210914.jpg


Click→→奄美市 事件・疑惑・社会問題・過去記事一覧

Click→→
2019/5/14・いくら何でもそりゃないだろ!奄美市中学生自殺直後の朝山市長のスケジュールを検証する!①朝山市政追及シリーズ第7弾!

やっぱそういうことか・・・・・

朝山市長は自殺の翌日に経緯を「いじめ」と断定するなどした市教委の当時の判断については「感想・評価は控える」、遺族が検討委員会に第三者委を入れるよう求めたことについては「考えていない。必要に応じて意見を聞きたい」と話していた。

5月17日掲載のブログにも書いたが、そもそも「感想・評価は控える」ということは第三者委員会の結論を真摯に受け止めていなかったということだ。

「奄美市側にも言い分があるんだよ!」とでも考えていたんだろう。

Click→→
2019/5/17・奄美市男子中学生自殺問題!「感想・評価は控える」?涼しすぎる朝山毅市長の巻②朝山市政追及シリーズ第9弾!

それにしても毎日新聞の報道を耳にした時はビックリしたよ。

【毎日新聞より】

2015年に鹿児島県奄美市立中1年の男子生徒(当時13歳)が担任の指導後に自殺した問題で、自殺翌日に生徒を「いじめた側」と誤って断定したと第三者委員会に批判された市教委が、当時の対応を正当化する見解を示していたことが、遺族への回答書で判明した。

遺族側は「市教委は責任の大きさに向き合っていない」と反発している。

学者や弁護士らによる市設置の第三者委が昨年12月に市に提出した報告書によると、生徒は15年11月4日、担任から「同級生に嫌がらせをした」として指導を受け、帰宅後に家庭訪問を受けた直後に命を絶った。

第三者委は、同級生からの聞き取りなどを踏まえ、生徒の行為は嫌がらせやいじめではなく、事実確認が不十分なまま「(生徒が)嫌がらせをした」と思い込んだ担任が不適切な指導で生徒を追い詰めたと結論づけた。

遺族側は、市教委に報告書の受け止めなどを質問し、5月31日付文書で回答があった。

第三者委は、自殺翌日の臨時校長研修会で要田憲雄・市教育長が「いじめた側の子が責任を感じて自殺した」と誤った説明をするなど「市教委が一夜にして(自殺の)経緯を『いじめ』と断定した」と批判していた。

これについて、市教委は、遺族への回答書で「(同級生が)『同じことを何度も言われた』と訴えたとの報告を受けていた」などとして「当時の判断としては瑕疵(かし)はなかったのではないかと考えている」と記載。

「結果的に(生徒の)尊厳を損なう形になり深く遺憾の意を表する」とも記した。

生徒の父親は取材に「『いじめがあった』という誤った臆測が地域に広がり、息子の尊厳が傷つけられた。

市教委が責任の重さに向き合わない限り、再発防止策などできない」と批判。

市教委の元野弘・学校教育課長は「報告書は真摯(しんし)に受け止めている。

ご遺族がそうではないと感じられているのであれば、丁寧に説明したい」と語った。

【毎日新聞】

当時の判断としては瑕疵はなかったのではないかと考えている?

この後に及んで往生際が悪すぎる。

こいつら本当に教育者?

奄美市の学生さんたちはマジ不幸すぎるよ。

人としての心どころか、常識すら持たない教育長・・・・・

その教育長をトップとした教育現場で学ぶことは本当に不幸なことです。

誰が考えても「瑕疵」があったと分かる。

にもかかわらず「瑕疵はなかったのではないかと考えている」と平気な顔をして言ってのけた教育長。

勿論そのことは朝山市長も事前に聞いていたに違いない。

聞いていないはずなどない。

教育長の考えを咎めることすらしなかった朝山市長。

ある意味お墨付きすら与えたことになる。

その言葉を遺族が聞いたとき、どれだけ悲しむかなどこれっぽちも考えていない。

考えるどころか・・・「瑕疵なし」と開き直る始末。

良識ある奄美市の皆さん!

当ブログが奄美市の闇は深い・・・疑惑だらけだ!と常々主張する意味が何となくご理解いただけたのではないでしょうか?

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





気になるニュース!奄美大島 瀬戸内町 嘉徳浜護岸工事の公金差し止め訴訟 第1回口頭弁論 ・・・護岸計画の浜にウミガメ産卵・県、専門家交え工事協議中 瀬戸内町嘉徳&気になるニュース ごま産地偽装 鹿北製油

気になるニュース!奄美大島 瀬戸内町 嘉徳浜護岸工事の公金差し止め訴訟 第1回口頭弁論 ・・・護岸計画の浜にウミガメ産卵・県、専門家交え工事協議中 瀬戸内町嘉徳&気になるニュース ごま産地偽装 鹿北製油

20190612221116fa8.png

20190612221142ee7.png

201906122212034c1.png


鹿児島県が奄美大島瀬戸内町の嘉徳海岸で計画している護岸工事について、住民らが工事の必要性がないとして県に対し、公金の支出差し止めなどを求めている裁判の1回目の口頭弁論が鹿児島地裁で開かれました。

訴えを起こしているのは奄美大島の住民ら10人です。

この裁判は県が計画している瀬戸内町の嘉徳海岸のコンクリート護岸工事について、工事の必要性がない上に、自然環境などに大きな影響を与えるなどとして奄美大島の住民らが県に対し、公金の支出差し止めなどを求めているものです。

護岸工事は2014年の台風の影響で海岸が20メートルほど浸食されたことなどから県が計画し、すでに測量などが行われています。

11日鹿児島地裁で開かれた第1回口頭弁論で、原告側は「護岸工事は代替案の検証を含め、十分な検討が行われておらず公金の支出は違法」だと主張しました。

一方で被告側の県は請求の棄却を求めています。

原告側は裁判官に実際に嘉徳海岸に足を運んで検証するよう申し出ています。

・・・・・・・・・・

悲しいかな日本の裁判は行政側に優位な判決が下されるケースが多い。

行政のやることは「公共の利益」「公共性が高い」などと、とってつけた理由を並べ立て住民側が敗訴するという訳だ。

さじ加減とまでは言わないが日本の司法なんてもんは大方そんなもの。

わざわざコンクリート護岸工事する必要なんてないと思うけどねぇ〜

自然がウリの嘉徳地区にコンクリート護岸は似合わないんじゃないの?

県ももう少し環境保全に配慮し災害対策を講じる手立てを考えるべきだったのでは?

って言うか・・・この計画について住民説明会が開かれた際に、賛成派住民と反対派住民で大揉めしたんじゃなかったっけ?

確かユーチューブか何かで見たことがあるような・・・・・会場のひな壇に座っていた県の職員さんが人形みたいに固まってたのが記憶に残ってるんだよね。

【注・ユーチューブで『奄美、瀬戸内町、嘉徳海岸護岸工事説明会』検索すると工事説明会の動画が確認出来ました。一度ご覧になって下さい】

裁判に動きがあった時は改めてご報告致します。

20190612221232ca0.png


そうそう!今日の南海日日新聞に「護岸計画の浜にウミガメ産卵 県、専門家交え工事協議中 瀬戸内町嘉徳」との見出しで記事が出ていました。

【南海日日新聞・6月12日配信】

Click→→南海日日新聞・2019/6/12・ウミガメ産卵跡を確認 瀬戸内町嘉徳

【護岸計画の浜にウミガメ産卵 県、専門家交え工事協議中 瀬戸内町嘉徳】

鹿児島県が護岸整備を計画している瀬戸内町嘉徳海岸の現場近くで7日、アカウミガメが産卵したとみられる跡が確認された。

201906122212518ef.png


工事を発注している県大島支庁瀬戸内事務所建設課によると、現在は工事着手前の準備段階。

ウミガメの産卵を受け、「今のところ工期に変更はなく、今後の工事の進め方については専門家を交えて協議中」としている。

同課によると、専門家を交えた浸食対策検討委員会の第3回会合で、委員から工事中もウミガメへの配慮を続けてほしいとの意見があったこともあり、現場作業員が毎日、ウミガメの上陸、産卵状況などを確認している。

5月にも2回の上陸があった。

奄美大島のウミガメ上陸、産卵状況把握調査を行っている奄美海洋生物研究会の担当者によると、嘉徳海岸では近年、1シーズン3~5回の上陸が確認されている。

同工事をめぐっては、奄美大島の住民らがコンクリートを用いた護岸整備に反対し、工事の差し止めを求める住民訴訟を起こしている。

【転載修了】

ウミガメが上陸し産卵する海岸ってどこでもあるもんじゃないよね。

ある意味貴重な砂浜。

災害が発生するからコンクリートを用いた護岸整備?

短絡的だな。

だけどこの短絡的すぎる発想の工事が認められんだろうなぁ〜

ボクが思うに海岸浸食は長期に渡る海砂採取が主な原因だと思っている。

ある意味人災だよね。

そんでもって今度はコンクリート製の護岸?
ウミガメも産卵場所変えちゃうだろうね。

環境破壊は言い過ぎかもしれないが、ウミガメが訪れる砂浜が様変わりすることは間違いなし。

これもある意味人災と言えるのではないでしょうか?

世界自然遺産登録?
日本有数の大自然?
世界に誇れる観光地を目指す?

言ってることとやっていることが真逆。

ところで今回の問題について鎌田町長は何て言ってるの?

地元の問題だけど県のやることには口出ししないってスタイルなのかな?

地元の首長さんなら県に対し「自然環境に最大限配慮しつつ策を講じて下さい」くらい言ってほしいものです。

そのくらいのことは言ってるかもしれませんが、言ってなかったらポンコツ町長確定だね。

・・・・・・・・・・

気になるニュース!
湧水町 産地偽装の鹿北製油への補助金返還見合わす!偽装時期を精査した?血税ドブ捨ての巻

20190613001809746.jpg
【MBCニュースより】

6月12日MBCニュース

【湧水町 産地偽装の鹿北製油への補助金 返還見合わす】

20190613001845d32.jpg
【MBCニュースより】

鹿児島県の湧水町は、ごまなどの産地偽装が発覚した鹿北製油へ支出した補助金について、当初検討していた返還命令を偽装時期の精査などを理由に見合わせていることを明らかにしました。

これは12日の湧水町議会で池上滝一町長が明らかにしたものです。町は2008年、誘致企業の鹿北製油に対し、設備投資などで760万円の補助金を支出しました。

その後、去年10月に発覚した鹿北製油の産地偽装事件を受け、町は当初、補助金の返還命令を検討していましたが、鹿北製油が立地協定を結んだ時期と偽装した時期との精査などを理由に現在、見合わせているということです。

また、池上町長は産地偽装事件の影響を受け、今年2月に鹿北製油を退職した元従業員14人について、町が進めるアーモンド事業の人材として活用する方針を明らかにしました。

(湧水町 池上滝一町長)「将来の夢のある事業に結びつけるためには、あの方々の力がどうしても必要になってくるので、町としても全面的なバックアップをするのは当然」

鹿北製油の元従業員らは今後、新会社を立ち上げる予定で、町は、工場の土地確保などの面で全面的に支援していきたいとしています。

【MBCニュース転載終了】

何ともお粗末な話。

どんだけ精査したか分からないが、どうなんでしょうか・・・・・おそらく2008年には既に外国産を使用していたんじゃないかな?

えっ?証拠があるのかって?

証拠というより当時働いていた社員さんが湧水町にいるのであれば、訪ねて行って確認してみては如何でしょうか?

ゴマや菜種以外にもいろんな話が聞けるかもしれませんよ。

働いていた方々は皆さん実直な方ばかりだったと聞いている。

真実を語って下さるのではないでしょうか?

精査!精査って言ってるけど、結局のところ町長さん楽な道を選んだって感じがするなぁ〜

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






鹿児島市営バスの一部路線を民間に移譲!住民サービス斬り捨て御免で知らんぷり!民間会社が白旗あげた場合 路線廃止は想定内?

鹿児島市営バスの一部路線を民間に移譲!住民サービス斬り捨て御免で知らんぷり!民間会社が白旗あげた場合 路線廃止は想定内?

20190611132840464.jpg

201906111328584ba.jpg

20190611132740207.jpg

昨日夕方のニュースご覧になりましたか?

地元メディアが以下のとおり報じていました。

赤字が続く鹿児島市のバス事業について、鹿児島市交通局は現在の39路線のうち、20の路線を鹿児島交通と南国交通に移譲する方針を固めました。

これは10日、鹿児島市交通局の諮問機関である経営審議会の中で明らかになったものです。

経営審議会は去年3月、鹿児島市営バスが1992年度から赤字が続く中、一部の路線を民間に移譲すべきと鹿児島市交通局に答申していました。

そして今回、鹿児島市交通局は、現在の39路線のうち20の路線について、紫原・桜ヶ丘などの10路線を鹿児島交通に、吉野・明和などの10路線を南国交通に移譲する方針を固めました。

移譲する路線は民間の事業者の既存のエリアを考慮して選ばれました。

鹿児島市交通局によりますと、これにより1日の運行数およそ1600便のうち、4割ほどが移譲されることになり、市バス事業の年間5億円から6億円の赤字が2億円から3億円の赤字に抑えられる見込みです。

審議会では民間事業者の乗務員不足を心配する意見も出されましたが、鹿児島市交通局は、事業の縮小に伴い退職する嘱託職員に対し、民間事業者の情報提供を行うなどして協力していきたいとしています。

市営バスの路線の移譲は一部を除いて、来年4月1日から実施される予定です。
【転載終了】
・・・・・・・・・・

民間移譲で解決するのでしょうか?

移譲を受けた民間会社が赤字が解消されないから一部路線を廃止します・・・などということにはなりないのか?

路線廃止になった場合でも「民間会社だから仕方ない」と市民から理解を得やすいと考え、ワンクッション入れただけってことないですよね?

まぁ〜この問題については今後の流れを見つつ注目して行きたいと思います。

それと・・・今回のニュースについてとある方が次のようなコメントを投稿していましたのでご紹介したいと思います。

的を得たコメントだと思います。
この問題について考える時の参照にされてもいいのではないでしょうか?

【コメント転載】

ドル箱路線を多く抱える大都市以外の公営交通路が黒字化できるわけがないし、実際全国的に公営廃止の流れが止まらない。

そもそも公営は民営が利益にならないことで見捨てた地域を引き受けている。

さらに値上げや路線の見直しなど議会が妨げになり臨機応変に行えない(議員は弱い者の味方だから市民の負担は認めたくない)。

天下りで定期的に大金が流れたり民間会社の嫌がらせ(市バスの直前にダイヤを組んだり10円安くしたり)だったり他にもあるのだろう。

単純に赤字だけを持ち出して批判するのは違うと思う。

赤字額は市民へのサービスだと割りきって、その額は本当にそのサービスを維持するのに妥当なものか議論すべきである。

妥当であれば税金投入で維持すべきだろう。
民間移譲されればいずれ赤字路線の廃止や本数の削減へ進むのは間違いない。

【転載終了】

コメントを読んでなるほどと頷いた方もいたのでは?

いま一度行政サービスとは何か?
「ムダ」とは何か?を考えるべきではないかと思います。

国会で政治家がカッコイイこと言ってますが、自身の歳費については言及しませんよね。

鹿児島市が言っていることもある意味同じレベルではないでしょうか?

PS・・・今回の報道についてご意見等ございましたらコメント宜しくお願い致します。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






気になるニュース!【特集】自殺した現場監督 月に140時間の残業...メモが語る過労死の現実【MBSニュース】

気になるニュース!【特集】自殺した現場監督 月に140時間の残業...メモが語る過労死の現実【MBSニュース】

20190611104754844.png


MBSニュースが過労死について記事を配信しました。

何処でも起こりうる、また、いつ何時我が身に降りかかって来てもおかしくないといった内容の記事です。

鹿児島においても鹿児島県建設業協会加盟社W組に同様の疑惑がかけられています。

過重労働、パワハラ・・・・・

また、鹿児島県ビルメンテナンス協会加盟社F社も労務に関する事案で民事裁判係争中との話もあります。

Click→→2019/4/22・鹿児島ブラック企業最前線!過重労働にパワハラ?皆さんは警察や労働基準監督署から見放された場合どうしますか?鹿児島県建設業協会加盟社W組・鹿児島県ビルメンテナンス業協会加盟社F社に重大疑惑浮上?

決して他人事ではありません。

是非、MBSニュースをご覧になって下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【特集】自殺した現場監督 月に140時間の残業...メモが語る過労死の現実【MBSニュース】

おととし9月、ある男性が過労の末、単身赴任先のアパートで自殺しました。男性は月に140時間の残業を強いられていましたが、その背景には「働かせ放題」ともいえる無責任な契約がありました。

【定年後も現場監督として働いていた男性が自殺】

『もうつかれた』

そう書き残して、ひとりの男性が電気コードで首を吊り自ら命を絶ちました。Aさん(当時66)。

家庭では孫の成長を温かな目で見つめる「優しいおじいちゃん」でした。家族は2年経った今も納骨できずにいます。

「いまだに娘も言いますね、『“ただいま”って帰ってきそうな気がする』って。私もそうですし、息子も。まだ出張に行っている気分です」(Aさんの妻)

配管工事のスペシャリストだったAさん。大手建設会社で技術を磨き、定年後は家族の暮らしを支えるため個人で仕事を請け負っていました。おととし4月からは茨城県の建設会社・三幸設備から仕事を受け製薬会社のプラント建設の現場監督として働き始めました。大阪で暮らす家族とは離れての単身赴任生活。66歳という年齢ながらも精力的に働いていました。

「一言で言えば真面目です。責任感が強くて。忍耐強い人やから、『しんどい』とか『疲れた』って言えへん人やからね」(Aさんの妻)

いつも前向きだったというAさんを自殺に追い込んだものとはいったい何だったのでしょうか。

Aさんが従事していたプラント建設は、大手製薬会社が日立製作所に発注したものでした。日立製作所の下には一次下請けの会社が2社あり、三幸設備はさらにその下請けという構図です。Aさんは、この三幸設備から派遣される形で現場に入っていました。

【「30日間の連勤」「4か月の工程を2か月でと指示」】

妻はAさんが自ら命を絶つ1か月ほど前から、電話越しに“異変”を感じていたと振り返ります。

「『忙しい』『忙しい』、とりあえず(電話を)かけても『忙しい』。メールをしたら必ず返信があった人がもう何日か後になってきたりね。『寝てるー?』って聞いたら、『ああ…』って素っ気ない返事やったし」(Aさんの妻)

遺品整理の過程でAさんの車から見つかった作業日報。よく見ると、休みはほとんどありません。Aさんは、自ら命を絶つ「9月4日」まで実に30日間も連続で勤務していたのです。自殺の2日前には、朝8時から翌日の明け方4時まで働いていたという記録が残っていました。実はこのころ、4か月だった工程を2か月で行うよう指示があり、Aさんの業務量は格段に増えていたのです。疲れ果てたAさんのスマートフォンには、三幸設備の社長宛てに送った悲痛なメールが残されていました。

『納期通りに工事が終わりません。もう無理です。』

Aさんはこのメールから約1か月後、首を吊りました。テーブルに残されたメモには直前まで仕事のことを考えていた形跡が。そして、その下にはたった一言…『もうつかれた』。

「結婚して43年、ずっと一緒にいたのに何でわからなかったんだろうって。なぜあのときにもうひと言、声をかけなかったんだろうって。それはいまでも思っています」(Aさんの妻)

【責任の所在をあいまいにする“契約形態”】

Aさんを自殺へと追い込んだ常軌を逸した長時間労働。いったいなぜ、見過ごされてしまったのでしょうか。背後には、責任の所在をあいまいにする契約形態がありました。それが「請負労働」です。

Aさんが三幸設備に雇われて働く場合は「雇用契約」となり、労働に伴う監督責任は三幸設備が負うことになります。しかし、今回両者が結んでいたのは「請負契約」。三幸設備がAさん個人に業務を委託し、その成果に対して報酬を支払うというものです。つまり、「どんな働き方をしようと、三幸設備に監督責任はない」という契約だったのです。

しかし、実態は本来の請負契約とはかけ離れたものだったとして、家族はAさんの日報などを基に、労働基準監督署の判断を仰ぎました。そして去年6月、労基署の調査結果が出ました。

『本件を業務上の災害であると考える』

労基署は、自殺直前のひと月で約140時間の時間外労働があったと認定。過労により気分障害を発症して自殺に至ったと判断しました。また、「三幸設備による指示や拘束性が認められる」と言及。その実態は「請負契約ではなく、Aさんの労働の監督責任が生じる雇用契約だったと認めた」のです。

これに対し、三幸設備側は「あくまで請負契約だった」とMBSの電話取材で主張しました。

『Aさんとの間に、いっさい雇用契約はございません。管理監督責任はなく、労基署がなぜそういう判断をしたのかわりません』

労働問題に詳しい松丸正弁護士は、労働者を都合よく利用するため「請負契約」を悪用するケースが後を絶たないと指摘します。

「意図的に放置されたとしか考えられません。労働基準法の規制を免れるために、偽装するために、そういう雇用形態(請負契約)が使われているということは言えると思います」(松丸正弁護士)

【無念を晴らすため裁判へ】

Aさんと同じように過酷な労働を強いられている人たちのためになればと思い、取材に応じた家族。しかし、顔を伏せ匿名でしかインタビューに答えられない背景には、100歳を超えたAさんの母親の存在がありました。

「いまだに主人の母は(Aさんが)生きている、と思ってるんです。賛否両論いろいろあると思うんですけど、年いっている、苦労してきた母ですから(Aさんが自殺したと)知らされたら、衝撃受けると思うんですね。それで命を縮めてやりたくないんです」(Aさんの妻)

Aさんが大好きだったという水炊き、しかし鍋を囲む食卓にAさんはもういません。家族は今なお、死を受け止めきれずにいます。家族はAさんの無念を晴らすため、裁判を起こしました。納骨は、長い闘いが終わってからと決めています。

「管理してもらっていたら、主人は死ななくて済んだ」(Aさんの妻)
「命亡くほど大事な仕事ってないやろ」(Aさんの娘)
「返してほしいよね、パパの命を」(Aさんの妻)

(6月7日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『特集』より)

・・・・・・・・・・

ここ鹿児島県でも同様の被害に遭っている方がいるかもしれません。

泣き寝入りは相手の思うツボです。

労務関係のトラブルは労働基準監督署もしくは労務災害に詳しい弁護士さんに相談することをお勧め致します。

また、当ブログも労務に関するトラブル、告発等の情報提供を受け付けております。

鹿児島暴露クラブ 管理人

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





三反園知事が鹿児島中央駅裏に計画している鹿児島県体育館構想にバス協会が反対表明したんだとさ

三反園知事が鹿児島中央駅裏に計画している鹿児島県体育館構想にバス協会が反対表明したんだとさ

201906101014436d6.jpg


Click→→2018/12/4・鹿児島県の新総合体育館「県体育館の4倍超の面積を想定」・駐車場は145台分しかないから公共の交通機関を利用してね!の巻【お笑い 三反園鹿児島県知事】

JR鹿児島中央駅の西口に鹿児島県が新しい総合体育館を建設する計画について県バス協会は、反対の意見書を提出することを明らかにした。
 
鹿児島県は、老朽化した総合体育館に代わりJR鹿児島中央駅西口の県工業試験場の跡地などに、最大8000人を収容できる新しい体育館を建設する計画。

20190610101511697.jpg


この計画に対し県内で路線バスや観光バスを運行する企業でつくる県バス協会は、体育館の利用者が集中して駅の周辺が混雑し、住民や観光客の利便性が損なわれると指摘。

さらには渋滞等で路線バスが遅れ、貸し切りバスの駐車場も不足する可能性があるとし、県バス協会は本日10日、県に建設計画反対の意見書を提出する予定。

・・・・・・・・・

鹿児島市中央駅周辺の道路は朝夕のラッシュ時には必ずと言っていいほど渋滞気味になる。

中央駅裏に県体育館を作るという話が浮上して以降本当に大丈夫なのか?誰も反対しないのか?と不思議に思っていたが、ようやく県バス協会が建設計画反対の意見書を提出した。

マイカー通勤であれば道路が混雑するであろう時間帯を避けることが出来るが、定時運行しているバスや電車はどのくらい渋滞するか?どのくらい混雑するか?不安を抱えて当たり前。

反対に全く不安を感じませんなどと真顔で言う奴がいるなら、それこそ思考回路が停止していると言える。

不安を感じない方々の日々の交通手段は徒歩かチャリだろうね。

そもそも渋滞とは無縁の方々。

鹿児島県は道路の混雑状況を数日間検証し問題ないと結論付けたと聞いているが、短期間での検証で結論を出すなどいい加減極まりない話。

何て言うのかなぁ〜

その軽いノリが誰かさんに似てるんだよね。

スケールは違えど・・・南大隅町の森田町長に似ていると思いませんか?

森田町長って言えば、放射性廃棄物持ち込みを画策し、バレた瞬間共に手を取り汗を流した放射性廃棄物持ち込み推進派に対し爽やかにバイバイして知らんぷり。

推進派から金借りてたことも今年初旬にバレちゃった。

貸した側は「選挙資金」と言い、借りた側の森田町長は「事業資金の借り入れでした〜」と、全く話が噛み合わない。

とにかく怪しげな話ばかりが耳に入って来る。

三反園知事は知事選の際、川内原発反対の立候補者と手を組み見事当選。

ところがどっこい当選した途端「原発止める、止めないはボクが決められることじゃないんだよねぇ〜」と爽やかに・・・優しく・・・微笑みながら・・・開き直っちゃった。

世間ではこの手の人物のことを「ヤバい奴」、小学生であれば「ウソつきおじさん」と言うだろう。

とにかく三反園知事には知事選前の爽やかさも誠実さも1ミリたりとも残っていない。

そう言えば鹿児島県三島村が4月25日に鹿児島市で開いた新焼酎のお披露目会で、出席予定だった県幹部職員8人全員が前日、理由も告げず出席をキャンセルしたアノ問題も酷かったなぁ〜

大人気ないと言うか・・・非常識と言うか・・・

Click→→2019/5/27・注目記事!「三反園知事がドタキャン、幹部8人も 県助成の新焼酎お披露目会 来夏の選挙巡り憶測」西日本新聞 配信記事

三反園知事が残念な奴だってことは分かっていたから「だろうね」のこの一言で済んじゃうのですが、問題は幹部職員8人全員がドタキャンしたという・・・何とも情けないというか・・・こんな奴らが幹部?って笑いたくもなる。

多くの鹿児島県民は県職員が出世するためにはことの善し悪しを判断する能力など一切関係なく、知事にゴマスリ、イエスマンに徹することが出来る者が出世出来るんだなと薄ら笑いしたでしょうね。

さてさて・・・この先、県体育館建設問題はどうなることやら・・・気になるところですね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





南大隅町の常識は日本の非常識!数々の伝説を作り上げた男!森田俊彦町長の珍道中はまだまだ続く?

南大隅町の常識は日本の非常識!数々の伝説を作り上げた男!森田俊彦町長の珍道中はまだまだ続く?

20190607203849844.jpg

20190607203920ffd.jpg


Click→→南大隅町関連・過去記事一覧

鹿児島県南大隅町の森田俊彦町長が2009年の町長選の際、高レベル放射性廃棄物の最終処分場の誘致推進派の住民らから現金1000万円を受け取っていた問題をめぐり、住民グループ「南大隅町議会を正す会」が百条委員会の設置を求める陳情書を提出したのが今年1月末だった。

大方の予想どおり百条委員会の設置は認められなかったが、その後何らかの動きがあるのではないかと様子を見ていたのだが・・・看板が設置されたという話以外これと言って耳にすることはなかった。

思うようにことが進まないことから、森田さんの疑惑追及やめちゃったのかもしれませんね。

皆さん燃え尽きた・・・・若しくはタイミングを見計らっているということでしょう。

確かに森田さんはウナギみたいにヌルヌルとことあるごとに上手に逃げちゃう。

「知りません」「違います」・・・聞き飽きるくらい聞いたセリフ。

面の皮が厚いからこそ平然とウソがつける訳だ。

手元にある「森田俊彦後援会 会報」、おそらく平成25年に配られたものだと思う。

この中でも本人は身の潔白を主張している。

★東京電力関係者と森田町長の密接な関係の件

東京都内で会食や接待を受けたとか、船を貰ったとのデマが流されているようですが、全くの事実無根であります。

等々、捏造された文書等が飛び交っていますが、全て事実無根です。

【会報より引用】

東京都内で会食や接待を受けたことは一切なく、言われていることは全てがデマ?

船を貰ったという話もデマ?

全くの事実無根?

へぇ〜全てがデマなんだ。

であれば自らの潔白を晴らすためにも東京電力関係者「X」氏を訴えるべきでは?

森田さんがウナギにゅるにゅる男と言われる所以はまさにこのこと。

潔白を晴らすため自ら行動を起こそうとしない!

裁判のように白黒がハッキリつく場には背を向け、涙の訴えが通用する記者会見などの場にはのこのこと出て行く。

ご親族に役者さんがいることを考えると、やはりこの人も「演じる」ことに長けているのかもしれません。

法廷ではなく舞台を選んだということ。

東京都内で会食や接待を受けたことは間違いないはずだ。

1つを認めると次から次へと難題が押し寄せてくる、だらかこそ何1つ認める訳にはいかない・・・まぁ〜こういう心境なんだと思う。

人間誰でもウソをつくことはある。

だが、この森田俊彦なる人物は自分が南大隅町の町長であるということを忘れ、大人気なく、そして恥じらいもなくウソをつき続けている。

何ら悪びれることなく。
息を吐くようにウソをつく。

ボクに言わせりゃ彼は一種の病気。

虚言症という病名があるか分からぬが、その病は年々悪化しているように思える。

ここでさらなる問題が発生していることに気付くべきだ。

その虚言症を患う者を支持し援護し続ける者の存在だ。

無能で無責任な町長派議員のことだ。

町長のウソに気づいているにもかかわらずそのウソに気付かぬふりをしている。

大人として、議員として如何なものかと思う。

ボクに言わせりゃ〜森田さんがA級戦犯なら、こいつらも共同正犯で立派なA級戦犯!

こいつらにくれてやっている議員報酬なんてドブに棄てているのと一緒。

全国津々浦々見渡してみても、南大隅町くらい最低最悪な町長を見つけることは出来ないし、森田派議員くらい良識もなけりゃ〜政治信条の一欠片もないボンクラ議員を探し出すことも出来ない。

そのくらい強烈な町だということを町民は知るべきである。

「きばいやんせ 私」という映画を作るため1億円だったっけ?町から金出しましたよね。

あの映画どうなったの?

何の音沙汰な・・・ない。

そもそも「きばいやんせ 私」じゃなく、森田さん!あなたが自分自身に言うべきでしょ!

「きばいやんせ 自分」

「町長としてこれ以上ウソをつかないようきばります」

ウソつきはドロボウの始まり。

虚言症 森田俊彦町長の珍道中はまだまだ続くのか?

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





奄美大島 瀬戸内町長選挙 無投票当選・世界自然遺産登録・自衛隊誘致のさらなる拡充・大型クルーズ船寄港地誘致・国土強靭化計画

奄美大島 瀬戸内町長選挙 無投票当選・世界自然遺産登録・自衛隊誘致のさらなる拡充・大型クルーズ船寄港地誘致・国土強靭化計画

201904061120045f1.jpg


フタを開けてみたら結局のところ無投票当選かぁ〜

元町長、元県議、元町議、現職町議までもが戦う前から白旗なんですからどうしようもないよね。

数ヶ月前まではひょっとしたら対抗馬がなんて話もありましたが、それ以降何の音沙汰もないことから鎌田さんの再選は誰もが想像していたのでは?

これじゃ〜鎌田町政を信任したのと一緒。

何でもオッケー貴方が好きなようにやって下さいと言ってるようなもの・・・そして、当事者である鎌田町長もまた町民の付託を得たと解釈し突っ走る可能性がある。

たとえ無投票当選だとしても鎌田町長が「町民のための政治」を考えるのであれば、驕ることなくバランスの良い政治を行うべきですね。

それはさて置き・・・瀬戸内町長選挙で思い出すのは前回の町長選挙かな。

裏切りと寝返りのドロドロとした選挙だった。

地元大手建設会社が反鎌田路線で選挙を戦ったが、敗戦が決まると同時に鎌田陣営にサラリと乗り換えちゃった。

橋渡ししたのはI組ではないかと言われているが真偽の程は定かではない。

定かではないが、その話し合いの場が鹿児島市内だったのではないか?との噂までもが市中を飛び交ったことから、その噂が事実であったかのごとく今もなお囁かれ続けている。

また、その話し合いの場に某議員が同席していたとの話があることから、なお一層その話の信憑性が増すことになった。

その後はご覧の通りだ。

某議員とI組の並々ならぬご関係は周知の通り。

そしてまた、前回の選挙戦で反鎌田でありその後鎌田陣営の説得のもと取り込まれたと言われているI建設も某議員グループの一員と成り下がった。

表裏一体との言葉があるが、まさに政治とビジネスは表裏一体だと言える。

さてさて・・・話が若干外れてしまうが、瀬戸内町が推し進めている大型クルーズ船寄港地誘致問題のその後はどうなったのか?

Click→→鹿児島県 奄美大島 大型クルーズ船寄港地関連・過去記事一覧

大型クルーズ船寄港地誘致ウォッチャーを自負しているボクとしては、「その後」がどうなったのか気になって仕方ない。

業界各所から反対の声が聞こえる中、その後の動きが全く見えて来ない。

奄美大島の中でも特に瀬戸内町は旨味のありそうな事業には乗り遅れてなるものかと言わんばかりの勢いで食いついて行く。

世界自然遺産登録。
自衛隊誘致のさらなる拡充。
大型クルーズ船寄港地誘致。
国土強靭化計画。

それと・・・ボク的には水陸機動団の離島奪還訓練の演習地が瀬戸内町に定着するのではないかとさえ思っている。

町民の知らぬ間に瀬戸内町を取り巻く環境は激変しつつある。

瀬戸内町の美しい大自然などと言ってる場合ではない。

これまでは自然と共生、環境と調和だったかもしれぬが、これから先の瀬戸内町は自衛隊と住民の共生、さらには観光ビジネスとの調和ということになる。

これだけの事業を一気に進めることはある意味冒険と言えるのではなかろうか?

再選を果たした鎌田町長は今まさにその冒険に挑もうとしている。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





管理人の独り言・・・奄美大島の闇はどこまで続くのか?

管理人の独り言・・・奄美大島の闇はどこまで続くのか?

20190606153844928.png


Click→→奄美市 事件・疑惑・社会問題・過去記事一覧

つい先日、奄美在住の方とご一緒させていただいた際に奄美の現状について話を伺うことが出来た。

「奄美の闇は根深いですよ」、まずはこの一言から始まった。

「役所内でも正しいことを言う人間は窓際に追いやられますし、隠蔽体質は今に始まったことではないと聞いています」

「豪雨災害の際に集まった寄付や救援物資もどこにいったか分からないって噂もあるくらいです」

「役所にたてついたら、嫌がらせ的なことをされることもあるのではないでしょうか・・・」

「役所にコネがある者が最優先、コネのない者は難癖つけられて突っぱねられることが往々にあるそうです」

「とりあえずは公募形式を採用はするが、最初から業者は決定済みなんて話も聞いたことがあります」

「民間企業に対しても排他的で、島外企業がより良い待遇や安い品物を提供しようとしても、島の基準に合わせないと村八分的な目に合うし、地元企業を存続させる為に行政が潰しにかかることもあると聞いたことがあります」

「地元の多くの企業が低賃金雇用が当たり前と考えており、従業員に対し使い捨て的な発想を持つ経営者が多いことも事実です」

「奄美大島は自然豊かないい島です」

「しかし、そろそろ島特有の悪習を無くさないことには、島の人口流出に歯止めが利かぬどころか、奄美大島に暮らす人々が未来に希望を持てない寂しい島になると思います」

・・・・・・・・・・

なるほど・・・・・と、何度も頷きながら話に聞き入りました。

想定内の話だとはいえ、この手の話がここまで奄美に浸透しているのかと思うと残念で仕方ありません。

改善しなくてはならないことは置き去りにされているんだなと改めて実感。

先日、ごま産地偽装の鹿北製油の闇はどこまで続くのかと言いましたが、奄美も一緒ですよね。

奄美大島の闇はどこまで続くのかと言いたい気分です。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





奄美大島の環境問題について!昨日投稿の記事にコメントをいただきました!【公共工事による赤土流出・希少種盗掘・希少種捕獲・オーバーツーリズム・世界自然遺産登録を目指す島 奄美大島】

奄美大島の環境問題について!昨日投稿の記事にコメントをいただきました!【公共工事による赤土流出・希少種盗掘・希少種捕獲・オーバーツーリズム・世界自然遺産登録を目指す島 奄美大島】

20190604103719d42.png
【奄美市・建設会社による不法投棄】

Click→→奄美市 事件・疑惑・社会問題・過去記事一覧

Click→→
2019/5/26・【監視パトロール開始のお知らせ】奄美市住用町河川工事始まる!不適切工事を許すな!不適切工事を発見したら鹿児島県大島支庁河川課もしくは鹿児島暴露クラブに通報お願い致します【大島支庁河川課 📞0997ー57ー7259】

昨日アップした記事にコメントをいただきました。

Click→→
2019/6/3・崩れ行く奄美大島の自然!公共工事による赤土流出・希少種盗掘・希少種捕獲・オーバーツーリズム・世界自然遺産登録を目指す島 奄美大島

【コメント1】

「ホントに困ってます」

「私は観光ガイドしてますが確かに毎年、毎回この時期になると河川が汚れ仕事にもならない日が多々有ります」

「せっかく皆さん奄美大島の世界遺産登録地になるかもしれない魅力ある地に旅をしてくれるのですが何度か満足させられずにお帰りになられるお客も多数いました」

「その度に私は自分が観光客になってたらと反対の気持ちで考えさせられます」

「河川汚れがない時はあの綺麗なマングローブをくぐり抜けとても素敵な観光や体験が出来ます」

「ですが河川汚れがある時は必ず決まってお客からの歓声な声がありません(´·_·`)ただただ凄い濁ってるな!ぐらいです」(泣)( ᵕ̩̩ㅅᵕ̩̩ )

「本当にこの問題は大島支庁さんどうか解決策をお願いします」

「これは私だけではなく住民皆さんも願っている事と思いますので早目早目の対策をお願いします」

【コメント2】

「どうかよろしくお願いします」

「あ!後、ずっと観てると面白い事も気づきましたよ!」

「役所の休日には濁りもかなり酷い事に住民の皆さんはお気づきなのかは分かりませんが私は業者の方もそこを見ながら仕事してるのではないか?と思うぐらいにまさしく役所と業者のイタチの鬼ごっこみたいに思ってならないぐらいです」

「皆さんも今後、気をつけて見てみて下さい。
分かりますよ!」

【コメント転載終了】

狭い島の中での出来事。

ほとんどが顔見知りの中で声を上げようにもなかなか行動に移せない。

必ず出て来る「◯◯兄」

よくあるパターンですね。

結果、本来問題になるべきトラブルも見過ごされてしまう。

皆が顔を立て合うことで島の平和が守られて来た反面、間違いを正す事も出来ず不正が蔓延る島へと成り下がってしまった。

この悪しき慣習が島独特の文化を作ってしまったのではないかと思う。

ただ言えることはここ数年島の中でも不合理を見過ごさないという気概を持つ者も増えて来たことも事実。

ボクのような者にコメントを届けたり、情報を提供下さる方も増えて来た。

鹿児島暴露クラブはボクだけではなく、ブログを見て下さっている方々と共に日々更新しているみんなのブログだと思っている。

今、奄美大島はこれまでに経験したことがないくらいの勢いで島興しの気運が高まっています。

国定公園指定。
世界自然遺産登録。
大型クルーズ船寄港地誘致。
自衛隊誘致。

ビッグプランばかりですね。

ここで今一度考えなくてはならないことは、すべてお役人さん任せで大丈夫ですか?ということです。

考えても見てください!

人為的な河川汚濁も正すことが出来ない役所が、今さら何が出来るのか?問題が生じた場合リアルタイムで対処出来るのか?はなはだ疑問です。

20190604103857099.jpg
【奄美市住用町・建設会社による河川汚濁】

多少の抑止力にはなるでしょうがお役人さんが言う「適正に対処する」はリアルタイムではないし絶対ではないということです。

お役人さん任せではなく、また、議員さん任せではなく、ビッグプランについては皆さんも共に考えるべきではないかと思います。

あっ!そう言えば嘉徳海岸の堤防建設の件はその後どうなったのでしょうか?

嘉徳海岸の問題は沖合での砂採取が深く影響しているのでは?

それはそうと・・・ちまたの噂によると一部住民を節子に移転させる計画があるのでは?なんて話もあるようです。

まさかとは思いますが、自衛隊基地と何らかの関係があるのではないかと気になっちゃいます。

瀬戸内町もいろいろありますよね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





崩れ行く奄美大島の自然!公共工事による赤土流出・希少種盗掘・希少種捕獲・オーバーツーリズム・世界自然遺産登録を目指す島 奄美大島

崩れ行く奄美大島の自然!公共工事による赤土流出・希少種盗掘・希少種捕獲・オーバーツーリズム・世界自然遺産登録を目指す島 奄美大島

20190602123052330.png
【ウケユリ】

つい先日、残念なニュースを耳にした。

【南海日日新聞・2019/5/29・固有種ウケユリ盗掘か 監視体制強化へ 奄美大島南部の山中】

奄美大島南部の山中で28日までに、絶滅の恐れのある奄美固有のウケユリが盗掘されたとみられる跡が見つかった。環境省によると、現地は奄美群島国立公園の中で最も規制が厳しく、全ての植物の採取が禁じられている特別保護地区内。同省と関係機関はパトロールを増やすなど監視体制を強化する方針だ。

ウケユリは奄美大島周辺の島と徳之島に分布。開発や盗掘で数が減り、同省のレッドリストで、ごく近い将来絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧1A類」。県は保護条例で採取を禁じており、違反者には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。

島内5市町村で構成する奄美大島自然保護協議会のパトロール員の男性が27日、ウケユリが自生していた現地の3カ所で掘り跡を発見。環境省奄美群島国立公園管理事務所の千葉康人世界自然遺産調整
専門官と関係機関の職員、パトロール員の山下弘さん(67)らが28日、現地周辺の盗掘状況を確認した。

現地の近くでは2017年6月にもウケユリ2株の盗掘が確認されている。山下さんは「奄美大島有数のウケユリの群生地だが、全体的に数が少なくなっている」と相次ぐ盗掘に懸念を示し、「奄美の宝という認識が不足している。貴重な植物がたくさんあることを知ってもらうために、住民への周知が必要だ」と話した。

同島のウケユリは6月中旬ごろに開花期を迎える。関係機関は今後、週末も含めパトロールを強化する。千葉専門官は「いっそう気を引き締めて警戒を強めたい」と話した。

Click→→南海日日新聞・固有種ウケユリ盗掘か 監視体制強化へ 奄美大島南部の山中

・・・・・・・・・・

どこのどいつがウケユリを盗掘したのか分からないが、手グセの悪い奴はどこにでもいるねぇ〜

今年4月も国内希少野生動植物種に指定されている「アマミイシカワガエル」と「オットンガエル」を捕獲したアホが逮捕されたばかりだった。

Click→→
朝日新聞DIGITAL・2019/4/8・奄美大島の希少カエル捕獲容疑、爬虫類店の店長ら逮捕

世界自然遺産、世界自然遺産って言ってるけれど、捕獲に盗掘、さらにはオーバーツーリズム、登録に向け成すべきことは山ほどあるということですね。

さてさて・・・それはそうと河川工事解禁の時期が到来しました。

大島支庁総務企画部総務企画課は「奄美群島は多彩で豊かな自然環境を有しており、平成15年世界自然遺産候補に選定されました。奄美群島の自然遺産登録の早期実現に向けて、ゴミのポイ捨てをしないなど、一人ひとりが環境を守る意識を持ち、行動しましょう」とおっしゃっていますが、ゴミのポイ捨てもですが、まずは生態系に影響を及ぼす恐れがある赤土流出について考えなくてはいけません。

河川工事となると鹿児島県大島支庁河川課発注の工事が多いのではないでしょうか?

河川課は総務企画部総務企画課と連携し不適切工事の取り締まりを行なうべきでしょう。

過去にも河川工事に伴う赤土流出について指摘してきましたが、なかなか改善されないというのが現状です。

仕様書どおりの施工をしなかったうえに発注者からの指示にも従わないなどのデタラメな建設会社については河川工事入札の指名から絶対に外すべきです。

デキの悪い建設会社に配慮する意味がわからない!
金でも貰っているのではないかとさえ疑いたくもなる。

河川工事に伴う赤土流出はほぼ全てが人為的要因だと考えられる。

Click→→
2019/5/26・【監視パトロール開始のお知らせ】奄美市住用町河川工事始まる!不適切工事を許すな!不適切工事を発見したら鹿児島県大島支庁河川課もしくは鹿児島暴露クラブに通報お願い致します【大島支庁河川課 📞0997ー57ー7259】

雨季だから多少のことは許されるなんてことはない。

雨季だからこそ万全な流出対策を講じ作業を進めるべきだ。

予告どおり今月中旬から約2ヶ月と少し、環境保全を目的とした環境パトロールを実施することになった。

パトロールと言えば甘く聞こえるかもしれないが、今回はドローンを併用しパトロールを行う。

勿論、不適切工事を現認した場合、発注者に対し工事中断の申し入れを行うと同時に再発防止の協議を要請することになる。

勿論、地域住民や環境保護団体が納得するレベルの改善策でなければ工事の再開を認めるわけにはいかない。

住民や保護団体がグズグズ言ったところで法的には何ら強制力などないと考えているかもしれないが、果たしてそうだろうか?

これまでも再三注意を促してきたにもかかわらず、毎年毎年同じようなトラブルが続発するとなれば、発注者自体が赤土流出などの不適切工事を容認していると疑われても仕方ない。

となると・・・業者だけの問題ではなく発注者に対しても責任追及しなくてはならない。

要するに、大島支庁河川課課長のみならず土木部長、さらには大島支庁長が職務を全うしていない・・・いや・・・する能力がないと思われても仕方ないのでは?

であるならば、毎年毎年大島支庁とダラダラと堂々巡りの議論を繰り返すのではなく、本庁と再発防止策について協議する道を選ぶしかない。

「えっ?と言うことは今後問題が発生した場合は大島支庁河川課ではなく本庁の河川港湾課に通報するのか?」とのご質問もあろうかと思いますので、聞かれる前に回答したいと思います。ハイ。

正解です。
今後トラブルが発生した場合、全て本庁に抗議致します。

当然、本庁は大島支庁河川課と話をして下さいと言うに違いないが、「いやいや結構です!」「全て本庁経由で支庁に連絡して下さい」と言うだけのこと。

手間がかかるでしょうが仕方ないですよね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






ごま産地偽装の鹿北製油を検証する!元社員の知人によると・・・・・【鹿児島県・湧水町・食の安全を考える】

ごま産地偽装の鹿北製油を検証する!元社員の知人によると・・・・・【鹿児島県・湧水町・食の安全を考える】

201906012234132e8.jpg


【鹿北製油産地偽装事件 過去記事一覧・時系列】

Click→→2018/10/31・鹿北製油が産地偽装?ゴマの産地偽装発覚!販売店と消費者は騙されていた!道の駅からも全商品撤去【鹿児島・産地偽装・ゴマ】

Click→→2018/12/12・またまた産地偽装が発覚!国産えごま油カプセルに中国産を混入!痛すぎる湧水町 鹿北製油の巻

Click→→2019/1/17・二度あることは三度あるが現実となった鹿北製油の産地偽装問題!デタラメ製油会社のその後が気になるのはボクだけ?

Click→→2019/2/1・鹿北製油が県に報告書提出!えっ?早々と社長に返り咲きですか?・・・鹿児島県湧水町 鹿北製油 産地偽装問題・・・【ごま製品・黒米・なたね油】

Click→→
2019/2/2・鹿児島県湧水町 鹿北製油の元従業員が衝撃の証言!元従業員が語った偽装の実態とは・・・消費者は二度だまされた?【ごま製品・黒米・なたね油】

Click→→
2019/2/27・まさかとは思いますが返金もしくは商品の交換を拒否するなんてことないですよね? 【鹿児島県 湧水町 鹿北製油産地偽装問題】

Click→→
2019/3/9・鹿北製油の全従業員が退職したんだとさ!電話かけても出やしない涼しさ満点 鹿北製油の巻【鹿児島県 湧水町 鹿北製油】

Click→→
2019/3/10・鹿北製油の返金対応が鬼すぎる!最後の最後まで消費者を軽視していると思われても仕方ないよね【鹿児島県 湧水町 鹿北製油・産地偽装・ごま・油】

Click→→
2019/4/3・【鹿児島県 事件ニュース】鹿児島県湧水町 鹿北製油社長が不正競争防止法違反の疑いで逮捕!ゴマ産地偽装と言えばやっぱ鹿北製油だろ!イメージついちゃったよね

Click→→
2019/5/13・ゴマ産地偽装の鹿北製油に措置命令!人の噂も七十五日!鹿北製油の商品を各オンラインショップが絶賛販売中!

Click→→
2019/5/22・産地偽装の鹿北製油に新たな疑惑が浮上か?えっ?外国産はかなり前から使っていた?【食の安全を考える・鹿児島県・ごま製品・黒米・なたね油】

Click→→
2019/5/23・エグすぎるぜ!賞味期限偽装?会社からの指示?秘密さんコメントありがとうございました!


鹿北製油の産地偽装事件を過去の事件として葬るべきではないと考えているのはボクだけだろうか?

いや・・・・・きっと鹿北製油で働いていた社員もまたボクと同様「真実を伝えたい」と考えているはずだ。

以前働いていた社員による告発で問題が表面化し、その後次から次へと不正が暴かれることとなった鹿北製油の産地偽装事件。

この商品の原料は国産ではなかった・・・

この商品もまた外国産原料を使用していた・・・

次から次へとウソがバレる度に謝罪し続ける社長。

「バレなきゃ黙っているつもりだったのか?」消費者は勿論のこと社員もそう思ったに違いない。

ウソはバレる。

これ以上悪あがきをしても無駄だと社員は考えたはずだ。

会社からの指示だったとはいえ社員も罪悪感に駆られたことだろう。

あとは正直に話すだけだ・・・・・

鹿児島県は数年前から産地偽装があったと発表したが、ボクが調べたところ数年前どころか10数年前から外国産を原料とした製品を国産品として市場に流通させていた可能性が高いと判明した。

また、先日お伝えしたとおり産地偽装だけではなく消費期限ラベルの貼り替えや袋の詰め替えなども社長の指示のもと社員が作業を行なっていた。

今回、事件発覚に伴い多くの社員が任意の取り調べを受けた。

警察の取り調べに対し社員がどのような供述をしたか気になっていたが、今回社員をよく知る者から話を聞くことが出来たので聞いたとおりの話を皆さんにお伝えしたいと思う。

・・・・・・・・・・

「今回の事件は元社員による告発です」

「社長の理不尽な態度に憤りを感じた元社員Aさんが複数の取引先に通報したと聞いています」

「通報先の一件がグリーンコープで、そのグリーンコープが直接会社(鹿北製油)に確認しに来たことで騒ぎとなりました」

「安心安全な食材を提供するグリーンコープとしては元社員の告発はまさに青天の霹靂だったはずです」

「会社もまたグリーンコープが確認に来たことで大騒ぎとなり、その後は常識では考えられないような指示を受けた社員もいたそうですよ」

「例えば・・・社長の指示のもと、書類や台帳、伝票らしきものを段ボールに詰め込み処分場に持って行き廃棄したと聞きました」

「その量は軽トラック数台分」

「当然、タイミングを考えれば『見られたらヤバイ書類だな』と、思ったそうです」

「ワンマン企業なので誰1人社長に意見することも出来ず、社長の指示に従い機械的に動きました」

「その後は報道されたとおり次から次へと産地偽装が発覚し、社員は皆茫然自失の日々のなか勤務を続けることになったのです」

「産地偽装発覚後に送り返されて来た商品は社員が辞めるまでは社員が責任を持って管理していたそうですが、辞めた後その返品の品がどのように管理されているかは定かではないと聞いています」

「辞めた社員の複数名の話によると、とにかく社長はワンマンで従業員に対しては日常的に罵声を飛ばし、意に沿わぬものは執拗に辞職を促し事実上のクビ宣告」

「理由らしきものもなく突然の『辞めてくれ』との発言に、口論になった社員もいたとか」

「三年くらい前にも辞めさせられた女性社員がいたはずです」

「その時も退職理由を自己都合扱いにされそうになり、ゴタゴタしたみたいですよ」

「今になって考えれば世間で言うところのブラック企業ってやつですね」

「あっ・・・一部商品はタンクローリーで持ち込んだ他社製品とミックスし自社商品として販売していたそうです」

「勿論、その商品は無添加製品として販売していましたが、無添加ではなかったと聞いています」【「国産なたねサラダ油」「オーストラリア産なたねサラダ油」については、鹿北での製造ではなく、タンクローリーで仕入れていた商品で、元従業員にも薬品不使用と信じ込ませ販売させていたとのこと】

「警察や鹿児島県が今回1つの答えを出した形になりましたが、10年以上前から働く社員もいたことから彼等に話を聞くことが出来れば真実が分かると思います」

「辞めた社員は皆口々に言っていたそうです」

「すべて正直に話したい」

・・・・・・・・・・・・

話が長くなったが、元社員を知るこの男性の話を聞く限り、鹿北製油事件の闇は深いと言えるのではなかろうか?

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR