鹿児島 暴露クラブ

世の中おかしな事だらけ!匿名捜査官(ダメ先輩)とボクが鹿児島の問題をとことん追及します! 納得行かない問題や疑惑などありましたらコメント下さいますよう宜しくお願い致します。 情報提供及び投稿下さいました方の個人情報は厳守致します。

TOP ご案内


いつもご訪問頂きありがとうございます。

本ブログは、自称・匿名捜査官(ダメ先輩と仲間たち)とボクが繰り広げる奮闘記です。

鹿児島のおかしな問題や疑惑を追及しています!

身近な問題や疑惑に関する情報提供お待ちしております。
【個人情報は厳守致します】

Click↓↓↓Click





  1. 2017/12/31(日) 23:59:59|
  2. タブーに挑戦
  3. | トラックバック:0

南大隅町長選挙 備忘録2・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その117

Click→鹿児島暴露クラブ・南大隅町関連
選挙前・・・選挙中・・・そして選挙後・・・町長選挙にまつわる様々な話題が市中を駆け巡り南大隅町はおかしな雰囲気に包まれている。

誰が味方なのか・・・
誰が敵なのか・・・

迫口氏の出馬のお膳立てをした者がいるのではないか?

迫口氏は何を根拠に某選挙陣営に密約があったと言い放ったのか?

根拠があったとするなら証拠を示せるのか?

今回の南大隅町長選挙は前回とは違い摩訶不思議な選挙戦となった。

突然立候補を表明し、選挙目前で出馬を取りやめた放射性廃棄物処分場誘致推進派の田中氏・・・

突如現れ話題の人となった放射性廃棄物処分場誘致反対派の迫口氏・・・

さらに立候補者だけではなく立候補者を支持する側にも大きな変化があった。

特に目を惹いたのはこれまで森田氏を支持してきたミスターX(南大隅町に放射能廃棄物を持ち込むため大活躍した人物)の変貌ぶり・・・

この人物が森田氏と東電とを結びつける橋渡し役であったことは誰もが知っている。

だが、ミスターXは今回の町長選挙前に自らが関与したモーターボート譲渡について、「森田町長から売買代金を受け取っていない」「頼まれて領収書を先に交付した。未だに代金未払いの状態」と言い放ったのだ。

ミスターXの発言が真実であればまさに選挙を目前にしての「秘密の暴露」ということになる。

ミスターXがモーターボートの件を暴露したことを知った瞬間「仲間割れ?」「足を引っ張っているのでは?」・・・「条例作った森田氏は用済みってことか?」誰もがそう考えに違いない。

選挙前にわざわざ暴露するとはあまりにもタイミングが良すぎる。

ミスターXの暴露はその後もとどまるどころか、日増しにエスカレートしているのではないかとさえ感じる。

彼が良心に基づき真実を語っているならば、今語るのではなく前回の町長選挙前に語って欲しかったというのがボクの正直な気持ち。

現在、森田氏は様々な疑惑の追及を受けている。

町民を欺き町長自ら放射性廃棄物処分場誘致に奔走していた時期に様々な接待を受けていた容疑がかかっている。

都心のホテルや向島の料亭などでの接待。

銀座のクラブでの接待。

さらにはデリヘルの話まで飛び出す始末だ。

皆さんはどの様にお考えか分からないが、ボク的には今回の疑惑については「限りなく黒」だと思っている。

要するに接待を受けただろうということだ。

接待した者が食事やクラブでの支払いの記録を提示しても構わないと言っていると聞く。

また、デリヘル接待についても支払った方法や料金についても具体的に語っている。

炎上火だるま状態といえよう。

まさしく昨日の友は今日の敵となったわけだ。

それにしても利害関係が無くなった瞬間に暴露?それはそれで何とも複雑な気持ちになったのもこれまた事実。

森田氏のデタラメぶりは今に始まったことではないことからさほど驚きもしないが、ミスターXの変貌ぶりにはただただ驚くばかりである。

デリヘル疑惑については「インターネットでデリヘル嬢あっせん業者を調べ女性の派遣を頼んでいた」「その後にホテル前で女性と待ち合わせデリヘル嬢側に代金を支払い、部屋番号を教えて部屋に送り込んでいた」と接待役側の関係者が証言しているようだ。

驚くべきは料金の高さ。

通常のマッサージであれば時間にもよるが数千円〜1万円くらいなのでは?と思うのだが、接待役側の関係者は毎回4〜5万円支払っていたとか。

だからこそ買春行為があったのではないか?と指摘されているのである。

一方、森田町長はそれらの疑惑について未だに沈黙。

だが・・・ここにきて一部住民が森田町長にまつわる疑惑について「白黒」をつけるべく追及するのではないかとの噂が南大隅町で広まっている。

「白黒つける」とは今回浮上した疑惑を司法機関に告発するということだろう。

先日、当ブログにある方から非公開コメントが寄せられた。

内容はと言うと・・・今回、森田氏は町民からの告発をもとに警察に間違いなく逮捕され失職する!・・・貴殿は今回の疑惑についてどうお考えか?と言うものだった。

非公開コメントだったのでコメント欄ではなく、あえてここでボクの考えをお伝えします。

先ずは疑惑についてですが、今回言われていることはほぼ間違いないのではないかと考えています。

ただ・・・森田町長が告発後に逮捕され失職するとの話については、コメント下さった方とは若干見解に相違があるかな?

告発され逮捕されるとのことですが、警察に告発したからといって必ず逮捕されるとは限りません。

警察も証拠を検証し事件性があるか、ないか、先ずは判断し、その後に検察と協議するはずです。

逮捕することは簡単なことですが、まずは捜査段階で起訴出来るか、起訴出来ないかの判断をしなくては逮捕に踏み切ることは出来ないでしょう。

えっ?証言する者もいるのに?逮捕されない可能性があるのか?とのお考えを持つ方もいらっしゃるとは思いますが、ボク個人の見解としては果たして警察が証言を証拠として採用し、それだけをもって逮捕起訴出来るのか?という素朴な疑問が湧いてくるのです。

要するに証言は証拠になるのか?と言うことです。

例えば殺人現場に血まみれの包丁が落ちていた・・・包丁に容疑者の指紋が付着していた。
この様な場合は包丁についた指紋を証拠(物証)とし逮捕状を請求し逮捕に踏み切ることになると思う。

証拠とは何か?
一番の証拠は「容疑者の自白調書」であることは間違いありません。

次に「物証」(血まみれの包丁に指紋がついていれば立派な物証)。

証言も証拠ではありますが、証言や供述証拠については、「証拠にはなるけれどもそれだけで決め手と判断することはなく、何か他の補強事情と合わすことでその証言が信用できると判断した場合に、はじめて決め手となる証拠として取り扱う」ということになると思います。

逮捕することは簡単ですが、逮捕する以上犯罪を立証しなくてはなりません。

公判を維持出来るか・・・維持出来ないか・・・この事を判断するのは警察ではなく検察です。

証言も証拠の1つではありますが、状況証拠にしか過ぎません。
状況証拠だけでは公判維持が出来ないと考えるべきでしょう。

よって・・・物証がない以上、状況証拠をより多く集め積み上げて行くしかないのです。

では、状況証拠を積み上げることで必ず起訴出来るのか?という素朴な疑問が湧いてきますが、答えはNOです。

状況証拠のみでの起訴は事案にもよりますが、おそらく10%〜30%くらいの確率ではないかと思います。

ひょっとすると10%〜15%かもしれません。

今回の森田町長の疑惑についてですが、接待役側が支払った代金の領収書等が事件(容疑が断定出来ないので事件と記)の物証と成り得るかが最大の焦点になるのかな?

接待現場に森田氏がいたという証拠・・・日付け入りの写真など。
森田氏自身が接待現場にいたと供述するか?そして接待を受けたことを認めるか?
この辺りが物証が物証として意味を成すか成さないかの判断に繋がるのではないかな?

あと・・・デリヘル接待についても同様です。

女の子が確かに森田氏の相手をしましたと供述しても、それは傍証にしか過ぎず状況証拠の1つとして取り扱われるのではないか?と思います。

それと・・・森田氏自身がデリヘル接待を受けたと供述するか?
例えば、「確かに女の子が部屋の入り口まで来ましたが、お断りして帰っていただきました」
森田氏がこの様な供述をしたならば、女の子が森田氏の顔を知っていてもおかしくないし、接待役側がホテルに入室する前に女の子側に代金を支払ったと証言したからと言って、支払いをした行為が必ずしも森田氏が接待を受けたとする証拠であるとは断言し難いと裁判官から判断される可能性があります。

女の子が森田氏の顔を知っていることも傍証であり状況証拠にしか過ぎないということです。

サービスを受けたという明らかな証拠が必要でしょう。

さらに料金の高さから買春が疑われていますが、そもそもデリヘルでの本番行為は違法。
買春をデリヘル側が言及することは管理売春を認めることになるので、料金の高さについてどの様な説明をするのか気になるところです。(話の信憑性を確保するため必ず検察官はそのことは調書にまくはずです)(あと、店側には何ら直接迷惑をかけていない森田氏のことを、デリヘルと料亭の経営者は検挙に向けての調書作成に協力するのか?老舗の料亭が例えどの様な状況であれ任意の協力で警察に顧客情報を出したとなればのれんにキズがつくのではないか?また、デリヘルも同様に顧客から信用を失くす可能性があるが調書作成に協力するのか?この点も気になるところである)

犯罪を立証するのは訴えた側の仕事。

日本の裁判において起訴後の有罪率は99,9%くらいじゃないかな?

この数字は有罪に持っていけない事件は起訴しないという事を意味しているのです。

さらに残念なことにウソつき森田氏は町長という公人の立場にあります。
仮に起訴し有罪に持っていけないような不測の事態になれば、起訴すると判断した検察官は勿論のこと、下手すれば次席検事にまで火の粉が及ぶ可能性すらあります。

まさに出世の妨げになるってやつです。

公人を逮捕する以上は必ず起訴しなくてはならないと考えているでしょう。

任意の取り調べ(事情聴取)、在宅起訴、などの言葉を聞いたことがあるかと思いますが、よほど間違いない証拠がない限り、政治家については先ずは任意の取り調べを行い起訴出来るか出来ないかを判断します。(勿論警察の取り調べと検察官の取り調べがあります)

任意の取り調べ内容を精査しその後どのように動くか決めます。

事件として取り扱うと判断した場合。(有罪に持って行ける)
◯逮捕状を請求、身柄を確保し(逮捕)取り調べを行なう。
◯逮捕状を請求、身柄を確保せず(在宅)取り調べを行なう。
いずれかのパターンかな?

事件として取り扱う事が出来ないと判断した場合。(公判維持が出来ない可能性がある。無罪判決の恐れがある)
◯任意の取り調べのみで一旦留保。(新たな証拠が出て来るまで待つ)

その政治家がいくらボンクラでも起訴出来ない可能性が10%でもあれば逮捕に踏み切ることはないでしょう。

ということは・・・公判維持の為の証拠を90%固めなければ逮捕しないということではないでしょうか?

今回、告発に踏み切る方々がどこまでの証拠を握っているのかが勝負の分かれ道です。

聞いたとか・・・言っていたなどの伝聞レベルでは全く話になりません。

少なくとも今回取材に応じた接待側の人間やデリヘル業者には面前で話を聞いたほうがいいかもしれませんね。

告発だからそこまでする必要があるのか?とのご意見もあるかと思いますが、出来ることならそこまで裏を取っていたほうが正解だと思います。

何故かと言えば・・・警察が立件出来ないと判断した場合、これだけ疑惑が周知された以上、森田氏側が名誉毀損で逆に訴えてくる可能性があるからです。

森田氏が現時点で動かないのは先ずは立件されるか?立件されないか?様子を見ていると考えるべきではないでしょうか。

反撃された場合どのように対処するかのシュミレーションも必要。

森田氏が名誉毀損で訴える相手は必ずしもミスターXやデリヘル業者とは限らないのです。(的を変えて来る可能性もある)

告発者に対してのみ民事や刑事で訴えて来る可能性もあるということです。

可能性が1%でもあるならば気をつけるべき。

ついつい長々と書き綴ってしまいましたが、再度言いたいことは疑惑については黒だとは思いますが、森田氏の逮捕については間違いなく逮捕されるとは言い難い。

全ては証拠次第。

そして、告発者は森田氏からの反撃に備えることを怠ってはいけないということです。

森田氏が前科一犯になると思っていたら、いつのまにか自分が訴えられちゃっただなんてことにならないよう万全の態勢と細心の注意を払って下さい。

1%の危険があればNOリスクとは言えないのです。

次回へ続く。

PS・・・「お前も森田氏の疑惑について黒だと書いてるから訴えられる可能性があるのではないか?」とのご意見があるかと思います。

そうですね。
あるかもですね。
最悪身柄まで取られるようなことになれば、その時は仕方ないので留置場でのんびりと本でも読んで過ごすことに致します。ハイ。
Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/22(土) 22:47:11|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近日公開予定・・・南大隅町関連・奄美市崎原・ビルメンテナンス入札・瀬戸内土木事務所入札・奄美市大和村PFI・土地ネコババ疑惑・政務活動費関連



当ブログへご訪問下さりありがとうございます。

近日公開予定の予告編です。

◯南大隅町長選挙 備忘録2・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その117

◯奄美市崎原地区に建設予定の産業廃棄物処分場問題・・・島民が語る!

◯ビルメンテナンス入札関連・・・入札執行状況【鹿児島県発注・鹿児島市発注分】

◯鹿児島県大島支庁瀬戸内土木事務所発注・・・入札執行状況

◯奄美大島大和村大型プロジェクト関連・・・津名久・今里地区

◯土地が広くなった?隣接地ネコババか?産業廃棄物不法埋却?・・・その3

◯鹿児島地方議員 政務活動費問題

△曽於市関連・現在調査中

Click↓↓↓Click







  1. 2017/04/20(木) 19:44:41|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南大隅町長選挙 備忘録1・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その116


肥後氏・・・まさかの大敗・・・

ここまで酷い結果となることを誰が予測出来たであろうか?

さかのぼること数年前・・・南大隅町に突如降って湧いたかのように浮上した放射性廃棄物処分場誘致問題・・・

その後、常識では考えられない裏取引とも思える密約や怪しげな行動が次々と露見し、南大隅町民はもとより多くの国民を驚かせることとなった。

Click→日本経済新聞・2013/4/27・原発汚染土処分場「鹿児島・南大隅町に」町長が認識

Click→
西日本新聞・2013/4/17・さまよう核のごみ(2)の2 日本の最終処分場選び

Click→
鹿児島暴露クラブ・南大隅町関連

主人公は森田俊彦氏。
言わずと知れた南大隅の町長さんである。

そして・・・もう1人・・・東電の窓口?と言われているミスターX。

当時、ミスターXが頻繁に南大隅町役場に出入りしていたことは町内でも噂になるほどであった。(南大隅町民 談)

一連の出来事を考えると、この2人が役場内で何を企んでいたか大方想像がつく。

その後の一連の騒ぎは皆さんご承知の通り、平気でウソをつき知らぬ存ぜんを決め込んでいた森田町長であったが、すぐにウソがバレることとなった。

森田氏は鹿児島弁でいうところの「面ん皮が厚い(つらんかわがあつい)」お人である。

面ん皮が厚いからその後も何食わぬ顔をして選挙に出続け、そして不思議なことに再選し続けている。(ある意味選挙のプロだな)

今回、森田氏は三選を目指し南大隅町長選挙に出馬した。

これまでの町民無視とも思える森田町長の愚策については呆れるばかりであるが、ただ1つ評価すべきことは放射性廃棄物持ち込み反対の条例を在職中に制定したという点だろう。

彼の原点は「放射性廃棄物処分場誘致賛成」だった。
しかし、その後の騒ぎを沈静化させる為にやむなく町内への放射性廃棄物持ち込み反対の条例を作ったと解釈すべきだろう。

ただ・・・プロセスはどうであれ、推進派であった森田町長が条例を作ったことは事実。

そして、条例を作らざるを得ないところまで問題を追及し続けた地元有志の努力が森田町長を動かしたこともこれまた事実。

現在、森田町長が放射性廃棄物処分場誘致について本音の部分でどの様に考えているかは知る由もないが(一応本人は放射性廃棄物の町内持ち込みについては絶対反対と明言している)、仮にも町長自ら作った条例を己の手で握り潰すようなことはないであろうと信じている。

数年後、突然豹変し条例を潰したり、今さら住民投票で民意を問うなど言い出した日には、南大隅町どころか鹿児島県始まって以来の暴挙として歴史に名を刻むことになる。

それにしても今回の南大隅町長選挙は本当にドタバタ劇の連続だった。

ちまたの噂では、前回森田氏を支持した地元漁協と地元の土木業者が、今回の選挙では肥後氏の支持にまわったとの情報もあったがフタを開いてみたら噂は所詮噂でしかなかったことが両氏の獲得票数に如実に現れた。

仮に漁協が真剣に動いていたら・・・土木業者が一丸となって応援していたなら・・・トリプルスコア近くまで離されることはなかっただろう。

選挙は結果が全て。

今さら何を言おうがどうにもならない。
これが選挙というものだ。

今回の結果を見ると肥後氏陣営は4年前の選挙から一歩前進するどころか二歩後退している。

敗戦の弁がどのような内容だったか未だ聞こえてこないが、第三者的視点で言わせてもらうなら準備不足だったのではないかと・・・それとアバウトな表現になるが戦略ミス?争点無き選挙?という気がしてならない。

長年、肥後氏を応援し続けてきた方々にとって今回の町長選挙は悔やんでも悔やみきれない結果で幕を閉じることとなった。


南大隅町の有権者数6755人

◯南大隅町長選開票結果

森田 俊彦 3,799票

肥後 隆志 1,438票

迫口 憲明 37票


◯南大隅町議選開票結果

当 浪瀬 敦郎 498票
当 大久保孝司 498票
当 津崎 淳子 448票
当 木佐貫徳和 447票
当 大坪満寿子 384票
当 持留 秋男 355票
当 日高 孝壽 355票
当 水谷 俊一 348票
当 松元 勇治 345票
当 大村 明雄 313票
当 後藤 道子 313票
当 川原 拓郎 300票

落 肥後 十蔵 293票
落 平原 熊次 217票
落 井之上一弘 184票

【参照・前回の南大隅町長選挙 開票結果】


次回へ続く。

Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/17(月) 20:27:55|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

速報!南大隅町長選挙 森田俊彦氏が当選確実


選挙は蓋を開けてみるまで分からないとの言葉どおり、大方の予想を覆し森田氏が3選を決めた!

えっ?
森田氏3,700票?
確か・・・前回は3,979票だったよね。

前回選挙より投票数1割しか減ってないじゃん!

策士策に溺れる

まんまとハメられましたね。

だか〜ら〜言ったじゃないの。

合掌。

PS・・・近日中に選挙戦を分析したいと思います。
肥後氏サイドの選対本部長&選挙参謀さん!何やってたの?

放射性廃棄物&原発封印でこの始末。

マジ笑えないよ。

漁協票と建設業票はどこに行っちゃったんですかぁ〜

Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/16(日) 23:23:33|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビルメンテナンス業界の嫌われ者が南大隅町に登場だよん・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その115


へんちくりんな話ばかりが飛び交う南大隅町長選挙・・・

町民不在っていうのかなぁ〜
思惑にまみれたクソみたいな選挙になってきた。

町内の支援者が立候補者を支えるっていうのが普通のパターンだと思うのですが・・・何故か今回の町長選挙は前回に増して他所の方々が裏でウロチョロしているようだ。

戦い方はそれぞれでしょうからそれもまた戦略としては有効なのでしょう。
ただ・・・これまで支えて下さった支援者の方々に不愉快な思いをさせちゃ〜ダメよダメダメ。

勝たなきゃ意味ないってのも分かりますが人間関係も大切にしなくちゃ真の意味での町長にはなれないような気がします。

今回の町長選挙立候補者が破ってはならない事項はこんな感じかな。↓↓↓↓↓

森田さん→→→いろいろと書きたいところですが、政策・公約などよりも先ずは「ウソをつかないこと」「念書や委任状等の書類に町長の公印をペタペタ捺さないこと」「人を安易に信用しないこと(ミスターXで懲りなきゃ)」
ってことで選挙中は「町民の皆さん!二度と誤解を受けぬよう、ウソをつかぬよう、印鑑をペタペタ捺すことのないよう、町民を裏切ることのないよう一生懸命頑張ります!ついでに新庁舎建設も断念しお年寄りの暮らしを良くする、子供達が夢を持てる故郷作りに取り組む、大きなことばかりに目を向けず足元の問題からコツコツと取り組んで行きます!ニンジンぶら下げられても二度とニンジンに食いつくようなことはいたしません!

難しいこと言わないで上記事項を念仏を唱えるよう朝から晩まで選挙期間中誠心誠意訴えるしかないんじゃないの?

町民に気持ちが伝われば意外と奇跡的に僅差で勝つ可能性あるかもしれませんよ!

肥後さん→→→そうだなぁ〜とりあえずは今のところ優勢って感じだから大失敗さえなければ念願叶って初当選ってとこでしょうか。

争点ではないとはいえこれまで積極的に反原発運動に携わってこられた方ですから、肥後さんが仮に町長になった場合は町長在任中は未来永劫放射性廃棄物処分場誘致なんて100%あり得ないし、放射性廃棄物関連の条例を破棄するなんてことも100%あり得ないし、民間企業が町内に放射性廃棄物関連の事業を展開しようとしても断固拒否することは間違いないし・・・

それと・・・新庁舎建設ではなく補強工事ってハッキリ言ってるんだから、とりあえずこれまでの自身の発言さえ厳守さえすれば二期三期連続当選するのではないでしょうか。

地球の自転が逆回りするようなことがあったとしても絶対に放射性廃棄物関連事業には賛成しないと支持者は信じているでしょうから、その点だけは間違いがないよう念押ししたいなぁ〜ってとこです。

あと・・・迫口さんについてですが→→→選挙後にひょっとしたら刑事訴追を受ける可能性があるのでは?なんて噂が飛び交っていますが、ご自身が選んだ戦術ですから最後まで貫ぬくんだろうなぁ〜と勝手に想像しています。

自爆覚悟で貫ぬくやり方ってボクは嫌いじゃないですよ!

でも・・・そこまで言っちゃうって何かしらの根拠があるのかな?

本人さんが当ブログをご覧になっているなら是非ともコメント頂きたいなぁ〜って真剣に思っています。

あっ!そうそう!
今回の町長選挙にビルメンテナンス業界のアノお方の名前が登場してきました。

絡んでまんなぁ〜 笑
かずぴょ〜〜ん
バレバレだよ〜〜ん
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

仲を取り持つなんてお主もなかなかの役者やの〜〜

PS・・・建設業関連の入札結果と、ビルメンテナンス関連の入札結果をアップする予定でしたが、南大隅町長選挙関連の記事アップの都合で少し遅れています。
今しばらくお待ち下さい。

Click↓↓↓Click






  1. 2017/04/14(金) 21:18:01|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦略と対策の重要性・火に油を注ぐの巻・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その114

【操り人形になってはいけません】
Click→鹿児島暴露クラブ・2017/4/1・そろそろ登場すると思ってたよ!お笑い南大隅町劇場が開幕です!南大隅町の常識は日本の非常識・・・その111

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/4/4・争点にならない?そうかなぁ〜〜?・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その112

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/4/7・速報!管理人の独り言・・・南大隅町長選挙【 ひとくちメモ】

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/4/11・思惑だらけの南大隅町長選挙・・・真実は1つ・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その113

鹿児島県南大隅町で何とも不可解な話が飛び交っている・・・
何が真実なのか?
とにかく真実が見えてこない。

昨日、某サイトに南大隅町を「ゴキブリ」が走り回っていると書かれていたそうだ。

ゴキブリと揶揄されたのは街宣カーのことだ。

立候補する者を名指しで誹謗中傷しているとか・・・また・・・その行為に対し鹿児島県警錦江警察署に通報し、近日中に弁護士を通じ告訴するのではないかとのこと。

警察が告訴状を受理するか受理しないかは司法が判断することだからボクらがいくら考えても意味など無いが、仮に受理したとしても逮捕状が請求出来るかどうかは警察の判断だけではなく、検察がどう判断するかが一番のポイントだろう。

何が言いたいかというと・・・考え方は人それぞれだが、ボクだったら選挙前と選挙中に被害届けなど提出しない。

スルーしちゃう。要するに無視するってこと。

何度も言いますが考え方は人それぞれです。

仮にボクが当事者ならばスルーするか、もしくは緊急性がある場合は速やかに裁判所に街宣に対する仮処分を申請する。

えっ?そんな時間なんか無いって?
数日で仮処分なんか出ないだろうって?

ふ〜ん・・・そうかなぁ〜

こんなもん弁護士さんに頼まなくても簡単に出来ちゃうと思うのですが・・・

まぁ〜何れにせよ街宣やってた本人さんが選挙に出ちゃうんだから手遅れだよね。
後の祭り。

腹が立つ!とか、許せない!とか、違法行為だ!訴えてやる!・・・普通はこんな感じかな?そして無意味に時間が過ぎて行く。

今回も無意味に時間が過ぎて行ったのでは?

打つ手を間違った気がしてならない。
今となったら街宣止める術はなし!

今までは誹謗中傷?の街宣だったのかも知れないが、今後は選挙活動のための街宣活動ってことになります。

戦略も大切だが危機管理も同様に大切。
興奮する前に打てる手を打たなかったことこそ戦略ミス?
側近は何やってたんだ!って言いたい。

さらに・・・選挙戦突入を前にして「ゴキブリ」っていう例えは火に油を注ぐ表現になった気がしてならない。

選挙中はもちろんのこと、選挙後も街宣活動は続く可能性が高くなったと読み解くべきだろう。

司直の手により法律違反とし罰することで火消し出来るとお考えなのか?

それとも司直以外の誰かが火消しに奔走するのか?
またしてもミスターXの登場か?(またしてもって言葉が意味ありげww)
それともカンパチ親分?
はたまた土建屋のドン?

っていうか・・・そもそも前回の町長選挙ではこのメンバーは誰かさんの為に必死に動いていた方々。
皆さん放射性廃棄物処分場推進派の方々。
委任状だったっけ?念書?確約書?
忘れちゃったけど渡された紙にサラサラと自署押印しちゃったマヌケな方々も中にはいらっしゃる。

もちろん森田さんもコソ〜ッと書いてた。
一時は嫌な記憶は綺麗さっぱり忘れ、えっ?書いてません!覚えていません!だなんてシラをきってましたが、後日バレちゃった。

書き物を渡すということは後日証拠になってしまうということを考えなかったのか?

昨日の友は今日の敵になるかもしれないとは考えていなかったのか?(今回のパターンは昨日の友は今日の敵、昨日の敵は今日の友、2パターンのようです)

まぁ〜本人さんが人からウソつきと罵られようが構わないとお考えのようですから、他人のボクがとやかく言う筋合いではありませんが、首長(当時)たるものが何ともお粗末な話ではないかと思います。

書き物ほど怖いものはない。
そもそも人間関係が希薄な者に対して政治家を志す者が書き物を入れるなど愚の骨頂。

書き物に記した内容によっては致命傷になる可能性もある。(なんてったって書き物イコール証拠ってことだよね)

人の口には戸は立てられないとの言葉通り、誤解を招くような軽率な行動を取った者がいるとするならば、周りの者は不信感が募り徐々に心が離れて行く可能性すら出てくる。

策士策に溺れる・・・戦略が仇になり墓穴を掘るようなことは避けねばならない。

皆さん!そう思いませんか?

ボクは誰が町長になろうが構わない・・・ただし、明確に放射性廃棄物関連に「NO」と言える者が町長に当選すりゃ〜いいのになぁ〜と思っている。

自分の主義主張に一貫性がない者は信用出来ませんよね。

1つのボタンをかけちがうと取り返しのつかないことになるのではなかろうか?

笛を吹かれて簡単に踊るようでは町長としての資質が欠けていると言われても仕方ないでしょうね。

今回の南大隅町長選挙は立候補者の政治信条や公約などを十分に精査し、熟慮に熟慮を重ね皆様方の清き一票を投じるべきだと思います。

Click↓↓↓Click





  1. 2017/04/12(水) 15:15:58|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

思惑だらけの南大隅町長選挙・・・真実は1つ・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その113


Click→鹿児島暴露クラブ・2017/4/1・そろそろ登場すると思ってたよ!お笑い南大隅町劇場が開幕です!南大隅町の常識は日本の非常識・・・その111

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/4/4・争点にならない?そうかなぁ〜〜?・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その112

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/4/7・速報!管理人の独り言・・・南大隅町長選挙【 ひとくちメモ】

「現職の無投票当選を阻止したいと出馬を決意したが、別の候補者が出馬を表明した。地元の支援者と相談の上、今回は見送ることにした」

( ´Д`)y━・~~

だから言ったじゃないの直前で立候補取りやめるんじゃないかって!

田中さんでしたっけ?
南大隅町に縁もゆかりもない方がどうして南大隅町長選挙に出るの?
そんでもって放射性廃棄物処分場誘致賛成?
いろんな思惑があったと思いますが・・・申し訳ありませんがインパクトはゼロ、意味不明、茶番劇以前の問題。

政治家目指すなら初戦が大切だってことお分かりではなかったのかな?
今回の立候補取りやめは田中氏が今後政治家を目指すうえでキャリアにキズを付けたことになるでしょうね。

まぁ〜何れにせよ予想していた通りで つまんないよ〜
黒幕は言わずと知れたアノお方なのでは?

さてさて・・・立候補が噂されていた迫口氏が昨日立候補を表明したようですね。

放射性廃棄物最終処分場に反対。
佐多辺塚にある陸上自衛隊 佐多射撃場の拡張。
役場本庁舎は補強ではなく新築。

なるほど・・・なるほどねぇ〜

迫口氏らしい戦いかたと言うか・・・出馬の趣旨がにじみ出ているなぁ〜と言うのが正直な感想です。ハイ。

選挙は何事も戦略でしょうから立候補される方々がそれぞれ戦略を練り戦えばよいのではないでしょうか。

当選することを目指し選挙に出馬される方もいれば、票を割ることを目的とし出馬を決意される方もいる。

はたまた出馬表明することだけがお仕事の方もいる。

今回の南大隅町長選挙は思惑にまみれたグチャグチャな選挙だと言えるのでは?

首を捻りたくなることの連続ですね。

選挙戦を目前に様々な情報が乱れ飛んでいます。
水と油の関係だったはずがいつのまにかお手手繋いでラランラランになったとか・・・

あっちの候補者ではなく今回はこっちの候補者を応援してくれだとか、コロコロ変わる変節ぶりに困惑されている海の男たちが沢山いるなんて話もあるようです。

俺たちはお前の操り人形じゃないぞ!ってことでしょう。

元々がウソにまみれた南大隅町ですから何があっても驚くことはありませんが、少なくとも主体性だけは見失うことのないよう気をつけていただきたいものです。

墓穴を掘るという言葉がありますが、余計なことに力を入れ過ぎ味方が味方でなくなれば苦労するのはご自身です。

踊らされるなとは言いませんが、周りが見えなくなるまで踊り過ぎることには気をつけるべきでしょうね。

南大隅町の常識は日本の非常識に終止符が打てることを願っています。

PS・・・選挙期間中も情報提供宜しくお願い致します!

Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/11(火) 16:02:19|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速報!管理人の独り言・・・南大隅町長選挙【 ひとくちメモ】


今年、鹿児島県内で一番の注目選挙と言われている南大隅町長選挙を前に何やら動きがあったようだ。

新たな動きとは・・・現時点で立候補を表明している現職の森田氏、新人の田中氏、前回も立候補した肥後氏の他にもう1人立候補表明者が登場?との情報をキャッチした。

新たな立候補表明者はこれまで南大隅町にて「放射性廃棄物持ち込み反対!」の啓蒙活動を行なっていた迫口氏なる人物。

迫口氏について調べたところ、数年前に南大隅町にて放射性廃棄物処分場誘致問題が浮上した際、独自の「反対運動」を展開していたようだ。

今回、土壇場での立候補表明であるが、立候補表明者の中に放射性廃棄物処分場誘致推進の立候補者が出馬することが濃厚になってきたことから、明確に放射性廃棄物処分場誘致反対を表明する立候補者が見当たらないなどを理由に、自ら「放射性廃棄物処分場誘致断固反対」をスローガンに選挙戦に挑むことを決意したと言われている。

更に・・・今回の立候補表明者の中に有権者を欺いている者がいるのでは?との情報もあるようだ!

どの様な内容なのか気になるが、選挙中に迫口氏が疑惑について徹底的に糾弾するのではないかとの憶測も乱れ飛んでいることから、迫口氏が選挙出馬となった際には迫口氏の口から何が飛び出すか注目したいと思う。

いよいよ選挙戦突入間近・・・・

一名については土壇場での立候補取りやめ劇があるのでは?と予想していたのだが、現時点でそのような話が出て来ていないことから、現職を含む4名での仁義なき戦いが数日後スタートすることになる。

現在、南大隅町は入札情報の漏洩事件に端を発し、その後収賄事件にまで事件が広がるという前代未聞の事態が発生し、現在も入札に絡む事件が他にもあるのではないかと鹿児島県警の捜査は続いている。

また、先日南大隅町内でばら撒かれた怪文書についても内容の真偽についてではなく、撒かれた文書が悪質だったことから、誰がばら撒いたかなどを捜査するため既に防犯カメラの確認に着手したとの噂もある。

次回へ続く。

PS・・・近日中に鹿児島県ビルメンテナンス関連の入札結果を公表します。

Click↓↓↓Click





  1. 2017/04/07(金) 21:49:33|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

争点にならない?そうかなぁ〜〜?・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その112


先日の地元紙に南大隅町長選挙3人目の立候補表明の記事が出ていたとか・・・

現職の森田さん、新人の田中さんについで3人目の肥後さん登場でほぼ顔が出揃ったということでしょうか。

森田さんについては今さら説明の必要はないかと・・・

新人の田中さんは元代議士秘書とのこと・・・ただ南大隅町出身でも南大隅町在住でもありません。
選挙前に突然現れた当て馬・・・ではなく・・・ダミーでもなく・・・え〜と・・・どこからともなく降って来た落下傘部隊?的な例えが正解かな?

日本語は難しいですね。

最近は「刷新」なんて言葉を良く耳にしますが、国政や県政ならまだしも、町村選挙レベルでは具体的な部分まで踏み込んで話をしてもらわなきゃ有権者にはなかなか伝わらないのではないか?と思う。

勿論、国政や県政選挙においても「刷新」の言葉の前提には必ず「公約」なるものが示される。

現在、鹿児島県知事の三反園さんが批判されているのも「刷新」以前の「公約」について重大な公約違反があるのではないか?とのことから批難を受けていることは皆さんがご承知のとおり。

選挙戦突入と同時にそれぞれの陣営が公約については表明すると思われるが、例え争点にならぬとしてもせめて地元紙の取材に応えた肥後さんには、高レベル放射性廃棄物の問題についてはもう少し踏み込んだ発言をして欲しかったというのがボクの本音だ。

条例を作った現職の森田さんと同じ「反対」の立場だということは言われなくとも誰しもが分かっている。

ただ・・・立候補表明をした田中さんは「過疎高齢化が進む南大隅は観光などでは生き残れない。原発の高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場を誘致し、地域経済を活性化させて人口流出に歯止めをかける」と主張している以上、森田さんとは同じ反対の立場ではあるが、田中さんとは逆の立場であることから、現段階で争点にならないという発言は少し急ぎ過ぎた発言なのでは?と少し気になるところだ。

それとも田中さんには目もくれずと言うことなのか?

にしても、これまでの流れを考えたとき、肥後さんを支持して来た方々は例え条例が出来たとしても、今は同じ反対(町への放射性廃棄物持ち込み)の立場だとはいえ、後に放射性廃棄物処分場を否定した森田さんと肥後さんとでは中身が違う・・・「一貫して反対」し続けてきた肥後さんとは出発地点が違うということを示して欲しかったのではなかろうか?

まぁ〜何事にも戦略、戦術があるだろうから第三者がとやく言っても仕方ないが、昨年の知事選挙において「原発問題は選挙の争点にはならない」と言い退けた元鹿児島県知事の伊藤さんの言葉と何故かオーバーラップしてしまう。

肥後さんが「うそのない町政へ刷新し・・・」と、地元紙の取材に応えていたが・・・うそのない町政ってある意味とんでもない話ですよね。

南大隅町はウソにまみれた町政が行われていた・・・そう言っているのと一緒。
実際そのとおり。

ウソにまみれた町にしてしまった森田さんの罪は万死に値すると言っても過言ではなかろう。

森田さんは再選を目指し立候補を表明しているようだが、先ずはウソにまみれた町政の首謀者だったことを自覚するとともに、二度とウソにまみれた町政だと言われることのないよう、身を律し選挙戦に挑んでいただきたいものです。

また、肥後さんについては町政刷新は勿論のことだが、選挙戦突入と同時に「新庁舎建設白紙撤回」を明言し、森田さんと正面から対決すべきだと思う。

南大隅町の常識は日本の非常識と二度と言われることのないよう南大隅町の名誉回復のために頑張ってほしいものだ。

Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/04(火) 00:00:00|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろ登場すると思ってたよ!お笑い南大隅町劇場が開幕です!南大隅町の常識は日本の非常識・・・その111


4月11日告示(16日投開票)の南大隅町長選挙に新たな立候補表明者が登場!

地元南大隅町の方かと思いきや東京都在住の34歳男性。

そうか・・・南大隅町出身で東京都在住なのか・・・と・・・思っていたのだが・・・えっ?違うの?福岡出身?

福岡?

代議士秘書をやってたくらいだから「政治の世界には精通している!」「俺に任せて下さい!」ってな感じですかね。

ふむふむ・・・過疎高齢化が進む南大隅町は観光などでは生き残れない・・・原発などの高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場を誘致することで地域経済を活性化させ人口流出に歯止めをかける!・・・と・・・この方はおっしゃっているようです。

南大隅在住でもなく・・・南大隅出身でもない方が・・・鹿児島県本土の最南端に近い南大隅町の未来を考えて下さっていただなんて・・・有難い話でございます。ハイ。

プッ(笑)

以前からの南大隅を取り巻く泥沼劇を知っている方々にしてみりゃ〜目が点になるような話なのでは?

そりゃ〜そうですよね。

これまでの町長選挙の争点の1つが「放射性廃棄物最終処分場の賛否」でした。

その後、条例が制定された・・・されたのですが・・・ここに来て条例制定後にもかかわらず選挙前に胸を張って放射性廃棄物処分場誘致推進を打ち出すなんて・・・正々堂々と?ってことでしょうか?

額面通りに表明を受け止めて大丈夫なのかな?なんて疑問さえ感じてしまいます。
まさかとは思いますが選挙前に出馬ドタキャンなんてないですよね。

票が割れるぞ〜〜なんて喜んでいたらヤバい気もする。

立候補を表明しても出る出ないは自由ですからね。

さてさて・・・これまでの流れをおさらいすると・・・
推進派の森田さんが当選→→→その後に様々な疑惑が浮上→→→TBS報道で一躍有名人となる→→→ウソが発覚→→→慌てて放射性廃棄物を持ち込まない受け入れないとの趣旨の条例作っちゃいました→→→もちろん議員さん方も過半数以上が可決に同意→→→これで放射性廃棄物処分場誘致問題は終息→→→と・・・思いきや・・・誰に頼まれたかのかは不明だが、条例制定後に町民を無償で六ヶ所村に視察ツアーご案内された奇特な方々がいらっしゃいました→→→南大隅町長選挙が近づく→→→立候補表明者がなかなか現れない→→→町長選挙は一騎討ちか?→→→と・・・思っていたら→→→いまごろになって当時お仲間だった方が森田町長のモーターボート疑惑を暴露→→→思惑がバレバレって感じかな→→→対立候補者は森田町長さえ失脚すれば労せず漁夫の利を得られると考える→→→町長選挙まであとわずか→→→誰も立候補表明しないぞ〜いったいどうなってるの?→→→ちまたで様々な情報が飛び交う→→→告示まで残すところ2週間弱→→→さぁ〜森田退治の刺客がそろそろ表明するぞ〜と思っていたら→→ジャジャン〜ン!笑えるくらい予想どおり新たな立候補表明者が登場!(モーターボート疑惑が再燃した意味がよく分かる)・・・南大隅在住でなけりゃ〜南大隅町出身者でもない方がいきなり落下傘候補者として出現→→→根回しなくして町長選挙に立候補表明するはずないのでは?→→→ってことは地元の窓口誰?ってことになる→→→普通に考えたなら反森田派が担いだと解釈するのが自然→→→しかし、反森田派(放射性廃棄物処分場誘致反対派)が放射性廃棄物処分場誘致賛成君を担ぎ出すはずがない!→→→ってことは皆さんお分りですよね!そうです!あの方々がエスコート役になっていると考えるのが普通なのでは?→→→ここからが悩みどころ→→→町長選挙立候補者は最終的に何人?→→→森田さんと今回立候補表明した田中さん?、それと前回町長選挙に出馬した方の合計3人での戦い?→→→ノー天気な考え方をするなら票が割れるから勝機があるのでは?と素敵な勘違い炸裂。

何れにせよ土壇場で1人が立候補取りやめたら一騎討ちになるということを忘れちゃならないですね。

まだまだ続きを書きたいところですが、とりあえずはここまでにしときます。

東電・・・ミスターX・・・
謎の紙爆弾・・・

このタイミングで・・・あんた誰?っていうくらい初顔の方が立候補表明・・・そんでもって条例があるのに胸を張って「放射性廃棄物処分場誘致推進」に言及。(知名度0のわりには堂々と放射性廃棄物処分場誘致推進を公言!誰かに言わされてるんじゃないの?って思えて仕方ないなぁ〜)

ハッキリ言って・・・グッチャグチャのモラル無き・・・ではなく・・・仁義なき戦いって感じ。

えっ?選挙前にいろいろ書いて問題にならないのかって?

ボクの独り言だから気にするな!

南大隅町の皆さん!
最後の最後まで よ〜〜く よ〜〜く 流れを見たほうがいいと思いますよ。

いろんな方々の思惑満載の町長選挙だということを忘れちゃダメですよ。

誰かさんと誰かさんの手のひらの上でコロコロと転がされることのないようくれぐれも気を付けて下さい。

次回へ続く。

PS・・・ミスターXの暴露は続く・・・このタイミング・・・何でもありってことですかね。

Click↓↓↓Click




  1. 2017/04/01(土) 00:00:00|
  2. 南大隅町関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土地が広くなった?隣接地ネコババか?産業廃棄物不法埋却?・・・その2

旧県道パクリ疑惑と崎原地区の産業廃棄物処理場建設問題と何か関係があるのか?と、思われたのでは?
後に意味が分かると思います。

奄美大島の奄美市と大和村との境に位置する とある土地に重大疑惑が浮上した。

新しい県道を作った後に、もともと通っていたはずの旧県道がいつのまにか消えたのである。(問題の土地に隣接していた旧県道が乗っ取られた可能性大!)

さらに疑惑は産業廃棄物の処理法にまでおよぶことになる。(問題の敷地内での事案!疑惑満載!)
本来であれば適正処理が義務付けされているはずの建設廃材等を、な・・・な・・・なんと・・・敷地内で不法に焼却していたという驚くべき証言まで飛び出してきたのだ!

建設廃材を野焼きするくらいのモラルしか持ち合わせていないとなれば、当然のことながら不法投棄も行なわれていたのではないかと疑惑の目を向けたくなる・・・

予想的中!

その後、調査をしたところ、地域住民から「以前、建設重機で敷地内に穴を掘っていた」「掘った穴に建設廃材等を埋めていた」など、耳を疑いたくなる話が出てきた。

問題の土地の所有者は鹿児島県や奄美市、さらには大和村発注の公共工事に参加している建設会社元社長。

現在は会長職に就いているようだが、経営の表舞台から退いたかに見えるが未だ経営に携わっていると思われる。

この建設会社が入札で工事を受注しているところまでは既に確認済み。

ボクは常日頃から役所の対応に疑問を持っている。
奄美群島の世界自然遺産登録を目指していると公言している鹿児島県と奄美市・・・県も市も環境整備は勿論のこと市街地の美化にも力を入れていることは周知のとおり。

にもかかわらず公共工事入札に参加している建設会社などによる産業廃棄物の不法保管や不法投棄、また、工事の際には平気で河川や海に赤土を垂れ流す始末。

公共事業入札に参加する建設会社による不法投棄などの違法行為や環境破壊については厳しく取り締まりを行なうべきである。(指導できていないからこそ不法保管や不法投棄がなくならない!舐められているってこと)

ここでもう1つ「えっ?嘘だろ!」と言いたくなるような情報を得たので遠慮なく書かせてもらう。

問題の土地の所有者についてですが・・・いま問題となっている奄美市崎原地区に建設が予定されている産業廃棄物処理場の住民説明会が行なわれた際に、設置企業と説明会場(ひな壇)に同席していたようです。
Click→鹿児島暴露クラブ・2016/10/21・奄美市名瀬崎原地区に産廃処理場計画が浮上!住民VS設置企業 第1弾

Click→
鹿児島暴露クラブ・2016/12/2・金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!法に抵触しなければ何でも有りと言うことでしょうか?それと・・・崎原地区に建設予定の産廃場に関係していませんよね?

Click→
鹿児島暴露クラブ・2016/12/22・管理人の独り言・・・奄美大島・崎原地区産廃場建設問題・龍郷町・大和村・名瀬港工事【緊急速報・南大隅町関連】

Click→
鹿児島暴露クラブ・2016/12/31・管理人の独り言・2016年まとめ・その2・・・大和村大型プロジェクトPFI活用?・奄美市崎原地区産廃場建設・鹿児島建設業界 談合問題

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/2/17・鹿児島市長に重大疑惑?地元紙は擁護的論調?・・・奄美大島 崎原地区産廃施設建設問題

Click→
鹿児島暴露クラブ・2017/3/14・地域の活性化?地域から求められている?必要ないんじゃないの!【奄美大島・崎原地区産廃・大和村津名久・大和村国直・南大隅町】【奄美市崎原地区産業廃棄物処理場建設関連 過去記事】
おい!おい!
そりゃ〜本当かい?

旧県道パクリ疑惑・・・敷地内での産業廃棄物不法焼却疑惑・・・敷地内での産業廃棄物不法埋却疑惑・・・疑惑のオンパレードと言われても仕方ないですね。

そんでもって鹿児島県や奄美市、大和村発注の公共工事入札に参加しているって言うから開いた口が塞がらない!

( *`ω´)ホンマかいなぁ〜〜

よくもまぁ〜平気な顔して産業廃棄物処理場建設の住民説明会に参加出来たよね。

役所も役所だわ。

役所がボーッとしてるから好き放題されているんじゃないの?

そもそもこんだけの疑惑を抱えた建設会社が産業廃棄物処理場の建設に携わっていること自体が問題。

彼等には水源地があるとか興味も無ければそんなこと全く関係ないとさえ思っているかもしれないですね。

所詮はそのくらいのレベルの企業だからこそ躊躇なく何でも出来ちゃうんだと思う。

崎原地区の皆さん!産業廃棄物処理場建設反対の皆さん!
今後、旧県道パクリ疑惑と産業廃棄物不法埋却疑惑等何らかの進展がありましたら随時ご報告したいと思っております。

それではまた。

次回へ続く。

PS・・・県の土木系職員、保健福祉系職員退職者(幹部職員)の再就職祭りが始まります!
コンサルタント会社に天下りする厚顔無恥な人いるかな?
楽しみですね。

Clic↓↓↓Click




  1. 2017/03/30(木) 20:57:39|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

土地が広くなった?隣接地ネコババか?産業廃棄物不法埋却?・・・その1


「昔はもう少し狭い土地だったと思うのですが、いつのまにか広くなったんですよ」「境界線を勝手に変えちゃって自分の土地を広くしちゃった」「彼奴ならそのくらいのことはやりかねない・・・へっちゃらだよ!」

このように語るのは問題の土地の周辺住民。

今回、土地ネコババ疑惑が浮上したのは奄美大島。

場所は奄美市と大和村のちょうど境付近。

聞くところによると・・・数十年前、奄美市から大和村に向かう県道があまりにも狭く悪路だったため、新しい県道が整備されたそうだ。

現地に行って見たが、確かに問題の土地周辺に旧県道の名残りがあるにはあるのだが、地域住民が指摘している通り、本来問題の土地に隣接していたはずの旧県道だけが忽然と消えている・・・

地域住民の説明によると、もともとは問題の土地の横を旧県道が通っていたが、道路が新しく新設されたことで誰も通らなくなり、月日が流れるとともに徐々に旧県道部分が狭くなり、ついには旧県道が消えて無くなったとのこと。(県道に隣接していた土地所有者が勝手に旧県道を自分の土地に入れ込んだ)

現在は旧県道があった場所は問題の土地が入り込んだ形となり、完全に不法占有している状態になっている。

とりあえず法務局で問題の土地の謄本を取り寄せ、謄本に記載されている敷地面積(平米数)と、現地敷地面積とを見比べてみたら、話のとおりどう見ても資材置き場として使われている問題の土地は謄本に記載されている平米数より明らかに広いことが分かった。

おい!おい!・・・どさくさ紛れで県道をパクったってことかよ?

いくら田舎の話だとはいえ事実であれば不動産侵奪罪になるんじゃないの?

さらに驚くことに土地の所有者を調べたところ鹿児島県や奄美市、大和村発注の公共工事入札に参加している建設会社役員の所有となっていた。

土地の購入経緯は分からないが、地元の人間なら土地が知らないうちに広くなってましただなんて言い訳など出来ないだろう。
そもそもそこに県道が通っていたことは地元の住民なら誰もが知っているはずだ。

消えた旧県道・・・現在は建設会社の資材置き場になっている問題の土地・・・仮に事実であれば民法上の時効取得にあたるかどうかは別として、どさくさ紛れで県道をパクるだなんて大胆かつ悪質な犯行だと言わざるを得ない。

さらに住民の口から第二の疑惑ともとれる証言が飛び出した!

それは・・・この建設会社は工事で排出された資材を日常的に敷地内で燃やしていたと言うのだ!
幾度となく煙を目撃したようだ。
また、役所から注意を受けているのも見かけたことがあるとの話。

馴れ合いだらけの田舎の話だとはいえ、野焼きを見過ごす役所も役所だが、公共工事を行う建設会社が県道沿いの土地内で野焼きをするだなんて問題外の話である。

頻繁に車両が往来する県道沿いで野焼きとは大胆不敵と言うか・・・役所を舐めていると言うか・・・

さらに住民は興奮しながら説明した。

「問題の土地には100%産業廃棄物処理が埋められています!」「普通のゴミどころか野焼きで発生した焼却灰まで埋めているはずです」

えっ?産業廃棄物を敷地内に埋めた?
まさしく目が点になる話である。

いやいや・・・産業廃棄物は適正処理しなくては逮捕されるし埋めるだなんて論外です。
いくらなんでもそりゃ〜ないでしょう・・・と・・・話すのだが住民は首を横に振りながら続けて説明する。

「間違いないですよ!」「工事用の重機で穴掘って埋めていたのをこの目で見ました」「何年の何月何日までは覚えていませんが、重機に乗っていた建設会社社員も覚えていますし、どのようなものを埋めていたのかも覚えています」「私たちが日常的に使う道路ですから見えるんです!見たんです!」

・・・県道パクリ疑惑と敷地内に産廃不法埋却疑惑・・・まさしくダブル刑事事件勃発か?

現在、奄美群島は世界自然遺産登録を目指し官民一丸となり環境問題に取り組んでいる。

このタイミングで今回の話・・・しかも・・・公共工事入札に参加している建設会社に疑惑の目が向けられているのだ・・・

事実であれば仰天の話である。

さらに住民の口から驚きの話が飛び出した!

次回へ続く。

Clic↓↓↓Click




  1. 2017/03/29(水) 08:45:31|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

管理人の独り言・・・世の中おかしなことだらけ


Click→毎日新聞・2017/3/21・収賄容疑 南大隅町係長を再逮捕 鹿児島県警

Click→
毎日新聞・2017/3/25・課徴金「自首すれば罪一等…」減免制度を拡大へ

談合が無くなるどころか司直の手が及ばないところではますます談合がエスカレートしているのではないか?と思われる。

指名競争入札の場合は入札メンバーが事前に分かることから業者間で事前の調整が行われている可能性が高い。

全ての指名競争入札がそうであるとは言わないが、入札結果を見てみると、話し合いが行われなかった・・・もしくは話し合いが不調に終わった場合と、話し合いもしくは譲り合いが行われた可能性がある指名競争入札とでは落札率に明らかな差がある。

コリンズ登録する為の技術者の数が足りず、指名に入ったが入札に参加しても「落札を回避する逃げ札」を入れる場合もあるだろう。

ただ不思議なことに・・・多くの指名競争入札においては(落札率98〜100%での落札)落札率が高止まりする傾向があるということだ。

対照的に、一般競争入札は入札に参加する業者が公表されていないため、指名競争入札に比べ落札率が低い場合が多い。

このことが何を意味するか発注者も入札参加業者も分かってはいるが、証拠無き犯罪を告発することが出来ない発注者、バレなきゃ構わないと考えている入札参加業者、なかなか立件出来ずにいるというのが現状である。

世の中不思議なことだらけだ。

不思議というより理不尽なことだらけと言ったほうがいいかもしれない。

腹が空きパン1個盗み逮捕され刑務所に行く者もいれば、明らかにおかしいと思われる入札が司直から捜査されることもなく、また発注者からも問題視すらされず何事も無かったかのように繰り返し行われている。

過去には談合事件が発覚したにもかかわらず、県民感覚とはズレた裁きを下し問題となったこともあった。
Click→
鹿児島暴露クラブ・2013/3/22・海上工事談合3月25日に1回目の民事調停です!

Click→
鹿児島暴露クラブ・2014/12/9掲載分・鹿児島県民の批判の声を無視した自民党県議団にそれでも一票(統一地方選挙)投じますか?【海上工事談合問題】
上記事件の問題点を要約すると・・・鹿児島県が発注した海上工事での談合をめぐり、業者が県に賠償額の減額などを求めて裁判所に調停を申し立て、その後に調停案が認められ県も合意したというトンデモない話。

合意の背景には「自民党県議会」の2度に渡る賠償額の減額決議が大きな要因となったことは言うまでもない。

県民の税金滞納は遅延損害金の減額はあっても税金自体カットされることなど滅多にありません。

交通違反の反則金が半分になることもありませんよね。

まぁ〜何れにせよ談合は野放し状態で行われ、そしてなかなか取り締まり出来ないでいる。というより発注者が甘過ぎるということですね。

今回はたまたま南大隅町の職員が収賄事件で逮捕されましたが、南大隅の逮捕劇は氷山の一角であり県内では業者間の談合は勿論のこと、官製談合も間違いなく繰り返し行われています。

パン1個盗んだ者は容易に検挙出来るが、複数の者が関与している談合はなかなか検挙出来ないってことでしょうね。(やる気がない?やらない?やれない?)

残念な話です。

残念な話と言えば森友学園の問題もマジ酷い話ですね。

今回は政治に興味の無い人たちもNHKで放送された証人喚問は見たんじゃないかなぁ〜?

保守系メディアや保守系評論家は冷ややかな論調でコメントしていますが、はたしてそうでしょうか?国民は興味津々で中継を見ていたと思いますよ。

与党自民党と公明党は総理夫人や財務省関係者を証人喚問する必要無しと言っていますが、やましい事がなけりゃ出席させるべきだと思うのですが・・・

用地取得の経緯って気になりませんか?
ゴミの処理費用を差し引いて大幅ディスカウント(笑)

土地取引は適正で何ら法的問題は無いと主張していますが、これだけ怪しげな問題を「適正」の一言で片付けてしまうとなれば、用地の取引など政治家使えばどうにでもなると誤解されるのでは?

これまでも同様のウルトラC的な売買(払い下げ)があったのではないかと疑いたくなりますよね。

官僚たちの答弁も理路整然とはしていても真実も誠意も何も見えません。

それと、日本維新の会の松井一郎代表が面白いこと言ってましたよね。
「油を注いでいるのは皮肉にも安倍晋三首相だ。『忖度(そんたく)はない』と強弁し続けるからそうなる。忖度はあったと認め、『いい忖度とやってはいけない忖度がある』とはっきり言うべきだ」

「政治家は有権者の意思を『忖度』して仕事をしている。ただし、一部の人たちだけがお金をもらったり、いい思いをしたりする『忖度』をやってはいけない」とも主張した。

意味不明だわ(笑)

言葉のマジックというか結局のところ上手にやれば何をやっても構わない・・・何故かそう聞こえてしまう。

それと・・・松井知事いわく「政治家は有権者の意思を『忖度』して仕事をしている」とのことですが、忖度って言うより・・・政治家ってのは選挙を経て当選した時点で国民の負託を受けたことになるのでは?

幼稚園児に「安倍首相頑張れ〜」なんて唱和させていた籠池さんに度が過ぎた「忖度」(籠池さんの気持ちをおしはかる)なんて必要なかったんじゃないの?

忖度って言葉、年末の流行語大賞にノミネートされるかもしれませんね。

Click↓↓↓Click




  1. 2017/03/27(月) 22:24:21|
  2. 独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速報!鹿児島市役所本庁舎・鹿児島県庁行政

【えっ?落札額が昨年と同額?昨年は幾らで落札だったっけ?笑】
前回、「大胆予想!鹿児島市役所本庁舎清掃業務入札と鹿児島県行政庁舎清掃業務入札・入札執行日・平成29年3月22日【鹿児島県ビルメンテナンス業界編・公正取引委員会注目物件】」というタイトルで記事を掲載したが、先程鹿児島市役所本庁舎清掃業務と鹿児島県庁行政庁舎入札結果の情報を得たため速報でお伝えしたいと思います。

平成29年3月22日執行、鹿児島市役所本庁舎清掃業務入札結果は当ブログが予想していたとおり「ビルメン鹿児島」が落札。

指名競争入札でしたが、入札メンバーと落札価格については後日契約終結後公表されると思いますので、情報が入り次第独自に検証し当ブログの見解をお知らせしたいと考えておりますので今しばらくお待ちください。

それと・・・もう1つの注目物件、鹿児島県行政庁舎清掃業務入札の落札者についてですが、今さらですが本物件の落札者も「ビルメン鹿児島」でした。

いやいや毎年恒例の落札予想もここまで当たれば・・・なんて言うのかなぁ〜〜

発注者も少しは入札の在り方を考えてみるべきではないか?と思っちゃいますよね。

さかのぼること約10年くらい前までは叩き合いの入札が展開されまさしく最低制限価格ギリギリの戦いだったのに・・・何故かしら叩き合いの入札は皆無の状態。

ただ思うんだよねぇ〜

競争入札で落札率が97%〜99%なんて不自然なんじゃないかって・・・同じ会社が毎年毎年、同じ物件を高落札率で落札出来るものなのかなぁ〜って素朴な疑問が湧いてきます。

ひょっとしたら譲り合うということが慣例化しているのではないか?なんて気すらして来ます。

まぁ〜所詮は推察にしか過ぎませんが、県発注の入札や市発注の入札結果を見るとビルメンテナンス絡みの入札は他の業界に比べると全体的に落札率が高止まりしているのでは?

県や市の入札に参加されている各業界業者の皆さんにお尋ねしますが、指名競争入札で競争入札した結果、同じ物件を数年に渡り落札し、しかも高落札率での落札って気になりませんか?

そんなこんなでビルメンテナンス業界が参加する公共事業入札については今後も落札の傾向を検証するべきではないかと・・・10年前の叩き合いの入札を知っているだけに、近年の満額に近い落札の連続にただただ疑問を感じるばかりです。

ちなみに・・・公正取引委員会へ個人的見解を述べるとともに過去10年分の入札執行調書を参考資料として送付したいと思います。

何はともあれ今回の入札・・・6社〜8社参加しての入札。
ってことは落札出来る確率は単純に考えれば6分の1、8分の1での確率ってことになるのかな?
2年連続、3年連続での連続での高落札となれば一体どんだけの確率になるんだろうか?

摩訶不思議な落札劇?と考えるべきなのか・・・

それとも単なる偶然?と考えるべきなのか・・・

何れにせよ注目すべき入札であったということは間違いないだろう。

次回へ続く。

PS・・・南大隅町の入札情報漏洩事件ですが、その後、係長さんが収賄容疑で再逮捕されました。
Click→毎日新聞・2017/3/21・収賄容疑 南大隅町係長を再逮捕 鹿児島県警
以前から南大隅町の公共事業入札は落札率が高止まりし過ぎているとブログでお伝えして来ましたが、捜査当局が着手したことによりようやく真実が見えて来ました。

当局が着手しなければ今でも同じような入札が繰り返し行われていただろうと思います。

談合なんてものはバレれば犯罪、バレなきゃ普通のビジネスってことです。

公共事業入札について一人でも多くの鹿児島県民の方々に興味を持っていただければなぁ〜と思う次第です。ハイ。

Click↓↓↓Click




  1. 2017/03/24(金) 00:45:27|
  2. 鹿児島県 ビルメンテナンス業界編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ