fc2ブログ

〈鹿児島県知事選挙〉告示まで1カ月、一騎打ちの見込みが三つどもえに…構図が変わり、投票への影響は? 「新体育館」以外の争点にも注目・・・知事選告示まで1か月 三つどもえの構図 現職、元県議、市民団体共同代表それぞれの訴え《塩田康一氏、米丸麻希子氏、樋之口里花氏》《7月20日告示、7月7日投開票》

〈鹿児島県知事選挙〉告示まで1カ月、一騎打ちの見込みが三つどもえに…構図が変わり、投票への影響は? 「新体育館」以外の争点にも注目・・・知事選告示まで1か月 三つどもえの構図 現職、元県議、市民団体共同代表それぞれの訴え《塩田康一氏、米丸麻希子氏、樋之口里花氏》《7月20日告示、7月7日投開票》

20240520210053d1f.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

南日本新聞・5月20日6:40配信【〈鹿児島知事選〉告示まで1カ月、一騎打ちの見込みが三つどもえに…構図が変わり、投票への影響は? 「新体育館」以外の争点にも注目】

6月20日告示の鹿児島県知事選まで1カ月。これまで2期目を目指す現職の塩田康一氏(58)に、新人で元自民県議の米丸麻希子氏(49)が挑む一騎打ちが見込まれたが、新人で市民グループ共同代表の樋之口里花氏(52)が名乗りを上げて三つどもえの構図となった。3人とも現時点でマニフェスト(政策綱領)を発表していないものの、争点化が見込まれる項目は広がりを見せている。

「世界に誇る一等地に体育館を建てるのは、鹿児島が国際観光都市に発展する可能性を台無しにする」。4月5日、県庁で出馬会見を開いた米丸氏は、県が鹿児島港本港区ドルフィンポート(DP)跡地に計画する新総合体育館の事業見直しを最大の公約に掲げた。

新体育館の必要性は認めつつ、最大313億円に膨らんだ事業費を問題視。「規模や機能、場所が本当に適切か見直す必要がある。県民に自分事として考えてほしい」と訴えた。原子力政策や西之表市馬毛島での自衛隊基地整備については、塩田氏と大きな違いは打ち出さなかった。

告示1カ月が迫る今月16日、出馬を表明した樋之口氏は「鹿児島の問題は、体育館だけではない」と会見で真っ先に指摘した。九州電力川内原発(薩摩川内市)の運転延長の是非を問う県民投票を知事が見送ったことを「公約違反。私たちの声を聞こうともしなかった」と批判。馬毛島の基地整備に反対の姿勢を示す。塩田氏と米丸氏では二つの問題が争点にならないとし、「新たな選択肢を県民に示したい」と強調した。

新体育館の必要性には理解を示すものの、DP跡での整備には景観への影響や防災面を理由に見直すべきとの考えだ。

塩田氏は17日の定例会見で知事選の争点を問われ、「少子高齢化で人口が減少する中、地域をどう維持・発展させていくかが大きな課題だ」と回答。若い人が地域で生活できるよう稼ぐ力を向上させることや子育てしやすい社会をつくることが必要とした。

新体育館事業について、「有識者や県民の声を聞き、議会で議論を積み上げてきた」と強調。県民の反対意見には「丁寧に説明していく」と述べた。県民投票を見送った対応にも「科学的、技術的な検証をしっかり県として行い意見が集約された」と語り、公約違反ではないと反論した。

選挙戦の構図の変化を、県議の一人は「反現職の票が割れることになって現職が有利になった」とみる。ただ別の県議は「樋之口氏の支持層はそもそも、塩田と米丸のどちらにも票を入れない。マニフェストが重要になる」と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・5月20日19:46配信【知事選告示まで1か月 三つどもえの構図 現職、元県議、市民団体共同代表それぞれの訴え】

任期満了に伴う鹿児島県知事選挙は、来月20日の告示まで1か月となりました。これまでに出馬を表明したのは3人です。

現職で2期目を目指す塩田康一さん、58歳。経済産業省の出身で2020年の知事選で初当選しました。

新人で元自民党県議の米丸麻希子さん、49歳。会社役員などを経て2019年に県議選・姶良市区で初当選し、今年3月、県議を辞職しました。

新人で元看護師の樋之口里花さん、52歳。国政選挙での野党共闘を目指す市民団体「ALLかごしまの会」の共同代表を務めています。

3人はいずれも無所属での立候補を予定しています。告示まで1か月となり、三つどもえの構図が予想される中、それぞれの主張を紹介します。

塩田さんは公務の合間を縫って、県内各地で県政報告会や事務所開きを行っています。1期目の任期中、最後となった先週の定例会見では、人口減少が進む中での活性化を最重要課題にあげました。

(塩田康一氏)「若い人たちが地域で生活していけるような稼ぐ力の向上を図りながら、子育てしやすい社会基盤をしっかりとつくっていくことが、今後の鹿児島の発展のために必要なことだと思う」

米丸さんは事務所開きは行わず、県内各地を回って、県民との対話集会やあいさつ回りを行っています。先月の出馬会見では、少子高齢化への対応を重要課題の一つにあげました。

(米丸麻希子氏)「少子高齢化なども進んでいて、安心と健康を支える支援策を拡充していくことが重要だと思っている。まず心と体の健康増進、健康寿命を伸ばすための政策に注力します」

樋之口さんは今月16日に立候補を表明しました。子ども医療費の窓口無料化などを一緒に訴えてきた市民団体や関係者らを中心に、後援会活動への協力を呼びかけています。

(樋之口里花氏)「子育て支援、子どもたちをめぐるいろいろな状況を改善できたらと思っている。鹿児島県に住んでいる皆さん、子どもから学生、働く人、高齢者までみんなが安心して暮らせることが大事だと思っている」

来月20日告示、7月7日投開票の知事選。1期4年間の「塩田県政」の評価が問われる選挙でもあります。

米丸さんは、県が2029年のオープンを目指す新たな総合体育館=スポーツ・コンベンションセンターについて、鹿児島港本港区・ドルフィンポート跡地への建設に反対していて、「新たな候補地を提案したい」と訴えています。

(米丸麻希子氏)「(体育館は)ここの場所ではないということだけははっきり申し上げる。どこになるのかは、これから再考していかないといけない。この広場で自由に太陽の光を浴びながらエンジョイできる場所にしたらいい」

樋之口さんは「総合体育館の建設は必要」としながらも、「候補地はゼロベースで見直すべきだ」としています。

塩田さんと米丸さんが容認の考えを示している川内原発の20年運転延長と、鹿児島への自衛隊基地配備には反対の立場です。

(樋之口里花氏)「鹿児島でこういうことが起こっているということが明らかにならず、考えも似ているふたりでは争点にもならないだろうし、選択肢にはならない」

新人2人の訴えに対して塩田さんは次のように反論し、自身の主張を伝えたいとしています。

(塩田康一氏)「桜島が見えなくて景観が台無しになってしまうという漠然とした主張に対しても、しっかりと景観ガイドラインを定めたうえで、桜島の景観も保全していく。原発についても科学的・技術的な検証をしっかりと県としても行い、国にも審査してもらって認可を受けている」

立候補を表明している3人は、来月20日の告示までにマニフェストを発表する予定で、これから論戦が交わされることになります。

知事選は1か月後の来月20日告示、7月7日投開票です。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・5月20日19:17配信【県知事選挙 告示まで1カ月 三つ巴の戦いか 各陣営の週末 鹿児島県】

県政の舵取り役を決める鹿児島県知事選挙。6月20日の告示まで1カ月となりました。これまでに、現職で2期目を目指す塩田康一さん(58)、新人で元県議の米丸麻希子さん(49)、新人で市民団体の共同代表を務める樋之口里花さん(52)の3人が立候補を表明しています。

■塩田康一氏■

「やはり若い人が鹿児島でちゃんと生活していくための稼ぐ力の向上が大事」

去年12月に立候補を表明した現職の塩田さんは、土曜日、県内8カ所目となる後援会の事務所開きに出席。自民党・国民民主党の推薦を受けていて、各地で県政報告会を開くなどし支持固めを図っています。

経済対策にあたる稼ぐ力の向上や子育て支援、人材確保などを訴える考えです。

■米丸麻希子氏■

「やっぱりみんなで一緒になって鹿児島を変えようという気持ち。私はこれが一番大切だと思っている」

新人の米丸さんは先週末、鹿児島の魅力などを語るイベントにゲスト参加。現時点で政党への支援依頼はせず、草の根で支持の拡大を図っています。

県が計画する新たな総合体育館の整備は必要との考えですが、場所や規模の見直しが必要と訴えています。

■樋之口里花氏■

「この鹿児島を、皆の声を聞きながら進める県政を作りたい」

この週末、鹿児島市内の街頭に立った新人の樋之口さん。いまのところ、政党へ支援を依頼する考えはなく、草の根の活動で支持の拡大を図ります。

川内原発の運転延長や馬毛島の自衛隊基地整備に反対の立場で、原子力政策や安全保障政策を争点にしたい考えです。

県知事選挙は来月20日告示、7月7日=七夕の日に投開票を迎えます。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

3人が立候補するとなると当選するためには30万票以上は欲しいところでしょうね。

3人の中で30万票以上を獲得できる可能性があるのは、現職の塩田さんだけのような気がします。

ほぼほぼ再選確実?

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



つばさの党、住所情報募り街宣 SNS使用、著名人ら自宅近くに・・・広告収入狙いSNSで動画配信か つばさの党、落選運動ビジネスに・・・逮捕の代表ら以外も…「つばさの党」スタッフが選挙活動妨害の疑い 衆院東京15区補選・・・複数陣営に15回以上の選挙妨害行為 逮捕の3人に協力者の存在も浮上😓

つばさの党、住所情報募り街宣 SNS使用、著名人ら自宅近くに・・・広告収入狙いSNSで動画配信か つばさの党、落選運動ビジネスに・・・逮捕の代表ら以外も…「つばさの党」スタッフが選挙活動妨害の疑い 衆院東京15区補選・・・複数陣営に15回以上の選挙妨害行為 逮捕の3人に協力者の存在も浮上😓

20240519220746365.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

20240519220919425.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月19日4:42配信【つばさの党、住所情報募り街宣 SNS使用、著名人ら自宅近くに】

衆院東京15区補欠選挙を巡り、他陣営の街頭演説を妨害したとして公選法違反(自由妨害)容疑で逮捕された政治団体「つばさの党」の代表ら3人が、交流サイト(SNS)で党に批判的な著名人らの自宅住所などの情報を募っていたことが19日、捜査関係者らへの取材で分かった。実際に自宅近くに押しかけ街宣活動をしたケースもあり、警視庁捜査2課は経緯や実態を調べる。

捜査2課は19日、党の代表黒川敦彦、補選で落選した幹事長根本良輔、幹部杉田勇人の3容疑者を同容疑で送検。

黒川容疑者らは補選中や補選後、当選した立憲民主党の酒井菜摘氏や批判的な発言をしたタレント田村淳さんらの自宅近くで街宣活動をした。

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月19日16:05配信【広告収入狙いSNSで動画配信か つばさの党、落選運動ビジネスに】

衆院東京15区補欠選挙を巡り公選法違反(自由妨害)の疑いで政治団体「つばさの党」の代表ら3人が逮捕された事件で、落選した幹事長根本良輔容疑者(29)が補選中、妨害行為の様子を配信した動画の中で「広告収入が増えている。落選運動をビジネスにしたい」と話していたことが19日、分かった。警視庁捜査2課は過激な行為を繰り返して再生回数を増やし広告収入を得る狙いがあったとみて調べている。

補選期間中、つばさの党のユーチューブチャンネルには妨害などの様子を伝えるライブ動画約40本が投稿された。19日時点の再生回数は計約250万回、チャンネル登録者数は約25万人に上る。

根本容疑者は動画の中で「選挙にさえ出れば合法的にやれる。ぜひみんなもやってほしい」「再生回数半端じゃない。これが究極の落選運動だと思うので、はやらせたい」などと語っていた。

同課は19日、党代表黒川敦彦容疑者(45)や根本容疑者ら3人を送検した。15回以上の妨害行為があったとみており、逮捕容疑以外の行為の立件も視野に捜査している。

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・5月19日11:44配信【逮捕の代表ら以外も…「つばさの党」スタッフが選挙活動妨害の疑い 衆院東京15区補選】

衆議院東京15区補欠選挙を巡る選挙妨害事件で、逮捕された「つばさの党」の代表ら以外にも、団体のスタッフがほかの候補者の選挙活動を妨害していた疑いがあることがわかりました。

政治団体「つばさの党」の黒川敦彦容疑者や根本良輔容疑者ら3人は、先月、衆議院東京15区の補欠選挙の対立候補の街頭演説を拡声器で怒号をあびせるなどして、妨害した疑いで19日朝、送検されました。

捜査関係者によりますと、これまでの調べで「つばさの党」による演説の妨害は5回以上、対立陣営の車を追いかける交通妨害は10回以上、確認されたということです。

「つばさの党」のスタッフらは、根本容疑者の自宅に10人前後で、集団で生活していて、妨害行為は黒川容疑者らを中心にスタッフや支援者も加わり、運転役や撮影役など役割分担して組織的に行われたとみられることもわかりました。

警視庁は、妨害行為に関与したスタッフらの一部は、公職選挙法違反にあたる可能性があるとみて、詳しく調べています。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月19日19:00【つばさの党、複数陣営に15回以上の選挙妨害行為 逮捕の3人に協力者の存在も浮上】

衆院東京15区補欠選挙を巡る政治団体「つばさの党」による選挙妨害事件で、公選法違反(自由妨害)容疑で逮捕された党代表、黒川敦彦容疑者(45)ら3人が、複数の陣営に対して少なくとも15回以上にわたり妨害行為を繰り返していたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。3人の行為に複数の協力者がいることも判明した。

黒川容疑者やつばさの党から出馬して落選した幹事長、根本良輔容疑者(29)ら3人は、補選に出馬していたほかの候補の演説場所に近づいて、拡声器を使って大音量を流して演説を妨害。「カーチェイス」と称して、他候補の選挙カーを追尾し、拡声器で罵声を浴びせるなどしていた。

特別捜査本部は選挙期間中、黒川容疑者らが演説を聞きにくくするなどの行為を5回以上、選挙カーを追尾して交通の便を妨げた行為を10回以上確認。自由妨害に当たるとみている。

補選には、根本容疑者を含め、立憲民主党や日本維新の会、参政党などが擁立した候補や小池百合子都知事が支援した乙武洋匡氏(48)ら計9人が出馬していた。黒川容疑者は、そのうち特定の複数の陣営に狙いを定め、妨害行為を繰り返していたとみられる。

こうした行為について、追尾する際の車両を運転したり、動画を配信するための撮影をしたりなど、逮捕された3人以外にも協力していた人物が複数いるとみて特別捜査本部が調べている。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



選挙妨害15回以上か つばさの党、複数陣営に・・・「つばさの党」代表ら選挙後も、対立陣営関係者らの自宅に繰り返し押しかけ・・・補選中の都知事選立候補表明はネット視聴と逮捕回避狙いか「つばさの党」黒川容疑者ら・・・つばさの党・黒川敦彦容疑者、逮捕でも「都知事選出馬」か 若狭勝弁護士「保釈されなくても立候補は可能」

選挙妨害15回以上か つばさの党、複数陣営に・・・「つばさの党」代表ら選挙後も、対立陣営関係者らの自宅に繰り返し押しかけ・・・補選中の都知事選立候補表明はネット視聴と逮捕回避狙いか「つばさの党」黒川容疑者ら・・・つばさの党・黒川敦彦容疑者、逮捕でも「都知事選出馬」か 若狭勝弁護士「保釈されなくても立候補は可能」

20240518185433a7a.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

2024051818545950c.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・5月18日11:42配信【「つばさの党」代表ら選挙後も、対立陣営関係者らの自宅に繰り返し押しかけ】

「つばさの党」の代表らが、ほかの候補者の選挙活動を妨害したとして逮捕された事件で、代表らが対立する陣営の関係者らの自宅を特定し、繰り返し押しかけるなどしていたことがわかりました。

政治団体「つばさの党」の黒川敦彦容疑者や根本良輔容疑者ら3人は先月、衆議院東京15区の補欠選挙の対立候補の街頭演説を拡声器で怒号をあびせるなどして、妨害した疑いが持たれています。

捜査関係者によりますと、つばさの党は演説妨害にとどまらず、対立陣営の関係者や、つばさの党を批判した著名人らの自宅を特定し、ネット上でさらすなどしたほか、自宅に押しかけ、大声を張り上げる行為を繰り返していたことがわかりました。

こうした行為は選挙後も続けられ、警視庁は被害者が恐怖を感じて被害届を取り下げたり、証言が得られなくなったりする恐れもあることから、早期の逮捕に踏み切ったということです。

警視庁は特別捜査本部を設置し、全容解明を進めています。

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月18日16:27配信【選挙妨害15回以上か つばさの党、複数陣営に】

衆院東京15区補欠選挙を巡り、公選法違反(自由妨害)容疑で政治団体「つばさの党」の代表ら3人が逮捕された事件で、つばさの党が複数陣営に少なくとも15回にわたって選挙活動を妨害した疑いがあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査2課は複数陣営から被害届を受理しており、逮捕容疑の妨害行為以外も立件を視野に捜査している。

捜査関係者によると、捜査2課は、大音量で主張を訴えて演説を聞きにくくするなどの行為を5回以上、選挙カーを追尾して交通の便を妨げた行為を10回以上確認。これらが同法違反(自由妨害)に当たるとみている。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月18日18:06配信【補選中の都知事選立候補表明はネット視聴と逮捕回避狙いか「つばさの党」黒川容疑者ら】

公職選挙法違反(自由妨害)容疑で逮捕された政治団体「つばさの党」代表、黒川敦彦(45)と同団体幹事長、根本良輔(29)両容疑者は衆院東京15区補選の最中に7月の東京都知事選への出馬表明を行っていた。補選同様、都知事選でも過激な活動のインターネット配信を行って世間の注目を浴びるだけでなく、候補予定者となることで警察の捜査・逮捕を回避しようとした可能性がある。

補選期間中の4月25日、街頭活動の合間に江東区内で会見を行った両容疑者は都知事選に出馬する考えを明らかにした。

「(都知事選出馬で)すごいことになる」

会見でこう語った根本容疑者。つばさの党として両容疑者を含む50人を擁立して都内のあらゆる場所に選挙カーを走らせ、小池百合子都知事のネガティブキャンペーンを展開すると宣言した。

出馬表明の背景にはインターネットで動画の再生数を稼ぎ収益化につなげる考えがあったとみられる。交流サイト(SNS)などで自身の活動を積極的に発信していることについて、黒川容疑者は「広告収入を得ることが狙いではない」と反論。だが、活動の中では、ネットの反応を常に気にする姿があった。

警視庁が関係先を家宅捜索した今月13日夕、両容疑者らはSNSで予告した上で小池氏の自宅周辺に出向き抗議活動を行った。その際のネット中継では同団体運動員の杉田勇人容疑者(39)が「8万1千(人)見てますから」などと喜びを隠せない様子だった。

黒川容疑者は、補選の選挙期間中、逮捕容疑となった妨害活動に対して警視庁による警告にとどまったことから、「選挙運動に対する妨害になるから、警察は候補者を逮捕できない」と独自の主張を展開。その上で、都知事選への立候補表明について、産経新聞の取材に「逮捕を回避するため。候補予定者になれば警察は手出しをできない」と明かしていた。(大泉晋之助)

・・・・・・・・・・・・・・・

日刊ゲンダイDIGITAL・5月18日12:32配信【つばさの党・黒川敦彦代表の正体は“陰謀論の総合商社” 警察は異例体制、選挙妨害容疑で逮捕】

カオスを極めた先月の衆院東京15区補選をめぐり、大きな動きだ。選挙活動を妨害したとして、警視庁は17日、政治団体「つばさの党」代表の黒川敦彦容疑者ら3人を逮捕。詐欺などを扱う捜査2課が18年ぶりに特別捜査本部を設置する異例の体制で立件に踏み切った。

ここまで警察を本気にさせた黒川容疑者は、一体どんな人物なのか。

■反ワク、三浦春馬勢、集団ストーカー騒動に合流

「今回の選挙妨害活動の実質的な首謀者で、(無所属の)乙武洋匡陣営のスタッフを転ばせたのも黒川氏。昨年までNHK党(旧・政治家女子48党)の幹事長も兼任し、参政党に対して似たような妨害活動をしてきました。一方で黒川氏には、反ワクチンや陰謀論を唱える活動家としての顔もあり、つばさの党は実は“陰謀論の総合商社”でもある」

こう語るのは、約7年にわたりNHK党を取材する選挙ウオッチャーのちだい氏だ。

つばさの党の前身は、2019年に元衆院議員の小林興起氏が代表となって結成した「オリーブの木」だ。結成2カ月で辞任した小林氏の後釜に座った黒川容疑者は、同年の参院選に立候補したものの、落選。政見放送で、「世界の金融はロスチャイルドなどの財閥に支配されている」とする陰謀論を口走っていた。その後は、反ワクチンを主張する医師の内海聡氏や、東京・日野市議の池田としえ氏らと反ワクチンデモを企画するなどしてケンカ別れ。NHK党に加わったのはちょうどこの頃、21年からだ。

《キワモノ運動団体に自分の活動を手伝わせるのが常套手段》

22年からは「20年に亡くなった俳優の三浦春馬さんは自殺ではない」とする陰謀論集団にも合流。デモに参加し、昨年は三浦さんの所属事務所アミューズの株主総会会場前でも自ら街宣した。

同じ頃、黒川氏は「新しい国民の運動」と称し、渋谷の旧統一教会本部を数百人で包囲し「統一教会はCIA!」と叫んだり、公明党前や幸福の科学施設前での抗議街宣も実施。これには、反ワクチン、三浦春馬勢、スピリチュアル信奉者、さらには「在特会」などのヘイトスピーチ活動に参加していた人種差別活動家まで相乗りした。

「先月の補選でも、三浦春馬デモの参加者が根本容疑者(=良輔候補)のチラシを配っていた。理解を得にくいキワモノ運動に首を突っ込み、そこにいる人たちに自分の活動を手伝わせるのが、黒川氏の常套手段。今回一緒に逮捕された杉田勇人容疑者は創価学会から集団ストーカーされていると主張していて、それに黒川氏が興味を持ったことで一緒に活動をするようになった」(ちだい氏)

捜査2課はつばさの党のカネ回りに関心を寄せているとの情報もある。いよいよ「黒川らの集団」はおとなしくなるだろうか。

(藤倉善郎/ジャーナリスト)

・・・・・・・・・・・・・・・

夕刊フジ・5月18日17:00配信【つばさの党・黒川敦彦容疑者、逮捕でも「都知事選出馬」か 若狭勝弁護士「保釈されなくても立候補は可能」】

衆院東京15区補選を巡り、乙武洋匡氏(48)陣営の街頭演説を大音量で妨害したとして、公選法違反(自由妨害)の疑いで政治団体「つばさの党」の3人が逮捕された。警視庁捜査2課は特別捜査本部を設置、本格的に捜査を進める。党代表の黒川敦彦容疑者(45)は都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に立候補を表明しているが、捜査の行方が影響を与えるのか。元東京地検特捜部副部長で国会議員経験もある弁護士の若狭勝氏に聞いた。

逮捕されたのは黒川容疑者のほか、同党から出馬し落選した幹事長、根本良輔容疑者(29)、党幹部の杉田勇人容疑者(39)。逮捕容疑は共謀して告示日の4月16日午前、亀戸駅(東京都江東区)前であった乙武氏陣営の街頭演説中、電話ボックスの上に座るなどしながら拡声器を使い、演説に重ねるように大音量で主張を訴えるなどして選挙活動を妨害した疑い。

元候補者やその陣営が選挙妨害で逮捕されるのは極めて異例だが、若狭氏は「行為の悪質性を捉えて逮捕に踏み切ったのだろう。少なくとも1回は再逮捕される可能性はある」と話す。

同課は、同党が他陣営の選挙カーを追いかけ交通を妨げた容疑でも立件を視野に入れる。また、テレビ番組で同党について批判的な発言をしたタレント、田村淳(50)や補選で当選した立憲民主党の酒井菜摘氏(37)らの自宅周辺でも街宣活動をしており、これらの経緯についても全容解明を進める。

捜査は長期化も予想されるが、黒川容疑者は都知事選出馬の意向を示している。若狭氏は「保釈になれば選挙運動もできるし、保釈されなくても立候補は可能で、『逮捕は政治弾圧だ』とアピールするだろう。立候補予定者の場合、裁判所も保釈請求を考慮しやすい。有罪確定となれば公民権も停止になるが、最高裁まで進む可能性もあり、時間がかかる」と指摘した。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




「つばさの党」代表ら3人を逮捕 黒川敦彦容疑者、都知事選出馬表明…選挙活動に影響も・・・代表ら3人逮捕「つばさの党」ユーチューブ登録25万人超…選挙妨害動画の再生数10万回以上で高収益か・・・「悪質で重大」、異例の逮捕 捜査幹部、証拠隠滅を懸念 警視庁・・・元研究者、国政にたびたび挑戦 公選法違反で逮捕の黒川敦彦容疑者

「つばさの党」代表ら3人を逮捕 黒川敦彦容疑者、都知事選出馬表明…選挙活動に影響も・・・代表ら3人逮捕「つばさの党」ユーチューブ登録25万人超…選挙妨害動画の再生数10万回以上で高収益か・・・「悪質で重大」、異例の逮捕 捜査幹部、証拠隠滅を懸念 警視庁・・・元研究者、国政にたびたび挑戦 公選法違反で逮捕の黒川敦彦容疑者

202405180819401fc.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

2024051808200445f.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

20240518082021f56.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

スポニチアネックス・5月18日4:40配信【「つばさの党」代表ら3人を逮捕 黒川敦彦容疑者、都知事選出馬表明…選挙活動に影響も】

衆院東京15区補欠選挙(4月28日投開票)で無所属新人乙武洋匡氏(48)陣営の街頭演説を大音量で妨害したとして警視庁捜査2課は17日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、政治団体「つばさの党」代表黒川敦彦容疑者(45)=埼玉県朝霞市=と同団体から出馬し落選した幹事長根本良輔容疑者(29)=東京都練馬区=ら3人を逮捕した。

捜査関係者によると、元候補者や陣営が他陣営への選挙妨害を巡って逮捕されるのは、極めて異例。捜査2課は同日、2006年の巨額詐欺事件以来の特別捜査本部を設置した。法曹関係者からは「警察の本気の表れだ」との声が上がった。

この日、捜査車両に乗せられた黒川容疑者は、報道陣に笑顔の“ダブルピース”を見せた。逮捕容疑は共謀して告示日の4月16日、亀戸駅(東京都江東区)前であった乙武氏陣営の街頭演説中、電話ボックスの上に座るなどしながら拡声器を使い、演説に重ねるように大音量で主張を訴えるなどして選挙活動を妨害した疑い。他に党幹部の杉田勇人容疑者(39)も逮捕。

警視庁は、告示日の行為が公選法に抵触するとして、同18日に3人に警告。以降も妨害を繰り返していた疑いがあり、今月13日に千代田区の党事務所などを家宅捜索していた。警視庁は3人の認否を明らかにしていない。

捜索からわずか4日後のスピード逮捕、異例の特別捜査本部設置について、元検事の亀井正貴弁護士は「選挙の演説妨害は基本的人権にも関わることで、通常は慎重な捜査となる。捜索も捜査本部設置も現場の所轄で判断できることではなく、警察、検察の幹部がゴーサインを出したのだろう」と指摘。踏み切った理由に「妨害行為の多さ、行為の悪質性、警察をあおるような言動、世論の後押しなどがある」と推測した。

黒川容疑者は東京都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)への出馬を表明している。だが、今後も別の選挙妨害事案の捜査が続くとみられ、再逮捕の可能性もある。勾留中も「獄中立候補」は可能だが、外に出ての選挙活動はできない。亀井氏は「警察は“都知事選まで外には出さない”と考えているのでは」と話した。

≪乙武氏「二度と繰り返されないよう切に願う」≫

3人の逮捕を受け、乙武氏は「法律ギリギリの範囲を狙って選挙を荒らしまくり、有権者の聞く権利を奪う悪質な行為が、今後二度と繰り返されないよう切に願っています」と怒りを込めてSNSでコメントした。乙武氏の応援中に妨害を受けた東京都の小池百合子知事も都内で記者団の取材に応じ、「経験したことのない妨害で、身の危険を感じる選挙運動だった。候補者は民主主義の基本を守ることが大事だ」と語った。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・5月18日5:12配信【元特捜検事が新証言「不起訴ほのめかして供述誘導」「自白取れなければ外される」…参院選買収事件】

2019年参院選を巡る大規模買収事件で、河井克行・元法相(61)から現金を受領した地元政治家を取り調べた東京地検特捜部検事(当時)の男性が取材に応じ、「不起訴をほのめかし、客観証拠に沿うよう供述を誘導したことがある」と証言した。事件では、別の検事が元広島市議に不起訴を示唆して自白調書に署名させた疑惑が問題化したが、男性も特捜部が描いた構図に従い、「自白獲得に奔走していた」と明かした。

男性は取材に対し、「今でも自責の念にかられる」と胸の内を明かした上で、自ら行った取り調べについて語り始めた。

新型コロナウイルスが流行し始めた20年初夏、広島市内にあるホテルの一室。男性は地元政治家の一人とお互いマスクを着けたまま、テーブル越しに向き合った。特捜部は公職選挙法違反(被買収)容疑で、元法相の関係先から押収した「買収リスト」に名前が挙がっていた地元政治家ら100人超の一斉聴取に乗り出しており、男性が任意で取り調べた相手もその一人だった。

<元法相は参院選で妻を当選させる目的で、地元政治家らに買収資金をばらまいた>との構図のもと、捜査は元法相夫妻の逮捕に向けて山場を迎えていた。夫妻の有罪を確実なものとするため、被買収側からは現金提供の詳細や「買収された」との供述を具体的に引き出す必要があったという。

ところが、相手は現金を受け取ったことは認めるものの、元法相との詳細なやりとりについては「思い出せない」と繰り返した。時間の経過とともに緊迫化する取り調べの中、男性は「場面を想像してみましょう。私も想像します」などと持ちかけたこともあった。「平静を装っていたが、内心では『きれいな自白を取れなければ特捜部から外される』と焦っていた」。男性はそう振り返った。

ある時、「過去の事件では、捜査への協力者は起訴しなかった。証拠固めに協力してほしい」と提案した。相手にとっては、不起訴であれば公民権は停止されず、政治家の身分を失わずに済む。「本当に罪を問わないのか」と問われた男性は、「自分を信じてほしい。そうやって今まで事件を解決してきた」と答えたという。

この結果、授受の場面が生々しく再現された自白調書が完成し、相手は署名に応じた。男性は「それ以降、『供述を押しつけてしまったのではないか』と自らを責めている」と語り、「検事として一線を越えてしまった」と吐露した。

事件では、被買収側の一人の木戸経康・元広島市議(68)に対する任意の事情聴取で、検事が「できたら議員を続けていただきたい」などと不起訴を示唆し、買収資金を受け取ったと認める自白調書に署名させていたことが読売新聞の独自入手した録音データで判明。最高検は昨年12月に公表した内部調査結果で検事の発言を「不適正」と認定する一方、組織的な指示は否定し、検事個人の意識の問題と指摘した。

男性は取材に「『不起訴をにおわせろ』などと命じられたことはなかった」とした上で、周囲の検事から「河井夫妻以外はどのみち不起訴だ」と聞かされたと証言。さらに「検事の誰もが重圧を感じていた」とも語った。

複数の関係者によると、捜査現場では被買収側の取り調べで、どの検事が自白を得たかを示す一覧表が共有され、男性を含む検事たちはこれを「星取表」と受け止めていたという。男性は、検事たちの心理を圧迫し、自白獲得へと駆り立てていった仕組みを証言した。

◆大規模買収事件=参院選に立候補した河井案里・元被告(50)を当選させるため、夫の克行・元法相が地元政治家ら100人に計約2900万円の買収資金を提供した。案里氏の当選後、夫妻は公職選挙法違反(買収)で20年6~7月に逮捕・起訴され、有罪が確定。検察当局は被買収側を全員不起訴としたが、検察審査会の起訴相当議決を受けて34人を在宅・略式起訴した。うち12人は無罪などを求めて公判で争い、1審は全員有罪となったものの、5人の判決では「不起訴前提の取り調べがあった」などと言及した。

・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ報知・5月18日6:00配信【代表ら3人逮捕「つばさの党」ユーチューブ登録25万人超…選挙妨害動画の再生数10万回以上で高収益か】

衆院東京15区補欠選挙(4月28日投開票)で無所属新人・乙武洋匡氏(48)陣営の街頭演説を妨害したとして、警視庁捜査2課は17日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、政治団体「つばさの党」代表・黒川敦彦容疑者(45)と、党から出馬し落選した幹事長・根本良輔容疑者(29)、党幹部・杉田勇人容疑者(39)の3人を逮捕した。元候補者や陣営が他陣営への選挙妨害を巡り逮捕されるのは極めて異例。同課は同日、特別捜査本部を設置した。

逮捕容疑は共謀して告示日の4月16日午前、亀戸駅(東京都江東区)前であった乙武氏陣営の街頭演説中、電話ボックスの上に座るなどしながら拡声機を使い、演説に重ねるように大音量で主張を訴えるなどして妨害した疑い。演説には小池百合子東京都知事らも参加していた。3人の認否は不明だが、逮捕前の取材にいずれも違法性の認識を否定していた。

捜査関係者によると、3人は補選中に複数の他陣営の選挙カーを車で追尾しており、同課はこれらも自由妨害容疑に当たるとみて立件を視野に捜査中。また、テレビ番組で党について批判的な発言をしたお笑いタレント・田村淳らの自宅周辺で街宣活動をしていた。同課はこれらの経緯も調べ、全容解明を進める。

つばさの党が動画投稿サイト「ユーチューブ」に立ち上げたチャンネルには、他党の候補者の選挙カーを追い回し、挑発を繰り返す動画がいくつも公開されている。過激な内容で再生数を稼ぎ、収益を得ようとしたのではないかと識者は指摘する。ユーチューブは、動画の再生数に応じて投稿者が広告収入を得られる。同党のチャンネル登録者数は17日時点で25万人超。再生数10万回以上の動画も複数あり、一定の注目を集めていたことがうかがえる。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・5月18日7:10配信【「悪質で重大」、異例の逮捕 捜査幹部、証拠隠滅を懸念 警視庁】

衆院東京15区補選を巡り、他陣営の選挙演説を妨害したとして、警視庁が政治団体「つばさの党」代表の黒川敦彦容疑者(45)らの逮捕に踏み切った。

憲法が定める「表現の自由」との兼ね合いを踏まえ、同庁は慎重に証拠を積み上げてきた。捜査幹部は「悪質で重大な妨害行為。任意捜査では限界があると判断した」と語った。

黒川容疑者らは選挙中、警視庁から公選法に抵触するとの警告を受け、口頭で注意されても、拡声器で怒号を上げたり、他陣営の選挙カーを追跡したりする行為をやめなかった。

ただ、捜査当局が候補者の選挙中の活動を過度に取り締まれば、憲法が定める「表現の自由」を侵害しかねない。

複数陣営から被害届を受理した警視庁は、被害を受けたと訴える候補者や、現場に居合わせた聴衆の証言を集めるなどし、慎重に立件の可否を検討した。他陣営への演説を妨害したとして候補者らが立件された事例は過去に乏しく、捜査幹部は「表現の自由を本当に逸脱、乱用しているのか。さまざまな立証を積み重ねた」と語る。

立件のポイントの一つは、黒川容疑者らが選挙後も、同補選に立候補した乙武洋匡氏の応援弁士だった小池百合子都知事の自宅前などで、拡声器による抗議活動を続けていたことだった。

同庁は活動が続いて候補者らにも攻撃が及べば、被害届を取り下げさせようとする「威迫」に当たり、証拠隠滅につながりかねないと判断した。捜査幹部は「卑劣な行為だ。民主主義の根幹を揺るがす事案。全容を徹底解明していく」と語った。 

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・5月18日6:05配信【「つばさの党」代表ら3人 “異例の逮捕”のワケは? 18年ぶり「特捜本部」設置】

笑顔でピースをして跳びはねながら歩く男は、候補者の街頭演説を妨害した疑いの「つばさの党」の代表・黒川敦彦容疑者です。警視庁捜査2課は18年ぶりとなる「特別捜査本部」を設置し、17日に代表ら3人の“異例の逮捕”に踏み切りました。

17日、捜査員に連れられ、警察署へと入る男は、公職選挙法違反の疑いで逮捕された政治団体「つばさの党」の代表・黒川敦彦容疑者(45)です。

捜査車両から降りるよう促されますが、ピースサインをしながら体を揺らし、抵抗しているようにも見えます。警視庁はさらに、選挙に出馬していた根本良輔容疑者(29)、杉田勇人容疑者(39)を逮捕しました。

衆議院東京15区の補欠選挙での演説を巡って、逮捕された3人。聴衆に背を向け候補者と対面したり、電話ボックスに上り…

「おい小池」

「おい都知事」

大音量で怒号を浴びせるなどして、ほかの候補者の演説を妨害した疑いがもたれています。(警視庁による)

警視庁は13日に事務所などを家宅捜索し、携帯電話やパソコン、選挙カーなどを押収していましたが、黒川容疑者は…

「つばさの党」 黒川敦彦容疑者(45)

「我々は表現の自由の中で、適法なことをやっていると」

――家宅捜索は心外?

黒川容疑者

「心外だと思っています」

さらに――。

「つばさの党」 根本良輔容疑者(29)

「正義の味方なんだろおまえら」

選挙カー

「ヘイ早くヘイ携帯返せヘイ」

「ガサ入れ(家宅捜索)でヘイ 関係ないものもってくな」

家宅捜索後の15日も、警視庁本部の前で、挑発するような行動も。

警視庁は選挙期間中にも「警告」を行っていましたが、その後も妨害するような行為を繰り返したほか、13日に個人の自宅(小池都知事の自宅)に押しかけるなどしたため17日に逮捕に踏み切りました。

   ◇

捜査を担当する警視庁捜査2課は18年ぶりに特別捜査本部を設置するなど、“異例”の態勢で臨んでいますが、その理由について、捜査幹部は次のように話します。

捜査幹部

「極めて悪質な事案と認識している。速やかに捜査するために、十分なマンパワーを投入し、捜査する必要があると判断した」

あの日、応援演説を行っていた小池都知事は逮捕をうけ…

東京都 小池百合子都知事 (17日)

「民主主義の基本である選挙で、このような形で物事が起こっていいのか。問題は、これを模倣していくような人たちが出てくる懸念も残る」

警視庁は3人の認否を明らかにしていませんが、妨害行為の目的などを調べるとともに、多数の陣営の候補者を乗せた選挙カーを追尾するなどした、交通妨害の疑いがある行為についても、立件を視野に捜査をしています。

(5月17日放送『news zero』より)

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・5月18日7:08配信【元研究者、国政にたびたび挑戦 公選法違反で逮捕の黒川敦彦容疑者】

つばさの党による公選法違反事件で逮捕された同党代表の黒川敦彦容疑者(45)は元研究者で、これまでに政治団体を変わりながら何度も国政選挙に挑戦し、落選を続けていた。

 
黒川容疑者は愛媛県今治市出身。大阪大工学部を卒業し、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、川崎市)で研究員を務めた。その後、地元に戻ると市民団体の共同代表として、学校法人「加計学園」獣医学部の新設計画を巡り積極的に活動した。

2017年の衆院選に、安倍晋三元首相の選挙区の山口4区から無所属で出馬し、落選。19年参院選では、つばさの党の前身団体「オリーブの木」から比例代表で立候補したが再び落選した。

その後も21年衆院選と22年参院選で、旧NHK党から比例代表で出馬したが当選しなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

笑顔でピースですか😓

正直言ってドン引きしました。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



警視庁が特別捜査本部を設置 「つばさの党」の黒川敦彦代表と根本良輔幹事長ら3人を逮捕…衆議院東京15区の補欠選挙で“選挙妨害”か・・・玉川徹氏 つばさの党代表ら3人逮捕で私見、19年参院選の北海道警の聴衆排除と比較「本質的に全く違う」・・・選挙妨害容疑のつばさの党・黒川敦彦代表、過去に加計学園問題巡り民進党で講師役も😓

警視庁が特別捜査本部を設置 「つばさの党」の黒川敦彦代表と根本良輔幹事長ら3人を逮捕…衆議院東京15区の補欠選挙で“選挙妨害”か・・・玉川徹氏 つばさの党代表ら3人逮捕で私見、19年参院選の北海道警の聴衆排除と比較「本質的に全く違う」・・・選挙妨害容疑のつばさの党・黒川敦彦代表、過去に加計学園問題巡り民進党で講師役も😓

202405171057333ba.jpeg
【日テレNEWS NNN 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月17日9:03配信【政治団体つばさの党黒川敦彦代表と根本良輔幹事長ら3人を逮捕 街頭演説など選挙活動妨害の容疑で 警視庁】

政治団体つばさの党の黒川敦彦代表と、根本良輔幹事長ら3人が、公職選挙法の自由妨害容疑で17日午前、警視庁に逮捕された。

「つばさの党」をめぐっては、4月に行われた衆議院東京15区の補欠選挙で根本良輔・幹事長や、黒川敦彦・代表ら3人について他の候補の街頭演説を妨害するなどした疑いで、警視庁が家宅捜索をしている。

捜査関係者によると、複数の陣営が「つばさの党」の車両から執拗に追跡されたため、予定していた選挙カーのルートを変更し、警察署への避難を余儀なくされたケースがあったということだ。

警視庁は、他陣営の応援演説が妨害され聴衆に聞こえなかったとの証言も得て、自由妨害の容疑を固めたという。

家宅捜索を受けて取材に応じた黒川代表は「表現の自由の中で、適法なことをやっていると理解している」「(家宅捜索は)心外だと思っている。現にこういう行為で有罪になった人は一人もいない」と正当性を主張していた。

黒川代表はつばさの党の選挙活動について、「多少乱暴であるという認識はある」と述べたものの、「言論行為を権力者が止めることは絶対にあってはならない」と反論していた。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月17日9:57配信【速報】【林官房長官 つばさの党代表ら逮捕で「選挙運動妨害はあってはならない」】

林官房長官は17日午前の記者会見で、衆院東京15区の補欠選挙をめぐり、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が選挙の自由妨害の疑いで逮捕されたことについて問われ、「捜査機関の活動内容に関わることであるため答えは差し控える」とした上で、「選挙運動を妨害することはあってはならない」と強調した。

林長官は「選挙は国民が主権者として政治に参加する最も重要かつ基本的な機会であり、選挙が公正に行われるためには選挙運動は自由に行われなければならない。したがって選挙運動を妨害することはあってはならず。候補者・選挙運動関係者においては、選挙のルールを遵守し、公正適切に選挙運動を展開していただく必要がある」と述べた。

また、選挙に関する妨害をより厳しく防ぐための公職選挙法改正の必要性については、「選挙運動に関する事柄であることから各党各会派において議論いただくべきものであると考えている」と述べるにとどめた。

・・・・・・・・・・・・・・・

スポニチアネックス・5月17日10:20配信【玉川徹氏 つばさの党代表ら3人逮捕で私見、19年参院選の北海道警の聴衆排除と比較「本質的に全く違う」】

元テレビ朝日社員の玉川徹氏が17日、コメンテーターを務める同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。衆院東京15区補欠選挙(4月28日投開票)で別陣営の街頭演説を妨害したとして、警視庁捜査2課は17日、公選法違反(自由妨害)の疑いで、政治団体「つばさの党」代表黒川敦彦容疑者(45)と、同団体から出馬して落選した幹事長根本良輔容疑者(29)ら3人を逮捕したことに言及した。

捜査関係者によると、黒川容疑者ら3人は、補選期間中に他陣営の街頭演説に重ねるように拡声器などを使って大音量で主張を訴え、選挙活動を妨害した疑いが持たれている。

警視庁は13日、東京都千代田区の党事務所などを家宅捜索していた。

玉川氏は「候補者が他の候補者の演説を妨害するという想定がそもそもなかったですよね、われわれの中に。実質的に他の候補者の演説を妨害したという疑いをもって今回逮捕に至ったと思います」と自身の見解を述べた。

そして、2019年の参院選で安倍晋三元首相にヤジを飛ばした男女を北海道警が排除し、現在、表現の自由に抵触するとして裁判で争っている事案に言及し、「これと一緒じゃないかという人がいるんですけど、これは本質的に全く違います。北海道のケースは、あくまで為政者が演説する時に聴衆である一般の有権者がそれに対して違うんじゃないかという意思表明を、表現の自由のもとに行ったということであって、そこで選挙を妨害したということにはならないというのが今までの控訴審の判断。控訴審でも原告らのやじは公共的、政治的表現の自由だと認めています」と指摘。

そのうえで、「しかし、今回は一般聴衆が政治的なことに対して発露としてやじを飛ばすということではなくて、拡声器などを使って他の候補者の演説を実質的に妨害している、実質的に妨害されたと訴えてますので、それは本質的に違うものだと私は思うので、今回逮捕されたということは警察側もそういう認識なんだろうなと思います」と自身の受け止めを話した。

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・5月17日10:11配信【警視庁が特別捜査本部を設置  「つばさの党」の代表ら3人を逮捕…衆議院東京15区の補欠選挙で“選挙妨害”か】

先月28日に投開票が行われた衆議院東京15区補欠選挙で、政治団体「つばさの党」の代表らがほかの候補者の選挙活動を妨害した疑いがあるとして警視庁が「つばさの党」の代表、黒川敦彦容疑者ら3人を公職選挙法違反の疑いで逮捕しました。警視庁は特別捜査本部を設置して全容解明を進めます。

捜査関係者によりますと公職選挙法違反の疑いで逮捕されたのは政治団体「つばさの党」の黒川敦彦容疑者(45)と、根本良輔容疑者(29)杉田勇人容疑者(39)の3人です。

黒川容疑者らは先月28日に投開票が行われた衆議院東京15区の補欠選挙でほかの候補者が街頭演説をしている近くで大音量で演説するなどして演説を妨害した疑いがもたれています。

「つばさの党」からは根本良輔容疑者が出馬していましたが、こうした行為が公職選挙法の「自由妨害罪」にあたるとして警視庁は選挙期間中に黒川容疑者や根本容疑者ら3人に警告を出していたほか、今週月曜日には「つばさの党」の事務所や黒川容疑者の自宅などを家宅捜索していました。

警視庁は特別捜査本部を設置し、「つばさの党」の妨害行為の目的などを詳しく調べ全容解明を進めます。

「つばさの党」の一連の活動を巡っては、各陣営から”恐怖を感じた”"選挙妨害"との声が相次ぐ一方、「つばさの党」側は自分たちも候補者を出していて、"表現の自由"の範囲内だと主張していました。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月16日15:35配信【選挙妨害容疑のつばさの党・黒川敦彦代表、過去に加計学園問題巡り民進党で講師役も】

4月に投開票された衆院東京15区補欠選挙を巡り、警視庁は他候補の街頭演説を妨害した疑いが強まったなどとして、公職選挙法違反(自由妨害)の疑いで、政治団体「つばさの党」の本部などを家宅捜索した。同党の黒川敦彦代表は、過去にNHK党(当時)などから国政選挙に出馬し、落選を繰り返した。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る問題を追及して注目を集め、民進党の会合に講師として出席したこともある。

◆小池百合子知事への批判強化

「今日も朝から街宣車出します 小池ゆりこ(=百合子東京都知事)にヘイヘイ言ってるので、見かけたら声かけたり、拡散お願いします! 街宣車さらにどんどん手配中です 日々、増やしていく予定です」

黒川氏は16日、X(旧ツイッター)にこう書き込み、小池氏を批判する街頭活動を強化していく考えを示した。

つばさの党の陣営は、東京15区補選で他の候補が演説する際、近くの電話ボックスによじのぼってヤジを飛ばしたり、車でクラクションを鳴らしたりした。その代表を務める黒川氏は、かつて「産学連携ベンチャーの申し子」と呼ばれることもある起業家だった。

◆起業家から市民活動家

黒川氏は平成13年に大阪大工学部を卒業、独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)で企業と大学の研究の橋渡し役をする研究などに取り組んだ後、愛媛県今治市に帰郷した。

29年には、同市内に建設を予定する加計学園の獣医学部を巡り、安倍晋三元首相の関与を追及する市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」を立ち上げ、共同代表としてメディアに頻繁に取り上げられるようになった。

同年5月には同市内の獣医学部建設現場を訪れた民進党の「加計学園疑惑調査チーム」のメンバーを案内し、8月に同チームの会合に講師として出席した。

同年10月の衆院選では、安倍氏の地元・山口4区に無所属で出馬。獣医学部開設を取り上げた。この選挙でも、他候補の会合に乗り込み、接触を図るような行為を目立たせていた。

公示前にはツイッター(現X)で「初日一人でも多く山口4区に来て、安倍あきえ(=夫人・昭恵氏)を取り囲みましょう!」と投稿。公示日に安倍氏の出陣式に、山本太郎参院議員と駆け付け、昭恵氏に近寄ると、安倍氏との合同演説会の開催を要請するという「申入書」と題した紙を手渡した。山本氏がこの様子をインターネット中継しており、安倍氏の後援会幹部は「実質的な妨害だ」と憤ったという。

◆国政選に落選繰り返す

令和元年7月の参院選には、元外交官の天木直人氏らと設立した政治団体「オリーブの木」(現・つばさの党)の代表として、3年10月の衆院選では「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(当時)の公認として、4年7月の参院選はNHK党(当時)の公認でそれぞれ出馬し、落選している。

同年6月にはNHK党幹部としてNHK番組「日曜討論」に出演した。司会者の制止を振り切りながら、「テーマに沿わない」という発言を繰り返した後、「あべのせいだー、あべのせいだー」などと歌い出し、ひんしゅくを買っていた。

先の東京15区補選最終日の4月27日、黒川氏は街頭演説に臨み、金融資産を投資に回す必要性について20分近くマイクを握った。「金融経済が正常に働かない限り国が豊かにならないと思い、政治を始めた。最も必要なことは国民を稼げる状態にすることだ」と強調。「つばさの党が『政治を変えたい』といっているのは、みんなで生活を良くしたいということだ。

『ヘイヘイヘイ』とお騒がせしてきた。なぜこんな変な選挙戦を戦い、奇抜なことをやったか。そうでもしないと一般の皆さんが選挙に興味を持ってくれないからだ」などと持論を展開した。(奥原慎平)

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

案の定、逮捕されましたね😓

警視庁は、他陣営の応援演説が妨害され聴衆に聞こえなかったとの証言も得て、自由妨害の容疑を固め逮捕に踏み切ったようです。

そりゃ〜そうだよね

いくら言論の自由を叫んだとしてもあれだけデタラメなことやっちゃったらつばさの党の主張が到底通るはずもなく、とりあえずは逮捕されちゃうに決まってる。

起訴、不起訴は検察の判断ですから最終的にどうなるか分かりませんが。

ちなみに自由妨害罪とはどの程度の罪に問われるか調べてみました。

↓↓した

(選挙の自由妨害罪)

候補者のウェブサイトの改ざん等、選挙に関し、文書図画を毀棄し、その他不正の方法をもって選挙の自由を妨害した者は、4年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処することとされ(公職選挙法第225条第2号)、選挙権及び被選挙権が停止されます(公職選挙法第252条第1項・第2項)。

思っていたよりも割と軽い感じですね。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



鹿児島県知事選挙に3人目 川内原発・軍事施設で「選択肢提示したい」市民団体共同代表が立候補表明 現職らに続き・・・樋之口里花氏 出馬表明 原発20年延長停止や馬毛島反対訴え 選挙戦は三つどもえに・・・現在のところ、樋之口さんは無所属で出馬予定ですが、党籍については「答える必要はない」として明らかにせず😓《塩田康一さん、米丸麻希子さん、樋之口 里花さん》

鹿児島県知事選挙に3人目 川内原発・軍事施設で「選択肢提示したい」市民団体共同代表が立候補表明 現職らに続き・・・樋之口里花氏 出馬表明 原発20年延長停止や馬毛島反対訴え 選挙戦は三つどもえに・・・現在のところ、樋之口さんは無所属で出馬予定ですが、党籍については「答える必要はない」として明らかにせず😓《塩田康一さん、米丸麻希子さん、樋之口 里花さん》

2024051621565084f.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・5月16日17:53配信【知事選に3人目 川内原発・軍事施設で「選択肢提示したい」市民団体共同代表が立候補表明 現職らに続き】

7月の鹿児島県知事選に新たな動きです。市民グループの共同代表を務めている樋之口里花さんが16日、立候補することを表明しました。3人目の出馬表明です。

(樋之口里花さん)「選択肢を県民に提示したいと思ったのが、一つの大きな理由です」

樋之口里花さんは、霧島市出身の52歳で、選挙は初挑戦です。元看護師で、現在は、国政選挙での野党共闘をめざす市民団体「ALLかごしまの会」の共同代表や、新日本婦人の会鹿児島支部事務局長などを務めていて、無所属での立候補を予定しています。

知事選には、これまでに現職の塩田康一さん(58)と、元県議・米丸麻希子さん(49)が立候補を表明しています。

樋之口さんは、原子力規制委員会が許可した川内原発1、2号機の今後20年の運転延長や、馬毛島をはじめ、県内に自衛隊施設が増えている現状に反対の立場で、原発や安全保障が争点化されないことに危機感を持ち、立候補を決めたと言います。

(樋之口里花さん)「(川内原発の)20年運転延長は止めたいし、鹿児島の基地建設も反対をしたい。県民の声を聞いて判断していく姿勢が必要。国任せや県民の声を聞かずに決めるのではなく」

県が進めている本港区のドルフィンポート跡地への体育館整備については、景観を損ねるなどの理由で「立ち止まって考える必要がある」としています。

県知事選挙は来月20日に告示、7月7日に投開票です。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・5月16日18:29配信【鹿児島県知事選に3人目の立候補表明 市民団体の女性代表(52)】

7月投開票の鹿児島県県知事選挙に新たな動きです。市民団体の代表を務める52歳の新人が立候補を表明しました。

■県知事選への立候補を表明 樋之口里花・氏■

「命や暮らしが大事にされる鹿児島県を作りたいと思い立候補する」

立候補を表明した樋之口里花さんは霧島市生まれの52歳。元看護師で現在、国政選挙で野党共闘を目指す市民団体の共同代表を務めています。

川内原発の運転延長や馬毛島の自衛隊基地整備に反対の立場で、県民の声を聞いて対応を判断する知事が必要だと訴えています。

■県知事選への立候補を表明 樋之口里花・氏■

「県民の声を聞いて判断し、決めていく。そういう姿勢、知事が必要だろうと思っている。国任せや県民の声を聞かずに決めてはいけない」

無所属で立候補する予定で、政党への推薦依頼は考えていないということです。

知事選への立候補を表明したのは、現職の塩田康一さんと新人の米丸麻希子さんに続き3人目です。

県知事選挙は来月20日告示、7月7日投開票です。

・・・・・・・・・・・・・・・

KYT鹿児島読売テレビ・5月16日19:12配信【知事選】【樋之口里花氏(52)出馬表明 原発20年延長停止や馬毛島反対訴え 選挙戦は三つどもえに】

2024年7月の県知事選挙に鹿児島市在住で市民団体の共同代表を務める樋之口 里花さん(52)が立候補することを表明しました。県知事選挙への立候補を表明したのはこれで3人目です。

県知事選挙に無所属での立候補を表明したのは鹿児島市在住で「市民・野党共闘をすすめるALLかごしまの会」の共同代表を務める樋之口 里花さん(52)です。樋之口さんは霧島市出身で約9年間、看護師として県内の病院に勤務していました。

主な政策では川内原発の20年運転延長を停止すること。馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転計画などに反対することを掲げています。

(知事選への立候補表明 樋之口 里花氏(52))

「争点が県立体育館の主になっているという風に受け止めているが、今、鹿児島県で起こっている問題はそれだけではないだろうという風に思っている。怖い思いをすることがないように安心して暮らしたいし命とか暮らしが大事にされる鹿児島県を作りたい」

県知事選挙にはこれまで現職で2期目を目指す塩田 康一さん(58)と前・自民党県議会議員、米丸 麻希子さん(49)が立候補を表明しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

鹿児島ニュースKTS・5月16日20:08配信【鹿児島県知事選で市民グループ共同代表、樋之口 里花氏(52)が立候補表明】

2024年7月投開票の県知事選挙をめぐり、3人目の出馬表明です。

「市民・野党共闘をすすめるALLかごしまの会」の共同代表を務める樋之口里花さん(52)が立候補を表明しました。

知事選に立候補表明・樋之口里花氏

「命暮らし大事にされる鹿児島県を作りたいと思って立候補する」

樋之口さんは鹿児島県霧島市出身の52歳で、3人の子を持つ主婦です。

県などに要望や陳情活動を行っていて、2019年から「市民・野党共闘をすすめるALLかごしまの会」の共同代表を務めています。

樋之口さんは、今回の選挙で川内原発の20年運転延長や、西之表市の馬毛島で進むアメリカ軍の訓練移転計画などに反対の声を上げたいとしています。

知事選に立候補表明・樋之口里花氏

「県民の声を聞く政治が必要だと思うし、鹿児島県民にとって良くないことや危ないことをちゃんと国に物を言う、それが知事の責任だと思う。鹿児島には今、そういう知事が必要ではないか」

現在のところ、樋之口さんは無所属で出馬予定ですが、党籍については「答える必要はない」として明らかにしませんでした。

県知事選挙には、これまでに2期目を目指す現職の塩田康一さんと、元自民党県議の米丸麻希子さんが出馬を表明しています。

県知事選は2024年6月20日告示、7月7日投開票です。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

今回の樋之口さんの立候補表明は米丸さんにとっては多少なりとも影響が出るでしょうね😓

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



鹿児島市議会議長に引き続き川越氏 臨時会で正副議長決まる・・・鹿児島市議会 新議長に川越氏 「正常な緊張関係で市政を議論」2020年から3回連続で就任・・・副議長には市民連合の伊地知紘徳議員《会派構成》自民党市議団17人、公明党市議団6人、立憲社民6人、市民連合4人、未来かごしま1期目の4人で新たに結成、共産党市議団3人、にじとみどり2人、無所属3人

鹿児島市議会議長に引き続き川越氏 臨時会で正副議長決まる・・・鹿児島市議会 新議長に川越氏 「正常な緊張関係で市政を議論」2020年から3回連続で就任・・・副議長には市民連合の伊地知紘徳議員《会派構成》自民党市議団17人、公明党市議団6人、立憲社民6人、市民連合4人、未来かごしま1期目の4人で新たに結成、共産党市議団3人、にじとみどり2人、無所属3人

202405151013408f6.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・5月14日16:12配信【鹿児島市議会議長に引き続き川越氏 臨時会で正副議長決まる】

先月、改選された鹿児島市議会の臨時議会が14日開かれ、新しい議長に自民党の川越桂路さんが再選しました。

「川越桂路議員が議長に当選しました」

14日午前に行われた鹿児島市議会の議長選挙では、自民党7期目の川越桂路さん(52)が45票中37票を集め、改選前に引き続き、議長に選ばれました。

(議長に再選 川越桂路議長)

「これまでの経験を生かし、公平・公正で安定した議会運営に努めてまいりますので、心からお願い申し上げます」

副議長には、市民連合で6期目の伊地知紘徳さん(64)が初めて選ばれました。

なお会派構成は、自民党市議団が改選前の20人から17人、公明党市議団が5人から6人、立憲社民が7人から6人、市民連合が改選前と同じ4人、未来かごしまが1期目の4人で新たに結成、共産党市議団が改選前と同じ3人、にじとみどりが改選前と同じ2人、無所属が1人から3人となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・

KYT鹿児島読売テレビ・5月14日18:10配信【鹿児島市議会 新議長に川越氏 「正常な緊張関係で市政を議論」 2020年から3回連続で就任】

鹿児島市議会の臨時会が14日開かれ、新しい議長に自民党の川越 桂路さん(52)が再選されました。川越さんが議長になるのは今回で3回連続です。

鹿児島市議会は14日、臨時会を開き、正副議長の選挙を行いました。その結果、議長には自民党の川越 桂路さん(52)が選ばれました。川越さんは現在7期目で2020年から3回連続の就任となります。

(川越 桂路議長)

「二元代表制の一翼を担う議会として下鶴市長をはじめとする市当局とはこれまで同様正常な緊張関係を保つ中で鹿児島市政に関して議論しさらなる市政発展、市民福祉の向上に皆様とともに努めてまいる」

また、副議長には市民連合の伊地知 紘徳さんが選ばれました。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・5月14日22:35配信【鹿児島市議会臨時会 正副議長決まる】

改選後初めてとなる鹿児島市議会の臨時会が開かれ、新しい正副議長が決まりました。

鹿児島市議会の臨時会では、正副議長を決める選挙が行われ、議長には最大会派・自民党市議団の川越桂路議員が、副議長には市民連合の伊地知紘徳議員が選ばれました。

川越議員が議長に就任するのは前回、前々回に続いて3回目、伊地知議員が副議長を務めるのは初めてです。

(議長に就任 川越 桂路議員)

「鹿児島市政に関して議論し、さらなる市政発展、市民福祉の向上に皆様とともに努めていく」

(副議長に就任 伊地知 紘徳議員)

「市民の皆様方によりわかりやすく、しっかりと理解を深めていただく議会改革に議長と手を携えながら取り組んでいく決意も新たにした」

臨時会の会期はきょう一日で、補正予算案など議案6件が提案され、可決するなどしました。補正予算はおよそ62億円で、物価高騰による負担を軽減するため、新たに今年度、住民税の均等割非課税となった世帯などに給付金を支給する費用が盛り込まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

会派構成は以下の通りです。

自民党市議団が改選前の20人から17人

公明党市議団が5人から6人

立憲社民が7人から6人

市民連合が改選前と同じ4人

未来かごしまが1期目の4人で新たに結成

共産党市議団が改選前と同じ3人

にじとみどりが改選前と同じ2人

無所属が1人から3人。

鹿児島県知事選挙でそれぞれの会派がどの候補者(現職の塩田知事と元県議の米丸さん)を推すのか?が気になりますね。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



街宣車押収…「家宅捜索は心外」つばさの党・黒川敦彦代表「多少乱暴」と認識も「言論行為を権力者が止めてはならない」・・・選挙の根幹揺るがす つばさの党の悪質「妨害」にメス 警察幹部「看過できない」・・・「つばさの党」代表「逮捕されることがあっても活動続ける」…警視庁、選挙妨害容疑で事務所捜索・・・捜査関係者「選挙犯罪ビジネスだ」

街宣車押収…「家宅捜索は心外」つばさの党・黒川敦彦代表「多少乱暴」と認識も「言論行為を権力者が止めてはならない」・・・選挙の根幹揺るがす つばさの党の悪質「妨害」にメス 警察幹部「看過できない」・・・「つばさの党」代表「逮捕されることがあっても活動続ける」…警視庁、選挙妨害容疑で事務所捜索・・・捜査関係者「選挙犯罪ビジネスだ」

202405132356326c0.jpeg
【TBS NEWS DIG 配信】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月13日20:49配信【「ここ日本ですよね?」被害の小池知事からは疑問の声 数々の“選挙妨害”…異例の「つばさの党」へ家宅捜索】

4月に行われた衆議院東京15区の補欠選挙で、物議を醸した「つばさの党」に、捜査のメスが入った。事態が大きく動いたのは、13日の昼前のことだった。

都内のマンション前に姿を見せたは警視庁の機動隊。そして午前11時すぎ、「つばさの党」の本部が入るマンションに、警視庁の捜査員が家宅捜索に入った。

《数々の“選挙妨害”…異例とも言える「つばさの党」へ家宅捜索》

警視庁は、「つばさの党」の幹部らが、他の候補者の演説を妨害した疑いが強まったとして、本部に、異例とも言える家宅捜索に入った。

事の発端は、4月に行われた衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」の幹部らが、他の候補者の街頭演説に乱入した上、電話ボックスにのぼり、大音量で演説したことなどだった。

「つばさの党」根本良輔幹事長:

国民にちゃんと説明しろ!どの面下げて東京都知事になってんだ、こら!

「つばさの党」黒川敦彦代表:

小池~!小池~!都知事選にもでるからね~。小池、俺都知事選にもでるからね~。

妨害とも思える行為は他にも。

日本維新の会の候補者の応援に駆けつけた、吉村共同代表にも「万博で使った金返せ!吉村―!」などと怒号をあげて挑発し、支援者と取っ組み合いになる場面も。

この様子を見ていた、学生服を着た男の子は「正直うるさいです!大人として恥ずかしくないのかよ!」と根本氏に怒りの声をぶつけた。

それだけでは収まらない「つばさの党」は、立憲民衆党の選挙カーを、“カーチェイス”と称して、10分以上追いかけ回した。

こうした行為で物議を醸したのが、「つばさの党」の根本良輔幹事長と、黒川敦彦代表ら3人。

《警視庁の警告にも「ふざけんな!」家宅捜索受けるも正当性を主張》

選挙中、警視庁から警告を受ける際、3人は警察署に足を運び、その様子をライブ配信した。

黒川氏:

俺らは表現の自由でやってんの。その表現の自由に対して、警告を出す。次は逮捕か?ふざけんな!

と警察署内で怒りをぶちまけた黒川氏。

さらに選挙戦中には、警察署の前にも関わらず、「飯山本人出てこいって!」「警察、なにも動いてくれないよ」「おまえらが街宣やめた以上は、俺らがしゃべる権利があるので」など他の候補者を挑発する様子もみられた。

これらの挑発を受けた日本保守党の飯山陽氏は、“選挙妨害による被害を受けた”と訴える。

飯山氏:

選挙妨害されただけじゃないわけ。やつらのあれで私たちは大きな損害を被ったと。私の心と体はやつらによってボロボロにされたと。

そして13日、警視庁は「つばさの党」の一斉捜索に踏み切った。東京・練馬区の根本氏の自宅前では抗議に備え、機動隊が並んでいた。

午後1時すぎ、警視庁の捜査員が「つばさの党」の関係先から出て来た。「根本りょうすけ」と書かれた街宣車の看板を次々とトラックに運び入れていく。

家宅捜索を受けた根本氏は、正当性を主張した。

根本氏:

「他の候補者がいるところで街宣してもいいんですか」ということに対して、それを止める法律は特にないという確認はとっているので。

さらに、同じく家宅捜索を受けた黒川代表も「我々も表現の自由、政治活動の自由の中で、別に暴力を振るっているわけではないので、我々が持って行く権利を行使していく。」と語った。

《選挙応援に来た国会議員たちからは「恐怖を感じたこともあった」》

選挙戦では、候補者の応援に来た国会議員に詰め寄る場面もあった。

根本氏:

公務員のために消費税あげるんだよな?おい、答えろよ、国会議員だろ、蓮舫さんよ~。

立憲民主党の蓮舫議員は「大音量で我が政党をののしるかのような演説をされました。実際ちょっと恐怖を感じたこともあった。まだ家宅捜索に入った段階なので、これからどういう捜査になっていくのか、経緯を見守りたい」と話した。

また、“選挙妨害”を受けた日本維新の会の吉村共同代表や小池都知事は…。

日本維新の会 吉村洋文 共同代表:

「つばさの党」は「つばさの党」の考える正義があると思うが、やはりマイクが重なると、実際問題なかなか聞こえないし、演説にならないので、それは少しやりすぎだろうと思っています。

小池百合子 都知事:

立候補や候補者そのものも、身の危険を感じながら行うって、ここ日本ですよね?非常に疑問というか、おかしいと思います。有権者の皆さんも、よくこの点について、ちょっと違うんじゃないかと思う方、多いんじゃないかと思います。

警視庁は、複数の陣営からの被害届を受理していて、立件も視野に捜査を進めていく。
(「イット!」5月13日放送より)

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月13日20:17配信【選挙の根幹揺るがす つばさの党の悪質「妨害」にメス 警察幹部「看過できない」】

民主主義を支える選挙制度を根幹から揺るがしかねない活動を展開した「つばさの党」の関係先に13日、捜査のメスが入った。衆院東京15区補欠選挙を巡り、つばさの党関係者に追いかけ回されるなどして演説場所を変更するなど、対応を迫られた陣営もあった。警察幹部は「公正な選挙に反するもので、看過できない」と話している。

警視庁捜査2課が家宅捜索に踏み切った13日、東京都千代田区の党本部前では機動隊が警戒に当たっていた。ものものしい雰囲気に包まれる中、捜索は約2時間半にわたって行われた。捜査関係者によると、本部などから選挙カーや携帯電話、パソコンなど数十点を押収したという。

捜索を受け党代表の黒川敦彦氏は同日、報道陣の取材に対し、「合法だと思っている。理由は表現の自由を守る行為であるという認識だからだ」と主張した。

今回の家宅捜索の発端となったできごとは補選告示日の4月16日、東京都江東区のJR亀戸駅前で起こった。乙武洋匡(ひろただ)氏=無所属=の陣営に近づき、大音量で演説をかき消したなどとして、警視庁が18日、自由妨害で警告を出した。

しかし「妨害行為」は収まらなかった。矛先は飯山陽(あかり)氏=日本保守党=や金沢結衣氏=日本維新の会、酒井菜摘氏=立憲民主党=ら他の候補の陣営にも向かった。選挙カーを追い回し、拡声器で「売国奴」などとののしったり、卑猥な言葉を浴びせたりなどした。

選挙区外にもかかわらず、乙武氏を支援していた小池百合子都知事の自宅前で、大音量で演説し、騒音に対して住民が苦言を呈す場面もあった。

党幹部で補選の候補者だった根本良輔氏らは言論の自由、選挙の自由を盾にこうした行為を続けた。「法の範囲を超えない、ここまでは大丈夫という範囲内でしっかりやることができた」。補選の活動最終日に当たる27日夜、根本氏は産経新聞の取材に、達成感をにじませながら自信をのぞかせていた。

しかし、複数の陣営からは既に被害届が提出されており、警視庁は悪質な妨害行為であることの立証に向けて、慎重に捜査を進めるとみられる。(外崎晃彦、堀川玲、梅沢直史)

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月13日16:25配信【街宣車押収…「家宅捜索は心外」つばさの党・黒川敦彦代表「多少乱暴」と認識も「言論行為を権力者が止めてはならない」】

先月行われた衆議院東京15区の補欠選挙で、他の候補者の街頭演説を妨害した疑いで警視庁の家宅捜索を受けた「つばさの党」黒川敦彦代表が取材に応じ、「家宅捜索は心外」と主張した。

家宅捜索を受け、正午すぎに取材に応じた黒川敦彦代表は「表現の自由の中で、適法なことをやっていると理解している」「(家宅捜索は)心外だと思っている。現にこういう行為で有罪になった人は一人もいない」と正当性を主張した。

黒川代表はつばさの党の選挙活動について、「多少乱暴であるという認識はある」と述べたものの、「言論行為を権力者が止めることは絶対にあってはならない」と反論している。

「つばさの党」をめぐっては、4月に行われた衆議院東京15区の補欠選挙に出馬した根本良輔幹事長や、黒川代表ら3人が補欠選挙期間中に他の複数の候補者の街頭演説中に近くで大音量で演説したり、選挙運動車両を追いかけるなどした公職選挙法の自由妨害の疑いがもたれていて、警視庁が13日午前、本部事務所や自宅などの家宅捜索を行い、街宣車などを押収している。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・5月13日21:49配信【「つばさの党」代表「逮捕されることがあっても活動続ける」…警視庁、選挙妨害容疑で事務所捜索】

4月の衆院東京15区補欠選挙で、政治団体「つばさの党」幹部らが他陣営の選挙活動を妨害した疑いがあるとして、警視庁は13日、東京都千代田区の同団体本部事務所など3か所を公職選挙法違反(選挙の自由妨害)容疑で捜索した。演説日程や会場の事前告知を取りやめるなどの事態に追い込まれた複数の陣営が被害届を出しており、警視庁は幹部らの立件を視野に捜査を進める。

公選法違反の疑いが持たれているのは、つばさの党の黒川敦彦代表(45)、同補選に立候補した根本良輔幹事長(29)、陣営の男性運動員(39)の3人。他陣営への妨害行為で陣営側が強制捜査を受けるのは極めて異例。

捜査関係者によると、3人は4月16日告示、同28日投開票の補選期間中、他候補が江東区で行った街頭演説会場付近で拡声機などを使い、聴衆が候補者の演説を聴くのを困難にしたり、他陣営の選挙カーを車で追い回したりして、選挙の自由を妨害した疑いがある。

警視庁は、告示日に乙武洋匡氏(48)陣営の街頭演説中に車のクラクションを鳴らすなどした行為が公選法に抵触する恐れがあるとして、同18日に黒川代表ら3人に警告を出していた。

しかし、3人はその後も複数陣営の選挙カーを追い回すなど妨害行為を繰り返し、乙武氏を支援する小池百合子都知事の自宅前でも大音量で演説するなどした。警視庁は選挙後、被害届を出した各陣営の関係者への事情聴取などを踏まえ、強制捜査に踏み切った。

つばさの党は、一連の妨害行為を動画投稿サイトなどに配信しており、警視庁は過激な映像で動画再生回数を伸ばしたとみている。

この日の捜索は、千代田区隼町のつばさの党の本部事務所のほか、埼玉県朝霞市内の黒川代表の自宅や、練馬区にある根本氏の自宅兼団体事務所も対象になった。警視庁は使用された選挙カーなどを押収した。

黒川代表は13日夜、報道各社の取材に「逮捕されることがあっても活動は続ける。我々のやっていることは表現の自由を守る行為だ」と話した。

・・・・・・・・・・・・・・・

TBS NEWS DIG・5月13日18:30配信【衆院東京15区補欠選挙 「つばさの党」事務所を警視庁が家宅捜索 公職選挙法の自由妨害の疑いで 捜査関係者「選挙犯罪ビジネスだ」】

“異例の”家宅捜索です。先月行われた衆議院の東京15区補欠選挙をめぐり、警視庁はきょう、他の陣営の街頭演説を妨害した公職選挙法違反の疑いで「つばさの党」の事務所などに家宅捜索に入りました。

記者

「警視庁の捜査員が『つばさの党』の事務所に家宅捜索に入ります」

機動隊が取り囲む厳戒態勢のなか、警視庁が家宅捜索に入ったのは、政治団体「つばさの党」の事務所。

捜査関係者によりますと、「つばさの党」から▼選挙に出馬した根本良輔幹事長(29)や、▼黒川敦彦代表(45)ら3人は、先月行われた衆議院の東京15区補欠選挙で、他の候補者の街頭演説を妨害した公職選挙法違反の疑いが持たれています。

候補者を出した陣営が選挙妨害で強制捜査を受けるのは、極めて異例です。この選挙をめぐっては…

「何が変わったんだ!答えろ!綺麗ごと言ってんじゃねーぞ」

告示日に無所属で出馬した作家の乙武洋匡氏が街頭で演説中、電話ボックスの上でマイクを手に叫ぶのは「つばさの党」の黒川代表です。

別の日には、「日本維新の会」の候補者や応援に駆け付けた吉村洋文大阪府知事に暴言を浴びせながら追いかけ回します。

つばさの党 根本良輔 幹事長

「答えてみろよ、くそ女!勢力拡大のためによ。吉村早く答えろよ。万博の金返せ。いくら使ってるんだよ」

さらに、別の候補者の選挙カーを追いかける様子をYouTubeで配信していました。

「立憲偽善者ヘイヘイヘイ。消費税上げるぜヘイヘイヘイ」

捜査関係者によりますと、選挙期間中のこうした行為が公職選挙法の「自由妨害」に当たる疑いがあるとして家宅捜索に踏み切ったのです。

警視庁は事務所以外にも、選挙に出馬した根本幹事長や黒川代表の自宅も捜索しました。家宅捜索を受け、黒川代表らは…

つばさの党 黒川敦彦 代表

「私たちがやっていることは、あくまでも言論の行為に基づいたことであって、多少乱暴ではあるという認識はありますけど…。(Q.今回家宅捜索を受けたというのは心外)心外だと思っています」

つばさの党 根本良輔 幹事長

「何がしたいのかよく分からないって感じですね」

つばさの党 杉田勇人 組織運動本部長

「逮捕状持ってこられないんだから、何もできないんでしょうって感じだけど」

あくまでも「表現の自由」を行使した行動だと主張しました。一方、捜査関係者は…

警視庁・捜査関係者

「選挙運動や政治団体の名を借りた悪質な妨害集団。選挙の自由妨害は自由公平を確保するために許されないことであり、“選挙犯罪ビジネス”といえる」

警視庁は立憲民主党などほかの陣営からの被害届を受理していて、今後、捜査を進める方針です。

そしてさきほど、この選挙で無所属で出馬した乙武氏を支援した東京都の小池知事が報道陣の取材に応じました。

小池百合子 都知事

「追いかけ回したり、音声をかぶせたりということが、本来の選挙や立候補の目的にかなっているのかというと大いに疑問。有権者もそれを見ておかしいと思うでしょうし、候補者そのものもですね、身の危険を感じながら行うという、ここ日本ですよね」

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




機動隊も出動して…「つばさの党」に警視庁が家宅捜索 根本良輔・党幹事長や黒川敦彦・党代表ら衆院補選で演説妨害の疑い・・・関係先に家宅捜索 黒川代表「適法なことをやっている」・・・「万博に使った金返せ吉村!」発言の「つばさの党」に家宅捜索「演説にならない」と維新吉村氏・・・家宅捜索受け自民・梶山氏「罰則強化含め議論したい」公選法改正を念頭😓

機動隊も出動して…「つばさの党」に警視庁が家宅捜索 根本良輔・党幹事長や黒川敦彦・党代表ら衆院補選で演説妨害の疑い・・・関係先に家宅捜索 黒川代表「適法なことをやっている」・・・「万博に使った金返せ吉村!」発言の「つばさの党」に家宅捜索「演説にならない」と維新吉村氏・・・家宅捜索受け自民・梶山氏「罰則強化含め議論したい」公選法改正を念頭😓

2024051316291374a.jpeg
【FNNプライムオンライン 配信】

202405131629384c0.jpeg
【FNNプライムオンライン 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

TBS NEWS DIG・5月13日15:37配信【「つばさの党」家宅捜索受け自民・梶山氏「罰則強化含め議論したい」公選法改正を念頭】

公職選挙法の自由妨害の疑いで政治団体「つばさの党」の関係先に警視庁が家宅捜索に入ったことを受け、自民党の梶山幹事長代行は罰則強化を含む公職選挙法の改正を念頭に党として議論する考えを示しました。

梶山幹事長代行

「選挙妨害を目的として悪意を持った街頭演説が行われたということがあるのであれば、罰則強化を含め、今後党として議論をしてまいりたい」

先月28日に投開票が行われた衆議院・東京15区補欠選挙をめぐっては、政治団体「つばさの党」の陣営が他の候補者の街頭演説を大音量で遮るなどの行動を繰り返し、公職選挙法の自由妨害の疑いで13日、警視庁が関係先に家宅捜索に入りました。

こうした事態を受け自民党の梶山氏は会見で、「自民党として問題意識を持っている」としたうえで、選挙の公平さを守るため罰則強化を含む公職選挙法の改正を念頭に党として議論していく考えを示しました。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月13日11:07配信【速報】【機動隊も出動して…「つばさの党」に警視庁が家宅捜索 根本良輔・党幹事長や黒川敦彦・党代表ら衆院補選で演説妨害の疑い】

先月行われた衆議院東京15区の補欠選挙をめぐり、「つばさの党」の候補者や党代表などが他の候補者の街頭演説を妨害した公職選挙法違反の疑いが強まり、警視庁がさきほど党本部に家宅捜索に入った。

警視庁がさきほど、家宅捜索に入ったのは東京・千代田区に本部を置く政治団体「つばさの党」の党本部や自宅などの関係先。

捜査関係者によると、「つばさの党」から出馬した根本良輔・党幹事長や、黒川敦彦・党代表ら3人が衆議院東京15区の補欠選挙期間中に他の複数の候補者の街頭演説中に近くで大音量で演説したり、選挙運動車両を追いかけるなどした公職選挙法の自由妨害の疑いが強まったことから警視庁は家宅捜索に踏み切った。

「つばさの党」をめぐっては補選公示日に東京・江東区のJR亀戸駅前で出馬した根本良輔氏や党代表の黒川敦彦氏ら3人が他の候補者の街頭演説を妨害したとして先月18日、警視庁が警告をしていた。

選挙戦の最終日にFNNの取材に応じた党代表の黒川氏は「(警告は)警察の職権濫用だと思います。法律で許されている範囲のなかで最大権利を行使しているだけ」と話していて出馬を表明している来月20日公示の都知事選についても同じ方法を続けていくと主張していた。

警視庁は複数の陣営からの被害届を受理していて全容解明を進める方針。

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・5月13日14:16配信【「つばさの党」関係先に家宅捜索 黒川代表「適法なことをやっている」】

先月28日に投開票が行われた衆議院東京15区補欠選挙を巡り、政治団体「つばさの党」の代表らがほかの候補者の選挙活動を妨害した疑いがあるとして警視庁が「つばさの党」の事務所など関係先の家宅捜索に入りました。

捜査関係者によりますと、13日に警視庁が公職選挙法違反の疑いで家宅捜索を行ったのは、東京・千代田区にある政治団体「つばさの党」の事務所や埼玉県朝霞市の黒川敦彦代表の自宅、練馬区の根本良輔氏の自宅です。

先月28日に投開票が行われた衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」からは根本良輔氏が出馬していましたが、ほかの候補者の街頭演説の近くで大音量で演説したり、クラクションを鳴らしたりした行為が公職選挙法の「自由妨害罪」にあたるとして警視庁は選挙期間中に、黒川代表や根本氏ら3人に警告を出していました。

家宅捜索を受け、黒川代表は――

つばさの党・黒川代表

「我々は表現の自由の中で適法なことをやっていると理解しています」

「つばさの党」の一連の活動を巡っては、選挙妨害だとして各陣営から警視庁に対して被害届が出され受理されていて、警視庁は押収物を調べるなどして選挙違反にあたるかどうか慎重に調べる方針です。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・5月13日11:23配信【政治団体「つばさの党」事務所を捜索、衆院東京15区補選で他陣営の選挙活動を妨害した疑い】

4月に行われた衆院東京15区(江東区)補欠選挙で、政治団体「つばさの党」の候補者らが他陣営の選挙活動を妨げる行為を繰り返した問題で、警視庁は13日午前、千代田区の同団体本部事務所などに公職選挙法違反(選挙の自由妨害)容疑で捜索に入った。同法に基づく警告を受けた後も妨害行為を続けており、警視庁は悪質性が高いと判断し、強制捜査に踏み切った。

捜査関係者によると、同法違反の疑いが持たれているのは、つばさの党の黒川敦彦代表(45)、同補選に立候補した根本良輔元候補(29)、陣営の男性運動員(39)の3人。4月16日告示、同28日投開票の補選期間中、他の候補者の街頭演説会場で拡声機を使って大声を張り上げ、聴衆が候補者の演説を聴くのを困難にしたり、他陣営の選挙カーを車で追いかけ回したりして、選挙の自由を妨害した疑いがある。

公選法は225条で「選挙の自由妨害罪」を規定し、候補者らに暴行したり演説を妨害したりする行為を禁じている。違反すると、4年以下の懲役か禁錮、または100万円以下の罰金が科せられる。

警視庁は選挙期間中の4月18日に黒川代表ら3人を警察署に呼び、225条に抵触する疑いがあるとして警告を出したが、つばさの党はその後も同様の妨害行為を継続。黒川代表は同25日、報道各社の取材に「法律で認められている表現や選挙、政治活動の自由の中でやっている」と主張し、7月の都知事選に自ら立候補して同様の活動を行う考えを示していた。

千代田区隼町にあるつばさの党の本部事務所では13日午前11時頃、警視庁の捜査員約10人が捜索に入った。捜索は埼玉県朝霞市にある黒川代表の自宅や、東京都練馬区の同団体事務所でも行われている。

つばさの党は選挙期間中、こうした活動内容を撮影し、SNSや動画投稿サイトで配信していた。警視庁は、過激な内容の映像によって注目を集めることで動画再生回数を伸ばしたとみている。

・・・・・・・・・・・・・・・

デイリー新潮・5月13日13:10配信【警視庁が「つばさの党」に家宅捜索】【「現に警察は来ていないでしょ」選挙直後、余裕綽々で語っていた党首&候補者90分インタビュー】

警視庁捜査2課は5月13日午前、公職選挙法違反容疑(選挙の自由妨害)で政治団体「つばさの党」本部など関係先数カ所に家宅捜索に入った。他陣営の街頭演説に執拗に“凸”。選挙カーを追い回して罵詈雑言。警視庁から出された公職選挙法違反の「警告」は無視――。衆院東京15区の補欠選挙で白昼堂々行われていた選挙妨害について、党首の黒川敦彦氏(45)と最下位で落選した根本良輔氏(29)は選挙直後の「デイリー新潮」のインタビューで、「警察は警告しか出せていない」「現に警察は来ていないでしょ」と豪語していた。(前後編の前編)※5月1日に配信した記事を一部改編しました。

《国民の誰もが抱いている疑問を投げかけただけ》

――世間から強い批判が出ていることについて、どのように考えていますか。

根本氏 連日ニュースで報道されているので、世間の批判は理解しています。ただこれまで何度も言ってきた通り、合法の範囲内でやっています。選挙後にヤツらは逮捕されるだろうみたいな言われ方をされていましたが、現に警察は来ていません。

テレビの伝え方にも偏向を感じます。僕が妨害だけでなく、暴行までしたかのような報道になっていますが(註・乙武洋匡氏の街頭演説中、東京都大田区の荻野稔区議との間で起きたいざこざのこと)、僕らがSNS等で出している動画を見ていただければわかる通り、先に手を出したのは向こうです。

プラカードを掲げていただけなのに体当たりしてきた。僕はそれを振り払っただけ。なのにマスコミは向こうの話だけを聞いてこちらの言い分は聞きにすら来ない。我々を悪者にする意図を持っているとしか思えない。

黒川氏 僕らは各陣営に対してずっと「我々の質問に対して答えろ」と言ってきた。きちんと回答してきた陣営からは立ち去っているし、嫌がらせありきだったわけではありません。

我々が聞いてきたことは、彼らにとって聞かれたくないことなんです。小池さんで言うと新たに出てきた「学歴詐称疑惑」、乙武さんの場合は「不倫」。答えたくなかったのでしょうが、国民の誰もが抱いている疑問から答えずに逃げて、綺麗事ばっかり並べるのはもはや嘘のレベルだと思う。

嘘を撒き散らしながら有権者を騙して投票させる行為への疑問。今回の選挙戦でそのおかしさを可視化できたと考えている。法を犯していないし、表現の自由の範疇です。世間の批判も理解できますし、100パーセント賛同してくれとは言いませんが、我々の意見とも向き合って欲しいとは思っています。

《小池氏の政治生命を絶つことに貢献できた》

――本来、選挙は当選することを目的として、有権者に主義主張や政策を訴えて支持を集めるものです。今回の手法は相手の批判ありきだった。

根本氏 その通りです。真面目にやろうが組織票相手では選挙には勝てない現実がある。であれば、高い供託金を払っているわけですし、まず我々の知名度をあげていくことを目的にこういう手法を取った。国民の過半数が支持政党なしという民意にも表れているように、今の国政政党には何も期待できない。けれど、選挙になると組織票で当選してしまう。民主主義もクソもない。まずはぶっ壊してみようぜってことでやりました。

黒川氏 ここまでのやり方をしたのは僕らが初めてでしたが、実験としてやってみて票を得られなかったのは事実です。一方、乙武・小池陣営の票数もかなり低い結果となった。それについて僕らは手応えを感じている。この結果を受け、もう小池さんは国政復帰を諦めただろうと政治に関わる人たちはみんな見ている。

言葉を選ばずに言うと、小池氏の政治生命を絶つことに貢献できたと考えています。維新の会の二番煎じみたいな綺麗事だけを言って、自民・公明となんら中身が変わらない既得権益政党が国政政党になることを阻止できたこと。そこに僕らの価値はあったのではないかと思う。僕らの理念から言うと、社会的正義を果たしたということ。

――やりすぎだったと振り返るところはないですか。

根本氏 改善する気は一ミリもありません。もし警察が来るとしたら今朝(4月30日)かなと思っていましたが来なかった。ニュースでも“警告をした”と言っているだけでしょう。違法ではないのです。マスコミは過剰に騒いでいる。

黒川氏 私もやりすぎたので何かを変えようとは一ミリも思っていません。社会的にご批判があるのも想定の範囲内。ここまで多様化した社会の中で、我々にネガティブな意見を拾うよりも応援してくれている意見を代弁していくことが大事だと思っています。最終日の演説にも100人以上の人が駆けつけてくれて、「もっとやってくれ」と声をかけてくれた。

別に攻撃だけをやっていこうという考えではなく、どこかで変わりうるとも思っている。僕らがやろうとしているポジティブな話も聞きたいという人も多かったので、最終日は他陣営の凸をやめて自分たちの街頭演説活動をやった。ただし悪いことをやっている相手を徹底的に批判するのは僕らの持ち味なので、そこは変わらないと思います。

《怖いと感じる人たちは政治に関わらない方がいい》

――途中から警察のマークは激しくなっていたのではないか。最終日、凸をやめたのはそれが理由? 

根本氏 僕らの話をじっくり聞いてみたいという人が多かったからで、警察が理由ではありません。

黒川氏 マークが激しくなっていたのは事実ですが、僕らは警察が選挙妨害と言ってきたこと自体が職権濫用の不法行為であるという考え。東京都に対しては国賠訴訟を起こしました。結局、警告止まりで逮捕できない。つまり僕らの行為を咎める法的根拠がなかったのです。暴力ではない言論を弾圧することは自由主義社会においては非常に難しい。だから、僕らは法的に許された権利を最大限行使しているということです。

――選挙カーで追い回す行為や相手の演説に近寄って太鼓で叩いたりする行為は、威圧したり脅迫しているように見えてしまう。暴力と受け取る人も多い。

黒川氏 そのくらいやらないと彼らは答えない。ただ、徹底的にやったことで一部対話に応じてくれる党はありました。維新の音喜多氏は2回もちゃんと我々の質問に答えてくれました。

――暴力的な集団ではない? 

黒川氏 有権者が見ていて怖いと感じる人が出るのはしょうがないと思う。けれど、立候補している人に言いたいのは政治は闘いだということ。僕らが怖いと感じる人たちは政治に関わらない方がいい。質問に答えず逃げ回っているだけで僕らを暴力的だと言っているような政治家は、やめちまえと思う。

選挙でマイクがぶつかることはよくあること。ヤジも太鼓も言論の範疇だという考えで勝負している。現にテレビを見ていると、この件に言及するテレビコメンテーターの多くが僕らの行為を法で縛るべきではないと話していた印象がある。

――「ヘイヘイヘイ」と相手を嘲りながら歌っている姿や、勇んで凸する時のお二人の様子を見ていると、妨害行為を楽しんでいるように見えました。

根本氏 楽しさもなくはなかったけれど、どちらかと言うとしんどかったですよ。あっちの方が人数多いですから。例えば保守党のところへ凸かけた時は、僕の仲間は右ストレートを食らっていました。精神的な負荷の方が多かったです。

黒川氏 僕らは元々、活動を楽しもうというスタンスだから、楽しんでいたことを否定しません。ただ、こっちが間違っていたら闘争に負けることになる。一回一回、相手のことを調べたり考えたりしながら凸に行っているわけで、なかなか疲れましたよ。

《次は小池百合子へ集中砲火します》

――批判的に見られることについて何も思わないのですか? 

根本氏 所詮、ネット上の話なので気にしません。リアルに会う人たちの半分は僕らに肯定的でした。

――都知事選には2人揃って立候補すると表明している。次も同様にやる構えですか? 

根本氏 次は小池百合子へ集中砲火します。全身全霊をかけて落としに行く。

――街頭演説では「50人候補者を出せば100台の選挙カーを出して東京中で小池批判を展開できる」と話していましたが、本当にそこまで出来るのですか? 

黒川氏 現実問題、50人は無理かもしれないが、複数人出す資金はある。今回の選挙結果で、都知事選に小池百合子が出てきても落選する可能性が出てきた。今のところの考えですが、都知事選については小池の対抗馬となる候補に対する攻撃は控え、小池を落選させる運動に集中すると思います。

後編【【警視庁が「つばさの党」に家宅捜索】「子供もいますが全く恥じていません」党首と候補者は「阪大卒&東大大学院中退」活動資金はどこから?】に続く
デイリー新潮編集部

・・・・・・・・・・・・・・・

デイリー新潮・5月13日13:11配信【警視庁が「つばさの党」に家宅捜索】【「子供もいますが全く恥じていません」党首と候補者は「阪大卒&東大大学院中退」活動資金はどこから?】

衆院東京15区の補欠選挙で悪名を天下に轟かせた「つばさの党」。警視庁捜査2課は5月13日午前、公職選挙法違反容疑(選挙の自由妨害)で同党本部など関係先数カ所を家宅捜索に入った。前代未聞の選挙妨害を繰り返した「つばさの党」党首の黒川敦彦氏(45)と最下位落選した根本良輔氏(29)は、いったい何者なのかーー。前編【【警視庁が「つばさの党」に家宅捜索】「現に警察は来ていないでしょ」選挙直後、余裕綽々で語っていた党首&候補者90分インタビュー】の続き。※5月1日に配信した記事を一部改編しました。

《経営する会社の「億単位の利益」を投じている》

――潤沢な資金がどこから出ているか教えてください。

黒川 僕らは不動産とM&A事業をやっている会社を持っている。この会社は共同事業者とともに、政治活動をやっていくために立ち上げた会社で、昨年は億単位の利益を上げている。いまグループ全体では30人くらいで、社員は増え続けています。

都知事選だけでなく、来年の参院選にも10人くらい擁立する力はあります。6000~7000万円くらいで抑えられたらいいなと考えている。会社の共同事業者たちの中には政治活動をしていないメンバーもいますが、悪名は無名に勝るじゃないですが目立って良かったねと言ってくれるくらい理解があります。

――お金儲けのための活動ではない? 

根本 YouTube活動についてそういう指摘を受けますが、広告収入なんてたかが知れていて普段は10万円くらい。今回は確かにビューが伸びましたが、せいぜい60万円くらいです。供託金すら賄えません。

――最初から当選を目指さず、いったい何をしたいのですか。最終的な目標は? 

根本 国政政党になることです。次の次にあたる参院選でそれを実現する考えです。

黒川 国政政党になるのは第一段階で、最終的には僕らの力でアメリカ大統領を作るくらいまで、自分たちの勢力を伸ばしていきたいと考えています。実際、アメリカに会社の支店を2年以内に出す予定もある。もちろん、簡単な道のりではないことはわかっていますが本気で考えています。

――NHK党と活動手法が被るところも感じますが、彼らを意識していますか? 

黒川 僕はN党の創立メンバーではありませんが、衆院、参院と2回の選挙をN党候補として経験したし、最後は幹事長も務めた。立花(孝志党首)のやってきたことはずっと見ていたので、彼らのやってきたことの功罪は僕が一番わかっている。

旧N党は瓦解しましたが、彼らの上位互換をやっている側面もあります。N党で学んだことを活動に生かしていることは事実で、例えば炎上という手法。弱い者が権力と闘う際、特にインターネット上においては炎上が有効的な手段であり、今回まさに成功した。

《ガーシーはただの悪人。我々は正義の活動をしている》

――今回、N党は全く存在感を示せなかった。都知事選でN党は30人を擁立するとしているが、ライバルとして意識するところはありますか? 

黒川 票では彼らに負けましたが、インターネット上では我々の方が炎上し、立花の方から乗っかってきたくらいだった。勝負は決したと思っていて、もう僕らから立花に言いたいことはない。都知事選ではポスターで金儲けするとか話していますが、失敗するでしょうね。そもそも僕はお金儲けのために政治をやるという彼のスタンスには最初から共鳴していません。

――N党ではガーシー氏が国会議員になるという「奇跡」が起きた。ガーシー氏の末路についてどう思っていますか? 

根本 彼は明確に常習的脅迫をしてしまっていたし、元々、有名になる前は詐欺をしていたような人間。つまり、元々悪い人。立花に乗せられてヒーローになるのかと思ったら、結局は悪い人で終わったというだけで、根っこが我々と違う。我々は正義で動いています。

――子供に見せられるものではないという意見についてはどう思いますか? 

黒川 子供にこそ見せるべきだと思っている。僕は最終演説で集まった若い人たちに、大人の言うことなんか絶対に聞くな、と呼びかけました。合法に活動しているというのにあれやるな、これやるなと言うのは自由主義社会において最もやってはいけない行為です。

僕らがやっていることを批判する気持ちはわかりますけれど、実はやっていいことなんですよ、合法なんだから。世の中がクリーンになりすぎていて、なんでも過剰に規制したり、優等生ぶるヤツの発言ばかり流布されている。でもそいつらこそが世の中を悪くしていると思っている。

何かを変えるためには、他人から批判を浴びてもやらなくてもならない。だから、僕は若い人たちに大人の言うことなんか聞くなと訴えているわけです。僕はそれを今回、若い世代に対して可視化できたと考えている。

《子供もいますが全く恥じることはない》

――お二人にはお子さんもいるが、自分の子供たちにも自信を持って見せられたと考えていますか? 

黒川 今回の件では連絡を取っていませんが、見てもらって何ら差し支えない。23、22、20歳と息子が3人います。1人も連絡してこないですがね。もう若い子たちはテレビなんか見ていないんでしょう。他の件でもいつもこんな感じなので、また父親が何かやっている、くらいなんじゃないですか。やりすぎくらいには思っているかもしれないですが、父親がやろうとしていることは理解してくれていると思います。

自分がやってきたように、やりたいことはやれと言って育ててきました。うちの子供たちは普通のご家庭のお子さんに比べたら、父親に似て常識に縛られない子たちです。ただ、周囲からは概ね評判がいいですよ。

根本 僕の場合は親、兄弟とは絶縁状態で連絡を取っていません。ただ自分が持っている家庭は円満で、嫁さんもSNSで援護射撃をしてくれている。嫁の母親も我々と同じような思想を持って応援してくれている。もちろん、黒川さんと同じで、二人の子供(うち一人は6月に出産予定)に対して全く恥じるところはありません。

――お二人とも高学歴です。黒川さんは大阪大学工学部を経て、NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)で働いていたこともある。エリートの道から一転、なぜこういう道を歩むことになったのですか。大抵の人はどうしてそんな立派なキャリアを捨ててと思ってしまいます。

黒川 常識を重んじる世の中がクソだからです。そいつらこそが子供たちの未来をぶっ壊している。その代表こそが政治家じゃないですか。だから、僕らはまず政治家をぶっ潰そうと思っている。

NEDOに行ったのはベンチャーを作るためで、経産省や文科省、財務省の役人とも仕事していました。大阪大学にベンチャーを作る部署を作ったのは僕で、大学の中でここまでやるのかというくらいたくさんのベンチャー作りましたよ。

ただベンチャーを作っていて思ったのは、出る杭は打たれる傾向が強いこと。新しい産業を作らないと日本は発展どころか維持できないというのに。その経験を通して、日本はダメだと強く思って政治運動を始めた。

新しいことをやる若い人たちを育てることが大事だと考えている。若い人たちが新しいことをやって、それを面白いと思う人がいなければ誰も新しいことにチャレンジしない。

イーロン・マスクを想像して欲しいんですが、絶対に人の言うことなんか聞かないでしょう。海外ではそういう起業家たちが世界最先端の企業を動かしている。常識は過去の産物です。

《GAFAMに就職希望から東大大学院を中退してナンパ師に》

――根本さんも芝浦工大から東大の大学院中退。ナンパ師を経て現在は恋愛コンサルタント会社を経営しているということですが、どこで生き方が変わったのですか? 

根本 僕がナンパを始めたきっかけは大学院生の23歳のとき。レールから外れたのはそこからです。それまではGAFAMに就職したいと思っていて、まずはスタンフォード大学で博士号を取ることを目標に勉強していた。

高校までは部活や勉強に重きをおいていて、大学に入って恋愛も始めてはみたが学校では習わないことだし、女性のことがよくわからなかった。女性が何を考えているのか知りたいと考えてナンパを始めてみると、こっちの方が絶対に面白いとなって切り替えた。ナンパコンサルの経営は順調で、今後も両立していくつもりです。昨日も今回の選挙を通じて僕のことを知ったと、新規で申し込んでくれた人がいました。

――なぜそこから政治の道に? 

根本 ナンパコンサルを始めたらすごく儲かり始めて、一回1500万円くらい納税したことがあったのです。その時に何でこんな高い金を払わなければならないと思って、政治のことが気になり出した。そして、「桜を見る会」の不祥事や政府のコロナ対策を見て一気に政治に対する不信感が募り出したのです。

それから黒川さんと出会い、本気で闘おうとしているところにひかれました。1億円自分で借金して参院選に出たりとか普通じゃない。安倍総理にも本気で喧嘩を売っていたし、命を狙われてでもやる覚悟を感じました。

黒川 20代の彼がここまでやってくれているのは嬉しいし、期待しています。僕は老害を批判しているので自分が老害にはなりたくない。若い人たちに早くバトンタッチしたい気持ちでやっています。

――支持してくれている人たちはどういう人たちがいるのですか? 

根本 社会的地位が高かったり、お金を持っている人は意外と多いですよ。スポンサーとか共同事業をやっている方の中にも東大を首席で出ているような方もいます。日本25位くらいの時価総額の企業を経営している一家の方です。黒川さんに1億円貸してくれた人も1000億円の資産を持っている人。我々の言っていることは、宗教団体への批判とか結構小難しい話があるので割と知能が高い人が多いんですよ。もちろん、すごいアホもいますが。

黒川 デモをやれば数百人集まることもある。我々に共鳴している人たちは少なからずいることは今回の選挙で実感できました。常識に囚われていては何も変わりません。社会の不正を糺すために今後も常識にとらわれない政治活動に邁進していく覚悟です。

前編【【警視庁が「つばさの党」に家宅捜索】「現に警察は来ていないでしょ」選挙直後、余裕綽々で語っていた党首&候補者90分インタビュー】に戻る。

デイリー新潮編集部

・・・・・・・・・・・・・・・

関西テレビ・5月13日16:27配信【選挙妨害】【「万博に使った金返せ吉村!」発言の「つばさの党」に家宅捜索「演説にならない」と維新吉村氏】

■「演説にならない」と吉村共同代表

政治団体「つばさの党」の候補者や代表が、選挙妨害を行った疑いで警視庁が党本部などに家宅捜索を行ったことを受け、日本維新の会の吉村洋文共同代表は「大きな声をマイクで被せられると演説にならない」としたうえで、妨害行為を防ぐために「政治活動の自由とも絡むがなんらかの策を取る必要がある」とする考えを示しました。

■「つばさの党」に家宅捜索

13日東京・千代田区に本部を置く政治団体「つばさの党」の党本部などに警視庁の捜査員らが家宅捜索に入りました。

捜査関係者によると、先月行われた衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」の党代表ら3人が他の複数の候補者の街頭演説を妨害した公職選挙法違反の疑いが強まったということです。

■根本氏の一連の発言について「大人として恥ずかしくないのかよ!」と子ども

先月、都内で行われた日本維新の会・吉村共同代表の応援演説でも、つばさの党の根本良輔氏が「吉村!逃げるな!売国奴!」「万博に使った金返せ吉村!」と発言。

執拗に吉村共同代表を追いかける根本氏に対し、スタッフが制止しようと攻防が続きました。

つばさの党の根本良輔氏はさらに「なんだよこのゴミどもがよ。このゴキブリどもどかせ吉村!」と発言。

ついには一連の根本氏の様子を見ていた子どもが「大人として恥ずかしくないのかよ!」と声を上げました。

■維新が公選法の「規制強化」する改正案提示

この問題を巡り、日本維新の会は、公職選挙法の規制を強化する改正案を提示。

「選挙の自由妨害罪」の適用対象について「聴衆が演説を聴取することを困難にする行為」を明記し、罰則について現行の「4年以下の懲役や禁錮」を「5年以下」に引き上げることを盛り込みました。

日本維新の会・吉村洋文共同代表は13日記者団に対し「現行法の運用で正していくのか、あるいは立法措置をするのかっていうのは、国会で深く議論して、やっぱり僕はやりすぎだと思いますからなんらかの策は取る必要はあるんだろうと思います」と述べました。

■自民党は維新の改正案に前向き 公明と立憲は慎重姿勢

この改正案には、自民党も前向きな姿勢を示す一方、公明党は「現行法の趣旨に基づいて改善していくことが妥当」とする考えを示し、立憲民主党からは「既存の法律で対応できないか見極める必要がある」と、慎重な対応を求める意見も出ています。

警視庁は複数の陣営から被害届を受理していて、捜査を進める方針です。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

言論の自由があるとはいえトラブルとなった件数が多すぎたことから、下手すりゃ〜起訴される可能性ありですね。

例え自身が候補者であったとしてもあれだけ暴れて好き勝手やったんだからつばさの党も満足出来たのでは?

黒川代表も「適法なことをやっている」だなんて言わなきゃよかったのにね😓

ちなみに・・・・・機動隊まで出動させ最終的に起訴できなきゃ大失態レベルの逮捕劇となる恐れありですが・・・・・警視庁大丈夫なのかな?・・・・・検察がGOサイン!を出したってことなのでしょうね。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



「スピード感持ち改革を」自民・政治刷新本部が鹿児島で車座対話・・・自民党・政治刷新車座対話 鹿児島でも開催 「一番最初に批判が出た」・・・規正法「まず与党協議を」 自民・森山氏《自民党・政治刷新車座対話 鹿児島》

「スピード感持ち改革を」自民・政治刷新本部が鹿児島で車座対話・・・自民党・政治刷新車座対話 鹿児島でも開催 「一番最初に批判が出た」・・・規正法「まず与党協議を」 自民・森山氏《自民党・政治刷新車座対話 鹿児島》

20240512192824313.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・「スピード感持ち改革を」自民・政治刷新本部が鹿児島で車座対話

派閥の裏金事件を受け、自民党幹部が全国で行っている「政治刷新車座対話」が12日、鹿児島市でありました。

(自民党総務会長 森山裕衆院議員)

「政治刷新をしていかないと、この問題は国民から信頼をもらえない」

鹿児島市の自民党県連で開かれた「政治刷新車座対話」には、県連会長で党の総務会長を務める森山裕衆議院議員らが出席し、農業や医療、保育などそれぞれの団体の代表ら10人と意見交換しました。

冒頭を除いて非公開で行われ、参加者からは「選挙にかかるお金を積極的に公表してほしい」、「スピード感を持って改革を進めてほしい」といった声が上がったということです。

(県保育連合会 宮田清史会長)

「これはおかしいんじゃないかと言えるいいチャンス。自分たち有権者にとってはすごくいい機会だと思う」

自民党は政治資金規正法について、今の国会で改正案の成立を目指しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・5月12日18:14配信【自民党・政治刷新車座対話 鹿児島でも開催 「一番最初に批判が出た」】

自民党派閥の裏金問題を受けて、党の幹部が各地を回り、市民の声を聴く「政治刷新車座対話」が鹿児島市で開かれました。全国で開催されているもので、19カ所目の鹿児島では森山裕党総務会長らが、県内の農業・商工業など各分野の9人とおよそ1時間非公開で意見を交わしました。

■参加者■

「一番最初に(参加者から)批判が出たのがびっくりしました。(森山氏が)頭を低くして『本当に皆さんに申し訳ない』という話をした」

参加者からは「選挙にお金がかかるのは分かる。むしろ公表して国民の理解を得るべき」などの意見が出たということです。

●森山裕 総務会長

「(自民党を)信じているし、これからも支えていくんだから、スピード感をもって問題の処理にあたってほしいと。むしろ我々が励まして頂いたという感じが強かった」

※森山裕氏の裕は「しめすへん」に谷です。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・5月12日14:12配信【規正法「まず与党協議を」 自民・森山氏】

自民党の森山裕総務会長は12日、政治資金規正法改正に関し、自民、公明両党間の協議を優先するべきだとの考えを示した。

両党には政治資金パーティー券購入者の公開基準額などで隔たりがある。「まず与党でしっかり協議をしていくことが大事だ」と述べ、その上で野党との協議に臨むべきだと強調した。

森山氏は与党案の条文化について「党内手続きもあり(会期末まで)もうそんなに時間がない」と急ぐ必要性を指摘した。鹿児島市で記者団の質問に答えた。 

・・・・・・・・・・・・・・・

KYT鹿児島読売テレビ・5月12日18:58配信【自民・派閥の裏金事件受け…鹿児島市で「政治刷新車座対話」】

派閥の裏金事件を受け自民党が全国で行っている「政治刷新車座対話」が12日、鹿児島市で開かれ、鹿児島4区選出の森山 裕総務会長が県内の党員や有権者と意見を交わしました。

鹿児島市で開かれた「政治刷新車座対話」には、自民党の森山 裕総務会長や藤井 比早之衆議院議員が出席しました。

(自民党 森山裕総務会長)

「政策集団の政治資金の取り扱いについて法律に触れる問題があったことは大変遺憾なこと」

県内の党の役員と意見交換した後、車座対話に臨みました。有権者からは「スピード感をもって問題の解決に取り組んでほしい」「選挙で必要な金がどこにどれだけかかるか公表し、理解を求めた方がよい」などの意見が出されたということです。

(自民党 森山裕総務会長)

「故郷はありがたきかなという感じだった。しっかりと持ち帰ってまた全体で議論をしたい」

13日は北海道で車座対話が行われます。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




役場職員が3800万円横領 所属長の印鑑使い現金引き出す「競馬に使った」刑事告訴へ 鹿児島県・知名町・・・知名町元職員横領 町長が謝罪 不正見抜けず予算超 補正予算組み込む事態に・・・知名町職員が公金3780万円着服「ギャンブルに使った」架空伝票や不正引き出し…5年半で301回繰り返す😓

役場職員が3800万円横領 所属長の印鑑使い現金引き出す「競馬に使った」刑事告訴へ 鹿児島県・知名町・・・知名町元職員横領 町長が謝罪 不正見抜けず予算超 補正予算組み込む事態に・・・知名町職員が公金3780万円着服「ギャンブルに使った」架空伝票や不正引き出し…5年半で301回繰り返す😓

20240510211803784.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・5月10人19:17配信【役場職員が3800万円横領 所属長の印鑑使い現金引き出す「競馬に使った」 刑事告訴へ 鹿児島・知名町】

沖永良部島・知名町38歳の男性職員が、公金およそ3800万円を横領したとして、懲戒免職処分したと発表しました。町は刑事告訴する方針です。

(知名町 今井力夫町長)「大変申し訳ございませんでした」

知名町によりますと保健福祉課や子育て支援課に勤務していた38歳の男性職員が、2018年から今年3月までの6年間に、障害児への給付金や心身障害者の医療助成金から合わせて301回にわたりおよそ3800万円を横領したということです。

男性職員は給付金や助成金を架空に計上した書類を作成、所属長の印鑑を不在の時に使い、金融機関で現金を引き出していたということです。

今年2月、所属長が決裁の覚えがない書類を見つけ、発覚しました。

男性職員は町の調査に対し横領を認め、「ほとんどの金を競馬に使った」と話しているということです。町は男性職員を先月26日付けで懲戒免職処分にし、今後、刑事告訴する方針です。

知名町の今井力夫町長は会計や事務処理のチェックが甘かったとして、業務の改善を進め信頼回復に努めたいとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・5月10日18:33配信【知名町元職員横領 町長が謝罪 不正見抜けず予算超 補正予算組み込む事態に 鹿児島県】

鹿児島県知名町の職員がおよそ3800万円を横領し懲戒免職となった問題で、町は職員の横領を見抜けずに予算をオーバーし、補正予算を組む事態になっていました。

知名町の元職員は、2018年度から昨年度にかけて、重度心身障がい者の医療費助成金や外部団体の口座から、301回に渡り合わせておよそ3800万円を横領したとされます。

町によると、元職員は2018年度から在籍していた保健福祉課で、決裁に必要な資料をねつ造して決裁を受け、その際、必要な領収証が添付されていないまま、上司は決裁を通していました。

その後、異動した子育て支援課では上司に無断で公印を押し、決裁を受けたように装っていたということです。

重度障がい者への助成金に関しては横領を見抜けず予算を超過し、2018年度から3年間でおよそ720万円の補正予算を組む事態に陥ったといいます。

■知名町の成美保昭・総務課長■

「(横領した職員は)まじめな方で、まさかこの人がという固定観念がありまして、疑うものがひとりもいなかったということです」

■知名町の今井力夫・町長■

「チェック機能の甘さが今回こういうことを引き起こした。我々の対応の仕方にも間違いがあったし、今後改めていく必要があると考えている」

職員は横領を認め、「競馬などに使った」と話していて、町は刑事告訴を準備しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

南日本新聞・5月10日20:45配信【町職員が公金3780万円着服「ギャンブルに使った」 架空伝票や不正引き出し…5年半で301回繰り返す 知名町】

鹿児島県知名町は10日、障害者福祉関連の公文書を改ざんした上で公金約3780万円を着服したとして、男性主査(38)を懲戒免職処分にしたと発表した。4月26日付。2018~23年度の5年5カ月の間、301回にわたり着服を繰り返しており、町は刑事告訴する方針。

町によると、職員は14年度から保健福祉課、21年度から子育て支援課に所属。障害児・者の福祉サービスや医療費助成金の会計処理で架空の伝票を作成し、引き出した現金を個人の口座に入金するなどした。伝票上は所属長らの決済を経ていたが、不在時に自分で押印したり、明細書を偽造したりしていた。町が管理する身体障害者協会など二つの外部団体の預金通帳からも現金を引き出した。

今年2月下旬、係長が身に覚えのない伝票に気付き発覚した。町の調査に「ギャンブルに使った。島民を裏切ってしまい申し訳ない」と語り、弁済する意向を示しているという。

今井力夫町長は「町民の信頼を損ね、重く受け止めている」と謝罪した。町長と副町長の処分は6月の町議会定例会に提案する見通し。町は再発防止のため、各課長の公印管理を見直すなどの取り組みを進めるとした。

・・・・・・・・・・・・・・・

鹿児島ニュースKTS・5月10日19:46配信【役場職員が公金約3800万円着服 鹿児島県・知名町】

鹿児島県知名町は10日、38歳の男性職員が約6年間で公金3800万円を着服していたと発表しました。

この職員は先月26日付で懲戒免職処分となっています。

職員の不祥事を受けて10日、知名町の今井力夫町長が記者会見を開きました。

知名町によりますと、着服したのは38歳の男性職員です。
この職員は保健福祉課と子育て支援課に勤務していた2018年度から2023年度までの間に、担当していた「高額障害児通所給付費」と「重度心身障害者医療費助成金」の会計処理を不正に行って現金を着服したほか、外部団体の預金通帳と印鑑を使って現金を不正に引き出したということです。

着服の回数は300件を越え、金額は3800万円に上ります。

2024年2月ごろ、男性職員の上司が、決裁した覚えがない支出伝票を確認し着服が発覚しました。

職員は着服を認め「ギャンブルに使った」と話しているということで、4月26日付で懲戒免職処分となっています。

知名町では会計処理の際、伝票に上司の印鑑が必要ですが、この職員は印鑑を無断で押すなどしていたということです。

知名町 今井力夫町長

「チェック機能の甘さが今回のようなことを引き起こした。今後はしっかりと改めていく必要があると考えている」

着服金は弁済されておらず、町は刑事告訴を検討しているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



気になるニュース!中条きよし VS「ポスト」対立激化 「金利60%」否定に新記事掲載・・・「社会常識さえ知らない」“高利貸し”疑惑の中条きよし氏 本誌「やめてほしいタレント議員」ランキング1位だった・・・「契約書に金利60%記載」“疑惑否定”中条きよし議員に新たな記事で応酬…維新・馬場代表「現時点で処分考えてない」

気になるニュース!中条きよし VS「ポスト」対立激化 「金利60%」否定に新記事掲載・・・「社会常識さえ知らない」“高利貸し”疑惑の中条きよし氏 本誌「やめてほしいタレント議員」ランキング1位だった・・・「契約書に金利60%記載」“疑惑否定”中条きよし議員に新たな記事で応酬…維新・馬場代表「現時点で処分考えてない」

202405092157586b2.jpeg
【FNNプライムオンライン 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月9日19:40【中条きよし VS 「ポスト」対立激化 「金利60%」否定に新記事掲載】

年利60%の高利貸し疑惑をめぐり、日本維新の会に所属する中条きよし参院議員と「週刊ポスト」側の主張が真っ向から対立している。

中条きよし議員の事務所「新たな記事を拝見したが、弁護士と相談して粛々と対応を進めていきたい」

週刊誌側が新たに報じた記事に対し、9日、中条議員の事務所がコメント。

両者の応酬が続いている。

この問題は、中条議員が国会議員になる前、「知人に違法な60%の高金利で1000万円を貸し付けた」などと週刊ポストが報じたことが発端。

この疑惑について8日、初めてカメラの前で取材に応じた中条議員。

知人に1000万円を貸したことは認めたものの、違法な高金利での貸し付けは事実無根と否定した。

日本維新の会・中条きよし参院議員「金利の話がありましたけど事実無根です。契約書もありますけども、金利の部分は空欄になっています。金利をもらおうと思ったことは一度もない」

中条氏の年利60%疑惑完全否定を受け、週刊ポストの発行元の小学館などが運営する「NEWSポストセブン」が8日夜に新たな記事を掲載。

「この利息の部分は『12』と活字で書かれていた部分に取り消し線が引かれ、下に手書きで『60』と記された上でA氏のものと見られる訂正印が捺してあった」NEWSポストセブンより

入手した契約書には60%という金利が記入されている、と中条氏の発言を否定した。

両者の主張が対立する中、真相は...。

9日、中条議員の事務所が新たにコメントを発表した。

中条きよし議員の事務所「今回は週刊誌側からの追加取材はなかった。新たに記事を拝見したが、弁護士と相談して粛々と対応を進めていきたい」

さらに、日本維新の会の馬場代表は、資産報告書の訂正について「党としてこの問題に何かコミットしていくことはやらない。処分等含めて、党として何かすることは現時点で考えていない」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・

SmartFLASH・5月9日18:20配信【「社会常識さえ知らない」“高利貸し”疑惑の中条きよし氏 本誌「やめてほしいタレント議員」ランキング1位だった】

世間を騒がせている日本維新の会・中条きよし参院議員の“高利貸し”疑惑。発端となったのは5月2日の「NEWSポストセブン」の記事で、中条氏が2021年、知人に1000万円を貸し付けた際に「年利60%」とする契約を結んでいた――とするもの。

中条氏は5月8日、報道陣の取材に対応。知人男性に頼まれて金を貸したことは認めたものの、60%という高金利については

「事実無根です。契約書はあるが、金利の部分は空欄になっています。難しい話ではなく、本人がどうしましょうというんで、別に(金利を)もらおうという気はないので、どうぞお好きにと空欄にしたままです」

と、全面否定している。

中条氏といえば、これまでも数々の“お騒がせ”案件が…。

2022年7月の参院選で初当選した中条氏。同年11月の参院文教科学委員会で質問に立った際、質疑の最後に「私の新曲が9月7日に出ております。昭和の匂いのする『カサブランカ浪漫』という曲でございます。ぜひ、お聞きになりたい方はお買い上げください」と新曲を宣伝。さらに「12月28日に中条きよしラストディナーショーをやります。今年最後のディナーショーではなくて芸能界最後のラストディナーショーでございます」と、ディナーショーまでPR。与野党だけでなく、SNSなどでも大炎上した。

また2023年には、年金を35年間払っておらず、約313万円未納だったことも明らかになった。

「中条氏はタレント時代から問題発言は多く、2019年の“あおり運転”が話題になったとき、フジテレビ『バイキング』で『人間なんでしょ? 脳みそねえんじゃないのこいつ』と発言し、炎上しました。また、元TOKIOの山口達也メンバーが自宅マンションに女子高生を呼び強制わいせつ事件を起こした際には、同じ番組で『高校生2人もいたら、蹴飛ばしてでも逃げられる』『行かなきゃいいじゃない』などと発言。批判が殺到したこともあります」(週刊誌記者)

本誌は2023年2月、元タレントやスポーツ選手などの国会議員を対象としたアンケート調査を実施、「今すぐやめてほしい『タレント議員』」の記事を掲載した。その結果は、3位に今井絵理子(元SPEED)、2位に山本太郎(元タレント)。そして1位に選ばれたのが、中条きよし氏だった。

中条氏を選んだ理由には「とても政治家向きとは思えない」「社会常識さえ知らない人は国会議員になるべきではない」「年金の大切さもわかっていないように、庶民とは感覚がかけ離れている」など、まさに今回の件をも見越していたかのような意見が多数あった。

日本維新の会・前代表の松井一郎氏にもXで《事実であれば中条さん、潔く辞職すべき》と三行半を突き付けられた中条氏。“仕事”の場所は、国会ではないのでは――。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月9日20:16配信【「契約書に金利60%記載」“疑惑否定”中条きよし議員に新たな記事で応酬…維新・馬場代表「現時点で処分考えてない」】

「年利60%」の高利貸し疑惑を巡り、日本維新の会に所属する中条きよし参院議員と週刊ポスト側の主張が真っ向から対立。

週刊ポスト2024年5月17/24号で新たに報じられた記事に対し、中条議員の事務所は「新たな記事を拝見したが、弁護士と相談して粛々と対応を進めていきたい」とコメント。両者の応酬が続いている。

「契約書には60%」と中条氏の発言否定

この問題は中条議員が国会議員になる前、知人に違法な「60%」の高金利で1000万円を貸し付けたなどと週刊ポストが報じたことが発端。

この疑惑について、8日に初めてカメラの前で取材に応じた中条議員は、「金利の話がありましたけど、事実無根です。契約書ありますけども、金利の部分は空欄になっています。金利をもらおうと思ったことは一度もない」と話し、知人に1000万円を貸したことは認めたものの、違法な高金利での貸し付けは事実無根と否定した。

中条氏の金利60%疑惑完全否定を受け、週刊ポストの発行元の小学館などが運営するNEWSポストセブン(2024年5月17/24号)が8日夜に新たな記事を掲載。

利息の部分は「12」と活字で書かれていた部分に取り消し線が引かれ、下に手書きで「60」と記された上でA氏のものと見られる訂正印が捺してあった。入手した契約書には60%という金利が記入されていると、中条氏の発言を否定した。

両者の主張が対立する中、真相はどうなのだろうか。

中条議員の事務所は9日、「今回は、週刊誌側からの追加取材はなかった。新たな記事を拝見したが、弁護士と相談して粛々と対応を進めていきたい」と新たにコメント発表。

さらに、資産報告書の訂正について聞かれた日本維新の会の馬場伸幸代表は、「党として、この問題に何かコミットしていくことはやらない。処分等含めて、党として何かすることは現時点で考えていない」と話した。

(「イット!」 5月9日放送より)

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




気になるニュース!中条きよし議員「事実無根」と否定…金利60%“高利貸し”疑惑 維新・藤田幹事長は「週刊誌報道への法的措置を進言した」「金利の欄は空白にしたまま」・・・「高利貸し」疑惑に反論の中条きよし議員 「金利60%で1000万円」契約書が物語る“義理人情”とは思えない貸し付けの実態

気になるニュース!中条きよし議員「事実無根」と否定…金利60%“高利貸し”疑惑 維新・藤田幹事長は「週刊誌報道への法的措置を進言した」「金利の欄は空白にしたまま」・・・「高利貸し」疑惑に反論の中条きよし議員 「金利60%で1000万円」契約書が物語る“義理人情”とは思えない貸し付けの実態

20240508191551150.jpeg
【日本維新の会の中条きよし参議院議員  読売テレビ 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

NEWSポストセブン・5月8日20:16配信【「高利貸し」疑惑に反論の中条きよし議員 「金利60%で1000万円」契約書が物語る“義理人情”とは思えない貸し付けの実態】

元演歌歌手で日本維新の会の中条きよし参院議員が、本誌・週刊ポストが報じた“金利60%で1000万円高利貸し”疑惑に反論した。中条議員は「金利の話がありましたけど事実無根です。(契約書の)金利の部分は空欄になります」などと主張しているが、取材班がA氏の関係者を通じて確認した借金の契約書の内容とは大きな隔たりがある。

疑惑を振り返ろう。

2021年、中条議員はA氏に対して1000万円を貸し付けた。A氏は取材に応じ、「中条さんにお金を借りたのは事実です。利息が高く、返済できていない」と証言。取材班が確認した契約書には、貸主として中条議員の本名で署名・捺印がされたうえで〈利息配当は年60パーセントとする〉と記されていた。A氏は取材に対し、「最初の何回かは利息分として現金で50万円を中条さんに支払いましたが、利息が高いので半分にしてほしいとお願いし、途中から25万円になった」と説明した。

日本の金利規制は利息制限法と出資法で上限が定められており、中条議員がもし複数人に対してお金を貸していた場合、「貸金業者」とみなされ、金利が年20%を超える契約を結んでいた場合は出資法違反となる可能性がある。

本誌・週刊ポストは取材した疑惑をNEWSポストセブンで5月2日に報じ、5月7日発売号で詳報した。本誌発売翌日の5月8日になって中条議員は囲み取材に応じ、「当選前の2021年に、『子供が生まれ、生活に困窮している』と知人に求められ1000万円を貸した」「金利の話がありましたけど事実無根です。金利の部分は空欄です。なぜ空欄かと言いますと、本人がどうしましょうっていうんで別にもらおうという気はないのでどうぞ好きにという意味だった」と主張した。

しかし──。前述のように、取材班がA氏の関係者を通じて確認した契約書には、金利の欄に記入があったのだ。

〈金銭消費賃借契約書〉と大きく掲げられた下に、〈貸主(甲)〉の欄として、中条議員の本名である「下村清」と手書きで署名があり、実印のような印鑑が捺されている。〈借主(乙)〉の欄にはA氏の氏名や肩書きがあり、やはり印鑑が捺されている。甲乙双方ともに手書きによる住所の記入もある。

そのうえで〈甲および乙は、次の通り金銭消費賃借契約を締結した〉と記され、以下のように続いていた。

〈第1条 (賃借)
甲は、乙に対し、令和3年1月22日、金1000万円を貸し渡し、乙はこれを受け取った。

第2条 (利息)
利息配当は年60パーセントとする〉

この利息の部分は「12」と活字で書かれていた部分に取り消し線が引かれ、下に手書きで「60」と記された上でA氏のものと見られる訂正印が捺してあった。

さらに第3条では返済方法として〈乙は、甲に対し、第2条の利息について、令和3年2月末日から令和5年1月末日までの間、2か月に1度、 年間の間、金600万円を、甲の指定する銀行口座に振込む方法、もしくは現金で手渡す方法で支払う。振込手数料は乙の負担とする〉と記されていた。

契約書は基本的にパソコンで作られたとみられるひな型のような体裁だが、署名捺印や住所、貸し付けの年月日や「1000万」という金額、さらに利息の「600万」は手書きで記されていた。金利60%と、手書きで記された「600万」の金利についても計算は合う。

会見の中で中条議員は「女房にも『あんたはすぐに人を信用する』といわれる。でも人間、何かあれば信用しますよ」「昭和の人間だから、どういう人でも信用はします。僕らの時代はそういう時代だったし、僕がそういう性格ですから」と語っている。

演歌界で鳴らした中条議員は“義理人情で貸した”ということなのだろうが、昭和の人間が信用で貸したにしては、ずいぶん専門的な言い回しの契約書に見える。

自身のヒット曲にかけて「うそはないです」と語った中条議員。では、なぜこのような契約書が存在するのか、より詳細な説明責任が求められるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月8日16:22配信【「金利の欄は空白にしたまま」中条きよし参院議員 違法な高金利での貸付疑惑を全面否定 資産報告は1日に訂正】

日本維新の会の中条きよし参議院議員が、法律に反する高利貸しの疑惑について、「事実無根だ」と全面否定した。

中条きよし議員は、一部の週刊誌で、法律が定める金利を大幅に超える年利60%で、知人に1000万円を貸していたと報じられた。

疑惑に対し、中条議員は知人に1000万円を貸したことは認めたものの、契約書の金利の欄は空欄だったと説明し、違法な高金利での貸し付けはないと否定した。

日本維新の会・中条きよし参院議員「金利の話がありましたが、事実無根です。(金利を)もらう気もなかったので、どうぞ好きにといって空欄にしたままです」

一方で、国会への資産報告をしていなかったため、1日に訂正している。

維新の藤田幹事長は訂正について、「口頭での注意にとどめる」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売テレビ・5月8日18:23配信【「金利の部分は空欄」維新・中条きよし議員 “年利60%高利貸し”報道否定 週刊誌に法的措置も検討】

中条きよし参議院議員が知人への「高利貸し」を否定です。

日本維新の会の中条きよし議員を巡っては、7日発売の「週刊ポスト」などが、知人に「年利60%」で1000万円を貸し付け、「出資法違反の疑いがある」などと報じました。これに対し、中条議員は8日取材に応じ「金利の支払いは求めていない」などと記事の内容を否定しました。

日本維新の会 中条きよし 参院議員

「(知人が)お金がないので、貸してほしいということで、私が『じゃあ1年でいいか』ということで、1年間の約束で1000万円貸しました。私の手元には(貸し借りの)契約書がありますけれども、金利の部分は空欄になってます」

中条議員によりますと、1000万円は未返済で、弁護士を通じて返済を求めているほか、週刊誌側への法的措置も検討しているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

MBSニュース・5月8日17:50配信【中条きよし議員「事実無根」と否定…金利60%“高利貸し”疑惑 維新・藤田幹事長は「週刊誌報道への法的措置を進言した」】

5月8日、日本維新の会の中条きよし参院議員が「高利貸し」疑惑を否定しました。

元演歌歌手で日本維新の会の中条議員は当選前、「子どもが生まれ生活に困窮している」と知人に求められ、3年前に1000万円を貸し付けたということです。

週刊誌報道では金利60%で貸し付けを行っていたと報じられていましたが、5月8日に中条議員はこれを否定しました。

(日本維新の会 中条きよし参院議員)「金利の話がありましたけど事実無根です」

中条議員は、契約書には金利についての記載はなく金利をもらうつもりはなかったとしていて、出資法違反には当たらないと主張しています。また貸付金は返済されていないということです。

(日本維新の会 中条きよし参院議員)「本人が(金利を)どうしましょう?と言うので、別にもらおうという気はないので、どうぞ好きにという意味で空欄にしたままです。昭和の人間なので、すぐに信用はします。こういうことになるとは思っておりませんでした」

中条議員は5月1日、参院事務局に対して2023年公開の資産報告書の貸付金を「なし」から「1000万円」に訂正。資産報告に誤りがあったことについて、所属する日本維新の会の藤田幹事長から口頭注意を受けています。

藤田幹事長は「週刊誌報道はデマで名誉棄損。中条氏には法的措置を進言した」としています。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



気になるニュース!維新・中条きよし議員『金利60%』貸し付け疑惑…事務所側が否定『契約書に利子記載なく…無利子で貸し付け』週刊誌の記事をめぐっては、「虚偽で名誉を毀損(きそん)するおそれがある」として、法的措置も検討しているという・・・「脱糞民主党」投稿者を立憲が刑事告訴→不起訴 岡田幹事長「必要に応じて...」今後に含みか😓

気になるニュース!維新・中条きよし議員『金利60%』貸し付け疑惑…事務所側が否定『契約書に利子記載なく…無利子で貸し付け』週刊誌の記事をめぐっては、「虚偽で名誉を毀損(きそん)するおそれがある」として、法的措置も検討しているという・・・「脱糞民主党」投稿者を立憲が刑事告訴→不起訴 岡田幹事長「必要に応じて...」今後に含みか😓

20240507211605dc0.jpeg
【2022年8月、臨時国会が召集され、初登院した中条きよし参院議員(時事通信フォト)配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBSニュース・5月7日17:28配信【速報】【維新・中条きよし議員『金利60%』貸し付け疑惑…事務所側が否定『契約書に利子記載なく…無利子で貸し付け』】

日本維新の会の中条きよし参院議員が金利60%で知人に1000万円を貸し付けていたとする報道を事務所側が否定しました。

関係者によりますと、元演歌歌手で日本維新の会の中条きよし参院議員は、当選前、「生活に困っている」と知人に求められ、1000万円を貸し付けていたということです。

週刊誌報道では、金利60%で貸し付けを行っていたと報じられていましたが、中条議員の事務所はこれを「虚偽の事実」だと否定し、契約書には金利についての記載がなく、無利子で貸していて出資法違反には当たらないと主張しています。

また、貸付金は返済されていないということです。

中条議員は5月1日、参院事務局に対し2023年公開の資産報告書の貸付金を「なし」から「1000万円」に訂正しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・5月7日19:03配信【速報】【中条きよし議員が年利60%の高利貸し疑惑報道を否定 1000万円貸し付け認めるが「金利は空欄」】


元歌手で、日本維新の会に所属する中条きよし参院議員。

一部週刊誌の“高利貸し報道”に対し、7日午後、事務所がFNNの取材にコメントし、真っ向から反論した。

中条きよし議員の事務所「業としての貸付ではなく、また金利の約定もしておりません」

報道では、中条議員が知人に1000万円を貸しつけた際、「年利60%の違法な高金利で契約を結んでいた」などとされている。

これに対し、中条氏は「お金を貸してほしいとお願いされて応じた」としたうえで、「当該契約書には、金利欄は空欄となっており当然、60%なる金利の記載などありません」と、年利60%の貸し付けを否定。

さらに事務所は、この知人に対し、“元本の返済のみを求めていて、金利の支払いは求めていない”と強調した。

一方で、中条氏は当初、資産報告書の貸付金を0円としていたが、5月1日、1000万円に訂正した。

タレント議員に浮上した金銭をめぐる疑惑。

日本維新の会の前代表・松井一郎氏は3日、SNSで、「国会議員になる前のお付き合いの中で金銭貸し借りだと想像するが違法金利はダメ、事実であれば中条さん、潔く辞職すべき」と投稿。

事実であれば辞職すべきと苦言。

さらに7日、吉村共同代表は、事実関係の調査に入っていることを明らかにした。

日本維新の会・吉村共同代表「一定の事実が明らかになった段階で発表されるということになる(Q.情報発信するべきでは?)できるだけ丁寧に、速やかに事実関係の確認をして、党として発表、あるいは本人から発表ということになるかと思います」

「うそ」などのヒット曲で知られる中条議員は、2022年の参院選で日本維新の会から出馬し、初当選。

しかし、国会で「わたしの新曲が9月7日に出ております。中条きよし ラストディナーショーをやります」と、委員会の場で新曲やディナーショーを宣伝し、謝罪。

また、2023年には年金未納も発覚した。

今回、新たに浮上した違法金利疑惑。

記事では、貸しつけを受けた知人が、“利息分として50万円を現金で支払った”と報じられているが、事務所によると「以前の借金の分で、今回の1000万円は、全く返済されていない」と、違法な金利を真っ向から反論した中条氏。

週刊誌の記事をめぐっては、「虚偽で名誉を毀損(きそん)するおそれがある」として、法的措置も検討しているという。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

J-CASTニュース・5月7日18:14配信【「脱糞民主党」投稿者を立憲が刑事告訴→不起訴 岡田幹事長「必要に応じて...」今後に含みか】

立憲民主党の岡田克也幹事長は2024年5月7日の定例会見で、立憲民主党のロゴを排せつ物のロゴを使って改変し、「脱糞民主党」とツイッター(当時、現X)に投稿した男性を刑事告訴したことについて、「名誉棄損にあたりかねないようなことを言うということが、自由に言えるわけではない」などと述べた。

今後については「ひとつひとつ判断しながら、必要に応じて対応していく、ということは申し上げておきたい」と話し、同様の対応に含みを持たせた。

■「警察、検察の判断ですから、尊重されるべきだというふうに思います」

刑事告訴されていたのは「パンパカ工務店」を名乗るXアカウント。立憲民主党の県議が使用した焼肉店の個室に人糞が放置されたという事案を報じた週刊文春の記事に関連して、22年5月、「脅威の下ネタ団体 脱糞民主党」といったコメントともに、立憲民主党のロゴの一部を排せつ物と置き換えたイラストを投稿していた。

立憲は発信者情報の開示手続きを経て、名誉棄損罪で刑事告訴していた。このアカウントは、24年4月26日に

「当方弁護士が検察と意見交換する等弁護活動を続けていましたが不起訴になったと弁護士さんから連絡が来ました」

とポスト。5月3日には、プラットフォームのnoteで詳細を明らかにしていた。

「特に選挙の近いときに...」

記者会見で不起訴処分の受け止めを問われた岡田氏は、

「警察、検察の判断ですから、尊重されるべきだというふうに思います」

と述べた上で、次のように話した。

「ただ、政党に対して、特に選挙の近いときに、名誉棄損にあたりかねないようなことを言うということが、自由に言えるわけではない。私たちもひとつひとつ判断しながら、必要に応じて対応していく、ということは申し上げておきたい」

(J-CASTニュース編集委員 兼 副編集長 工藤博司)

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

中条氏は「お金を貸してほしいとお願いされて応じた」としたうえで、「当該契約書には、金利欄は空欄となっており当然、60%なる金利の記載などありません」と、年利60%の貸し付けを否定したそうです😓

さらに・・・・・週刊誌の記事をめぐっては、「虚偽で名誉を毀損(きそん)するおそれがある」として、法的措置も検討しているんだとさ。

かなり痛い話ですよね💧

痛いと言えば・・・・・「脱糞民主党」投稿者を立憲が刑事告訴→不起訴😭

わざわざ刑事告訴しますかね?

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



気になるニュース!😓 宮澤博行議員の潔さは評価したい 言い逃ればかりの自民党の中で異色の“性事家”三冠王・・・「誰も注意できない」中条きよし議員“違法貸し付け”疑惑 政治生命はおろか「タレント生命もアウト」・・・「CIA」原口一博氏動画で名指し在日ウクライナ人が立民に公開状「現職議員による悪質な攻撃」

気になるニュース!😓 宮澤博行議員の潔さは評価したい 言い逃ればかりの自民党の中で異色の“性事家”三冠王・・・「誰も注意できない」中条きよし議員“違法貸し付け”疑惑 政治生命はおろか「タレント生命もアウト」・・・「CIA」原口一博氏動画で名指し在日ウクライナ人が立民に公開状「現職議員による悪質な攻撃」

20240205175147c6e.jpeg


Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

日刊ゲンダイDIGITAL・5月5日9:06配信【宮澤博行議員の潔さは評価したい 言い逃ればかりの自民党の中で異色の“性事家”三冠王】

会社員の世界は相変わらずだろうが、政治家は年々劣化してきているように思う。女性のパンツを盗んだ過去のあるやから、愛人との二重生活をしているやからがわが物顔で跋扈している。

コロナ禍なのに銀座のクラブに足しげく通い、離党処分になったやからもいた。つい最近では、国会開会前夜に20代の女性とラブホにしけこんでいたと報じられた、山田太郎文部科学政務官(56)が辞任している。

そして真打ち登場である。週刊文春(5月2.9日号)で、コロナ禍での“パパ活”や、毎夜、デリヘル嬢を自宅に招き入れての“性の饗宴”を報じられた宮沢博行前防衛副大臣(49)は、“性事家”の三冠王である。

このご仁、少し前には別の意味で注目の人だった。昨年12月13日、記者団の前で、派閥ぐるみの裏金づくりを自ら暴露したのだ。剣道6段。「私は派閥に残って、派閥を介錯する」と大見えを切った。もののふの魂いまだ消えず。男はこうありたいものだと思わせた。

だが、上半身と下半身は違う人格とよくいわれる。このご仁、下半身は欲望に任せっきりで、節操などという言葉は頭の中から抹消したかのようである。

文春によれば、「今から三年ほど前、宮沢氏は妻子を地元に残し、都内で二十八歳の女性A子と同棲していました」(A子をよく知る人物)。

だが、コロナ禍でさすがにまずいと思ったのか、宮沢氏の方から別れを切り出し、同棲は1カ月ほどで終止符が打たれたという。コロナが明けた2023年から、再び彼の下半身がうごめき始めた。出会い系サイトに「ひろゆき 49歳 身長172㎝ B型 山羊座」と記し、卒業のお手伝い(処女探し)を始めたというのだ。

それだけではない。文春が目撃していた4月10日と11日、自宅にデリヘル嬢を招いていた。派閥からの「裏金」を自身の欲望を満たすために使っていたのではないのか。

静岡県・掛川駅に颯爽と降り立った宮沢氏を文春が直撃。すると宮沢氏は「こっち?」と小指をピンと立てたというのである。

デリヘル嬢を連夜呼んだことについてはうなずき、違法な本番行為もやった? と聞かれると、「それは無い。デリヘルの場合、本番は無いけど、性的マッサージはあります」とキッパリ。

A子と緊急事態宣言下で同棲していたことには、「うん、軽率な判断でした。否定はしませんけども、これ、マズいなって思ってすぐ終わりました。寂しかったんです。出来心です」。

その後、出会い系サイトに登録してパパ活をしていたことは、

「東京で仕事をすると、寂しいんだよ。つい、つい、つい、やってしまった」

すべて「記憶にございます」と肯定したのは武士道精神からか。しかし、彼が愛用している「紐パン」について聞かれると、突然悶え始めたというのだ。

股間をまさぐり出し、「理由があります。ステテコを直穿きしてるんですよ。フフッ、これ記録してよ、金玉がすご~く垂れちゃってぇ~。何とかならないかなと、金玉のパンツを探して探して。今、見せます?」。

さすがの猛者記者も、「いや、ここでは」と断った。

去り際「これから(茂木敏充)幹事長に会ってきます」と言った。自ら腹をかっさばいて“切腹(議員辞職)”してみせたのである。

政治家としては最低だが、宮沢氏のような“人間”、私は好きだ。 (文中敬称略)

(元木昌彦/「週刊現代」「フライデー」元編集長)

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・5月5日10:58配信【「日本人は外国人嫌い」バイデン氏、3月にもラジオで発言】

バイデン米大統領が1日の選挙集会で「日本は外国人嫌いだ」などと発言した問題で、バイデン氏が今年3月にもスペイン語放送のラジオ局のインタビューで同様の発言をしていたことが判明した。異なる機会に似た内容の発言を繰り返したことは、バイデン氏が「日本人は外国人嫌い」との認識を強く持ち、米政府も発言を問題視していないことを浮き彫りにしている。

このラジオ局の放送記録によると、バイデン氏は「日本人や中国人は外国人嫌いだ。ロシア人もそうだ。彼らはロシア人、中国人、日本人以外の人々に(自国内に)いてほしくないのだ。米国は移民の国だ。それが我々の国のあり方だ」と発言していた。

インタビューは西部ネバダ、アリゾナ両州を訪問するのに合わせて収録された。11月の大統領選で接戦が予想される両州で、スペイン語を主に使う中南米系にアピールする狙いがあったとみられる。5月1日の選挙集会での発言と同様、米国への移民の貢献を強調する趣旨だった模様だ。

バイデン氏は1日、日本と中国やロシア、インドを並べて「外国人嫌いで、移民を望まないから、(経済的な)問題を抱えている」と発言した。日本政府は「正確な理解に基づかない発言で、残念だ」と米側に申し入れた。ただ、ホワイトハウスのジャンピエール報道官は、今後も同様の発言を続ける可能性について「大統領次第だ」と説明し、謝罪にも応じていない。

発言の波紋は言及された他の国にも広がっている。ロイター通信によると、インドのジャイシャンカル外相は「そもそもインド経済は低迷していない。(インド滞在の)門戸を開く法律もある」と反論。在米中国大使館の報道官は取材に「中国経済は健全で、持続的だ。もっと多くの国と往来を簡易にできるよう協力することを望んでいる」と述べた。【ワシントン秋山信一】

・・・・・・・・・・・・・・・

FRIDAY・5月5日12:00配信【「誰も注意できない」中条きよし議員“違法貸し付け”疑惑 政治生命はおろか「タレント生命もアウト」】

日本維新の会の中条きよし参院議員にまたまた逆風が吹き荒れている――。

5月2日配信の『NEWSポストセブン』で、中条氏が知人に1000万円を貸し付けた際に違法となる金利年60%の契約を結んでいたと報じた。ほかにも同金額、同金利で貸し付けていた証言があるという。

1日には公開が義務付けられている資産報告書で、貸付金を「なし」から「1000万円」に訂正していた。

中条氏は疑惑について

「弁護士に話しています」

と答えているが、ネット上では

《ヤミ金よりヤバイ》

《事実ならアウト》

との声が殺到。中条氏の初当選時(‘22年)に代表だった松井一郎氏はXで「事実ならば…」と前置きした上で

《当時代表は僕、国会議員になる前のお付き合いの中で金銭貸し借りだと想像するが違法金利はダメ、事実であれば中条さん、潔く辞職すべき》

と辞任要求した。

中条氏と言えば、初当選後の参院文教科学委員会で自身の新曲をPRしたり、年金未納問題で世間を騒がせてきた。後者ではのちに自身のユーチューブチャンネルで

「年金事務所から『年金が払われてないので払ってください』という督促の電話がきた。それに対して僕が『もらう気がないから払わない』と。そういう記事が最初に出ていた。全くの100%うそ」

と否定していたが……。

「理由はどうあれ年金未納だったのは事実。中条さんはユーチューブ動画をマメに更新していますが、再生回数は総じて1000回前後と寂しい限り。自身の主張は閑古鳥が鳴いているユーチューブではなく、国会でするべきでしょう」(スポーツ紙記者)

違法貸し付け疑惑について中条氏はゴールデンウィーク明けにも何らかの対応を取るとみられるが、度重なるスキャンダルで政治家としてはレッドカードだろう。テレビの世界に戻って来たとしても、これまで通り活動することは難しい。

もともと失言・暴言グセがあり、‘19年8月のフジテレビ系『バイキング』では“あおり運転”した男性ついて

「乗ってるやつはさ、脳ミソねぇんじゃないの」

と発言。‘20年1月放送では東出昌大と唐田えりかの不倫報道について

「1回だけならOK」

「(唐田は)純情派女優って書かれているけど、やりたい放題の女優」

とぶっ放した。なお、中条氏は4回離婚している。

「当時は『バイキング』が賭けに出て中条さんを起用した。それが結果的に話題となったが、今は怖くて使えませんよ。加えて違法貸し付け疑惑が事実ならば完全アウト。コンプライアンス上、起用することは不可能ですよ」(テレビ局関係者)

政治生命はおろか、タレント生命も風前のともしびだ。

「中条さんはテレビで見たまんまのキャラ。周囲に注意できる人はいません。『中条マダム』と呼ばれる熱烈な支持者はいますが、それも今回の報道で減ってしまうのではないか」(音楽関係者)

違法貸し付け疑惑と併せて、4月に参加したカラオケ大会では、歌を披露する代わりに客席から1万円のおひねりを要求したと報じられている。こちらの違法性はないが、カネに執着する中条氏を表すエピソードと言える。

参院議員の任期は6年で、3年ごとに半数が改選される。どのように身を処すか見ものだ――。

・・・・・・・・・・・・・・・

日刊スポーツ・5月5日18:05配信【「CIA」原口一博氏動画で名指し在日ウクライナ人が立民に公開状「現職議員による悪質な攻撃」】

在日ウクライナ人のナザレンコ・アンドリー氏が5日、自身のX(旧ツイッター)を更新。

立憲民主党の原口一博衆院議員のYouTubeチャンネルの動画内でコメンテーターに「CIAエージェント」と名指しされたことに対し、名誉を甚だしく毀損(きそん)された事実無根の発言と主張して、同党に原口氏への謝罪の指示や指導を求める公開状をアップした。

ナザレンコ氏は公開状で、原口氏が1日にアップした動画内で「ドラさん」と呼ばれる人物に「ウクライナ人のCIAエージェントです」と名指しされた経緯を説明。発言者が同党議員の政策担当秘書を務めていた人物と特定し、発言に対しての原口氏の対応を「根拠を求めることも、相手を止めることもなく、『ああそうなんですね』と肯定的に受け答えする部分もありました」と記した。

ナザレンコ氏は、CIAから報酬を受け取ったり命令や要請を受けて活動したことはないとあらためて否定。「ロシアの侵略を支持する陰謀論者層や、怪しげなまとめサイトは、原口議員の動画ををきっかけに今なお私に関するいわゆるデマを、真実かのように積極的に発信しています」と指摘した。

その上で「発言元は対談の相手とは言え、編集権を原口議員が有しており、偽情報が拡散された責任も動画をアプロードし訂正を行わない彼にあると考えております」と主張。同党に対し、原口氏に公式の撤回と謝罪を指示することや、党としての見解や対応をナザレンコ氏に送るよう求めた。「なお、対応がない場合、貴党が原口議員の言動を容認すると見なすしかありません。今回の事件は権力者たる現職国会議員による個人に対する悪質な攻撃であると考えております。原口議員の無責任な言動を放置せず、次の被害者が出る前に適切な対策を取るようお願い申し上げます」と結んでいる。

この件では、原口氏がアップした「日本会議の講演の講師代を岸田首相が代表を務める政党支部が支払っている」と題した動画で当初、「ドラさん」と呼ばれるコメンテーターがナザレンコ氏について「ウクライナ人のCIAエージェントです」と断定的に発言。2日夜の段階ではその部分がなくなっていた。

これに対しナザレンコ氏はX(旧ツイッター)で「原口議員の動画から私に関する発言の部分がこっそり削除された」と認めた上で「しかし、原口さん、『発言の撤回』とはそういうことじゃないでしょ。切り取りが拡散されてるし、昨日動画を見た人は貴方が例の発言を編集で削除したことも知らない。謝罪はいいから、削除したこととその理由を発表しないとダメでしょう」と主張していた。

ナザレンコ氏は、ロシアによる侵攻を受けて以降、祖国の情勢を日本語で発信し続けたことでも知られた。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

宮澤博行議員の潔さは評価したい 言い逃ればかりの自民党の中で異色の“性事家”三冠王😭

日刊ゲンダイDIGITALの記事エグすぎ💧

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



中条きよし参院議員「金利60%で知人に1000万円」高利貸し 「出資法違反の疑い」との指摘も・・・中条きよし議員に辞職要求した松井一郎氏 違法貸し付け報道で「もうかばいきれない」・・・門田隆将氏 中条きよし議員の違法貸し付け報道で「維新はなぜこんな人を国会へ?」と指弾 支持下落も「国民を舐めていては仕方ない」😓

中条きよし参院議員「金利60%で知人に1000万円」高利貸し 「出資法違反の疑い」との指摘も・・・中条きよし議員に辞職要求した松井一郎氏 違法貸し付け報道で「もうかばいきれない」・・・門田隆将氏 中条きよし議員の違法貸し付け報道で「維新はなぜこんな人を国会へ?」と指弾 支持下落も「国民を舐めていては仕方ない」😓

20240223215313a26.jpeg


Click→→鹿児島暴露クラブ・2024/4/19・中条きよし・維新参院議員 芸能活動引退のはずが「カラオケ大会」で“おひねり営業”の現場😓「中条きよしと共に歩むカラオケ大会」😓

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・

NEWSポストセブン・5月2日16:15配信【中条きよし参院議員「金利60%で知人に1000万円」高利貸し 「出資法違反の疑い」との指摘も】

日本維新の会の中条きよし・参院議員が知人に対して1000万円を貸し付けた際に「年利60%」とする契約を結んでいたことが、週刊ポストの取材でわかった。

これについて専門家は出資法違反にあたる可能性を指摘している。5月7日(火)発売の同誌が詳しく報じる。

5月1日になって中条議員は、参院事務局に対して資産報告書の貸付金を「なし」から「1000万円」と訂正することを届け出た。これは4月末に週刊ポストの取材を受けて資産報告書上の記載について対応したものだが、問題の本質は“高利貸し”行為にある。

中条議員から1000万円を借りているA氏は取材に対し、「中条さんにお金を借りたのは事実です。利息が高く、返済できていない」と証言。A氏関係者から取材班が確認した「金銭消費賃借契約書」には、貸主として中条議員の本名で署名・捺印がされたうえで〈利息配当は年60%とする〉と記されていた。

A氏によると「最初の何回かは利息分として現金で50万円を中条さんに支払いましたが、利息が高いので半分にしてほしいとお願いし、途中から25万円になった」という。その後、A氏と中条議員のやりとりの中で1000万円については未公開株につけかえられたが、その未公開株が上場せず、返済が滞っているとも明かした。

別の人物も中条議員から同じく年利60%で1000万円を借りていたという証言がある。金利60%という貸し付けについて、アディーレ法律事務所の長井健一・弁護士は次のように指摘する。

「日本の金利規制は利息制限法と出資法で上限が定められています。中条氏がもし複数人に対してお金を貸していた場合、『貸金業者』とみなされ、金利が年20%を超える契約を結んでいた場合は出資法違反となり、法刑は5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金又はこれらの併科となる。

複数人に貸すなど反復継続の意思をもって貸し付けを行なっている場合は、貸金業の登録が必要で、無登録で貸金業を営んだ場合、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金、またはこれらの併科となります」

中条議員は取材に対し、「弁護士に話をしています」と繰り返すのみだったが、説明責任を果たすべきではないか。

5月7日発売の週刊ポストでは、貸し付けをめぐるさらなるトラブルの詳細や1000万円の貸し付けの経緯、中条議員への直撃取材の一問一答、弁護士の回答などを詳報している。

・・・・・・・・・・・・・・・

東スポWEB・5月4日6:16配信【中条きよし議員に辞職要求した松井一郎氏 違法貸し付け報道で「もうかばいきれない」】

崖っぷちに追い込まれたようだ。出資法違反の疑いが報じられていた歌手で、日本維新の会の中条きよし参院議員(78)に対し、同党前代表の松井一郎氏が「事実ならば…」とした上で、辞職すべきと勧告した。お騒がせ続きの中条氏は年貢の納め時となりそうだ。

2日配信の「NEWSポストセブン」は、中条氏が知人に1000万円を貸し付けた際に違法となる金利年60%の契約を結んでいたと報じた。ほかにも同金額、同金利で貸し付けていた証言があるとして、7日発売の週刊ポストで詳報するとしている。

中条氏は同誌の取材に違法金利について「弁護士に話しています」と答え、1日には公開が義務付けられている資産報告書で、貸付金を「なし」から「1000万円」に訂正していた。

この報道を受け、松井氏は3日、Xに「当時代表は僕、国会議員になる前のお付き合いの中で金銭貸し借りだと想像するが違法金利はダメ、事実であれば中条さん、潔く辞職すべき」とポスト。中条氏は2022年の参院選比例代表で当選していた。

まだ疑惑段階ながらも松井氏は責任があるとして、〝辞職〟の2文字で踏み込んだ格好だ。

中条氏は国会議員に当選してから年金未納、委員会での新曲やディナーショーPRなどお騒がせを連発してきた。

「馬場代表や松井氏が中条氏を参院選に擁立していた手前、問題を起こすたびに処分には頭を悩ませていたようです。今回の疑惑が事実ならば、完全に法に触れる話で、かばいきれない。自ら身を引くように引導を渡したのでしょう」(永田町関係者)

参院選時には持ち歌の「うそ」に引っ掛け、「うそを言わない政治」をキャッチコピーとしていた中条氏だけに近日中に決断を迫られることになりそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

デイリースポーツ・5月4日13:20配信【門田隆将氏 中条きよし議員の違法貸し付け報道で「維新はなぜこんな人を国会へ?」と指弾 支持下落も「国民を舐めていては仕方ない」】

作家でジャーナリストの門田隆将氏が4日、自身のX(旧ツイッター)を更新。一部で日本維新の会の中条きよし参院議員が違法な貸し付けを行ったと報じられたことについて言及した。

中条氏が知人に1000万円を貸し付けた際に「年利60%」の法外な利息での契約を結んでいたなどと、2日配信の「NEWSポストセブン」で報じられていた。この報道を受けて、前日本維新の会代表で、大阪市長や大阪府知事を務めた松井一郎氏が3日に自身のXで「違法金利はダメ、事実であれば中条さん、潔く辞職すべき」となどと投稿していた。

門田氏は「年金未納、委員会での新曲やディナーショーPR等でお騒がせの維新・中条きよし氏が今度は出資法違反の年60%金利で“1000万円貸付け”報道。松井一郎氏は『事実ならかばいきれない』と辞職要求。維新はなぜこんな人を国会へ?下落する維新の支持。国民を舐めていては仕方ないのか」とこれまで中条氏が引き起こしてきた問題に触れると、同氏をスカウトしてきた同党も厳しく指摘した。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



次期衆院選鹿児島4区 社民党が西之表市の山内光典氏(73)擁立「島で働いている人を守りたい」・・・社民党県連合が市民団体「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」の会長で馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転と自衛隊基地の整備計画に反対を訴えている西之表市の山内光典氏を擁立😓

次期衆院選鹿児島4区 社民党が西之表市の山内光典氏(73)擁立「島で働いている人を守りたい」・・・社民党県連合が市民団体「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」の会長で馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転と自衛隊基地の整備計画に反対を訴えている西之表市の山内光典氏を擁立😓

2024050222133654a.jpeg
【KYT鹿児島読売テレビ 配信】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

KYT鹿児島読売テレビ・5月2日19:12配信【次期衆院選鹿児島4区 社民党が西之表市の山内光典氏(73)擁立「島で働いている人を守りたい」】

社民党県連合は次期衆議院議員選挙で鹿児島4区に西之表市の山内 光典さんを擁立すると発表しました。

社民党県連合が次期衆院選の鹿児島4区に擁立を発表したのは西之表市の山内 光典さん(73)です。

山内さんは市民団体「馬毛島への米軍施設に反対する市民・団体連絡会」の会長で馬毛島へのアメリカ軍の訓練移転と自衛隊基地の整備計画に反対を訴えています。去年の県議選に無所属で立候補し落選しました。

(山内 光典氏)

「自然、島が大好き。今島で働いている人を何とか守っていきたいという気持ちがあるので国会の場に私を送り出してもらって仕事させてもらうよう4区の皆さんにお願いする」

鹿児島4区では自民党現職の森山裕さんの立候補が見込まれているほか参政党新人の横井さくらさんが立候補を表明しています。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

ってことは・・・・・福島瑞穂さんが応援に来るってことですね😓

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



気になるニュース!「CIAエージェント」名指し、立憲民主党の原口一博衆院議員の動画に在日ウクライナ人が「デマ」証拠か撤回要求😓・・・立憲民主、いいとこ取りの〝共産票利用〟いつまで 補選全勝も次期衆院選へ課題

気になるニュース!「CIAエージェント」名指し、立憲民主党の原口一博衆院議員の動画に在日ウクライナ人が「デマ」証拠か撤回要求😓・・・立憲民主、いいとこ取りの〝共産票利用〟いつまで 補選全勝も次期衆院選へ課題

20240501175657f36.jpeg
【産經新聞 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・2024/2/19・立憲民主党・原口一博氏、露国営メディアで「ウクライナ支援の理由ない」「ロシアが悪はあり得ない」😓刑務所で死亡したナワリヌイ氏「前日に不可解な騒動」「遺体に複数のあざ」の報道も・・・ナワリヌイ氏 映画で“遺言”「諦めるな」市民ら400人拘束 反プーチン代表格が“謎の死”・・・ナワリヌイ氏の遺体、刑務所から深夜に移送か…妻が反プーチン政権運動主導の決意を動画投稿

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

日刊スポーツ・5月1日14:40配信【「CIAエージェント」名指し、原口一博議員の動画に在日ウクライナ人が「デマ」証拠か撤回要求】

在日ウクライナ人のナザレンコ・アンドリー氏が1日までに自身のX(旧ツイッター)を更新し、立憲民主党の原口一博衆院議員のYouTubeチャンネル内で「CIAエージェント」と名指しされたことについて「デマ発言」と指摘し、「直ちに証拠を出すか撤回を求める」と記した。

【写真】「CIAエージェント」発言動画で問題の原口一博氏

原口氏は、「日本会議の講演の講師代を岸田首相が代表を務める政党支部が支払っている」と題した動画をアップ。その中で原口氏から「ドラさん」と呼ばれるコメンテーターに説明を求めた際、その人物がナザレンコ氏について「ウクライナ人のCIAエージェントです」と断定的に話すと、原口氏が「ああ、そうなんですね」と応じた。

続けて、原口氏は「ウクライナの方って法律が変わって、兵役を課されるんじゃないですか」と問いかけたが、「ドラさん」は、ナザレンコ氏が数年前から日本在住とした上で「日本で一定の工作活動を、CIAからお金をもらってやっている人。工作員です」と明言。原口氏が「ああ、そうなんですか」と応じる部分などが流された。

ナザレンコ氏はXで「立憲民主党所属の原口一博衆議院議員のYoutubeにおいて、3:55から『ナザレンコ・アンドリーはウクライナ人のCIAエージェント。日本で一定の工作活動を、CIAから金貰ってやっている人』というデマ発言があった」と指摘。「無根拠な嘘かつ名誉毀損。直ちに証拠を出すか、撤回を求める」とした。

ナザレンコ氏は、ウクライナがロシアによる侵攻を受けて以降、祖国の情勢を日本語で発信し続けたことでも知られた。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月1日20:21配信【立憲民主、いいとこ取りの〝共産票利用〟いつまで 補選全勝も次期衆院選へ課題】

先の衆院3補欠選挙で全勝した立憲民主党にとって、勢いを持続させたまま次期衆院選に臨むことができるかは最大の課題となる。懸案の一つは、補選勝利に貢献した共産党との関係をどう整理するかだ。立民執行部には今後、協力関係の「深化」を求める共産との神経戦が待ち受ける。

「まっとうな政治を実現してほしいという願いにしっかりと応えていきたい」

東京15区補選で初当選した立民の酒井菜摘氏は1日、国会に初登院し、記者団に意欲を語った。

東京15区では、共産が自らの擁立予定者を取り下げて酒井氏の支援に回った。

告示翌日の4月17日付の機関紙「しんぶん赤旗」は、田村智子委員長と酒井氏らが並んだ写真を1面に掲載し、田村氏の「全力で応援します」という訴えなどを紹介した。公認や推薦の候補かと見まごうほどの力の入れようだった。

島根1区補選と長崎3区補選でも共産は擁立を見送り立民候補を応援した。東京とは異なり、「自主的支援」という距離を置いた形での協力にとどめたが、立民の勝利に寄与したことには変わりない。与野党一騎打ちとなった島根1区で共同通信社が実施した出口調査によると、当選した立民の亀井亜紀子氏は共産支持層の90%をまとめた。

立民中堅は、島根と長崎での共産との関係が「理想的だった」と振り返る。

「競合して自民を利する展開は避けつつ、過度に共産と連携した印象は与えなかった。モデルケースだ」

補選とは異なり、次期衆院選は「政権選択選挙」となる。安全保障政策などを巡り共産と溝を抱える立民にとって、一体化したかのようなイメージが広がれば逆風を招く。候補は一本化したいが適度に距離を置きたい、というのが本音だ。

ただ、こうした「いいとこ取り」の連携に待ったをかけているのが、ほかならぬ共産だ。

小池晃書記局長は4月30日の記者会見で、補選での支援は「限定的な対応だ」と説明し、次期衆院選での野党共闘を巡り「対等・平等、相互尊重がどうしても必要になってくる」と強調した。片務的な協力関係を続ける気は共産にはない。

一方で、立民の最大の支援組織である連合は共産との選挙協力を否定している。連合、共産双方の顔が立つ落としどころを見いだすことは至難の業だ。(松本学)

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




女性問題で衆議院議員を辞職した宮澤博行 氏が地元の会合で謝罪「欲ですね…欲を抑えきれなかった」静岡・・・女性問題で議員辞職の宮沢博行氏が地元・静岡で謝罪「自分を管理し、欲が出ない生活に」・・・宮沢氏、今後の活動「白紙」議員辞職、地元で謝罪😓

女性問題で衆議院議員を辞職した宮澤博行 氏が地元の会合で謝罪「欲ですね…欲を抑えきれなかった」静岡・・・女性問題で議員辞職の宮沢博行氏が地元・静岡で謝罪「自分を管理し、欲が出ない生活に」・・・宮沢氏、今後の活動「白紙」議員辞職、地元で謝罪😓

20240429201705876.jpeg
【FNNプライムオンライン 配信】

20240429201728107.jpeg
【FNNプライムオンライン 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

テレビ静岡NEWS・4月28日11:16配信【女性問題で衆議院議員を辞職した宮澤博行 氏が地元の会合で謝罪 「欲ですね…欲を抑えきれなかった」静岡】

自らの女性問題を理由に、4月25日に衆議院議員を辞職した宮澤博行 氏が28日に静岡県袋井市で開かれた会合に出席し、地元の支援者に謝罪した後、報道陣の取材に応じました。

宮澤博行 氏をめぐっては、4月25日発売の週刊誌に自身の女性問題が掲載される見通しとなったことから、発売に先立つ形で23日に衆議院へ辞職願を提出し、25日の本会議で辞職が許可されたほか、24日には自民党に離党届を提出し、受理されています。

こうした中、宮澤氏は28日、自身が支部長を務めていた自民党静岡県第3選挙区支部の幹事会に出席し、地元の支援者に対して謝罪しました。

その後、取材に応じた宮澤氏は週刊誌の報道内容について「一読しただけで、詳細には読んでいない。細かいところで違う部分があるかもしれないが、そこはどうこう言う立場ではないと思うので、概ね事実と私は認識した」と反省の弁を述べています。

その上で、既婚者の身でありながら20代女性と同棲していたことや派遣型風俗店の利用についても「事実」と認め、「同居、ルームシェアに関しては悪いことだと即座に判断した。本当に反省している。いくらこちらに事情があったり、精神的な不安定さがあったにせよ許されないことだと認識している」と謝罪し、「欲ですね…欲を抑えきれなかったというか、そこに負けてしまった結果だと思っている」と話しました。

また、後ろめたさはなかったのか問われた宮澤氏は「『まずいな』という思いはあったが、欲を抑えきれなかった」と繰り返し、自身のこれまでの生活について「欲が出てしまう生活スタイルだったかもしれない。休みを取らずに、ずっと働き続けてきて、それがこういう結果になったといま反省している」と振り返った上で、今後に関して「きちんと自分を管理し、欲が出ないような生活スタイルに改めていく。欲が出ない自分にどう切り替えていくかというが大事だと気付いた」と述べています。

なお、宮澤氏によると家族には「ごめんね」と謝罪したということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・4月28日14:28配信【「欲を抑えきれなかった。欲が出ない生活スタイルに改める」女性問題で辞職の宮沢博行議員が地元で陳謝】

女性問題を受けて議員辞職した宮沢博行前衆院議員は28日、地元・静岡県袋井市で開かれた自民党の会合で支援者らに経緯を説明し、謝罪した。出席者からは「人格を疑う」「謝罪だけではすまない」などと厳しい声が出たという。

会合後、宮沢氏は記者団に対し、「支援者の皆さん、地元の有権者の皆さん、すべての国民の皆さんに改めてお詫びを申し上げる。誠に申し訳なかった」と深く頭を下げた。

辞職した理由については、自身の女性問題が新型コロナウイルスの緊急宣言下の不祥事で、「過去の事例に照らしても、離党に相当すると判断した」と説明。「私は比例代表の身なので、離党する場合は議席を党に返さなければならないと考え、辞職を決断した」と述べた。

さらに政治資金パーティー裏金事件を受け、「絶対に不記載の資金を不祥事に流用したということはない。しかし、そう見られることも世の常だと思うので、そうではないことを職を辞することで訴えたい」と述べた。

宮沢氏は、妻とは別の女性と金銭援助を伴う「パパ活」の関係を持っていたなどとした「週刊文春」の報道を大筋認めた上で、「記録にあるものは記憶にあるから、逃げてもしょうがない。やっちゃったものはやっちゃったこと」と強調した。さらに「まずいなという気持ちはあったが、欲を抑えきれなかった」と心情を吐露した。

そして、「欲が出てしまう生活スタイルだったかもしれない。休みを取らず、ずっと働き続けるやり方をとっていた」と自身の生活を振り返り、「きちんと自分を管理して、欲が出ないような生活スタイルに改めていく。この数日間、蟄居(ちっきょ)の身でいろいろ考える中で、一番の反省点はそこだと思った。欲を抑えるのは難しい」と述べた。

一方、今後の政治活動については「全くの白紙だ」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・4月28日14:47配信【宮沢氏、今後の活動「白紙」 議員辞職、地元で謝罪】

女性問題の発覚を受けて衆院議員(比例代表東海ブロック)を辞職した宮沢博行氏(自民党離党)は28日、地元の静岡県袋井市内で支援者らと会い、文春オンラインの報道内容を認めた上で「誠に申し訳ない」と謝罪した。

この後、記者団の取材に応じ、今後の政治活動について「白紙だ」と述べた。 

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・4月28日16:57配信【宮沢博行氏「欲に負けた」 女性問題受け謝罪 政治活動は「白紙」】

週刊誌で女性問題を報道された元自民党衆院議員(比例東海)の宮沢博行氏は28日、静岡県袋井市内で開かれた自民党支部の会合に出席した後、取材に応じて「欲を抑えきれなかったというか、負けてしまった」と語り、支持者や有権者に謝罪した。今後の政治活動について「全くの白紙」と述べ、政界引退は明言しなかった。【山田英之】

会合は非公開で開かれ、宮沢氏は多くの報道関係者が待つ中、会場に入った。出席した県議や市議に冒頭で経緯を説明し、謝罪したという。

週刊文春は、妻子がありながら別の20代の女性と金銭的援助を伴う同居をしていたと報じた。宮沢氏は報道内容を「おおむね事実」と認めて、報道陣に対して「不祥事に伴い衆院議員を辞職した。これまで支えてくださった支援者、有権者のみなさんにおわび申し上げます」と頭を深く下げた。

会合に出席した自民党関係者からは「人格を疑う」「謝罪だけでは済まない」と厳しく批判されたことを明らかにした。

議員辞職した理由について、女性問題が新型コロナによる緊急事態宣言の時期だった▽離党に相当する不祥事と判断、自身が比例代表選出だったため離党する場合は議席を党に返す必要がある▽派閥の政治資金パーティーを巡る裏金を女性に使った事実は絶対にないと主張するため――と説明した。

宮沢氏は衆院静岡3区(掛川市、袋井市、磐田市など)を地盤としてきた。支持者に対して、この数日間、おわびの電話をかけていたという。直接の謝罪も検討する。

宮沢氏は昨年12月、国会内で記者団に対し政治資金収支報告書への不記載を認めた際、キックバック(還流)を受けたノルマ超過分の収入について「派閥の方から、かつて収支報告書に記載しなくてよいという指示があった」と暴露して注目された。疑惑が浮上した後、派閥からかん口令が敷かれたとも主張。副防衛相を辞任した。今回の女性問題で離党し、25日に衆院議員を辞職した。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・4月28日19:59配信【女性問題で議員辞職の宮沢博行氏が地元・静岡で謝罪「自分を管理し、欲が出ない生活に」】

女性問題が報じられて議員辞職した宮沢博行前衆院議員=自民離党、比例東海=は28日、地盤とする静岡県袋井市内の会合で地元支援者に謝罪した。その後、記者団の取材に応じ、「欲を抑えるというのは実際には難しい。欲が出ない生活にどう切り替えていくかが大事だと気が付いた」と振り返った。次期衆院選出馬については「全くの白紙」と述べるにとどめた。

■不記載資金の流用は否定

宮沢氏を巡っては新型コロナウイルス禍の緊急事態宣言下だった令和3年、妻ではない当時28歳の女性と金銭援助を伴う同居をしていたと24日配信の文春オンラインが報じた。報道に先立つ形で宮沢氏は23日に衆院議長に議員辞職願を提出、25日の衆院本会議で辞職が許可された。24日には自民党を離党した。

宮沢氏は記者団に「緊急事態宣言下における不祥事で、過去の事例に照らして離党に相当する。比例代表の身なので離党する場合は党に議席を返さないといけないと考えた」と説明した。

安倍派(清和政策研究会)の政治資金パーティー収入不記載事件に関して、宮沢氏も令和2年~4年の政治資金収支報告書に計132万円を記載していなかった。

宮沢氏は「不記載の資金を不祥事に流用したのではないかとの疑念は生ずる。そうみられるのが世の常だ。そうではないことを職を辞することで訴えたい」と述べた。

■「アパートに蟄居していた」

宮沢氏は23日に議員辞職願を提出して以降、公の場に姿を見せるのは初めてといい、「東京のアパートにいた。お世話になった人への影響もあろうかと思い、蟄居(ちっきょ)していた。こういう報道がなされた後、妻には電話で『申し訳なかった』と、そういうところだ」と語った。

自身の議員活動を振り返り「欲が出てしまう生活スタイルだったかもしれない。休みも取らずに、ずっと働き続けるというやり方を取っており、それがこういう結果になった」と述べ、「きちんと自分を管理して、そういった欲が出ないような生活スタイルに改めていくというのが、ここ数日の蟄居の身で考えた一番の反省点だと思う」とも語った。

宮沢氏は静岡県磐田市議などを経て、平成24年に衆院議員に初当選し、4期目だった。安倍派の政治資金パーティー収入不記載事件を受けて昨年12月、防衛兼内閣府副大臣を辞任していた。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

「喋るな!喋るな!喋るな!これですよ!」

😭

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




馬毛島基地反対掲げ 次期衆院選鹿児島4区へ 社民党県連 山内光典氏擁立へ・・・馬毛島の基地整備に反対する市民団体会長の新人が立候補を表明・・・立憲民主党や共産党、国民民主党との野党共闘を目指す!《自民党・森山裕氏、参政党・横井さくらさん、社民党・山内光典氏》

馬毛島基地反対掲げ 次期衆院選鹿児島4区へ 社民党県連 山内光典氏擁立へ・・・馬毛島の基地整備に反対する市民団体会長の新人が立候補を表明・・・立憲民主党や共産党、国民民主党との野党共闘を目指す!《自民党・森山裕氏、参政党・横井さくらさん、社民党・山内光典氏》

20240428195041434.jpeg
【MBC南日本放送 配信】

20240428195018762.jpeg
【MBC南日本放送 配信・ブログ管理人サイドで一部画像加工】

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBC南日本放送・4月28日18:22配信【馬毛島基地反対掲げ 次期衆院選鹿児島4区へ 社民党県連 山内光典氏擁立へ】

次の衆議院議員選挙に向け社民党県連は、鹿児島4区に西之表市元職員の山内光典さんを擁立すると発表しました。

山内光典さんは西之表市出身の73歳です。種子島地区広域事務組合の事務局長などを経て、退職。その後、馬毛島への基地計画に反対する市民団体の会長を務め、今月、社民党県連の副代表に就任しました。

立憲民主党や共産党、国民民主党との野党共闘を目指しています。

(社民党県連 山内光典副代表)「馬毛島に戦争につながる自衛隊基地は必要ない」

衆院選鹿児島4区を巡っては、自民党現職の森山裕さんや、参政党新人の横井さくらさんの出馬が見込まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKB鹿児島放送・4月28日18:43配信【次期衆院選・鹿児島4区 馬毛島基地反対の市民団体会長が立候補表明 鹿児島県】

次期衆院選鹿児島4区に、馬毛島の基地整備に反対する市民団体会長の新人が立候補を表明しました。


立候補を表明した山内光典さんは西之表市出身で、馬毛島への自衛隊基地整備に反対する市民団体の会長を務めています。

次期衆院選に、社民党の公認候補として立候補する予定です。

【衆院選・鹿児島4区立候補予定 山内光典 氏】

「(馬毛島基地整備に)8000億円もつぎこうもうとしているわけですから重大な国策。予算を組んでも議論せず決めていくやり方は民主国家ではない」


4区には自民党・森山裕さんと、参政党・横井さくらさんの出馬も見込まれています。

※森山裕さんの「裕」は「しめすへんに谷」

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

鹿児島4区は鉄板レースだと思いますよ。

◎自民党・森山裕氏

X参政党・横井さくらさん

X社民党・山内光典氏

チーン😭

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR