FC2ブログ

曽於市の教育現場で囁かれている残念な噂・・曽於市の柳迫小学校!?

本ブログ3月19日掲載分「曽於市の教育現場で囁かれている残念な噂・・モラル無き校長の巻」でも教育現場の問題を取り上げましたが、その後も県内各地から様々な声が寄せられました。

未来の子供たちに関する問題ですから決して見過ごすことの出来ない問題です。

そりゃそうですよね!!大人になる過程で一番大切な時期ですからね。

その学舎において、子供たちにとっては校長先生は一番偉い存在・・・子供たちは校長先生のことを、先生を指導する立場の大先生だと思っていると思います。

ボクも小学校の時の先生方のことは未だに記憶にあります。

幼年期の出来事は記憶に刷り込まれるんですね。

そんなこと考えると・・・校長先生が「ただの女好き」「セクハラ先生」だったならガックリするどころか教育上よろしくないってことですから・・・父兄からとしてみると「しっかりして下さい!」ってことになりますね。

教育委員会に突っ込まれないぶんまだ助かっているのではないかと思いますよ。

ところで、前回ブログで取り上げました「複式手当て」の不正支給疑惑ですが、どこの小学校でのことかと情報収集したところ・・・どうやら曽於市の柳迫小学校のことではないかとの情報が入りました。(※現在、さらなる情報を収集中)

複式を解き、曽於市が採用した支援員なる臨時職員に授業をさせているにもかかわらず、正規の担任に複式手当てを継続支給しつつ、実態は臨時職員が授業を請け負っているのではないかとのこと。

しかも柳迫小学校の支援員は中学教員の免許しか持っていないのでは?との話もあります。

さらに・・・中学教員の実地経験もないのに小学校での授業を受け持っているのでは?と、父兄の間で噂になっているようです。

教員は生徒指導はもちろんのこと学位に関する単位にまで職権をも有しています。

他府県においては免許切れの教員が長年に渡り教育現場に立ち大問題になったケースもありました。

鹿児島県曽於市の疑惑も疑惑のうちは笑い話かもしれませんが、疑惑ではなく事実ならばそれこそ笑い話では済まされません。

対岸の火事って話ではなくなります。

これらの疑惑について教育委員会は調査すべきなのでは?と思いますよ。

でなければ事実は見えてこないかもしれません。

それと・・・曽於市内の某中学校には鹿児島市内の中学校でかなりふざけた勤務処理をしていた方もいらっしゃるとか・・・

何はともあれ父兄が不安を感じるようでは教育者としては失格だと言わざるをえません。

子供たちの記憶に残るような教育者を目指して欲しいものです。

あっ!そうそう!前回のセクハラ校長は今回の小学校とは全く関係ありませんからね。

くれぐれも勘違いしないで下さい。


PS・・・教育問題でコメント投稿下さった皆さん!教育問題も大事な問題だと思っていますのでご安心下さい!

今後も教育現場の問題などご投稿下さい。

宜しくお願い致します。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click







曽於市の教育現場で囁かれている残念な噂・・モラル無き校長の巻

今回は曽於市内の教育現場で囁かれている管理職の人間性に関する話題です!

あえて特定は致しませんが、曽於市内の公立小中学校の校長先生や教頭先生のなかに、とんでもない笑えない話をする方がいらっしゃるという話を耳にしました。

ある小学校の校長先生はというと、女子職員に向かって「女の人はやっぱり若いと肌のハリがちがうよなあ~」「40、50歳になるとシワやシミが・・・」などとアホなことを言い出す始末。

この程度ならまだ聞き流すことも出来るが、出張翌日などは「いやあ~昨日は両隣が若くてきれいな先生で幸せだったよ!肌もきれいで・・・ナンタラカンタラ・・・ウンヌン・・・」

若い女性教員に「50代の私なんかは男としてどうかね?」などとヒソヒソと話しかけてくるようです。

正直言って気持ち悪い(笑)

その後、変質者注意の情報が回った日には校長ご本人が「セクハラとかは病気だよな」「私はセクハラは全くしません関係ない世界だ」と、力説するそうです。

百歩譲って飲みの席ならまだしも、日中の教育現場となる校内で、娘くらいの先生に頻繁に女性の肌具合談義に花を咲かせたり、ちょっかいかけるなんてモラルが問われますよね。

あっ!そうそう・・・このセクハラ校長は正式な県職員(正規の教職員)にはそういう言葉かけや発言はなく、市の臨時雇いの職員限定に投げ掛けているという話です。

逆らえない臨時職員をターゲットにするだなんて、まさしくゲスの極み!

ひょっとしたらこの校長のセクハラまがいの発言については、曽於市教育委員会の耳にも入っているのではないでしょうか?

初耳のようでしたら調査されたほうがよろしいのではないかと思うのですが・・・

Click↓↓↓Click





鹿児島市内の中学校でイジメ問題発覚!【続々編】

以前シリーズでお伝えしました鹿児島市内の某中学校でのイジメ問題……

「ダメ先輩が激怒!鹿児島市内の中学校でイジメ問題発覚!」
12月5日・6日・10日掲載分の続々編です。

続々編と言うか……イジメの加害者がもう1人いたんですね。

解決していなかった加害者の男子中学生が、被害者中学生とお母さんに「謝罪の為に会いたい」と、連絡して来たようです。

えっ?今頃になって謝罪?……と母親は思ったらしいのですが……全て解決したほうが娘の為になると考え会うことにしたらしい。

そこで今回もダメ先輩に同席してもらえないかと連絡が来たようです。


前回は加害者の女子中学生2名と無事和解し、最後は別れ際に2人組が涙ながらに謝罪し全て解決しました。

ただ……ダメ先輩の不安は解消されてなかったようです。

原因はイジメに加わっていた男子中学生の名前が最後まで分からなかった……そんな理由から不安が残っていたんですね。

これで本当に大丈夫なのか?間違いが起こらないだろうか?……ダメ先輩は心配で心配でたまらなかったのです。(日頃はテゲテゲな人なのですが……意外に心配性)


今回お母さんから電話をもらったダメ先輩はホッとしたんじゃないでしょうか?

これで加害者全員が特定出来た分けですから。


その日の夜……待ち合わせ場所に行くと男子中学生と両親が待っていたようです。

加害者の両親がひたすら謝罪し続け話し合いは30分で終了したそうです。

男子中学生の両親は、昨年謝罪に訪れた女子中学生の親からイジメの実態を知らされ、慌てて謝罪に走って来たとの事でした。

待ち合わせ現場で男子中学生の母親が怒り狂っちゃって……修羅場だったようです


加害者母親・・・「あんたは弱い者イジメをして何が面白かったのね?お母さんに理由を言いなさい!」


男子中学生・・・「………」


加害者母親・・・「ハッキリ言いなさい!」


男子中学生・・・「………」


バチ~ン!←←←(母親から殴られた音)


被害者母親とダメ先輩・・「あっ!ちょ…ちょ…ちょ…ちょっとお母さん……そこまでされなくても……」

怒り狂う加害者母親……母親をみんなで止める……ついて来た父親はオロオロしている……


加害者母親・・・「あんたは自分の妹がイジメにあったらどんな気持ちになるね?」


「他の女の子は去年謝りに来てるがね!!あんたは男のくせに!」


バチ~ン!←←←(またまた母親から殴られた音)


ダメ先輩・・・「お母さん!もうそのくらいで……」

何故か?一番先に深々と頭を下げ謝罪する父親……つられて頭を下げる男子中学生……


加害者母親・・・「あんたは男なんだから、イジメられてる女の子がいたら助けてあげるのが本当でしょうが!お母さんは恥ずかしい!」


被害者心情を理解して下った両親の登場で、この日でイジメ問題は無事に解決した。


加害者家族がイジメを認め反省したからこそ解決出来たが、シラをきるような連中だったらゴタゴタは続いただろう。


現在もテレビのニュースでイジメ問題は毎日のように流れている。

解決できずに自殺する子供たちが後を絶たない……

親と子供のコミュニケーション不足が、イジメの早期発見を見逃す原因なのではないかとボクは思う。


(=・ω・)/イジメワ ソウキ ハッケンデス!
ヒゴロカラ コドモト コミュニケ-ションヲ タイセツニ!

ダメ先輩が激怒!鹿児島市内の中学校でイジメ問題発覚!【最終編】

前回報告した鹿児島市内の某中学校でのイジメ問題……

ダメ先輩が登下校の送迎を暫く担当することで話がついた事は12月5日~6日のブログで報告していたと思うが、今日動きがあったと連絡が入ったので早速報告したいと思う。


今日の下校中に距離を開けて歩いていたダメ先輩が、ついにイジメの現場を目撃したのだ!


前を歩く女の子(被害者)に背後からコソコソと忍び寄る2人の女子中学生……

2人が歩きながらキョロキョロしている。

何かを探している様子……

石?何か投げつける物を探しているようだった。

道端に空き缶を見つけた2人組は、拾った空き缶を振っている。

おそらく……飲み残しが入っているか確認しているのだろう!

中身が少し残っていたようで、2人組は小躍りしながら女の子を追っかけて行く……

次の瞬間!「こら~!何をしょっとかぁ~!」ダメ先輩の怒号が響いた!!

女の子に近づいた2人組が、まさに空き缶を投げつけた瞬間だった!


ダメ先輩から現行犯で目撃された2人組は「投げていない!」とシラをきり続けたのだが、「あんた達の前には女の子がいたがね!!その子めがけて投げたでしょうが!」とダメ先輩も反撃!

惚けまくる2人にブチキレたダメ先輩もプッツン状態!

「おじさんは興信所の者だけど、ビデオで全部撮影してあるから……他の証拠と書類を持って警察に行くから惚けるなら最後まで惚けなさい!」

「話を大きくしたくないと女の子の家族は言ってたけど、あんた達はウソつきだから警察で捜査してもらうが!」

2人の顔が段々……青くなっていく……

さらに畳み込むダメ先輩!「もういいが!学校にも報告するから……警察から親には電話して大至急呼んでもらうから!110番するから逃げなさんなよ!」

「他のイジメも全部バレてるからね!」


……ここで完全に白旗が上がった!

2人組が「警察に行く前に親を呼んでいいですか?」……と尋ねて来たので「呼びなさい!」と返した。


2人組の母親と父親1人が待ち合わせ場所に慌ててやって来た。

こっちも母親を呼んだのだが、話をしたくないから代理で話をして欲しいと頼まれ、結局はダメ先輩が相手の親と話す事になった。


最初は何が何だか意味が分からなかった相手の親も、コピーこそ見せなかったものの、遺書まで書いて苦しんでいたんだと伝えたところ、ビックリしてひたすら頭を下げっぱなしだったようだ。

歯切れが悪かった2人組も、最後は全て白状して泣きながらの謝罪……

2人組は女の子がそんなに悩んでいるなんて分からなかったと言い訳をしていたが、それを聞いた2人組の母親が「逆の立場だったらどんな気持ちがするの!!」と大絶叫~


結局は被害者の親子が、二度とイジメがなければ、今回の問題はこれで終わりにしたいとの希望から、学校と警察には連絡しないことになったのだ。

ダメ先輩が一応念のために2度とイジメをしないと約束させ2人組に一筆書かせた。


……2時間の話し合いを終え解散することになった。

別れ際に2人組が泣きながら「本当にゴメンね!」と再度女の子に謝ったらしいのだが……ダメ先輩の不安は解消されなかったようです。

これで本当に大丈夫なのか?間違いが起こらないだろうか?……ダメ先輩は心配で心配でたまらなかったのだが、被害者家族が2人組の最後の言葉を聞いて安心したとのことだったので、それ以上くどくど言うのはやめたらしい。


今日も数日前に電車に飛び込み自殺をした女の子のニュースで流れていた。

自殺の原因はイジメだったようだ!

学校にも相談していたらしいのだが……手遅れだった……

イジメに気付いたら学校に頼るのも1つの手ではあるが、家族で体当たりで加害者サイドと話し合いをしてみるのも1つの解決方法かもしれませんね。

お役所仕事と一緒で、学校任せは時間だけがかかるんじゃないかな?って気がします。

イジメ問題は時間が勝負です!!


(=・ω・)/イジメモンダイワ ナカナカ ナクナラナイデスネ!
コンカイワ ハヤメニワカリ カイケツデキ ホントウニ ヨカッタデス!
チナミニ ケイタイデンワワ シバラクワ ガッコウニ モッテイカセルソウデス!

ダメ先輩が激怒!鹿児島市内の中学校でイジメ問題発覚!【後編】

先輩は待ち合わせ場所に走った!


到着するとそこには泣きまくっているお母さんと娘さんが待っていた。


一通り話を聞いたダメ先輩のボルテージは、怒りがMAXを振り切り……既に殺意に変わりつつあった!


「逆にクソガキの家族ごとイジメ殺してやる!!」

「今から担任とそいつらを呼び出しなさい!!」

「今日中にオジサンが解決してあげるから、仇をとってやるから心配するな!」

……母親は頷いているのだが……娘がそれだけは絶対にダメだ……嫌だと……しくしくと泣き続ける……

自分が我慢するから騒がないで欲しいと……泣いている……

スィッチが入ってしまった先輩は後には退けない精神状態に陥ってしまっている。

遺書を握り締め母親はひたすらワーワー泣いている。

……嫌だと言う娘……

……呼び出せと言う先輩……

……絶対に嫌だと泣く娘……

「呼び出すのが嫌なら、オジサンも明日から一緒に中学校に登校して授業を受けることにするから!」

「お母さんは死ぬほど心配してるんだよ!」

「遺書に書いてあった日付は明日だがね!!もう死ぬしかないと思ってたんでしょうが!」

……娘はうつむいたまま黙っている……

結局今回だけは娘の言い分を聞き、悪質イジメ実行犯のガキどもと、先生の呼び出しは中止することにしたのだ。

娘が言うには……以前イジメられていた子の親が学校と揉めたらしく、その後にイジメの形態が変わっただけで、もっと巧妙なイジメが続いたと言うのだ。

( ̄~ ̄;)……う~ん……

そんなのか……ガキのイジメは悪質で残酷なのだと……改めて知る事となった。

しかし、放置する訳にはいかないので、暫く登下校は先輩が送迎することにした。

それと携帯電話を学校に持って行かせるようにし、緊急事態が発生したら、母親ではなく先輩に直接電話でSOSを送ることに決めたのだ!


それにしても……娘の部屋から遺書とロープを発見した母親の心情を察すれば、何処を探しても……かけるだけの言葉は見つからない。

一歩間違えれば死んでいたかも知れぬ娘の姿を見て……どんな思いだったのだろうか……


なかなか無くならないイジメ問題……見えぬ所で苦しんでいる子供達がいるのだなぁ~と……今回改めて実感することとなった。


近日中に皆さんに近況をご報告したいと思う。


(=・ω・)/オンナノコワ ジテンシャニノッテ ロープヲ カイニイッタソウデス!

タマラナイ ハナシデス・・・・・

チナミニ ダメセンパイワ カンゼンニ セントウモードデス!

ダメ先輩が激怒!鹿児島市内の中学校でイジメ問題発覚!【前編】

今日のダメ先輩は怒り狂っていた!

どうやら知人の娘さんが、鹿児島市内の中学校でイジメの被害にあっているらしい。

昨夜遅くに母親から相談の電話が入ったらしいのだが、電話口で母親があまりにもワーワー泣き叫ぶので、急遽待ち合わせの場所に走って行った。


昨年から今年にかけて問題となった出水の女子中学生自殺問題で、暫くは教育委員会や学校もイジメ問題に対し真剣に取り組んでいたことから、陰湿なイジメも影を潜めていたのだが、最近またイジメが増えているようなのだ。

今回被害にあっている女子中学生は、「ウザイ」「キモイ」「死ね」「チクったら殺す」などと、連日罵られているらしい。

母親の話によると、夏休みが明けて9月末頃から家での様子がおかしくなったそうだ。

最初は年頃だからと思い、あまり干渉しないようにしていたらしいのだが、徐々に学校に行きたくないと言う回数が増えだし……体調が悪いと……毎朝訴えるようになった……

たしかに体重はどんどん減って痩せ過ぎって言うくらい痩せてしまったのだが、熱を計っても大丈夫だし……病院に連れて行っても問題ないと……

結局はダイエットのやり過ぎか、サボリ癖なのでは?と思い、無理やり学校に行かせていたらしい。


ところが!昨日娘の部屋に入り机の引き出しを開けてみたら!首吊りをするためのロープと遺書が出て来たらしいのだ!

本人はかなり思い詰めていたようで、便箋3枚に死ぬことを許して下さい……悲しまないで下さい……その他色々と書き綴っていた。

手紙の中には誰にイジメられていたかという事は、一言も書いてなかったらしい。

慌てた母親は娘の帰りを待った。

帰って来たら何から話していいか分からず……ただひたすら……ずっと泣き続け帰りを待っていた。

ようやく娘が帰宅したので話を聞こうとするのだが、娘は口を開こうとしない……

原因が判明したのは、話を始めて3時間が経過し頃だった。

娘から話を聞くと9月中旬頃からイジメが始まったらしい。

最初は無視される程度だったが、徐々に「ウザイ」「キモイ」「死ね」「チクったら殺す」と罵られ……学校のイスにツバを吐かれたり……登下校の際も待ち伏せされ、後ろから制服にツバを吐きかけられたり……酷いイジメは続いた。

自分たちがツバを吐きかけたのに……「空からカラスがゲロをした~」「キモイ」「ゲロ臭い」「死ね」……

まさに……生き地獄だったと思う。


興奮した母親が「先生に連絡する」と、言ったのだが……絶対にダメだと娘が言い張ったらしい。


どうしていいか分からず……悩んだ末にダメ先輩に電話をかけたのだ!


続く!

(=・ω・)/トンデモナイ ハナシダヨ!
イジメジャナク カンゼンニ ジケンダロ!
コノツヅキワ アシタデス!
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR