FC2ブログ

前編・奄美大島の建設ラッシュは全てが蜃気楼・・・ハチマキ巻いて頑張っている下請け会社がポイ捨てされる日は近い・斬り捨て御免は当たり前【奄美市大熊・瀬戸内町】

前編・奄美大島の建設ラッシュは全てが蜃気楼・・・ハチマキ巻いて頑張っている下請け会社がポイ捨てされる日は近い・斬り捨て御免は当たり前【奄美市大熊・瀬戸内町】

20181219002026827.png


やっぱヤバいようです。

Click→→2018/12/11・超党派議連 奄美の宝を次世代に繋ぐ会?奄美の宝って何?綺麗事は聞き飽きました!・・・防衛省発注の建設現場 工期は間に合いますか?【超党派協議 奄美の宝を次世代に繋ぐ会・防衛省 熊本支局】

防衛省発注の建設現場ですが、やはり3月末までに完成しないのではないかとの噂が飛び交っています。

つい先日まではバタバタという言葉で済むレベルでしたが、既にそのレベルを通り越し、現在は触覚をなくした虫のように右往左往している状態だとか・・・

小学生が夏休みギリギリになって宿題に追われるのと同じパターンですね。

そもそも何故そのような状態に陥ったのか?

答えは簡単。

取れる仕事を欲張って取りすぎたってことでしょうね。

普通は余程のことがない限り工期ギリギリに完成させることなどないはずです。

それなりの建設会社であれば多少の工期を残し余裕を持って完成させる。
国の仕事ならなおさらだ。

にもかかわらず防衛省発注の現場は・・・・・

早めに下請け会社にでも応援要請かけとけば良かったのにね。

欲深かさが災いしたって感じかな。

発注者である防衛省ならびに施工業者はせめて3月末までには外観だけでも完成させたいと考えているようですが、果たして見た目 外観が整ったからと言って「完成」と言えるのか?・・・疑問ですね。

聞くところによると一部の元請け業者は早い時期から島外から働き手を集め余裕を持って作業を進めていたようですが、「どうにかなるだろう病」に罹患している建設会社は見ての通りの有様です。

信頼関係ってのかなぁ〜
「困った時はお互い様だよ!」と、協力し合える会社を持っているか・・・また、いざという時に人を集められるかが勝負の分かれ道。

まぁ〜今の建設業界を見ていると、下請け業者なんて利用してなんぼ!みたいな考えを持つ経営者が多いからね。

昔の土木会社の親方は鶴田浩二の世界じゃないけど義理と人情を持って仕事をしていましたが、昨今の建設会社は全てがそろばん勘定のみ。

「あの建設会社は下請け会社や協力会社の面倒をよくみる」だなんて話は稀。

以前であれば協力会社の面倒を見てやるのが当たり前だったが、経営者が2代目・・・3代目と移り行く中、もちろん時代背景もあるだろうが、義理人情などの浪花節的発想は綺麗さっぱり消え去ったと言える。

それが今の建設業界。

現在、奄美大島は建設ラッシュに沸いているが、おそらく年度末を過ぎると元請けからサヨウナラ・・・バイバイを告げられポイ捨てされる下請け会社が続出するだろう。

数カ月先に見える末路を考えると、自社で落札出来る入札を蹴ってでも大手建設会社に協力する様はある意味滑稽だとも言える。

使い捨てされる・・・捨てられるかもしれない・・・いや・・・捨てられるだろうと思いつつもひたすら汗を流し働き続ける。

数年後 弱小企業のその多くは消え去ることになる。

結局のところ生き残るのは大手建設会社と親方に恵まれた・・・いわゆる面倒見のいい会社の下についている建設会社だけでしょうね。

ポイ捨てされた会社の中には、上手に使われた・・・従業員を抱えている以上 上手に使われたでは済まない会社も出て来るに違いありません。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





鹿児島の建設会社?汚泥の不適切処理?・・・JR鹿児島中央駅前 中央町19・20番街区市街地再開発事業・苦情問い合わせ・竹中工務店社員の地域住民に対する対応は社の方針なのか?竹中統一会長の教えなのか?【鹿児島県建設業協会加盟社関連・竹中工務店・三菱地所設計・東條設計】

鹿児島の建設会社?汚泥の不適切処理?・・・JR鹿児島中央駅前 中央町19・20番街区市街地再開発事業・苦情問い合わせ・竹中工務店社員の地域住民に対する対応は社の方針なのか?竹中統一会長の教えなのか?【鹿児島県建設業協会加盟社関連・竹中工務店・三菱地所設計・東條設計】
201812012144193d7.jpg

数日前おかしな話を耳にした。

鹿児島市内に本社を置くとある建設会社が汚泥の不適切処理で役所の立入検査を受けたのではないかというものだった。

しかも、数千万円のペナを課せられたとか・・・

数千万円のペナってことはごまかしていた産廃税を徴収されたってこと?

それとも廃棄物処理法違反で摘発された?

ここ最近、産廃業者の摘発等の報道がないことを考えれば産廃税のインチキという可能性が高い。

どこの建設会社のことなのか?

噂どおり役所が立入検査したのか?

数千万円のペナを課せられたのか?

それと・・・仮に汚泥の不適切処理をしていたことが事実であれば、何処の現場から排出された汚泥なのか?

火のないところに煙は立たないって言うし、何かしらおかしなことがあったことは間違いないだろう。

この噂に関する情報をお持ちの方がいらっしゃったら是非ともコメント宜しくお願い致します!

そうそう!汚泥で思い出しました!
つい先日一本のメールが届きました。

メールの内容はと言うと・・・鹿児島中央駅前の再開発現場に関する話。

鹿児島中央駅前の再開発現場と言えば、鹿児島市中央町19・20番街区市街地再開発現場のことだ。

現在工事中であるその建設現場に大型ダンプカーが出入りしているのだが、現場でダンプカーに積み込んだ汚泥?土砂?を運び出す際に、汚泥が歩道から道路にかけてこぼれ落ち近隣の住民が迷惑しているとのこと。

ダンプカーに積み込んだ汚泥をどこに運び出しているのか分からないが、現場周辺のみならず西田町や鷹師町、原良町の道路にも汚泥を落としているらしい。

つい先日、雨が降っていた日も、晴天時と変わりなくダンプカーが工事現場から土砂を搬出していたそうだ。【追記・12月3日 鹿児島市内は午後から雨天。ちなみに今日も鹿児島市中央町19・20番街区市街地再開発現場では赤色のダンプカーが稼働していた】

雨が降れば当然土砂も緩くなりダラダラとこぼれ落ちる始末。

見るに見かねた近隣住民が三菱地所、東条設計、竹中工務店に苦情を申し出たところ、三菱地所と東条設計の対応はよかったようだが、竹中工務店は最悪な対応だったとのこと。

三菱地所と東条設計は、担当者に連絡を取り直ぐに現場に確認すると丁寧に対応したが、竹中工務店の鹿児島支店に電話し「ダンプカーから土砂がこぼれ落ち道路が汚れている」「雨の日の汚泥や土砂の搬出は控えるべきでは?」「歩道や道路が汚れるから雨の日の搬出は制限すべきでは?」と問い合わせたところ、竹中工務店の社員いわく・・・「雨の日にダンプカーで土砂や汚泥を運搬してはいけないという決まりはない!」との回答。

決まりがない?

決まりがあるとか無いとかの問題ではなかろう。

1兆3000億を売り上げる企業ともなれば何を言っても構わないと考えているに違いない。

CEOの竹中統一会長の教えなのか?

地域住民をバカにしているとしか思えない。

今回の建設現場は公共工事のように発注者が厳しくないだろうが、例え民間工事であれ近隣住民に対しては公共工事の現場と同等の配慮をすべきである。

公共工事の現場での苦情だったら同じように「決まりはない」と胸を張って言い放ったであろうか?

鹿児島中央駅前は多くの車両が行き交う、言わば鹿児島の正面玄関である。

勿論、県外からの観光客やビジネスマン、多くの学生がJRを利用することから人の往来も多い。

そのような地域で大型工事を行う場合、地域住民は勿論のこと行き交う市民からも一定の理解を得ながら工事しなくてはならない。

当たり前の話である。

にもかかわらず、「決まりはない」と言い放つ様は竹中工務店の企業としての品位を疑いたくなる発言であり、建設業者としての資質をも疑ってしまう。

近隣住民いわく「竹中工務店は口の利き方も知らないよそ者業者」「二度と中央駅周辺地区で新規の工事はさせたくない」「次は反対する」とのこと。

竹中工務店に対しかなりご立腹の様子だ。

ふと思ったのだが、現在の工事現場の斜め前にある鹿児島中央ターミナルビルは、以前は南国日生ビルでしたよね。

南国日生ビルを解体し新たに建設されたビルが鹿児島中央ターミナルビル。

この建て替え工事の際に建設現場で死亡事故が発生しませんでしたっけ?

たしか・・・労災事故で作業員が死んだ・・・そのような記憶があるのですが・・・

鹿児島中央ターミナルビルの施工業者は?

まさかとは思いますが竹中工務店じゃないよね?

ちなみに鹿児島労働局の労災事故記録を調べて見ました。

鹿児島中央ターミナルビルは着工2010年5月、竣工2012年4月5日となっていたことから、2010年〜2012年の労災事故をチェック。

鹿児島労働局の「平成22年 業種別死傷災害発生状況(確定版)」を調べたところ以下の事故が発生。

201812012046140dc.jpg

平成22年8月21日・・・地上14階地下1階建てビルの新築工事現場 において、基礎杭打設用の立坑内の泥水置換 に使用した泥水排出用鉄製パイプ(長さ約11メートル、直径15センチメートル、重量約175キログラム)1本をクローラクレーンで坑内から吊り上げ、同パイプの端を地面に接地させ並べようと した際に、同パイプを玉掛けしたワイヤロープがフックから外れ、倒れてきた同パイプが被災者に当たった。

・・・・・鹿児島中央ターミナルビルは地上14階地下1階建てです。

この事故こそ鹿児島中央ターミナルビル建設現場で発生した事故なのでは?

労災事故が発生した建設現場はどこの建設会社が施工したのでしょうか?

仮に竹中工務店だとしたら・・・

ある意味納得。
なるほどねって気がします。

PS・・・JR鹿児島中央駅前 中央町19・20番街区市街地再開発事業に関する苦情、竹中工務店の施工現場での苦情等がございましたらご一報宜しくお願い致します。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





労働安全衛生法違反の疑いで奄美大島 宇検村の中村建設を書類送検!【鹿児島県 建設業関連】

労働安全衛生法違反の疑いで奄美大島 宇検村の中村建設を書類送検!【鹿児島県 建設業関連】

201809220020319dd.png

宇検村って言えば以前も土捨場で死亡事故がありましたよね。

またしても奄美大島の宇検村平田の工事現場で労災事故発生。

高さ25メートルののり面(山の傾斜地)で木の伐採作業をしていた作業員が転落し頭部や右足首などを骨折したとのこと。

この作業員は特別教育(ロープを使用した高所作業に必要な教育)を受けていなかったようです。
また、当日は安全帯を使用せずに作業に従事し、結果今回の転落事故が発生しました。

Click→→平成27年8月5日・基発0805第1号・都道府県労働局長あて厚生労働省労働基準局長通知・ロープ高所作業における危険の防止を図るための労働安全衛生規則の一部を改正する省令等の施行について

報道によると、「消防からの通報で発覚した。」とのことですが、消防からの通報?発覚した?・・・・・???

おそらく事故を起こした現場は鹿児島県もしくは宇検村発注の公共工事現場ではないかと思うのですが・・・・・

確かに事故が発生した場合、先ずは負傷者を搬送するため119番に通報しますが、公共工事を受注する業者には事故発生後速やかに発注者に対し事故の報告することが課せられているのでは?

事故後直ちに発注者に連絡したのでしょうか?
「消防からの通報で発覚した」とありますが、中村建設は労基署と発注者へ報告しなかったのでしょうか?

とにかく「消防からの通報で発覚した」という言葉が気になります。(注・事故は1月25日に発生しています。約8ヶ月前の事故です。)

まさかとは思いますが、消防からの通報を受けるまで労基署や発注者が事故を知らされていなかったということになれば、労災隠しの疑いもかけられることになるでしょう。

【労災隠し】Click→→
労働新聞社・2018/9/10・奄美大島酒造を送検 「高倉」など製造販売 代表取締役が労災かくし 名瀬労基署

この手の話でよくあるのが「報告が遅れました」というオトボケパターン。

1〜2ヶ月報告が遅れたは通用しても、それ以上については厳しく取り締まるべきです。

そうでなきゃバレなきゃラッキーみたいな建設業者をのさばらせることになりかねません。

今回の事故が適正に報告されたか否かは分かりませんが、仮に報告に数ヶ月というタイムラグが生じていた場合、例え労基署が軽い処分を下したとしても発注者である自治体は過去の事例がどうのこうのと時代錯誤的な判断を下すことなく、時代に沿った処分を下すべきでしょう。

Click→→
鹿児島県ホームページより・鹿児島県建設工事等有資格業者の指名停止に関する要綱

談合まみれの入札を繰り返す奄美大島 宇検村・・・また、談合を見て見ぬ振りをしてきた宇検村・・・発注者と受注者がその程度の仕事しか出来ないから労災事故が頻発するのでは?と言われても仕方ないのではなかろうか?

【宇検村での労災事故】Click→→
労働新聞社・2017/8/14・安全帯を適切に使用させず労災 土木工事業社を送検 名瀬労基署・事故現場 宇検村

これまでも現場作業員がヘルメットや安全帯を着用していないという情報は多々ありましたが、案の定労災事故が発生しました。

今回の事故は起こるべくして起きた事故だったと言えるでしょう。

ちなみに・・・驚くなかれ死亡事故が発生しても鹿児島県は指名停止期間がメチャクチャ甘い!

【鹿児島県ホームページ・平成29年度 指名停止措置業者一覧表から転載】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社ツカサ
阿久根市
(株)ツカサは,平成28年9月29日,県発注の「平成28年度森林管理道改良阿久根中央線1工区」の現場において,同社現場責任者が,作業員に高さ8,5mの法肩で伐採関連の作業を行わせる際に,安全帯を使用させる等の墜落防止措置を講じず,作業員が法肩から墜落し死亡する工事事故を発生させた。

このことで,同社及び同社現場責任者は,労働安全衛生法違反(墜落防止措置義務違反)で出水簡易裁判所から,それぞれ罰金20万円の判決を受け,その刑が確定した。

指名停止期間・・・2017年8月2日〜2017年9月1日(1月間)

Click→→
鹿児島県ホームページより・平成29年度 指名停止措置業者一覧表

人が1人死んでもわずか1ヶ月の指名停止で済むだなんて信じられません。

【注・鹿児島県指名停止要綱 別表第1 事故等に基づく措置基準・措置要件(5)ウ・当該県工事等の工事関係者に死亡者又は負傷者を生じさせたとき。指名停止期間・事実を認定した日から 1月以上 12月以内と定められている。にもかかわらず死亡事故で1ヶ月???】

発注者がこのレベルの感覚!

こんなんじゃ労災事故が無くなる訳ありませんよね。

とにかく奄美大島 宇検村は労災事故の多発地区です。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





ゼネコン 大林組 清水建設 リニア中央新幹線工事をめぐる談合認める・・・宮城県栗原市建設部次長 佐藤義夫容疑者 官製談合で逮捕・・・【なくならない談合事件・大林組・清水建設・大成建設・鹿島建設】

ゼネコン 大林組 清水建設 リニア中央新幹線工事をめぐる談合認める・・・宮城県栗原市建設部次長 佐藤義夫容疑者 官製談合で逮捕・・・【なくならない談合事件・大林組・清水建設・大成建設・鹿島建設】
20180713122434d09.png


リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)罪に問われた大林組と清水建設の初公判が東京地裁で開かれました。

大林組と清水建設両社の担当部長が出廷し、いずれも「間違いありません」と起訴内容を認めました。

Click→→朝日新聞・2018/7/10・大林組と清水建設が起訴内容認める リニア談合初公判

東京地検特捜部は、大林組と清水建設のリニア担当者については、談合に関わったが容疑を認めていることなどから個人については不起訴(起訴猶予)とし、法人のみを起訴したそうです。

ちなみに、容疑を否認していた大成建設と鹿島建設については担当者及び法人を起訴。

素直に認めた大林組と清水建設のリニア担当者は不起訴・・・認めていない大成建設と鹿島建設の担当者については起訴・・・2社の担当者が完落ちしちゃったからには、例え容疑を否認したとしても既に起訴されていることから有罪判決が下される可能性は大ですね。

検察は起訴した両名について無罪判決の可能性があると判断すれば処分保留にしていたはずです。
起訴したということは有罪に持って行く自信があったということ。

日本は起訴されたら99,9%の確率で有罪。

起訴された社員は天下のスーパーゼネコン 大成建設と鹿島建設によって前科一犯の犯罪者にされちゃうかもしれないってことです。(判決が出るまで分かりませんが・・・)

素直に認めていたら不起訴もしくは処分保留だったのにねぇ〜

大成建設と鹿島建設は逃げ切れるのでしょうか?

最高裁まで争うなんて噂もあるくらいですから、検察と最後まで戦うつもりなんでしょうね。

最終的に無罪を勝ち取ればそれに越したことはないとお考えなのでしょうが、仮に有罪判決が確定した場合、スーパーゼネコンとしての立場と言うか・・・企業としての面目はどう取り繕うつもりなのでしょうか?

って言うか・・・そもそもこんなんで上場企業って言えますか?

株価が極端に下がっていないところを見ると、ひょっとすると一部の株主は談合してでも利益出してくれ!なんて考えていたりして(汗)

ここから先は業界あるある話ですが、どうなんでしょう・・・大成建設、鹿島建設と深い繋がりがある代議士がいるとするならば、今ごろ触覚がとれた虫みたいにバタバタしているかもしれませんね。

それにしても談合なくならないねぇ〜

なくならないってことは刑罰が甘すぎるから舐めてかかっているのでは?

不正競争入札とか言ってますが、要するに税金を食い物にした・・・パクったのと一緒ですよね。

談合で得る金は個人の金ではなく公金を詐取して得た金。

笑いますよね。

そう言えば・・・宮城県栗原市でも官製談合で栗原市の幹部職員が逮捕されてましたね。

宮城県栗原市の複合施設の改修工事入札で、業者側に設計価格を漏らしたとして、官製談合防止法違反などの疑いで、栗原市建設部次長の佐藤義夫容疑者を逮捕。

他は、公契約関係競売妨害の疑いで設備会社専務米倉智章、建設会社代表白鳥泰行の両容疑者を逮捕。

逮捕容疑は複合施設「くりはら交流プラザ」の老朽化に伴う改修工事の一般競争入札の際、栗原市建設部次長の佐藤義夫容疑者が、設備会社専務の米倉智章容疑者に設計価格を漏らしたとされています。

米倉容疑者は白鳥容疑者に伝え、同容疑者の会社に最低制限価格と同額で工事を落札させた疑い。

この次長さん懲戒免職で退職金が減額になるでしょうねぇ〜

余罪が出なきゃいいのですが、他にも絡んでいる職員さんがいたら勾留期間が長くなるかもしれませんね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





談合事件はなくならないねぇ〜福岡県 鞍手町 徳島真次町長を談合容疑で逮捕・日興コンサル・太平設計・・・東京・青梅市が発注した道路工事を巡り談合?青梅市 建設業協会長 建設会社「酒井組」

談合事件はなくならないねぇ〜福岡県 鞍手町 徳島真次町長を談合容疑で逮捕・日興コンサル・太平設計・・・東京・青梅市が発注した道路工事を巡り談合?青梅市 建設業協会長 建設会社「酒井組」
20180710130825b52.png

福岡県鞍手町発注の下水道業務を巡り入札情報を漏らしたとして、福岡県警捜査2課は7月9日、鞍手町長、徳島真次容疑者を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。

また、北九州市のコンサルタント会社「日興コンサルタント」社員で元鞍手町議の福本浩文と、「太平設計」役員の池田啓幸の両容疑者を逮捕。

鞍手町長である徳島容疑者の逮捕容疑は2015年7月15日に鞍手町が実施した下水道設計業務2件の指名競争入札に絡み、2015年7月上旬ごろ、非公表の予定価格と最低制限価格を教えるなどしたとしている。

業務は日興コンサルが1402万円、太平設計が1945万円で、それぞれ最低制限価格に近い価格で落札。

徳島、福本両容疑者はともに1995~2002年ごろ鞍手町議だったそうです。

徳島町長と顔見知りだった元町議でコンサルタント会社役員と現職町長の癒着の構図ですね。

設計業務を受注するコンサルタント業者や設計業者に最低落札価格を漏らす手口は官製談合でよくあるパターン。

今回の官製談合事件は最低制限価格でのせめぎ合いかぁ〜

ボク的には今回の官製談合事件より、満額に近い価格で落札を繰り返す業者間での談合のほうが悪質だと思うのですが・・・・・

警察は業者間での談合は摘発しても手柄にならない・・・捜査に時間がかかるだけ無駄・・・と考えているフシがあります。

官側が絡む官製談合は業者間での談合よりインパクトが強いうえ、官側(発注者)の者を逮捕出来る滅多にないチャンス・・・それだけポイントが高いということ。

競争入札で96%以上で落札した場合、その9割が談合の可能性大です。

鹿児島も笑えるような入札が日々繰り返されています。
そして、先に述べた通り鹿児島県警も同様に業者間での談合事件なんて捜査もしなけりゃ興味もない。

逮捕検挙率を上げるために窃盗事件や覚せい剤事件、交通違反などの起訴率の高い犯罪摘発に日々励んでいるということです。

先日、東京・青梅市が発注した道路工事を巡り、談合を主導したとして、市内の建設会社社長の男が警視庁に逮捕されました。

談合の疑いで逮捕されたのは、青梅市の建設業協会の会長で建設会社「酒井組」の社長、酒井政修容疑者です。

酒井容疑者は去年4月に青梅市が発注した道路の改修工事の指名競争入札で、入札前に他の6つの指名業者と入札価格を調整するなど談合を主導した疑いが持たれています。

入札では「酒井組」がおよそ1億円で落札しましたが、落札率は、事前に公表されていた予定価格の99パーセントを上回っていました。

協会長の酒井が談合の仕切り役となり自社で落札したというパターン。

落札率が99%を超えていたから談合の可能性があったと言わんばかりの報道ですが、それはちとばかり違うと思いますよ。

入札の指名メンバーから外された業者もしくは指名メンバーからの情報に基づき逮捕に踏み切ったというのが正解でしょう。

警察はある程度裏が取れなきゃ動かないからね。

談合に関して言えば、警察はもちろんのこと公正取引委員会すら伝聞的な供述や統計学的な視点からの告発は99,9%採用しない。

要するに・・・「あっそうですか!ふ〜ん・・・分かりました」このレベル対応。

限りなく100%に近い落札率の入札をその都度捜査するようなことになれば鹿児島なんて・・・笑・・・笑・・・週に数回のペースで逮捕者が出ちゃうww

逮捕者が出ないということはハードルが高い捜査には進んで手をつけようとしないってことの表れ。

それよりもチャリンコ盗んだり、ショッピングモールで盗みを働いた者を検挙するほうが楽ってことななのでしょう。

まぁ〜談合情報に関しては警察や公正取引委員会に通報するより、発注者もしくは新聞社へ実名での告発をお勧め致します。

あっ!そうそう!発注者や新聞社以外にも告発を受け付けるところがありました!

意外と鹿児島暴露クラブのほうがためになるかもしれませんよ。

談合情報をお持ちの方、業界の不正に憤りを感じていらっしゃる方!是非とも当ブログへ情報提供お願い致します。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





鹿児島県建設業協会 野添会長体調不良で辞任!新しく選ばれたのは藤田建設興業社長 藤田護氏・・・馬毛島・米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地

鹿児島県建設業協会 野添会長体調不良で辞任!新しく選ばれたのは藤田建設興業社長 藤田護氏・・・馬毛島・米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地・鹿児島 海上工事談合事件
201807091234244f5.png

5月18日に就任したばかりの鹿児島県建設業協会の協会長さんが健康上の理由から辞任したそうです。

8期16年鹿児島県建設業協会の会長を務めた川畑氏(南生建設)からバトンタッチしたばかりだったのですが・・・

健康上の理由とのことですが、体調は大丈夫なのでしょうか?

ちなみに体調不良で辞任した後を引き継いだのは、元協会副会長で種子島の藤田建設興業社長の藤田護氏。

離島の方が協会長になるなんて初めてでは?

離島で仕事していても協会の仕事も両立出来ますよ!・・・お任せ下さいってことですね。

ちなみに南生建設(元の建設業協会会長会社・代表 川畑俊彦氏)、今回新しく会長に就任した藤田建設は過去に海上工事談合事件で公正取引委員会の立入り検査を受け課徴金を支払っています。

Click→→日本経済新聞・2010/11/9・鹿児島工事談合 公取委、27社に課徴金14億円

事件について少しだけ触れておきます。

公正取引委員会が談合と認定した契約は、2006年4月1日~2009年11月4日までの間に県が発注した港湾、漁港整備工事462件約555億円のうち、約9割に当たる412件約497億円について認定。

2006年11月5日以降の契約分311件約363億円の入札分を対象とし、公正取引委員会は契約額などを基に14億4,054万円を算定した。

2006年から2009年までの約3年間に渡り、412件の入札で談合って凄くないですか!

業者も業者ですが、発注者の鹿児島県にも罪はありますよね。

気付かなかったで済む話ではありません。

まぁ〜発注者なんてこのレベルです。
どうせ俺たちの懐から出る金じゃない・・・所詮は税金だろ・・・予定価格を下回り際すれば俺たちの仕事は問題ないじゃ〜ん。

そりゃそうですよね。

県のOB(幹部職員)が大手建設会社やコンサルタント会社に天下っているんですから、元の上司の天下り先に文句どころか疑惑の目すら向けられないのは構図上あたり前の話。

指名停止対象業者の中に藤田建設興業(株)、南生建設 (株)が含まれていました。

あと・・・今回辞任した野添氏の会社なのでしょうか?
(株)野添組という建設会社も海上工事談合で立入り検査を受けています。

仮に野添組イコール野添氏であるならば、まさに海上談合グループが三期連続で鹿児島県建設業協会の会長に就任したことになります。

要するに鹿児島県建設業協会のトップに就任するには、企業と経営者のモラルより企業の持つ裏の力が求められている・・・ということになるのかもしれませんね。

さてさて・・・今回新たに藤田氏が協会長に就任しましたが、藤田建設興業は熊毛地区 種子島にある建設会社だと報じられています。

そこで ちとばかり一抹の不安と言うか・・・ひょっとしたら的な予感が・・・タイミングと言うか・・・

Click→→
朝日新聞DIGITAL・2018/6/27・馬毛島所有会社に破産開始を申し立て 国は買収を計画

鹿児島県の西之表(種子島) 馬毛島に土地を所有する東京の開発会社「タストン・エアポート」が、債権者から同社の破産を東京地裁に申し立てられていたことが6月27日に分かったそうです。

地裁は6月15日付で保全管理命令を出し、会社側の意見も聞いた上で破産手続き開始の可否を判断する。

馬毛島は米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)の移転候補地で、防衛省は破産手続きが進めば競売が行われる可能性が高いとみて購入額を精査する作業に入った。

・・・・・絶妙なタイミングだと思いませんか?

気のせいでしょうか?

地裁は6月15日付で保全管理命令→→→→→5月18日野添氏が鹿児島県建設業協会長に就任→→→→→→6月27日に債権者から同社の破産を東京地裁に申し立てられていたことが判明→→→→→→先週、野添氏が体調不良で辞任→→→→→種子島の藤田建設興業社長の藤田氏が新たに鹿児島県建設業協会長に就任・・・・・

まぁ〜気のせいだとは思うのですが・・・馬毛島が関係あるのかなぁ〜と、フト気になったところです。ハイ。

馬毛島に関しても情報が入り次第ご報告したいと思います。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





第1弾!ゼネコン準大手 フジタ1ヵ月の指名停止・・・農林水産省 東北農政局職員が東日本大震災の復旧土木事業入札情報漏えい!フジタに天下りした農林水産省OB大活躍!フジタは大和ハウス工業の子会社じゃなかったっけ?

第1弾!ゼネコン準大手 フジタ1ヵ月の指名停止・・・農林水産省 東北農政局職員が東日本大震災の復旧土木事業入札情報漏えい!フジタに天下りした農林水産省OB大活躍!フジタは大和ハウス工業の子会社じゃなかったっけ?
2018070112535352c.png

先月の6月22日、農林水産省は東北農政局職員が東日本大震災の復旧土木事業入札関連情報を漏らしたとして管理職の職員を免職処分にすると発表しました。

Click→→農林水産省ホームページより・2018/6/22・東日本大震災復旧工事に係る公正取引委員会からの申入れを踏まえた再発防止策等について

漏えい問題に関与した職員1人免職、職員3人を1~6カ月の停職などとする懲戒処分。

公正取引委員会は農林水産省 東北農政局職員による入札情報の漏えいを農林水産省に指摘し再発防止のための対応などを申し入れていた。

農林水産省の調査によると、処分を受けた職員のうち1人は、建設会社に就職した農林水産省OBとゴルフを行った際、送迎の謝礼として1万4000円相当の金券を受け取ったことが判明した。 

東京に本社を置くゼネコン準大手のフジタを1カ月の指名停止にしたとのことですが、正直言って甘過ぎるような気がするなぁ〜

現職の農水省職員がOBに情報漏らした今回の事件、まさに典型的な情報漏えいの構図と言えますね。

それにしても出世の道が途絶えた4名はマジ悲惨 涙

OBから頼まれ断れなかったんだろうなぁ〜

って言うか・・・今回の問題でOBさんは会社からどのような処分が下されたのでしょうか?気になりますね。

農水省の職員が複数名処分されたことを考えればOBさんも当然クビかな?

フジタもそのくらいの企業コンプライアンスは持っているでしょうね。

って言うか・・・ゼネコン準大手ならそのくらいの空気読めなきゃダメだよね。

あっ!そう言えばフジタって大和ハウス工業の子会社じゃなかったっけ?

ちなみにその大和ハウス工業も今年2億7600万円の申告漏れが問題となりました。

当時の報道によると・・・・・東証1部上場の大和ハウス工業(大阪市北区)は大阪国税局の税務調査を受け、2017年3月期までの2年間に計約2億7600万円の申告漏れを指摘されたと発表した。

うち約3100万円は所得隠しと判断され、追徴税額は重加算税(約300万円)を含め、約8300万円。

大和ハウス工業によると、大型開発プロジェクトで、未完成の工事にかかった外注費など経費の一部を既に完成した工事に決算期をまたいで付け替えていた。

また、別の造成工事についても、原価の計上ミスがあったという。

大和ハウス工業は「見解の相違があったが、改善すべき点もあると判断した。再発防止に努めたい」としている。

見解の違いですか・・・なるほど。

ちなみに・・・大和ハウス工業のIRをチェックしてみました。(注・IR『Investor Relations』とは、投資家向けの広報活動のこと。)

今回の所得隠しについては確認出来ませんでしたが、子会社 フジタに関する掲載がありました!

平成30年6月14日付け「子会社に対する公正取引委員会からの排除措置命令について」

以下、大和ハウス工業IRより。

「当社の連結子会社の株式会社フジタは、農林水産省東北農政局が発注する土木工事一式の入札に関して、 独占禁止法違反の疑いがあるとして、平成 29年 4月 4日に公正取引委員会の立ち入り検査を受け、 同委員会による調査に全面的に協力してまいりましたが、本日、同委員会より下記のとおり排除措置命令 を受けましたので、お知らせいたします。
本件に関しまして、株主の皆様、お客様をはじめ関係者の皆様には多大なご迷惑、ご心配をおかけして おりますことを、深くお詫び申し上げます。
当グループとしましては、このたびの命令を厳粛に受け止め、再びこのような事態を招くことのない よう、今後、より一層コンプライアンス体制の強化と再発防止策の徹底を図り、全社をあげて信頼の回復に努めてまいります。」

・・・・・より一層コンプライアンス体制の強化と再発防止策の徹底を図り、全社をあげて信頼の回復に努めてまいります・・・・・フムフム・・・・・そりゃそうだろな。

是非とも信頼回復に努めていただきたいものです。

話はコロリと変わりますが、つい先日何とも不可解な情報を入手しました。

ゼネコン準大手 フジタに関する問題です。

現在、精査中ではありますが、これが事実ならとんでもない話なのかな・・・と・・・考えている次第です。ハイ。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





疑惑追及シリーズ続報!不法埋却追加画像!世界自然遺産登録間近の奄美大島で産業廃棄物不法埋却!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

疑惑追及シリーズ続報!不法埋却追加画像!奄美大島で産業廃棄物不法埋却!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

20180516112808e07.jpg
【提供資料につき無断転載禁止】
20180516112848cee.jpg
【提供資料につき無断転載禁止】

Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

Click→→
2017/11/3・速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】

Click→→
2017/11/6・速報続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

Click→→
2017/11/9・管理人の独り言

Click→→
2018/1/16・続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!産業廃棄物がまたまだ埋まっている?産業廃棄物処理法はザル法?【鹿児島県 奄美大島】

Click→→
2018/2/22・えっ?奄美市 崎原地区に予定されていた産業廃棄物処分場建設が事実上中止?【情報求む】

Click→→
2018/4/28・管理人の独り言・・・奄美大島 奄美市 産業廃棄物不法埋却事件について

Click→→
2018/5/2・疑惑追及シリーズ続報!世界自然遺産登録間近の奄美大島で産業廃棄物不法埋却!まだまだゴミが埋まっているとの情報キャッチ!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

いくら何でもこりゃ〜酷すぎる。

送られて来た画像を見て目が点になった。

写真に写っているのは公共工事で使用したと思われる建築資材の空のビニール袋やホースなどである。

この写真を建設業関連で働いている知人に見てもらったところ、知人いわく「この業者は法面(のりめん)工事やっているんじゃないかな?」とのことだった。

確かに今回不法埋却に手を染めた建設会社は法面工事なども請け負っていると聞いている。

総合的に判断すると法面工事で排出された産業廃棄物を持ち帰り、適切処理せず穴を掘って埋めちゃった・・・まぁ〜現場の状況からしてほぼ間違いないでしょうね。

取り締まりを行なう上で様々な法律や条例等があるかとは思いますが、それらのルールが得てして効力はもとより抑止力にさえなっていない気がしてなりません。

不適切処理を指摘されたならば(発覚した場合)「ハイハイ!申し訳ございませんでした」「指導に従いキチンと処理いたします」「二度とこのようなことは致しません」と言えばお咎めなしで一件落着になるケースが多い。

いや・・・ケースが多いではなく、ほとんどが原状回復で何事もなかったかのように済まされる。

公共事業に参加していようがペナルティーすら科せられないのが現状です。

これって問題だと思うんだよね。

デタラメなことをやる建設会社が公共事業の入札に参加出来ること自体間違っている。

観光県を目指す?
世界遺産登録を目指す?

鹿児島県が取り組むべきは、既存の法律とは別に鹿児島県独自の条例を制定し「条例違反」で処分を下せるようにすべきではなかろうか?

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





疑惑追及シリーズ続報!世界自然遺産登録間近の奄美大島で産業廃棄物不法埋却!まだまだゴミが埋まっているとの情報キャッチ!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

疑惑追及シリーズ続報!世界自然遺産登録間近の奄美大島で産業廃棄物不法埋却!まだまだゴミが埋まっているとの情報キャッチ!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

20180502095538916.jpg
【提供資料につき転載禁止】

以前よりお伝えしている産業廃棄物不法埋却について新たな情報を入手した。

昨年11月に鹿児島県が立入検査を実施した疑惑の土地は奄美市と大和村の境界近くに位置する。

公共工事の現場で排出された建設廃材等を不法埋却するという悪質極まりない事案であると言える今回の産業廃棄物不法埋却問題・・・問題?・・・いやいや・・・問題と言うより事件・・・産業廃棄物不法埋却事件と言うべきだろう。

工事現場で排出された建設廃材等の処理については、発注者は全ての受注社に対し法令に従い適切処理するよう指示している。

公共工事に参加する事業者であれば発注者から指示されずとも適切に処理することは当たり前のこと。

企業コンプライアンス以前の問題である。

にもかかわらず、産業廃棄物である建設廃材等を反復的に土中に埋めていたことが告発により発覚した。

Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

Click→→
2017/11/3・速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】

Click→→
2017/11/6・速報続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

Click→→
2017/11/9・管理人の独り言

Click→→
2018/1/16・続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!産業廃棄物がまたまだ埋まっている?産業廃棄物処理法はザル法?【鹿児島県 奄美大島】

Click→→
2018/2/22・えっ?奄美市 崎原地区に予定されていた産業廃棄物処分場建設が事実上中止?【情報求む】

Click→→
2018/4/28・管理人の独り言・・・奄美大島 奄美市 産業廃棄物不法埋却事件について

今回はその不法埋却事件に関する資料等を入手したことから続報としてお伝えします。

「管理人の独り言・・・奄美大島 奄美市 産業廃棄物不法埋却事件について」(4月28日付けアップ)でも触れた当事者の弁明についてであるが、当事者であるI氏は土地の管理者に対し「あとで撤去しますので埋めさせて下さい」と許可を得たと主張している。

20180502110227c42.jpg
【報告書・提供資料につき転載禁止・管理人が一部加工】

撤去する意思はありましたと言いたいのか?それとも、あとで撤去するということは土の中に仮置きをしていたとでも言いたいのか?・・・此の期に及んで撤去するつもりだったは苦し紛れの言い訳にしか聞こえない。

仮置きであればわざわざ土中に埋める必要などないはずだ。(注・土の中に埋められた産業廃棄物について仮置きの言い訳が認められてしまえば、世の中から不法埋却事件は無くなるww

今回の不法埋却についてであるが、これで立入検査終了とはならないようだ。

隣接する土地についても近日中に県が立会い掘り起こし作業が実施されるのではないかとの憶測が飛び交っているのだ。

当ブログに寄せられた情報によると、その土地についても間違いなく産業廃棄物が埋められているとの話である。

この土地については一部がコンクリートで覆いつくされているため、コンクリートをハツリその後に掘り起こしを行なうことになるだろう。

さらにはこの事業者について新たな不法投棄疑惑が浮上してきたとの情報をキャッチした!(注・後日報告致します!)

追及を受けなければバレていない現場についてはシラを切り通すつもりなのか?

産業廃棄物の不法投棄のみに目が奪われがちだが、まずはこのような行為を行なっていた事業者が未だ公共工事に参加し、仕事を受注出来ているというそのことについて目を向けるべきであり、議論されるべきではないかと考える。

また、このような事案が露見したにもかかわらず、何らお咎めを受けることなくノーペナルティーで事業を継続出来るようなことになれば、奄美大島は産業廃棄物不法投棄の無法地帯と化すと思われる。

官民一丸となって世界自然遺産を目指している奄美大島。

その奄美大島で発生した今回の産業廃棄物不法埋却事件がどのような結末を迎えるのか?
建設会社はもちろんのこと多くの島民が注目している。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






管理人の独り言・・・奄美大島 奄美市 産業廃棄物不法埋却事件について

管理人の独り言・・・奄美大島 奄美市 産業廃棄物不法埋却問題

20170713220420d9c.jpg
【さらなる疑惑が浮上?】

昨日から37,8度の熱でノックダウン状態。

ってな訳で今日は次回掲載予定の産業廃棄物不法埋却問題についてちょこっとだけご報告致します。

問題の産業廃棄物不法埋却問題ですが、本日最新情報を入手致しました。

その内容とは・・・

まぁ〜とにかく往生際が悪いと言うか・・・
相変わらずバレるウソをつき続けているようです。

Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

Click→→
2017/11/3・速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】

Click→→
2017/11/6・速報続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

Click→→
2017/11/9・管理人の独り言

Click→→
2018/1/16・続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!産業廃棄物がまたまだ埋まっている?産業廃棄物処理法はザル法?【鹿児島県 奄美大島】

元社長は「土地の管理者に対し必ず撤去しますので敷地土中に産業廃棄物を埋めさせて下さいとお願いし許可を得ていた」と、県に対し報告しているようです。

2017122723193172a.jpg
【土中から出て来た産業廃棄物】

自分の管理する土地に産業廃棄物を埋めて構わないと許可するなんて有りえない!

それを裏付けるような話も漏れ聞こえて来ています。

土地の管理者親族が県に「自分の管理する土地に産業廃棄物を埋めることを了承するバカいるはずないだろ!」と抗議したとのこと。

そりゃそうですよね。

何れにせよ言い訳とウソまみれの建設会社が未だ公共事業入札に参加出来ていることが不思議でなりません。

PS・・・この建設会社に新たな疑惑が浮上!
まだまだあるぞバレていない産業廃棄物不法投棄問題。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!産業廃棄物がまたまだ埋まっている?産業廃棄物処理法はザル法?【鹿児島県 奄美大島】


つい先日のこと・・・産業廃棄物不法埋却で問題となった奄美大島 奄美市のアノ土地はどうなったのか?との問い合わせがあった。

Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

Click→→
2017/11/3・速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】

Click→→
2017/11/6・速報続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】

Click→→
2017/11/9・管理人の独り言

以前からお伝えしているとおり、鹿児島県リサイクル対策課と大島支庁保健課の立会いのもと建設会社 心拓の資材置き場を掘り起こししたところ土中から大量の産業廃棄物が出てきた。

世間一般に言われている「産業廃棄物の不法埋却」というやつだ。

公共事業の入札に参加している建設会社が自社管理の敷地内に産業廃棄物を埋めるだなんて・・・マジあり得ない話。

現場からは公共事業で使用した資材の残りや法面作業で使用する古くなったホースなどが土中からわんさか出てきた。

現在時点では隣接する2つの土地の1つを掘り起こし作業している状態。

もう1つの土地については未だ手付かずの状態ではあるが、おそらくこの土地も今後掘り起こしを行なう可能性が高い。

未だ掘り起こされていない土地についてだが、聞くところによると・・・この土地は敷地の大部分が生コンで地ならしされているが、何故?生コンを打ってあるかというと、大量に埋めた産業廃棄物の影響で水捌けが悪くなり、常にぬかるんだ状態だったことからやむを得ず生コンを打ったとの話。(近隣住民談)

ボク的には単なる隠蔽工作だと思っている。

土中には公共工事で使用した資材の残りなど大量に埋められているとの情報あり。

さらには車両が一台埋められているという話を聞いたことがあるなどのトンデモ証言も飛び出す始末。

世界自然遺産登録だなんて言ってるけど、一般市民より公共の仕事やってる連中のほうがデタラメなことばっかやってる。

代議士の金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!産業廃棄物の取り扱いについて教えてあげたがいいのでは?

Click→→
2016/11/2・金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!法に抵触しなければ何でも有りと言うことでしょうか?それと・・・崎原地区に建設予定の産廃場に関係していませんよね?

この心拓に到っては奄美市崎原地区に建設が予定されていた産業廃棄物処分場の施設施工業者だと言うから呆れてものも言えない。

産業廃棄物を不法埋却するような建設会社がまともな工事が出来るのか?

手抜き工事するのではないか?

不安は募るばかりである。

以前指摘した奄美市笠利町某所の産業廃棄物不法保管については、かなりの時間を要したがようやく産業廃棄物が撤去され現状回復された。

現状回復はされたが、土地の所有者も産業廃棄物を放置していた建設会社も何らお咎めなし。

要するにやったもんが勝ちということだ。

建設会社の評価点が下がる訳でもなし・・・入札の指名から外される訳でもなし・・・

産業廃棄物の処理については法律があるが、抑止力にも屁の突っ張りにもならないザル法だと言わざるを得ない。

運用する側はことあるごとに「過去の事例に照らし合わせて・・・」と、オウムのように繰り返す。

過去の事例ではなく「法に照らし合わせて」というのが正しい言い方だと思うのだが、ボクは間違っているだろうか?

建設業法についても同じことが言える。

不誠実な工事を行なったとしても「過去の事例に照らし合わせて処分を決める」と言い、指名停止要綱に該当するケースであったとしても結果何らお咎めなしのパターンが多い。

公共事業に携わる者たちはあたかも高い企業モラルを有していると思われがちだが、心拓しかり一部の業者はデタラメ三昧やっている・・・そして・・・それらをキツく取り締まれないというのが現状だ。

産廃協会あたりがドローンを飛ばしてパトロールを行なうなんて話もあったが、結局のところドローンを飛ばしても産業廃棄物の不法処理を見つけるのが精一杯、見つけたところで厳罰を下せないという取り締まる側の手の内がバレている以上、すべてが無意味だと言えるのではなかろうか?

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ







鹿児島県内 談合 注意報!北薩地区・南薩地区・熊毛地区・大島郡区【ひとくちメモ】

【薩摩川内市ホームページより平成29年入札結果】
【薩摩川内市ホームページより平成29年入札結果】

一般社団法人 鹿児島県建設業協会 甑島支部役員の皆さんお元気ですか?

入札結果を見る限り相変わらず仲良くやっているんだなぁ〜ってな気がします。

Click→→鹿児島暴露クラブ・2016/11/20・鹿児島県北薩地域振興局発注・薩摩川内市発注 入札結果・・・北薩地区も談合現在進行形【公正取引委員会必見!】

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2016/12/9・鹿児島県北薩地域振興局発注・薩摩

Click→→
鹿児島暴露クラブ・建設業問題 過去記事

地域別と言うか指名メンバー次第では相変わらず話し合いが行なわれていることが落札額と落札率を見るとよく分かります。

甑島って言えば・・・磯釣りや船釣りが有名ですが、今後は海釣だけではなく建設業の談合も島の名物にされたほうがいいかもしれません。

甑島の港と薩摩川内の港にこんな感じの↓↓↓↓↓垂れ幕を掲げては如何でしょうか?

「甑島名物!談合祭り!あなたも落札率99%を体験しませんか?共存共栄でハッピー ハッピー!」【談合祭り実行委員会本部事務局・鹿児島県建設業協会甑島支部/協賛・薩摩川内市 岩切市長】・・・・・

さてさて・・・今年も鹿児島県内あちこちの入札結果をチェックし公開致します。

建設業者の皆さん!本年も宜しくお願い致します。

PS・・・今年前半は南薩地区&離島(熊毛・大島・甑島)関連の入札に注目!

【おまけ】
Click→→
2018/1/8・財務省 山梨の国有地 格安販売 評価額の8分の1で

財務省って組織はマジいい加減だよね。

いくら何でも評価額の8分の1って安過ぎやしないかい?

日本航空学園も厚かましいと言うか・・・その言いぐさが教育者とは思えないほど涼しすぎる。

日本航空学園の言い分は→→→→→「国有地という認識はあったが、国から(使用料などの)請求はなく利用していた」とのこと。

請求されなきゃ知らんぷりwww

盗人猛々しいとはこのことですね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ







リニア事件 談合4兄弟 大林組、鹿島建設、大成建設、清水建設 【大林組 公正取引委員会に課徴金減免狙い談合申告 泣き入れるの早過ぎだろ!】

【日刊ゲンダイ12月20日・安倍 大林組 ズブズブ】

2005年、独占禁止法罰則強化を目前にスーパーゼネコンの大林組、鹿島建設、大成建設、清水建設の4社は「談合決別宣言」を打ち出した。

その4社が、今回またまたリニア関連の入札で談合を繰り返し行なっていたことが判明。

厚顔無恥な大林組は、公正取引委員会に課徴金の減免をお願いするため恥ずかしげもなく談合を申告したとのこと。

このレベルのコンプライアンスしか持ち合わせていない連中が上場企業って言うからチャンチャラおかしな話だ。

談合決別宣言は口だけだったということ。
この口だけ軍団は犯罪を犯罪と思わずせっせと談合を繰り返し自社利益を上げ続けていたと言うことですね。

残念過ぎる日本のスーパーゼネコン・・・

その辺りの盗っ人よりタチが悪い。
上場企業の看板をぶら下げ、スーツに身を包んだ犯罪常習企業だと言われても仕方ないだろう。

何時も言っていることだけど、建設業者は「バレなきゃ談合やっても構わない」「バレなきゃ犯罪じゃない!」と考えている傾向が強い。

建設業者すべてがそうであるとは言わないが、今回の事件を見て分かるとおり、守るべきものが多いゼネコンですらこのザマである。

Click→→日本経済新聞・2017/12/13・「捜査に関わること回答控える」リニア工事事件でJR東海社長

Click→→
西日本新聞・2017/12/14・大林組、JR提供情報で見積額 リニア入札妨害事件

Click→→
朝日新聞DIGITAL・2017/12/18・リニア工事「世紀の巨大談合事件に」 共産・小池氏

スーパーゼネコンの二枚舌ぶりが発覚
↓↓↓↓↓
Click→→
産経ニュース・2015/3/5・形ばかりの談合決別宣言 大手ゼネコン系列も 震災復旧工事

さて、今回のリニア事件で一番気になるところは、特捜部が単なるリニア談合事件で済ますか?それともその背後で代議士が何らかの形で関与していると睨み追及の幅を広げるか?どこまで真相究明するのかということ。

代議士の関与まで発展するようなことになれば政権を揺るがしかねない大事件になることは必至です。

つい先日もアベ友が関わっているとされるスパコンベンチャーの社長ら2人が補助金をだまし取った容疑で逮捕されたばかり・・・

大手メディアは「スパコンよりも、リニアの方が格段にヤバイと話題になっています。特別国会が閉じたタイミングに合わせて特捜部が大林組にガサ入れしたことで、政治家が関与した事件に発展するとみられているのです。党内は、『特捜部が狙っている議員は誰なのか』と大騒ぎで、運輸族や通産省出身者などリニア利権にからむ国会議員の具体的な名前が取り沙汰されています」(自民党関係者)との記事を報じている。

ちなみに不正入札を行ったとされる大林組の大林剛郎会長と安倍首相は、何度も食事をともにしてきた昵懇の関係のようです。

それにしても今日報じられたニュースを聞いてマジ呆れたわ!
大手ゼネコン4社はリニアのルートが正式決定された2011年頃から4社で受注調整をしていた疑いが出て来たとのこと。

受注調整って聞こえはいいですが、談合のことですよね!
各社の担当者らが業界団体の会合や大学の同窓会などで定期的に会い、情報交換をしていたとか受注調整していただとか、こいつらクズの集まり!ズブズブの談合軍団ww

談合軍団がリニア絡みで契約した工事の総額は、いずれもほぼ同額の約600億円。

談合で何回パクられても土木の免許が取り消しにならないってのもおかしな話だよね。

バレたら課徴金払っておしまい。

バレなきゃ丸儲け。

政治家との癒着・・・持ちつ持たれつの関係・・・仲の良いお友達。

お友達って言えば森友学園と加計学園も安倍さんのお友達でしたね。

【おまけ・まぬけな話】Click→→
yahooニュース・千葉日報・2017/12/20・“極秘データ”誤送信、談合ばれる 松戸市発注の公共事業で4業者

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




前略 中種子町の町長さんへ・・・高落札率のカラクリ教えて下さい!・・・一般社団法人 鹿児島県建設業協会の役員さんにも意見を聞いてみたい!

【落札率97,8%の乱れ撃ち!】

【またまた97,8%連撃!】

【手品じゃないよ!落札率97,9%のオンパレード】

【ボクたち落札率97,9%が大好きです】

【98%以下で落札する訳ないじゃん!ボクたち談合6兄弟!】

【驚愕の入札率】

まぁ〜どの業者も恥ずかしげもなく堂々と高額の札を入れてるねぇ〜

Click→→鹿児島暴露クラブ・建設業関連 過去記事

中種子町の町長さんは建設業者には頭が上がらないんでしょうね。

って言うか・・・西之表の方から聞いたのですが、町長さん!あなた以前は中種子町の建設会社の社長さんだったって本当ですか?

そんでもってその建設会社が未だ中種子町の指名に入っているとか・・・まさかとは思いますが・・・その建設会社の今の社長さんは親族ではないですよね?

まさかの まさかですが、町長の奥様か子供さんのどちらかが建設会社の社長さんなんてことありませんよね?

ボクの聞き間違いだとは思うのですが・・・・・

聞き間違いでなく事実ならドン引きだわ!

事実であればある意味 納得!

えっ?何を勝手に納得してるのかって?

そりゃ〜中種子町の入札結果見りゃ〜一目同然でしょ!

中種子町の建設会社はマジシャンか!って言いたくなるくらい落札率が97,9%ばかり。

こんな落札率があるはずないじゃん。

1000000000%談合でしょwwwwww

それにしても中種子町の議員さんたちは何やってるんだろうね。

情けないったらありゃしないよ。

あっ!そうそう!

議員さんで思い出したけど、以前入札会場で建設会社の社員さんが殴られた事件がありましたよね。

同じJVメンバーから殴られた奴。

その殴られた奴・・・確か・・・その後に建設会社辞めて中種子町の議員になったんじゃなかったっけ?

中種子町は右を見ても左を見ても建設業関係者だらけじゃん(汗)

ここまでグチャグチャな町はないんじゃないの?

建設業者がやりたい放題やっているって言われても仕方ないですね。

中種子町の入札は飾りだけの茶番劇。

茶番劇だということを発注者も分かっている。

分かってはいるがお友達のお仕事にはケチをつけません。

ひょっとしたら町長室で町長さんが・・・「だってボクの親族も建設業でメシ食ってるんだも〜ん」「談合なんて証拠がなければどうすることも出来ないんだよ〜ん」・・・心の中を読み取ることは出来ませんが、町長さんが本当にこう呟いたらブルブルもんですね。

心ある中種子町議の皆さんへ!(注・元建設業者あがりの議員さんには期待していないから気にするな)

中種子町と建設業者の関係が怪しいと思いませんか?

何故?問題提起されないのですか?

こんな怪しげな話 鹿児島のどこ探しても見つかりませんよ。

いっそのこと議員さん自ら福岡の公正取引委員会に突っ込んでみては如何でしょうか?

議員さんからの捜査依頼なら間違いなく動くと思いますよ!

心ある議員さんからの連絡お待ちしております。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




種子島のA級建設業者は落札率98〜99%は当たり前!【鹿児島県熊毛支庁発注と西之表市発注の入札は談合一直線?】



なるほどねぇ〜

コメントに書いてあった通りですね。

Click→→鹿児島暴露クラブ・建設業関連 過去記事

鹿児島県熊毛支庁発注の入札も、西之表市発注の入札も何れも高落札率が続出!
南種子町だけじゃなかった!

投稿者によると、特にA級業者の入札はパチンコの連チャンモードのように高落札率が続いているとのことでしたが、落札結果を見る限り投稿者さんご指摘の通りでした。ハイ。

どの入札も98%〜99,8%で落札・・・・・

入札結果を見てフト気付いたのですが・・・種子島ってA級とB級の仕事ばかり多く、C級とD級の仕事が少ないんじゃないの?

C級とD級は少ない仕事を競争して取り合っているって感じ。(ある意味健全な入札)

反対にA級とB級は仕事が多いうえに、さらに話し合いによる超合理的入札を繰り返し行なっている?そう言われても仕方ないですね。

C級とD級業者はこりゃ〜大変だ!を通り越しまさに悲惨な状態。

A級 B級と比べたら天国と地獄ですね。

地元に建友会があると思うのですが、結局のところは建友会の会長さんは自社利益と上級ランクの育成に奔走し、小さな会社を見殺しにしているということでしょう。

種子島のC級 D級業者は人が良いって言うか・・・お人好しって言うか・・・「下のランクの業者のことも考えろ!」って叫ぶ業者はいないのかねぇ〜

そんでもって選挙のたびに使いパシリのように走り回らされ、従順と言うか・・・ボクなら「選挙で勝っても所詮は大手さんしか良い飯食えないだろ!零細企業は誰が選挙で勝っても一緒だよ!」って叫んじゃうけどね。

発注者からも相手にされず、地元大手建設会社からも袖にされ、とどめに地元建友会から見放され・・・結局は苦しい入札を繰り返し・・・1社・・・また1社と潰れて行くことになる。

発注者が公共事業について「地元企業の経営の安定及び向上を図り、もって地域 産業の活性化及び県民生活の向上に寄与することを目的とする」なんてビューティフルなこと言ってますが、それを言うなら「地元大手企業の経営の安定及び向上を図り、もって地域 大手企業のみの活性化及び県民生活の向上に寄与することを目的とする」と言うべきですね。

まぁ〜県内どこも一緒と言いたいところですが、離島って言うか種子島は他のどの地域よりマジ酷いわ。

種子島の入札はおそらく96%以上は全て話し合いだと思いますよ。

但し、入札結果をよくよく検証すると、A級の建築に関する入札は久永建設って会社が入札メンバーに入ってる時は正真正銘の競争入札って感じです。

あと・・・笑っちゃうのが機械設置と法面が絡む入札はウソみたいに落札率が下がってるww

入札結果を見ると全て答えが出て来ます。

答えが出たとしても発注者は見て見ぬふりww

ヒアリングしようなんて気はさらさらない。

これってある意味官製談合と一緒ですよね。

それにしても市町のみならず県発注の入札もこんな調子じゃ、鹿児島県熊毛支庁の支庁長が建設業者と出来上がっているんじゃないかと疑いたくなるよ。

ひょっとしたら支庁長ではなく土木部長?それとも課長?

県発注でやりたい放題されてる現状を考えると、可能性はゼロではないような気がする。

今後も摩訶不思議な入札について独り言を呟かせていただきます。

【参照】
入札契約適正化法は、国、地方公共団体等の行う公共工事の入札・契約について、透明性の確保、公正な競争の促進、適正な施行の確保及び不正行為の排除の徹底を基本原則として、発注者に対して入札・契約にかかる情報の公表、丸投げの全面的禁止等施行体制の適正化、不正事実(談合等)の公正取引委員会等への通知等を義務付けている。

また、同法において国は各発注者が適正化指針に従って講じた措置の状況をフォローアップして公表することとされている。

また、適正化指針では発注者が取り組むべき事項として、入札・契約手続に関する入札監視委員会等の第三者機関の設置、苦情処理の方策の実施、一般競争入札等の適切な実施等の入札・契約方法の改善、不良・ 不適格業者の排除等を掲げている。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




南種子町は談合まみれの町・・・譲り合い 助け合い 話し合い 談合6兄弟【鹿児島県 建設業関連・公正取引委員会 必見!】


寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
これこそが指名業者が互いに譲り合う奇跡の入札だよ〜

いやいやマジで驚きました。

まずは29年度中央地区 統合簡易水道事業1工区、3工区、4工区、5工区の入札結果をご覧下さい。

◎1工区・・・【指名業者】石堂建設・和人組・種子島建設・寺田工務店・中村建設興業・姫内建設

落札者・・・種子島建設
落札額・・・31,800,000円
落札率・・・98,7%

◎3工区・・・【指名業者】石堂建設・和人組・種子島建設・寺田工務店・中村建設興業・姫内建設

落札者・・・石堂建設
落札額・・・10,500,000円
落札率・・・99%

◎4工区・・・【指名業者】石堂建設・和人組・種子島建設・寺田工務店・中村建設興業・姫内建設

落札者・・・姫内建設
落札額・・・38,200,000円
落札率・・・99,8%

◎5工区・・・【指名業者】石堂建設・和人組・種子島建設・寺田工務店・中村建設興業・姫内建設

落札者・・・中村建設興業
落札額・・・30,000,000円
落札率・・・100%

予定価格非公表でこの落札率は強烈だね。
いゃ〜まさに入れ食い状態。

5工区に至っては落札率100%の30,000,000万円でご馳走様。

ここまで来れば発注者お墨付きの談合入札と言っても過言ではないでしょう。

Click→→鹿児島暴露クラブ・建設業関連

それにしても南種子町の指名競争入札なんて形だけ!

お役人さんも業者さんも羞恥心なんてこれっぽっちもないんだから、いっそのこと入札方式を指名競争入札から「話し合いで勝手に決めて下さい入札」に変更すべきですね。(全国初の入札方式になるから南種子町も少しは知名度が上がるだろう)

あと・・・町長、副町長、建設課長、建設係長・・・誰かが間違いなく予定価格を漏らしていると思いますよ。

指名業者全社が予定価格を知った上で、事前に話し合いを行ない落札者を決定している可能性が高いと見るべきでしょう。(特捜の皆さん!梶原元町長の時もいろいろありましたよね!こりゃ〜調べて見る価値があるのではないでしょうか。)

Click→→公正取引委員会

ちなみに種子島に関する過去記事です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2012/12/20・そりゃ~貰いすぎじゃないの!?ダメ先輩も西之表市役所に勤務させて下さい!

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2012/12/21・種子島で疑惑の工事か!?報道各社も注目してるって本当!?【鹿児島・建設業関係】

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2014/5/19・南種子島町の梶原町長を町議が提訴したようです!

種子島の建設業入札問題については今後もシリーズでお届けしたいと思います。

まだまだエゲツない入札結果がゴロゴロあります。

それではまた。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




南種子町発注の入札に談合疑惑浮上か?!【鹿児島 建設業関連】

【すべてが謎 すべてが疑惑】

Click→→鹿児島暴露クラブ・建設業関連

11月10日に入札執行を予定していた南種子町発注の「29年度新栄町焼野線道路改良1工区」の入札が突然延期になっていたことが判明した。

その後、地元鹿児島の建設新聞等には「延期未定」と掲載されたようだが、入札延期の理由は「談合が行なわれ既に落札者が決まっているのではないか?」との疑惑が浮上したことから、発注者である南種子町が入札直前になって入札を中止し、参加する予定だった指名メンバーへの聴き取り調査を行なったと言われている。

さらに驚くべきは、談合疑惑が浮上し中止となった今回の入札が、1週間も経たぬうちに再入札され当初落札が噂された建設業者が落札したことだ。

問題となった入札は以下の通り。

【発注機関名】・南種子町発注
【入札日時】・・平成29年11月10日
【工事名】・・・29年度新栄町焼野線道路改良1工区
【施工場所】・・南種子町上中
【指名業者】・石堂建設、和人組、種子島建設、中村建設興業、姫内建設

様々な情報が飛び交った入札・・・「今回はこの5社の中の◯◯建設が落札する」「談合での入札なら落札率は97%〜98,5%」・・・「種子島での談合入札は97%以上」・・・「話し合いが少しもつれた場合の落札率は95〜96%」

今回の入札はすんなり決まったようだから「間違いなく97%以上で落札!」

ここまで噂が飛び交えば入札が中止になって当たり前だろう。

ちなみに落札すると名指しされた建設会社は石堂建設だった。

再入札が執行されたのは僅か5日後の11月15日。

落札結果を調べてみると・・・・・

予定価格・・・33,070,000円
落札金額・・・32,600,000円
落札率・・・・98,5%

落札者・・・・石堂建設

この様な結果となっている。

競争入札の末に98,5%?
この入札結果を見て多くの建設業者はフッっと薄笑いしたに違いない。

建設業者同様ボクもフッっと薄笑いした。

南種子町は予定価格が事後公表となっている。
鹿児島県のように事前公表ではない。

にもかかわらず22,600,000円というキリのいい数字で入札している。

数字だけを検証しそれだけで談合が行なわれたと断言は出来ないが、ただ言えることは不自然な入札結果・・・ちまたで囁かれていた通りの建設会社が、ちまたで囁かれていた通りの落札率で落札したということを、ものの見事に入札結果が示している。

単なる偶然なのか?

それとも談合が行なわれたのか?

あと気になるのは・・・
ひょっとしたら、予定価格が漏れているのではないか?
可能性はゼロではない。

仮に予定価格を漏洩している者がいるとするなら、それは係長以上の幹部の口から漏れた可能性が高い。

Click→→
朝日新聞DIGITAL・2017/11/23・千葉県職員が入札情報漏洩か 県警、談合容疑で逮捕へ

町長・・・副町長・・・課長・・・係長・・・それとも南種子町議?

現在、南種子町が発注した入札結果を複数年分検証しているが、落札率の高さには驚くばかりだ。

今後は県市町発注の入札結果を随時アップしていきたいと思います。

種子島のB、C、D級の建設業者の皆さん!談合や建設業法違反、労基法違反、役所と業者の癒着などの情報ございましたら是非ともコメント投稿お願い致します。

具体的な固有名詞など記載する場合は、管理人のみ閲覧限定の投稿でお願い致します。

告発者の個人情報は厳守致します。

次回へ続く。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




緊急予告編!東京の大手ゼネコンが建設業法違反!A氏による怒りの告発!【必見!国土交通相・会計検査院】



つい先日とんでもない情報が飛び込んで来た!

東京に本社を置く大手ゼネコンによる建設業法違反が判明した。

建設業法違反疑惑などという甘っちょろいものではない。

建設業法違反に関連し、その違反を告発しようとした者に対し、大手ゼネコンの下請け会社が証拠隠滅を図ろうと画策し脅しまでかけてきたのである。

全国ニュースになる可能性すらある今回の問題・・・

発注者はもとより当事者のゼネコン・・・さらには・・・国土交通相OB・・・皆が今回の問題を単純なミスだと幕引きしようとしている。

闇に葬り去ろうとしているのだ。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




速報続編!敷地内の土中から産業廃棄物が出てきた!【奄美大島 大和村 建友会加盟社が産業廃棄物不法埋却!】


いくら何でも不法埋却はまずいだろ!

Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

Click→→
2017/11/3・速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】

Click→→【おまけ・大和村発注 入札結果】
2017/11/4・大和村 入札結果 奇跡の落札率を繰り返す大和村建友会軍団

こんなデタラメな様を見せられて奄美市崎原地区に産業廃棄物処分場なんて作らせるわけにはいかない。

そりゃ〜そうでしょ!

産業廃棄物処分場建設の説明会に設置業者と共に主催者側としてひな壇に座っていた建設会社が、産業廃棄物の不法埋却とは呆れてものも言えないよ。

【南海日日新聞より】
以前から産業廃棄物の不法処理が噂されていた奄美市の建設会社 心拓に役所が立ち入り検査を実施したのが先週の木曜日。

木曜日の立ち入り検査で結論が出ると思われていたが、どうやら木曜日だけでは掘り起こしが完了しなかったようです。

と言うことは・・・思っていた以上に敷地の土中から産業廃棄物が出て来たということではないでしょうか?

そもそも今回立ち入り検査が行われていた敷地は、野焼きをしたり、ユンボを使用し土中に産業廃棄物を不法に埋却しているとの話が絶えない問題の土地でした。

現在は道路に背を向け右手の土地を掘り起こししているが、左手の土地にも間違いなく多くの産業廃棄物が埋められているだろう。(目撃談あり)

中途半端な立ち入り検査だったと言われぬように、左側の土地も絶対に掘り起こしすべきである。

このレベルの企業モラルしか持ち合わせていないなんて、公共事業を請け負う資格なんてありませんね。

この建設会社ですが、ひょっとしたら「地権者の同意を得て産業廃棄物を埋めました!」とか・・・「私は勿論のこと、会社の指示ではありません!従業員が勘違いして埋めたのです!」・・・などと、他人に罪をなすりつける可能性すらあるのでは?

・・・そう勘ぐりたくもなっちゃいます。

ところで・・・土中に埋めた産業廃棄物は何処から持って来たのでしょうか?

自社で受注した現場で出た産業廃棄物だけだろうか?

この会社は法面工事を下請けで受注しているって話を聞きました。

ってことは、元請けからの指示で産業廃棄物を不適切処理した可能性もあるのでは?

心拓に下請け工事をさせた業者をしらみつぶしに探さなきゃいけないね!

何れにせよ指示がなかった場合でも、その現場から排出された産業廃棄物を不法処理していた場合は心拓に下請けさせた元請け業者も責任は免れないだろう。

まぁ〜心拓は必死に庇うだろうけどね。

法面で使用した資材の袋など製造年月日確認すりゃ〜時期が特定出来るんじゃないかな?

受注した工事名から調べ上げるのも1つの手。

恥ずかしげもなく「不法投棄については時効が成立しています!」だなんて言い出した日には大笑い。

言い出しそうな気がするよ。

処分に関しては役所と警察が考えることですが、建設業法や鹿児島県指名停止要綱を十分に精査しキチンと対処してもらいたいものですね。

今回の件で、奄美市崎原地区に建設が予定されている産業廃棄物処分場の建設に携わるなんてことは崎原地区の方々が絶対に許さないだろうね。

次回へ続く。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




速報続編!ここ掘れワンワン!花咲か爺さんもビックリ!敷地内の土中から産業廃棄物が山盛り出て来た【奄美大島 奄美市】


Click→→2017/11/2・緊急速報!疑惑まみれの土地に立ち入り検査!奄美大島

これまで数回に渡り追及してきた土地パクリ&産業廃棄物不法埋却疑惑。

ついに11月2日、疑惑の土地に立ち入り検査が入った。

立ち入り検査を行なったのは、鹿児島県大島支庁保健課、鹿児島県本庁リサイクル対策課、鹿児島県警、確認が取れている関係機関は以上の通り。

ボク自身は現場に行くことは出来なかったが、近隣住民の話によると「県の職員や警察が10人以上現場に来ている」「物々しい雰囲気で掘り起こし作業を行なっている」「見る限り土中から産業廃棄物らしき物が次々に出て来てるいる」とのことだった。

かねてから産業廃棄物の不法埋却の噂が絶えなかった疑惑の土地に、ついに役所のメスが入ったのだ。

疑惑の渦中にある企業は公共事業を受注する建設会社。(当該建設会社は法面の仕事をしているようだが、仮に下請けで請け負った仕事で発生した産業廃棄物を埋却していた場合、元請け業者も罪を免れない。時効が成立していない場合は同罪になる可能性がある)

こともあろうか産業廃棄物を土中に不法埋却するとは・・・呆れてものも言えない。

この建設会社はここ最近も事業所内に産業廃棄物を山積みしていたことから鹿児島県大島支庁保健課から指導を受けたばかりだった。

その時点で自主的に過去の不法埋却を報告し撤去作業を行うべきだった・・・

普通の感覚を持ち合わせていたならば役所に対し自主報告しただろうが、この建設会社は隠蔽することを選択したと思われる。

バレなきゃ問題ない・・・そう考え役所に報告することもなく今日という日を迎えたのだろう。

現場の状況からすると、今回は産業廃棄物の不法埋却についての立ち入り検査だったといえる。

ここでもう1つ考えなくてはならないことは、今回問題となった建設会社は、奄美市崎原地区に建設が予定されていた産業廃棄物処理場建設問題に深く関わって来た企業だということ。

勿論、施設を建設する側のメンバー。

Click→→
2016/10/21・奄美市名瀬崎原地区に産廃処理場計画が浮上!住民VS設置企業 第1弾

Click→→
2016/12/2・金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!法に抵触しなければ何でも有りと言うことでしょうか?それと・・・崎原地区に建設予定の産廃場に関係していませんよね?

Click→→
2016/12/22・管理人の独り言・・・奄美大島・崎原地区産廃場建設問題・龍郷町・大和村・名瀬港工事【緊急速報・南大隅町関連】

Click→→
2016/12/31・管理人の独り言・2016年まとめ・その2・・・大和村大型プロジェクトPFI活用?・奄美市崎原地区産廃場建設・鹿児島建設業界 談合問題

Click→→
2017/3/14・地域の活性化?地域から求められている?必要ないんじゃないの!【奄美大島・崎原地区産廃・大和村津名久・大和村国直・南大隅町】

Click→→
2017/6/13・【ひとくちメモ】奄美空港に米軍オスプレイが緊急着陸・・・奄美市崎原地区山林に絶滅危惧種!これでも産業廃棄物処分場建設を推し進めるのか?

産業廃棄物処理施設の建設実現の為には地元住民の同意は必要不可欠なのは周知のとおり。

住民が危惧することは「環境破壊」「環境汚染」などなど挙げればキリがない。

キリがない中でも一番重要なことは「産業廃棄物の不適切処理」「不適切処理に伴う水質汚濁」等であろう。(建設予定地近くには水源地あり)

何が言いたいのかお分りいただけますよね。

産業廃棄物を土中に不法埋却するような企業が今後建設するであろう産業廃棄物処理場の建設に携わるなどチャンチャラおかしな話ってこと。

住民説明会の席に同席していたようですが、マジ笑っちゃいますよね。

同席?
近隣住民に説明し理解を求めるどころか全くの逆効果そのもの。

産業廃棄物処理施場建設問題には2度と顔など出すべきではありませんね。

現在、奄美大島は世界自然遺産登録に向けとてもいいムードになりつつあります。

自己企業の利益を優先し平気で法を踏みにじるような企業を許してはなりません。

罪を犯せば罰を受けることは当然だと思います。

ただ気になることは、産業廃棄物の不法投棄等については「時効」があるということです。

「確かに産業廃棄物の不法埋却などの違法行為を行ないましたが既に時効が成立していませんか?」

「私を法で裁くことは出来ないはずです!」

・・・このくらいのことは言い出しかねないということです。

事実を曲げてまで罪を課す必要はありませんが、再発防止や抑止力の観点からキッチリとした調査を行なっていただきたいと思います。

例えば・・・掘り起こして出て来た産業廃棄物の中にペットボトル(製造期日の確認)や工事で発生した建築廃材、あるはずのない切断されたガードレールや法面用のアンカー、雑誌や新聞(発行日)、要するに埋却時期が特定出来るような物がないか・・・見落とすことなく調べるようお願いしたいくらいです。

次回へ続く。

PS・・・産業廃棄物の不法投棄、不法埋却、不適切処理に関する情報等ございましたら当ブログへご一報下さい。

情報提供者の個人情報は厳守致します。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。




プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR