FC2ブログ

管理人の独り言・2016年まとめ・その2・・・大和村大型プロジェクトPFI活用?・奄美市崎原地区産廃場建設・鹿児島建設業界 談合問題


今年は奄美大島発の話題が満載の一年だった。
なかでも大和村の大型プロジェクトに関する問題と龍郷町の談合問題が中心となった気がする。

龍郷町の談合問題に関しては問題を提起する側から見た時、年末に向かい徐々に是正されて来たのではないかと・・・その様に思う次第です。ハイ。(頑張れ役場職員!業者と幹部職員の不正を許すな!)

まぁ〜年度末まで様子を見なきゃ分かりませんが、今後は龍郷町の暴れん坊将軍が好き勝手には出来ない・・・反対にこれ以上好き勝手させていると本当に公正取引委員会が立ち入り検査に来ちゃう!そんな最悪なシナリオも考えられますのでお気をつけ下さい。

公正取引委員会だったらまだしも・・・県警の特捜が着手するようなことになれば、いくら暴れん坊将軍が県警のお偉いさんと繋がっていようがどうすることも出来ないと思う。

だって・・・警察は「法の番人」。
目こぼしにも限度がある。
くれぐれも新聞の三面記事に名前が掲載されぬよう気をつけるべきだと思います。


大和村の大型プロジェクトについては様々な情報が錯綜しましたが、プロジェクト関係者と大和村サイドが情報を共有していたことはほぼ間違いありません。

「PFI」「識者」様々なキーワードがあります。
一部では事業の方向性が変わって来たのではないか?との情報もありますが、当ブログ管理人と致しましては何ら方向性は変わっていないと考えております。

半島(大和村津名久)での採石事業、その後高台の有効活用、大和村とのタイアップ、大和村による大学キャンパスや企業の誘致、老人ホームやスーパー、住宅地や別荘地、グランドに医療施設・・・壮大なプロジェクトは現在も着々と進められていると考えるのが正解でしょう。

当ブログは事業自体を否定している訳ではありません。勿論、事業そのものに違法性があるとも主張していません。

問題はプロジェクト関係者と大和村との関係であり、ごく普通の「官と民」との関係であるなら問題はないが、プロジェクトの最終段階で「入札」が執行される時、実は既に落札業者が決まっている・・・民と官のパイプ役にコンサルタントが介在し・・・官側のアドバイザー(識者)とコンサルタントが繋がっていた場合・・・全てが筒抜けの構図になる。

この図式で仕込みされると、手の打ちようがない・・・結果、後の祭りとなってしまう。
入札に参加する本命以外の企業は「お付き合いで」参加するだけ。入札執行の条件を満たすために発注者と落札業者に協力しているだけに過ぎない。

これまで入手した情報を精査すると、今回の大型プロジェクトにはこの様な仕込みが入っている可能性があると十分に考えられる。

当ブログに寄せられた情報の中には、ブログ内で公表してはならないなどの条件付きの情報も寄せられている。
タイミングを見計らい了解が得られた時は、情報の1つとして公表するつもりだ。
ただ・・・大和村は大騒ぎになると思う・・・

大和村の大型プロジェクト問題は来年もシリーズで発信して行きますので乞うご期待!

あと・・・奄美と言えば・・・来春、奄美大島と徳之島が国立公園に指定されるみたいですね。
Click→テレ朝ニュース・2016/12/27・奄美大島や徳之島を国立公園へ来春指定へ
世界自然遺産登録を目指す奄美としては、ようやく一歩前進したという感じかな。

奄美の発展って言うか景気浮揚策は観光に力を入れるのが一番!
環境を破壊せず観光地に仕上げて行く「自然と共生 環境と調和」簡単なようでなかなか難しい・・・今後はさらに官と民が協力して行かねばならないと思います。

ところが・・・そのような矢先・・・残念なことに・・・この時期に・・・このタイミングで・・・奄美市崎原地区に産業廃棄物処理場建設案が浮上。

自分の土地で何をするも自由ですが、よりによって産業廃棄物処理場?
水源地もあることから地域住民は大騒ぎ!
そりゃ〜そうだよね。
水源地も無い、住民もいない、奄美の黒ウサギやアマミイシカワガエルもいない、誰にも迷惑がかからない場所ならまだしも・・・ある意味「負の条件」を全て満たしているじゃん!って話ですよね。
Click→環境省 奄美野生生物保護センター

今後も奄美市崎原地区の産業廃棄物処理場建設問題から目が離せません!
奄美在住の方々には是非とも注目していただきたい問題の1つです。
Click→奄美の産廃建設を阻止する会

最後になりますが・・・鹿児島の建設業界(一部地域)では相変わらず「談合」が横行しています。

懲りないと言うか・・・談合は犯罪ではないと思っているのでしょうね。
鹿児島県建設業協会の一部支部に於いては、支部役員が深く談合に関与しているのではないかとの重大疑惑も浮上しました。

発注者側も談合については見て見ぬふりの構え。
県の幹部職員が退職後に建設会社に再就職・・・つい先日まで上司だった大先輩に対し、「談合やってませんよね?」だなんて聞けやしない(笑)

県職が退職後に指名業者に再就職する場合は「退職後2年経過しないと再就職出来ない」このくらいの規定を設けるべきだと思います。
Click→
20
16/10/20掲載分・鹿児島県職員退職者再就職先【鹿児島県職員必見!得するのは幹部職員だけ!】


入札の執行状況や建設業界にまつわる疑惑については来年も随時公表致しますので、建設業関係者のみならず、発注機関、司法機関、公正取引委員会、メディア関係、関係各所の皆さん!お暇な時には当ブログにご訪問下さいますよう宜しくお願い致します。

今年ご訪問下さいました皆さん!ありがとうございました。
来年も本年同様宜しくお願い致します。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click





管理人の独り言・2016年まとめ・その2・・・南大隅町・ビルメンテナンス業界・役所内での赤旗新聞購読問題

2016年「まとめ」その1

今年もいろいろありましたねぇ〜
南大隅町の大村工務店の取締役さんが町民複数名を連れて六ヶ所村に行ったとか・・・

どうせバレちゃうならツイッターで「六ヶ所村ナウ」って呟けばよかったのにね。
この取締役さん・・・南大隅町の懲りない面々の中のお一人様ですかね?
どうせ旅費を肩代わりするならもっと楽しいところにご招待すりゃ〜喜ばれたと思うのですが・・・まじセンス無いわ。

それにしても南大隅町の町長派の方々はチャレンジャーだなぁ〜
この条例↓↓↓ご存知ですか?

【南大隅町放射性物質等受入拒否及び原子力関連施設の立地拒否に関する条例】

平成24年12月25日公布

(目的)
第1条 この条例は、放射能による被害から町民の生命と生活を守り、霧島錦江湾国立公園の豊かな自然環境と貴重な生態系を放射能による汚染から予防することによって、現在及び将来の町民の健康と安心して住める生活環境を保障し、自然と調和した地域発展に資することを目的とする。

(定義)
第2条 この条例において「放射性物質等」とは、非核に関する議決(平成24年南大隅町請願議決第7号)が対象とする物のほか、原子力関連施設から発生する使用済燃料やさまざまなレベルの放射性廃棄物と原子力発電所の事故により汚染された放射性物質や原子力の利用と研究に供され、それらに伴って発生する物又は廃棄される全ての放射性物質をいう。
2 この条例において「原子力関連施設」とは、原子力発電所並びに核燃料(使用済核燃料を含む。)の加工施設、中間貯蔵施設、再処理施設、濃縮施設及び放射性廃棄物の最終処分場並びに研究施設など、原子力利用と研究に関わる全ての施設をいう。

(基本施策)
第3条 南大隈町は、いかなる場合も放射性物質等の町内持込みを拒否する。
2 南大隈町は、いかなる場合も原子力関連施設の肝属地域への立地及び建設に反対する。
3 医療用放射性物質の持込み及び利用を妨げるものではない。

(立場の表明)
第4条 南大隈町は、第1条の目的を達成するため、国及び関係機関に対し、前条の基本施策を通知して、その立場を明らかにする。

(権限)
第5条 南大隅町は、第3条第1項及び第2項に定める、放射性物質等の持込み又は原子力関連施設の肝属地域への立地及び建設に関する計画等があると疑われる場合には、関係機関及び関係施設に対して関連情報の提供を求めることができる。
2 南大隅町は、放射性物質等の町内持込みについて疑いが生じた場合は、疑いのある原子力関連施設及び関係機関に対して報告を求め、必要な限度に於いて関係場所へ職員を立ち入らせて状況を調査させることができる。
3 前条の規定による調査を行う職員は、その身分を示す証票を携帯し、これを提示しなければならない。
4 第2項の規定による立入り調査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。
5 南大隅町は、この条例に違反した原子力関連施設及び関係機関の責任者に対し、施設の共用及び操業の即時停止を求めることができる。

(町民の責務)
第6条 町民は、この条例の趣旨を遵守し、放射性物質及び原子力関連施設等の町内持込みをさせないよう努めなければならない。
(町長等の責務)

第7条 町長、副町長、教育長、教育委員、農業委員、町議会議員、町職員等は、この条例の趣旨を遵守し、入手した放射性物質及び原子力関連施設等に対する情報は、速やかに町民、近隣市町村、鹿児島県知事に知らせるよう努めなければならない。

(委任)
第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、別に規則で定める。

附 則
 この条例は、公布の日から施行する。
*非核に関する議決(平成24年南大隅町請願議決第7号)が対象とする物とは 放射性廃棄物(汚染土や瓦礫を含む)

この期に及んで未だにゴソゴソ・・・コソコソ・・・と・・・何か企んでいると思われても仕方ありませんね。
そう言えば・・・次期町長選挙の候補者に元県議のご身内や過去町長選挙に出馬された方などの名前がチラホラと出ているようですが・・・まさかとは思いますが・・・当選したと同時に『南大隅町放射性物質等受入拒否及び原子力関連施設の立地拒否に関する条例』を破棄しちゃうとかありませんよね?

森田町長→人口減少に歯止めが効かない→箱物大好き→新庁舎建設超超超超超超超超超推進!→議長と迷コンビ→唯我独尊我が道を行く。(注、【唯我独尊】とは。1 「天上天下 (てんじょうてんげ) 唯我独尊」の略。 2 自分一人が特別にすぐれているとうぬぼれること)

新人候補者→どうせ漁協のお偉いさんや土木のお偉いさんの操り人形?

このままでは南大隅町に明るい未来なんて来やしない(涙)

「よっしゃ〜!俺が町長になってやるぞ!」みたいな元気のある若者はいないのかなぁ〜
政治経験なんてなくてもまったく問題ないですよ〜

現町長を見て下さい!人口減少・・・過疎化一直線・・・財政難・・・だけど庁舎を新しく作っちゃう。
この人は町長失格。
とにかく常識と良識を持った方が町長やらなきゃ南大隅町は終わっちゃいますよ!
って言うか・・・このままでは鹿児島版「夕張市」
財政再建団体に指定される可能性すらあります。

南大隅町の良識派の皆さん!1日も早く立候補者を見つけて下さい!そして、1日も早く政治屋を一掃して下さい!

さてさて・・・鹿児島のビルメンテナンス業界の皆様!あと数ヶ月で入札時期到来ですね。
来年どのようなドラマが起こるか興味津々です。
【昨年、県に提出された要望書】
本年度は鹿児島県庁行政庁舎清掃の入札に総合評価方式が導入されましたが、来年度新たに総合評価方式が採用される物件が出てくるのか気になりませんか?
県内の県立病院大丈夫かな?
気になるなぁ〜
協会に会費をお支払いされている加盟社各位におかれましては、最新情報を得るためにも協会の役員さんに「しっかり」と「しっかり」と「しっかり」と意見をお伺いしたがいいと思いますよ〜
必殺パターン「知らなかった」「聞かされていなかった」そのようなことがないようお気をつけ下さいませ。ハイ。

あっ!そうそう!数年前に書かれたビックリ文書を入手致しました!
↓↓↓↓↓
【当ブログ管理人が文書を一部加工】
内容についての真偽はこれから調査します。
後日ご報告致しますので乞うご期待!

先日掲載した①「鹿児島市の幹部職員が赤旗新聞購読?」、②管理人の独り言・鹿児島・市役所・幹部職員赤旗新聞購読・政務活動費・国会議員秘書、この2件のブログ・・・いや〜本当びっくり〜・・・連日アクセス数が急上昇!

皆さん興味があるようです。
役所内での赤旗新聞購読問題につきまして些細なことでも結構ですので、引き続き情報提供宜しくお願い致します!
情報提供下さいました「M」さん、「K」さん、それと「暴露しちゃいます」さん、「日曜日版断りたいけど断れない」さん!今後も情報提供並びに告発宜しくお願い致します。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click





管理人の独り言・・・奄美大島・崎原地区産廃場建設問題・龍郷町・大和村・名瀬港工事【緊急速報・南大隅町関連】

Click→南大隅町日記・2016/12/21・緊急速報!放射能関連施設誘致疑惑と六ヶ所村視察

先日、奄美に関する記事を検索していると「奄美の産廃建設を阻止する会」なるブログを発見した。

Click→奄美の産廃建設を阻止する会

記事を読んでみると・・・奄美市崎原地区に建設が予定されている産業廃棄物処理場建設についての記事。ブログ内で建設反対の署名活動等展開するなど見応えのあるブログでした。(お薦め!一度ご覧下さい)

産業廃棄物処理場建設に反対する本気度、意気込みが伝わって来ました。

水源地があることから地域住民が反対するであろうことは容易に予想出来たはずだが、にもかかわらず・・・何故?・・・過去に産廃施設建設を断念した設置業者がまたもや建設に向けての調整を再開したのか・・・

地域住民にしてみると十数年の時を経て、再度設置業者から「挑戦状」を叩きつけられたも同然。

緑豊かな奄美大島・・・官民一丸となり「世界自然遺産登録」を目指している・・・食の安全・・・大型開発による環境破壊・・・奄美固有の動植物の保護・・・様々な観点から考えた時、この時期にこのタイミングでの、しかも、水源地近くでの産業廃棄物処理場建設は到底容認出来るはずがない。
Click→毎日新聞・2016/12/26・国立公園 奄美群島を指定 全国で34番目

地域住民の「猛反発」は当然のことである。

仮に建設することが法的に問題無いとし、業者が建設をゴリ押しで進めるならば、それこそ「住民VS設置企業」の構図で終わり無きドロ沼の戦いが始まるだろう。

勿論、仮処分などの民事訴訟に発展する可能性すら出て来る。

今のご時世、自分の足元で起きていることにすら関心が持てぬ人たちが大勢いる。
日本という国はいつの間にかその様な国になってしまった。

福島原発についても他人事・・・沖縄の米軍基地問題も他人事・・・寂しい話である。

今回の奄美市崎原地区に建設が予定されている産廃処理場問題、地域住民だけの問題にせず、奄美大島全島民の問題と捉えら、奄美大島に、しかも水源地に新たな産業廃棄物処理場が必要か?不必要か?議論すべきではないかと思う。

さて・・・話がコロリと変わりますが、あれだけおかしな・・・と言うより・・・不可解な入札が行なわれていた龍郷町発注の入札に変化がありました。

ミエミエの露骨な話し合いによる入札が目に付きにくくなって来たんだよねぇ〜
最近は結構競争してるなぁ〜というのが正直な感想。

龍郷町は業者に振り回されることなく今の調子で実直に仕事をこなしてもらいたいと思う。

それと・・・龍郷町って・・・確か・・・来年は町長選挙があるんじゃなかったっけ?

現町長さんについてはクルーズ船の問題が出た時に、この町長さん何考えてるの?
民意無視で勝手に賛成表明しちゃって大丈夫なの?
ダメだねこの人!って思っていましたが、ここ最近は何となくですが、少しは町民のことを考えているのかなぁ〜民意を反映させると言うか・・・軌道修正しつつあるのかなぁ〜って気がします。

建設会社に踊らされることも少なくなってきたんじゃないかな?

来年の町長選挙は現職VS新人の構図ですが、新人は誰が出て来るか気になりますよね。
マエダ氏?
それともタケダ氏?
10ヶ月先の話だけに断言は出来ませんが、現職に勝つ可能性があるのは2名のうちどちらかでしょう。

あとは誰が立候補しても勝てる可能性は低いんじゃないかな?

ただ・・・勝つ為の要因ってあると思うんですよね。

地元で不人気、わがまま、自己中心的な人物から支持を得てもプラスにならない・・・反対に票が逃げちゃう。

要するに「あの人が応援してるなら他の立候補者に投票しちゃえ!」この様なパターンって結構多いんですよね。

そうですねぇ〜例えば・・・龍郷町の暴れん坊将軍ハマちゃん・・・この方が応援して勝ったとしても「恩恵を受けるのはハマちゃんだけ」・・・周りの者はきっとそのような心境に陥いるはず・・・それならいっそのこと逆に投票しましょう・・・ってことになりかねない。

もう一方の候補者に票が逃げちゃう。

ボクが選挙参謀ならハマちゃんの支持はいらない。目の前の数十票、数百票は取れるかもしれないが、結果それ以上の固い票が逃げて行く可能性が高いと考えるだろう。

あと・・・ポイントとなるのは、まとまった票を持っているアカホさんの動きかな?大手は風見鶏が多いらしいがここだけは「常に直球勝負」って話を聞いたことがあることから、彼の動きがどうしても気になります。

風見鶏票はフタを開けて見なきゃ分からないけど、「直球勝負」一度決めたらフラフラしないブレない票は貴重ですからね。

まぁ〜何れにせよキーワードは「ハマちゃんの逆」これに尽きるでしょう。

あと、新人がクルーズ船誘致に賛成か?反対か?とても興味があります。
選挙でいくら綺麗事を言ったとしても根本に「クルーズ船賛成」があれば、要注意すべきでしょう。
現町長は賛成を撤回していることから、新人が誘致賛成の立場ならそれこそ「クルーズ船選挙」になりますね。

立候補する可能性がある方々の言動には注目しておくべきです。

あ〜そうそう!もう一つ言い忘れていたことがありました。

数年前に龍郷町の課長さんが逮捕された事件ありましたよね!

地元の方々は誰が警察にリークしたかご存知だと思いますが、来年の町長選挙の際にまたもや同じ方が知っている限りの情報を警察にリークする可能性があるということを肝に命じておくべきでしょう!

皆さん!くれぐれも巻き込み事故に合わぬよう気をつけて下さい!

ここで一句(5・7・5・7・7)

大声で
怒鳴り散らかす
暴れん坊
選挙前には
チクる癖あり

え〜と・・・龍郷町が変わりつつあるって話から少しズレちゃって来年の選挙の話になりましたが、「変わりつつある」といえばもう一つ気になることがありました。

鹿児島県建設業協会奄美支部副支部長の畠山建設さんとこダンプチャーター龍郷町の業者さん使っているんですねぇ〜(どこを使おうが自由ですが)

名瀬港の埋め立てに伴う土砂運搬なんだからどうせなら近場の業者使ってやればいいのに・・・積み込む土砂なんて龍郷町の反対側(笑)

運送一本で食っている業者を使ってやるとか・・・一社ではなく数社使ってやるとか・・・支部の役員さんなんだから器量の見せどころだと思うのですが・・・

まぁ〜おそらく「金さま」からのご推薦があったから龍郷町の業者さんをお使いになられているのでは?・・・と・・・勝手に想像しているのですが・・・如何でしょうか?

金さま舎弟ランキング!
(舎弟1号・いっ寒みぃ〜)
(舎弟2号・はっ!高け〜)
(舎弟3号・1等)

舎弟1号・2号・3号の話を始めたらキリがないので話を変えますが、最近ジッーっと大和村の動き見てたら気になるニュース発見Click→南海日日新聞・2016/12/8・大和村、特許取得の化粧品メーカーと連携

記事を見ると「同社は今後、大和村を拠点とした化粧品開発や地元行政と連携した観光事業に取り組む方針。伊集院幼村長は『地方創生に向けた取り組みのパートナーとして共に歩んでいきたい』と述べ、雇用創出による地域活性化や観光振興に期待を寄せた」とのこと。

「地方創生に向けた取り組みのパートナー」・・・何故かしら・・・全てが大型プロジェクトとリンクしているのでは?と思えて仕方ない(笑)

最近は砕石がどのくらい採取出来るか調べているって話だが、そろそろ沖縄の辺野古?準備ってことなのかな?
まぁ〜どこに持って行くのか分からないが今後はさらに動きが活発化してくるだろう。

それと・・・あるんだよねぇ〜・・・面白い話が・・・勿論、大和村の大型プロジェクトに関する話です。

聞いた話を書きたい・・・書きたいのですが・・・今は書けない・・・

まぁ〜楽しみにしていて下さい。

【大和村大型プロジェクト関連・注目サイト】
Click→Mentha x Piperita L(語学力に自身のない方は翻訳アプリを利用して下さい。ちなみにボクは・・・アプリ使ってます)

次回へ続く

【参考・投稿日別アクセス数一覧】

◎10月21日「 奄美市名瀬崎原地区に産廃処理場計画が浮上!住民VS設置企業 第1弾」・・・アクセス数(1,835)

◎11月3日「民意無視の町政・箱物大好き南大隅町長・・・南大隅町の常識は日本の非常識その106」・・・アクセス数(1,547)

◎11月21日「政務活動費・鹿児島市議会議員編 第1弾【会派・自由民主党維新の会・自由民主党新政会・市民ネット】」・・・アクセス数(2,743)

◎12月1日「第18弾!奄美大島の大和村で何かが起きようとしている・PFIに関する問い合わせ先→内閣府 民間資金等活用事業推進室」・・・アクセス数(1,934)

◎12月2日「金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!法に抵触しなければ何でも有りと言うことでしょうか?それと・・・崎原地区に建設予定の産廃場に関係していませんよね?」・・アクセス数(1,817)

◎12月6日「第1弾!鹿児島市の幹部職員が赤旗新聞購読?」・・・アクセス数(2,127)

◎12月12日「管理人の独り言・鹿児島・市役所・幹部職員赤旗新聞購読・政務活動費・国会議員秘書」・・・アクセス数(2,543)

意外なことに10月以降は11月21日掲載分「政務活動費・鹿児島市議会議員編 第1弾【会派・自由民主党維新の会・自由民主党新政会・市民ネット】」のアクセス数が一番多かった。

政務活動費に対する関心度の高さが伺える結果となりました。
それともう一つ!
赤旗パワーにもビックリです。

Click↓↓↓Click





南日本新聞を読んで・・・木を見て森を見ず

【サヨナラ南日本新聞】
昨日、南日本新聞を読んでいると気になる記事が目に飛び込んできた。

「本議会6時間中断、時間外手当など70万」
「議員発言『通告逸脱』」

確か・・・以前も同様のことがあったなぁ〜などと思いつつ記事に目を通してみると・・・

原発問題を取り上げた議員が「関連する国内の事例や鹿児島県議会での審議の進め方、報道に関する持論を数分間にわたって展開」当局に質問しなかったため、各会派の議場内交渉係から『通告に逸脱しているのではないか』と指摘があり、本会議が中断した・・・とのこと。

【いったんはネット上の議会中継で流されたが、後に問題となり削除された内容は以下の通り↓↓↓】

そこで過去に学ばなくてはと思って仕切り直しのため、勝ち戦を遂げた資料を読み直しました。原発を断念させた町が日本には34ヶ所ありますが、これらの地域それぞれの勝ち戦を先ずは知ることです。
数日前、日本の原発で初めてのリコールと住民投票で原発計画を四国電力に断念させた、高知県の元自民党青年部長の島岡幹夫さんと話をしました。
彼は大学卒後、保守政治家・赤尾敏に憧れて警察で働いていた人です。母親が乳癌になり介護をするために故郷に帰ってきて知ったのが原発誘致計画でした。
彼はお母さんの放射線治療で放射能の恐さも感じていたとのことですが、「カネは一代。命は永遠。原発があっても町が栄えることはない。生命の危険と引き換えに補助金に頼って生きるより、豊かな自然を子孫に伝える!原発からの補助金10億円、15億円は町おこしで生み出すことが可能だ」とキッパリ反原発に立ち上がったのでした!当時自民党青年部長。

保守系の人たちに原発は不要なものだという世論を広げていって、革新政党に黒子に徹してくれるようにと頼みこんで最終的には脱原発を勝ち取ったという知る人ぞ知る原発を止めた人のエピソードです。

私は、この時の野党の方々は偉かったとつくづく思います。名を隠して縁の下で支え原発を止め、町民の命を救うという「実」をとったわけですから・・・・

30年ほど昔のことになりますが、窪川原発建設のための調査を求める請願が採択され、調査反対の請願が不採択にされた、その過程で意見陳述があり反対派の代表で島岡さんが意見を述べました。
すると保守系長老の元議員で原発推進側の請願代表者であった83才の谷脇さんという男性が、島岡さんの陳述を聞いて共鳴し、推進請願の代表をやめて今日から原発反対の協力をする!と傍聴席で宣言するドラマティックな展開になったのです。
この時、感動して皆さん、涙したそうですが、その後、その83才の、ほんの昨日までの推進派代表の谷脇さんが、原発立地調査の受諾を受けに四国電力にいく町長の車の前に、仰向けに寝転がって「電力、行くんやったら俺をひき殺して行け」と叫んで、この時に島岡さんたちは、推進派町長のリコール運動を決意し成功に至ったのです。

その後、電力会社の人海戦術にも負けずトラック100台に桃太郎旗をたてて抵抗して、ここまでの闘いがあっても町長も高知県知事も原発を推進していこうと躍起になっていて、遂に島岡さんは町議になったのですが、毎週、島岡さんが反対のお願いにいっても耳を貸してくれなかった大推進派の自民党の先輩議員がそこにはいたのです。
ところがその自民党大先輩が、突然に島岡さんを連れて、『原発予算を組むな』と推進の町長室に乗り込み、予算化させずに実質、原発の誘致を幕引きせざるを得ないところに追い込んだのです。

島岡さんらの努力が実って、大推進の自民党議員が反対派になった瞬間です。そして窪川町は『原発論議の終結宣言』なるものを町議会全会一致で行いました。島岡さんは何と500回以上の学習会で保守系の方々に原発の実態を学んで貰ったそうで、その後、宮崎県の串間原発誘致計画が浮上した時も10回以上、串間に訪れ、串間原発はJA青年部が脱原発に立ち上がって大きく前進しました。
更に、巻原発も地元商店街の保守系の方が立ち上がって、原発断念の道を拓いていったということもよく知られています。

で、何を申し上げるために私が長々と事例をお伝えしているかと申しますと、森市長の4期目に福島レベルの事故でなく命が大事と思う人々の叡智で原発を止めたいからです。
島岡幹夫さんを県平和センターやグリーンコープの方々と鹿児島市黎明館講堂にお迎えしたことがあります。壇上で武勇伝を伝えられた島岡さんが満席の会場に向かって、ここに自分は保守だと思われる方いますか、手をあげて!と言われました。
この時に手を挙げたのが私たちの仲間の指宿の有機農家さんお一人でした。
島岡さんが、これじゃ川内原発3号機は止めれません!と言われたのです。
確かに!私はその後、島岡さんからの学びを出来るだけ教訓にしようと胸に誓ったのです。
【引用終了】

結局、会議が6時間中断し、その影響で職員145人が待機となり、結果・・・時間外手当や電気代に約70万円が発生した。

記事末尾に記者の氏名が記載されていた・・・この人が取材し記事を書いた・・・文責はこの人ってことか〜なるほどねぇ〜

市役所サイド、各会派の議場内交渉係、原発問題を取り上げた議員、それぞれに取材を行ない事実関係に基づいた記事を書いたのでしょうが、なんか腑に落ちないんだよねぇ〜

文中に「数分間にわたって」って書いてあるんだけど、大騒ぎしているくらいだから「数十分〜数時間にわたって」の間違いじゃないの?

まぁ〜取材しての記事ですから間違いではないと思いますが・・・

って言うか・・・数分間にわたって持論を展開したことがここまでの騒ぎになる?

持論を述べるには場面が不適切なのかもしれませんが、「原発」は旬の話題・・・まさしく時局問題。
県民は日々ニュースで流れる原発問題に注目しているのでは?

たった数分喋ったばかりに6時間も中断しなきゃならなかったの?

それにしてもここぞとばかりに鬼の首を取ったかのように「通告逸脱しているのではないか」とかよく言えたねぇ〜

どこの会派の誰が言ったの?

ご立派なことをおっしゃっているようですが、鹿児島市議会議員さんの中には学歴詐称はいるし・・・ゲーム喫茶で花札賭博してたアホな議員もいるし(勿論、換金してます)・・・指名業者に「あそこの土地は法面工事が入るからお金になりますよ!経費貸して下さい!」とか言って未だに借りた金踏み倒している立派なお方もいらっしゃる・・・他人の女房とデキてたそこの保守系議員さん!ネタバレしてますよ・・・あと・・・指名業者さんと陰でこそこそ小遣い稼ぎしているそこの貴方!この人も勿論保守系議員・・・昼間っぱなからインテリジェンスに妻以外の女性としけこんだ方もいらっしゃいましたよね(あれっ?あれは県議だったっけ?)・・・北部清掃近くの土地を市が用地買収(道路拡張のため)するから値上がり間違い無しとそそのかし巧妙な詐欺を働いた議員さんもいたよねぇ〜しかもその土地にご丁寧に右翼の街宣車までドーンと置いちゃってマジ考えることが幼稚・・・
市議が役員務めている3セクのサンロイヤルホテルにご身内就職させてる方々もいらっしゃるようですが・・・まさか立場利用しての口利き採用ではないですよね?

自分の不祥事は許せても・・・他人の数分間は許せません!

明らかに不自然な落札(入札)が数十件あろうとも、その数十件で数百万円、数千万円が食い物にされていたとしても気になるどころか問題視する気もない。

だけど・・・今回の時間外手当と電気代は大問題!「それとこれとは別だ」と言いたいのでしょう。

それにしても・・・電気代?細かいこと言ってるねぇ〜(えっ?てめえも政務活動費の細かい金額言ってるじゃねぇかって?・・・政務活動費については事と次第によっては詐欺になるかもしんないから、それこそ それとこれは別だと思いますよ)

誰が言ったか知らないけどさぁ〜記者さんもご丁寧にわざわざ「電気代」とまで書かなくてよかったんじゃないの?

何となく悪意さえ感じちゃうよ。

何度も言いますが数分間の原発についての持論展開がここまでの騒ぎになるっておかしくない?

原発を取り上げた議員さん無所属って書いてあったけど、他の議員さん誰も助け舟出さなかったのかなぁ〜

保守系からの助け舟なんてあり得ないし・・・社民は副議長の席をゲットしてから以降勘違い政党になっちゃったし、フクシヤマ議員がいない市の社民は終わっちゃってるのと一緒・・・共産は自分だけが大好きだし・・・無所属の1人はエグザエルなみのパフォーマーだし・・・もう1人は自民党と仲良しこよしの似非無所属議員だし・・・そう考えればある意味孤立無援ってことかぁ〜

孤立無援の状況下で官&権力者ご用達の南日本新聞にまで攻められたらたまったもんじゃないよね。

昔は南日本新聞にも文春並みの取材力持った記者が沢山いたのになぁ〜あの頃の南日本新聞は日々読むのが楽しみだったよ。

まぁ〜何れにせよ今回掲載された記事を書いた記者さんは「彼なりに事実を書いただけ」・・・その一言なのでしょうが、書いた記者さんには悪いですがボク的には浅い記事だったんじゃないかと思いますよ。(電気代にはワロタ→ちなみに電気代についてどこの部署のどなたさんから聞いたのか気になる→誰かが記者さんに具体的な電気代についてお話しされたようですが6時間の電気代どうやって計算したの?)

えっ?記事の内容が何故浅いかって?

原発っていえば県民誰もが注目している問題。
三反園さんと原発。
九電の対応。
原発に対する民意。
福島原発の汚染水。
倍増した廃炉費用。(先に話をまとめて後日どさくさまぎれで修正しちゃう自民党の必殺 後出しジャンケン)
廃炉費用国民負担。

たった数分間・・・ついつい持論を述べてしまった・・・

南日本新聞が力を入れて書いた「70万円」・・・

どうせ力を入れて書くなら各会派の政務活動費(数年前までさかのぼり)を調査して記事にしてみたらどうでしょう?

「全国的に見ても鹿児島市はインターネットによる領収書開示をいち早く決めました」だなんて眠くなるような提灯記事書かないで下さいね。

話が変わっちゃいますが・・・鹿児島市議会議員全員が政務活動費貰っているのかな?

まさかとは思いますが政務活動費貰っていない議員さん・・いらっしゃらないですよね?

そりゃそうだよね。
使える金も使わず無駄を無くそうなんて考え実践している方がいるなら、政務活動費の問題がクローズアップされた時点で地元紙が取材し記事の二、三行書くわな。

どうせ力を入れて書くなら「県民が興味がある」記事を書いてみてはいかがでしょうか?

「木を見て森を見ず」って言葉がありますよね。

虫眼鏡使った取材じゃなく、高いとこから全体的に見渡したほうがいい記事書けるんじゃないの?

電気代ねぇ〜

誰かにケツ叩かれて書いちゃったんだろうねぇ〜

次回へ続く

おまけ・Click→MBSニュース・2016/12/14・都議会公明党が自民と決裂「信義が完全に崩れた」

PS・・・数日中に大和村に県外からお客さんが来るとかそんな話かありましたが・・・来ました?大島支庁で打ち合わせ?司法書士と打ち合わせ?
津名久地区の皆さん!キョロキョロと周りを見ていて下さいね。






350,260

管理人の独り言・鹿児島・市役所・幹部職員赤旗新聞購読・政務活動費・国会議員秘書

韓国は大変なことになりましたねぇ〜

朴槿恵大統領側近の不正が次から次に発覚し逮捕者続出。
国民の怒りは収まりそうもありません。

数十万人規模のデモもある意味壮観。
「朴槿恵を火あぶりにしろ!」って叫んでましたが、韓国の国民に比べりゃ〜日本国民は政治家の不正に対し甘いというか・・・不正に対する怒りのテンションがかなり低め。

余程なことがなければ政治家が逮捕されるなんてこともないし・・・甘利さんだったっけ?無罪放免でしたよね。

ってことは今後、甘利さんと同様の疑惑が浮上し捜査したとしても、結局は無罪放免ってこと。

「あれでセーフか・・・罪に問われることはないのか」と、悪い政治家に知恵だけがつく。
韓国までとは言いませんが、日本も政治家の不正に対しては手を緩めることなく捜査して欲しいものです。
さてさて・・・最近気になる情報が多く寄せられバタバタしております。ハイ。

先日アップしました鹿児島市幹部職員の赤旗新聞購読疑惑?興味ありますよね。
赤旗新聞を購読することは何ら問題がありませんが、押し紙ならぬ押し売り購読となれば問題アリです。

当事者から直接告発が寄せられた訳ではありませんが、相談を受けた方から聞くところによると、意に反した赤旗新聞購読の契約があることは間違いなさそうです。

内部不正を告発する場合、告発者には公益通報者保護法なるものがありますが、今回のような個人の新聞購読に関する問題は内部不正とは別次元の問題ですから、当事者としては解決出来ずにいるというのが現状なのでしょう。

「個人の購読問題」をどの様に解決すればいいのか?誰もが一度は考えたはずです。
思いきって購読を断わる?
知り合いの新聞記者に購読に到った経緯を囁いてみる?
弁護士に相談する?
何にしてもリスクが伴う・・・(後が怖いよ〜)

考えた末・・・毎月数千円で済むなら・・・黙って購読したほうが波風がたたない・・・
結局のところそこに行きついちゃいますよね。
Click→産経ニュース・2013/12/9・共産党市議、福岡県行橋市役所内で「赤旗」を勧誘・配布・集金 20年以上前から 「政治的中立性」に疑念…

Click→産経ニュース・2014/4/5・神奈川・鎌倉市 市庁舎内での赤旗配布 異例の禁止

Click→産経ニュース・2014/8/14・【「赤旗」庁舎内勧誘】「議長は読むのが当たり前だ」中立性疑われる勧誘にメス

Click→産経ニュース・2015/2/6・【佐世保の赤旗勧誘】係長級以上の市職員に勧誘 共産市議が20年以上 心理的強制、庁舎規則抵触の可能性 長崎・佐世保市

Click→産経ニュース・2015/2/6・【佐世保の赤旗勧誘】「『ぼろきれ』買うつもりで承諾」元購読者 「学習資料」市議弁解 大事な収入源…読者拡大を目指す共産党

Click→自由民主党組織本部・組織発 第12号・平成26年6月18日・赤旗関連
現在までに情報を得ているのは鹿児島市幹部職員に関する購読問題だけですが、ひょっとしたら鹿児島県の幹部職員や県内の市町村も同様の問題を抱えている可能性があるのではないか?その様な気がしてなりません。

当ブログをご覧になっている方の中に「そのことなら知ってるぞ!」「うちの課長はお付き合いで購読させられていますよ」「実は私自身が購読しています」「◯◯先生から頼まれて購読しています」「役所内で勧誘されました」「役所内での勧誘を目撃しました」などの情報をお持ちの方がいらっしゃるなら(鹿児島県内の市町村に限る)、看過出来ない問題なので是非とも当ブログへ情報提供宜しくお願い致します。
(個人情報は厳守致します)

次に政務活動費についてちょこっとだけ触れたいと思います。

政務活動費の領収書を見ると「こんな物もオッケーなの?」ってのがゴロゴロ出てきます。

基本ベースとなる議員報酬を得ているのにわざわざ政務活動費で購入しなきゃいけないの?
一歩間違えば議員の活動全てが「調査・研究」ってことになるのでは?
境界線が分かりづらいからいっそのこと議員報酬を少し増やしちゃって政務活動費そのものをなくしちゃえばいいんじゃないの?

そう思っちゃいます。

重箱の隅を突くみたいな話で申し訳ないのですが・・・例えば・・・新聞だとか・・・名刺・・・高額なICレコーダー(何台買えば気がすむの?)・・・ゼンリンの地図(こんな物も数年に一度だけ買えば十分だろ)・・・書籍(今さらこのレベルの本を読んで研究?って思える書籍を購入されている方々もいらっしゃいます)・・・レンタカー(安いレンタカーでいいのでは?)・・・後援会の主催する勉強会への支出?・・・
挙げればキリがない・・・400字詰めの原稿用紙が200枚くらいないと書ききれない。

それはそうと・・・あるんだけどなぁ〜〜200%刑事事件に発展するネタが・・・だけど・・・悲しいかな警察に告発しても保守系議員ネタはなかなか難しい・・・

特に大物議員のネタは闇に葬られちゃうから・・・そんでもっていつの間にか逆に告発した側が狙われるってパターン(あるある話し)

だからまだ表には出さないほうがいいと思うんだよねぇ〜

恐ろしや大物議員(ブルブル)
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

あっ!それと・・・政務活動費の領収書の筆跡が怪しいなんて話も出ています。
情報入り次第ご報告致します!

え〜と・・・今回のブログタイトルの中に「国会議員秘書」ってありますが、先に言っておきますがこれから話す内容が「法律に違反している!」ということでは御座いませんので呉々も誤解のないようお願い致します。

多忙極める国会議員の先生方は公設秘書(政策秘書や公設第一、公設第二・・・)、私設秘書、いろんな方々が秘書としてサポートしています。

一番の右腕は政策秘書でしょうね。その次は公設第一秘書と考えるのが普通かな?

ここで皆さんに質問です!
「公設秘書の兼業は認められているか、認められていないか」どちらだと思いますか?
Click→国会議員の秘書の給料等に関する法律実は兼業は認められています。

な・な・なんと・・・公設秘書は兼業オッケーなのです。(届け出等が必要)

単純に考えると代議士が忙しいからこそ秘書が必要。にもかかわらずその秘書が他の仕事に就いても問題無し。

私設秘書が「他にも仕事してますよ〜」って話なら理解出来ないでもないが、公設秘書の兼業って違和感を感じませんか?
ある意味公設秘書は国から給料貰っている訳ですから、兼業オッケーってのは国民の感覚からするとズレているような気がするのですが・・・

まぁ〜法律で問題無いと定められている以上何を言っても無駄なのですが・・・

さてさて・・・本題に入るとしますが、実はつい先日首を捻りたくなるような話を耳にしました。

「えっ?それってオッケーなんですか?」「ボク的にはたとえ法律に抵触していなくともそれはおかしいと思うなぁ〜」これがボクの第一声だった。

その内容とは・・・鹿児島の国会議員の公設第一秘書にまつわる話です。ハイ。

ボクの勝手なイメージですが、公設第一秘書っていえば「有能」「仕事が出来る」「忙しい」そのようなイメージですかね。
皆さんもボクと一緒のイメージではないでしょうか?

有能・・・仕事が出来る・・・忙しい・・・公設秘書・・・ある意味「仕事人」「プロフェッショナル」ですね。

そのようなイメージを持たれる(ボクの主観)公設秘書ですが、実は・・・鹿児島の国会議員の公設第一秘書が「兼業」ではなく、東京の某大学の大学院に在籍されているのでは?・・・そのような噂を耳にしました。

大学院に在籍してる?
大学院?
公設第一秘書なのに?

しかも・・・その公設第一秘書・・・自分の娘って話・・・マジかよ

「大学院でお勉強」

公設第一秘書が大学院でお勉強・・・兼業ならぬお勉強について早速「違法性」があるか確認してみた。

回答は→「調べましたところ規定(公設第一秘書が大学に在籍することの規定)がないことから法的には問題無い」とのこと。

ちなみに「これまで公設第一秘書が大学に通っていても問題無いのか?」「同様の問い合わせを受けたことがありますか?」と尋ねたところ・・・電話で対応された方は「無いです」とおっしゃっていました。ハイ。

レアなケースなんでしょうねぇ〜

そりゃ〜そうですよね。
勉強するのが悪いとは言いませんが・・・であるならば公設第一秘書ではなく私設秘書でいいのでは?って気がしますよね。

だって・・・公設秘書って・・・ある意味税金から給料出ているわけですから・・・

必殺!法的には問題無しってパターンです。
(-.-;)y-~~~
っていうか・・・後援会の方々が代議士に言わなきゃダメだわ・・・「先生!公設第一秘書が大学院でお勉強ってのは変じゃない?」「娘さんが公設第一秘書で大学院でお勉強・・・せっかく国政に返り咲いたんですから・・・イメージ悪くならない?」

後援会の皆さん!代議士に苦言?進言?するべきでは?

本年度の鹿児島暴露クラブ流行語大賞は「法的には問題ありません」に決定!

Click↓↓↓Click





鹿児島県北薩地域振興局発注・薩摩川内市発注 入札結果・第2弾!【公正取引委員会必見!】


【2016/11/24・防災・安全社会資本整備交付金事業・昭和橋補修工事・塩田建設・99,31%】
Click→鹿児島暴露クラブ・2016/11/20掲載分・鹿児島県北薩地域振興局発注・薩摩川内市発注 入札結果・・・北薩地区も談合現在進行形【公正取引委員会必見!】

北薩地区は相変わらずですね。(今回は薩摩川内市発注分のみ掲載)

特に薩摩川内市発注の公共工事は「ご馳走様」と礼を言いたいくらいの楽勝ムードが漂っている。

さすが薩摩川内市!
川内原発で潤っているから?
それとも市長が選挙で勝つ為には土木業者の票が必要なのかな?

一目見て落札率が高すぎる入札が続けば発注者がピリピリしてくるのが普通の自治体・・・ところがドッコイ・・・薩摩川内市の市長さんはピリピリどころかユルユル・・・ユルユルどころか野放し。

ある意味、離島より薩摩川内市のほうが土木天国かもね。

何れにせよ薩摩川内市発注の公共工事は落札率が高い・・・原資は税金だから関係ないってことなのでしょう。

さてさて・・・前回入札結果を公開しましたが、その後20件弱の入札が執行されたようなので薩摩川内市民の皆さんにご報告です。

え〜と・・・落札率が96%超えが18件中12件。
98%超えが18件中8件。

この驚異的な落札率は・・・まさしく・・・神ってますよね。
すべてはユルユルの岩切市長様様様様様のおかげです。

業者さんの中でも特に岩切市長に感謝しなくてはならいのは、一般社団法人 鹿児島県建設業協会甑島支部役員の皆さんでしょう。

【参照】前回掲載分の入札結果↓↓↓(一部転載)。
99,13%
99,02%
99,45%
一般社団法人 鹿児島県建設業協会加盟支部の中でも団結力は抜群!まさにNO1!

平成26年〜平成28年現在までの入札結果をチェックしましたが、支部長(塩田建設)と副支部長(中野建設)の落札率の高さにはビックリ・・・他の建設会社の皆さんがご覧になれば・・・羨ましがること間違い無し!

甑島支部のホームページを見ると↓↓↓
支部紹介の中に「会員の経済的向上」とあります。

入札結果を見ると、一般社団法人 鹿児島県建設業協会甑島支部は『実直に会員の経済的向上に組織一丸となり務めている』ことが良く分かります。

一般社団法人 鹿児島県建設業協会の川畑俊彦会長におかれましては、次期褒章推薦につきましては北薩地区の建設業界発展に長年寄与している甑島支部の支部長もしくは副支部長のどちらかを協会推薦すべきではないでしょうか?

褒章を授与出来た暁にはさらに神っている入札を展開し「会員の経済的向上」に貢献出来ると思われます。

次回へ続く

Click↓↓↓Click








第1弾!鹿児島市の幹部職員が赤旗新聞購読?【しんぶん赤旗】



Click→鹿児島市庁舎等管理規則・第8条1

「えっ?」「本当ですか?」「森市長は知っているの?」

嘘のような本当の話?

現在、鹿児島市の職員は局長が9名、部長(局参事含む)36名、課長(部参事含む)131名、係長(主幹含む)343名。
いわゆる幹部職員と言われている方々の人員数は上記の通りである。
(注)上記人数には監査事務局、選挙管理委員会事務局、市議会事務局、農業委員会事務局も含まれている。(若干の誤差あり)

結構な人数ですよね。

役所仕事は市民が思っているほど楽じゃないと思います。

特に幹部職員となれば議会での質疑応答なども含め苦労することばかり。

時として質疑対策ではなく議員対策に頭を悩ますこともあるとか・・・

そんな中、興味深い話が飛び込んで来ました。

聞くところによると・・・鹿児島市の幹部職員多数が赤旗新聞を購読しているとか・・・

元共産党鹿児島市議のお偉いさんがお付き合い購読システムを構築したって話を聞いたんだよねぇ〜

本当なのだろうか?事実ならエグイ話ですよね。

((((;゚Д゚)))))))新聞取らなきゃ・・・

地元紙の南日本新聞、全国紙の毎日、朝日、読売、日経なら分からんでもないが・・・赤旗新聞?

思想信条は自由だけど鹿児島市の幹部職員の多くが赤旗新聞購読しているとは・・・唖然・・・

赤旗新聞→共産党
聖教新聞→創価学会→公明党

誰もが↑↑↑このようなイメージなのでは?

って言うか・・・鹿児島市の幹部職員さんが赤旗新聞を購読する際は普通の新聞購読申し込みと同様に販売店に電話をかけるのでしょうか?

電話をかける姿が想像出来ない。

仮にこの話が事実なら違和感を感じるレベルを通り越し、鹿児島市の幹部職員は共産党のシンパだらけとまでは言いませんが、赤旗新聞購読者がウジャウジャいるってことになりませんか?

あ〜あ〜あ〜 鹿児島市役所危うし〜〜
Click→産経ニュース・2014/8/14・【「赤旗」庁舎内勧誘】「議長は読むのが当たり前だ」中立性疑われる勧誘にメス

Click→産経ニュース・2015/2/6・【佐世保の赤旗勧誘】係長級以上の市職員に勧誘 共産市議が20年以上 心理的強制、庁舎規則抵触の可能性 長崎・佐世保市

Clickの産経ニュース・2015/2/6・【佐世保の赤旗勧誘】「『ぼろきれ』買うつもりで承諾」元購読者 「学習資料」市議弁解 大事な収入源…読者拡大を目指す共産党

赤旗新聞購読かぁ〜〜やっぱ噂どおり頼まれて断われなかった職員さんもいらっしゃるんでしょうねぇ〜

頼まれた?
頼まれていない?
それとも慣例?

部長と課長は日刊紙を購読?

係長は日曜版?

顔色伺うために嫌々ながらの購読?

新聞業界では「押し紙」ってシステムが問題になりましたが、鹿児島市役所では押し紙ならぬ押し売りが問題になってたりして(笑)

あのさぁ〜そこの貴方!無理やり購読させられているならやめちゃえ!やめちゃえ!

っていうか・・・個人情報に触れないレベルで購読者を公開して行くって方法もあるよね。

例えば・・・◯◯課の◯◯課長は赤旗新聞を購読しています・・・◯◯課の◯◯係長も赤旗新聞を愛読しています・・・ってな感じで。

えっ?公務員が赤旗新聞を購読するのが問題なのかって?

そんなことはないですよ。
公務員だろうがヤクザだろうが赤旗新聞購読しても問題になるはずないでしょ!

ボクが言いたいのは購読するに至ったプロセス。

何処かの誰かさんが立場を最大限に利用して無理やり購読させてるようなことがあれば、ヘタすると強要なんてことにもなりかねないからね。

一歩間違えれば刑事事件・・・道義的責任どころの話ではなくなる。

聞いちゃったんだよねぇ〜

まぁ〜そのうちバラしちゃいます。

あっ!それとさぁ〜鹿児島市議の政務活動費ネットで公開することになったんだって?

公開に踏み切るってことには拍手したいと思いますが、なんか中途半端なんだよねぇ〜

どうせ公開するなら3年分くらいさかのぼって公開すりゃ〜いいのにね。

皆さん!
今回の結果を採点すると何点くらいになりますか?

100点満点?

それとも80点?70点?

ご本人さんはご満悦のようですが、側から見れば着地点が甘かったような気がするなぁ〜

PS・・・幹部職員さんの赤旗新聞購読について見聞きしたことがある方はご一報下さい。
宜しくお願い致します。

Mさん!Kさん!情報提供ありがとうございました。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click





金子万寿夫先生!きく伸一郎先生!法に抵触しなければ何でも有りと言うことでしょうか?それと・・・崎原地区に建設予定の産廃場に関係していませんよね?


先日、鹿児島県が政治団体収支報告書(平成27年度分)を公開した。

その収支報告書についてコメントが寄せられたので紹介したいと思います。(コメントは非公開コメントでしたが、コメント内容の紹介は構わないとの許可を得ました)

以下はコメントを一部引用

「先日公表された政治団体収支報告書を見て怒りが込み上げて来ました。法律上は問題ないとはいえ寄付する企業と受け取る側のモラルの低さ、残念でなりません」「民事再生は裁判所が決定したことですから泣く泣く諦めましたが、政治団体に寄付する金があるのか?と腹だだしく思った次第です」「昨今政務活動費の使途が問題になっていますが、政治団体に対する寄付の取り扱いにも新たなルールが必要ではないでしょうか」【引用終了】

上記コメントをいただき早速政治団体収支報告書を確認してみました。

指摘があったのは自由民主党 鹿児島県大島郡区第一支部(代表者・金子万寿夫)、自由民主党大島第ニ支部(代表者・きく伸一郎)両支部に対する寄付についてである。

寄付の内訳でコメント投稿者が指摘した部分のみを抜粋、以下の通り。(寄付の団体名称は当ブログ管理人が一部加工)

平成26年度分 自由主党 鹿児島県大島郡区第一支部(代表者・金子万寿夫)

心◯・・・平成26年1月10日・・・4万円
心◯・・・平成26年2月10日・・・4万円
心◯・・・平成26年3月10日・・・4万円
心◯・・・平成26年4月10日・・・4万円
心◯・・・平成26年5月12日・・・4万円

平成26年度分 自由主党 鹿児島県大島郡区第二支部(代表者・きく伸一郎)

心◯・・・平成26年8月7日・・・3万円
心◯・・・平成26年9月10日・・3万円
心◯・・・平成26年10月10日・3万円
心◯・・・平成26年11月10日・3万円
心◯・・・平成26年12月10日・3万円

平成27年度分 自由主党 鹿児島県第二選挙区支部(代表者・金子万寿夫)

心◯・・・平成27年2月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年3月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年4月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年5月11日・・・4万円
心◯・・・平成27年6月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年7月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年8月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年9月10日・・・4万円
心◯・・・平成27年10月13日・・4万円
心◯・・・平成27年11月10日・・4万円
心◯・・・平成27年12月10日・・4万円

平成27年度分 自由主党 鹿児島県大島郡区第二支部(代表者・きく伸一郎)

心◯・・・平成27年1月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年2月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年3月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年4月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年5月11日・・・3万円
心◯・・・平成27年6月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年7月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年8月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年9月10日・・・3万円
心◯・・・平成27年10月13日・・3万円
心◯・・・平成27年11月10日・・3万円
心◯・・・平成27年12月10日・・3万円

以上

さて、何故?コメント投稿者は上記掲載の寄付を問題視したのか?

それは、寄付を行なった「心◯」という企業にまつわる話です。

実はこの企業は現在民事再生中のようです。
民事再生ですから当然債権者に対しての支払いは、一括払いではなく事実上棚上げに近い条件が提示されたということでしょう。

その様な状況にある企業がいくら法的に問題ないとはいえ政治団体に寄付するとは何事だ!百歩譲ってそのレベルのモラルしかない企業であり経営者なんだと自分に言い聞かせたとしても、受け取る政治団体に対しては気分がおさまらない・・・一般の取引業者は待たされて、その裏では政治団体に寄付。

寄付を申し出て来た時点で政治団体側が「今の状況で寄付をいただく訳にはいかない」と、断るべきではないのか?

コメント投稿者はそう思った。

ボクもまた投稿者同様にそう思った。

政治家には高いモラルを求めることはごく自然で当たり前の話である。
金子氏と、きく氏両者が「心◯」なる企業が民事再生中であるということを知らなかったというならまだしも、ところがどうも状況はそうではないらしいのだ。

両者ともに「心◯」の経営者とは昵懇の関係ということは奄美の建設業関係者なら誰もが知っているというではないか!

と言うことは・・・金子、きく、両氏は「別に民事再生中であっても法に抵触していないから全く問題ないじゃ〜ん!」「寄付するって言うから貰ったんだけど何か問題ありますか〜〜」と思っているのではないか?と、誤解されても仕方ない。

【政治資金規正法の第二十二条の四】
三事業年度以上にわたり継続して政令で定める欠損を生じている会社は、当該欠損がうめられるまでの間、政治活動に関する寄附をしてはならない。

2  何人も、前項の規定に違反してされる寄附であることを知りながら、これを受けてはならない。

と、かかれている。
Click→政治資金規正法

「心◯」については、民事再生中ではあるが上記条件に触れていないということ・・・だから寄付することも、受け取ることも全く問題なし・・・

「民事再生中の企業が政治団体に寄付をしてはならない」と、明文化されてないからって、いくらなんでもこれはないですよね。

えっ?「心◯」が悪いと言ってるのかって?

いえいえ・・・「心◯」さんは合法的に民事再生された立派な会社ですし、寄付についても合法的に行なっていらっしゃいますので「心◯」さんには何もお話しすることは御座いません!ハイ!

たとえ民事再生において債権者側になってしまった方々がボロな軽自動車に乗り、民事再生中の「心◯」の元社長様が新しい自動車に乗られていても全てが合法的なことですから何人たりとも一言も文句を言う権利は御座いません。

ただ・・・公人であります金子万寿夫先生ときく伸一郎先生に対しては「あ〜〜この人たちは何も考えていないんだなぁ〜〜」「次の選挙では親族一同、社員も含め、ついでに友人や知人にも絶対に投票しないようお願いに回らなきゃいけないなぁ〜〜」と、思った・・・を通り越し・・・誓ったって感じですかね。

狭い奄美大島の中で後から何を言われるか分かっていてのこれですから・・・ある意味・・・「法的には問題ないよ〜〜ん!」の、確信犯ってことかな?

コメント投稿者さん!
本当に心中を御察し致します。
政治家には高いモラルが求められています。
今回のようなケースは法的に問題があるとか無いとかそれ以前の問題です。
道義的観点から考えると、金子万寿夫大先生ときく伸一郎大先生は寄付を断るべきだったと思います。

悲しいかな断るという「判断」が出来なかった。

今後は彼等に崇高な政治信条を期待することも求めることもしてはなりません。

だって・・・同じ島人なのに・・・涼しすぎる。

ってことではないでしょうか?

それと・・・現在、奄美市崎原地区に建設が予定されている産廃処理場ですが、今回寄付をされた企業さんが産廃処理場を建設する際の施工会社だという話です。

住民説明会にも来場していたとのこと。

ホンマに達者な方ですなぁ〜

それともう1つ・・・この方の会社の資材置き場?土場っていうんですかね?今は整理されたようですが、産廃の不法保管でお役人様からお叱りを受けましてバタバタと後かたづけされたとか(笑)

産廃処理場の建設に携わる方なら産廃の不法保管はやめてほしいものですね。

もう1つおまけの話(予告)ですが・・・崎原地区の方々がお聞きになったらさぞかし驚く話もあります!
ドン引きするネタなので楽しみにしていて下さい。

それでは皆さん!またお会いしましょう!

コメント投稿者さん!仕事頑張って下さい!

PS・・・◎龍郷町の情報提供(採石場・入札・官民癒着・選挙違反)宜しくお願い致します!◎大和村の津名久関連のさらなる情報提供宜しくお願い致します!

鹿児島暴露クラブ 管理人

Click↓↓↓Click





第18弾!奄美大島の大和村で何かが起きようとしている・PFIに関する問い合わせ先→内閣府 民間資金等活用事業推進室


Click→カテゴリー・奄美大島 大和村

Click→河北新報・落札業者の提案書作成 選定委員が関与か・2016/3/18

Click→河北新報・岩泉子育て支援住宅整備事業・2016/3/19

Click→河北新報・岩手岩泉PFI 疑問残し幕引き・2016/6/26~

Click→京都府ホームページ・京都府PFI事業

前回お伝えした通り、大和村の大型プロジェクトに関連すると思われる新たな情報を入手したことから第18弾とし追記したいと思う。

これまでにも度々問題視して来たが、大和村側の説明は「開発の計画があまりにも大きく、地元や漁協、保護団体からの同意も得られないと判断した。開発後の土地の利用についても、村としては関係しない旨を相手方に伝えている」とのことだが、そもそも開発業者と事前協議を行なっていたのか?それとも、最近になって業者から説明を受けたのか?
ただ「相手方に伝えている」と説明されても、まったく説明になっていない。

ボクたちが聞きたいのは開発業者と村サイドとの関係だ。
何時・・・何処で・・・どのような形で出会い・・・そして・・・今日までに何を話し合って来たのか・・・

昨年10月27日に岩手県民情報交流センターにて「公民連携定住対策推進連絡会」の講演会が行われた。

その講演会に大和村の職員が参加したとの情報を得ているが、誰から誘いを受け参加したのか?今回の開発業者もしくはPFI(PFIについて詳しく情報を得たい方は下記をクリック!疑問点などございましたら問い合わせなども可能。Click→内閣府 民間資金等活用事業推進室)の識者から声がけがあったのではないのか?

講演会参加の経費は誰が支出したのか?大和村?それとも役場職員が個人的に支払った?まさかとは思うが招待されたのか?

プライベートで行っただなんてアホっぽい言い訳だけはしないとは思うが、何れにせよ岩手県出張の経緯を具体的に説明すべきだと思う。

多くの疑惑が囁かれている以上、少なくとも村民に対しては説明責任があるはずだ。

それと・・・まだまだ確認したいことは山ほどある。

実は、最近になって大和村に関する様々な噂が奄美島内を駆け巡っている。

というのも、今年1月中旬に大型プロジェクト関係者と大和村役場サイドが接触したのではないかとの噂が出回っているのだ。

その際に話し合われた内容はと言うと・・・

まずは、「思勝湾の拡張工事」について。
この問題に対して大和村側が「港の管理者として村単独で出来ないか検討中」と回答したという話が出回っている。

仮に事実であるとするならば、開発業者からの要望?陳情?に応える為にその様な回答をしたのか?であるならば、役場に何らかの関連する公文書が存在するはずだ。

公文書が存在しないとなればオフレコでの話し合い?・・・それこそ誤解されるのでは?・・・事と次第によっては便宜を図ろうとしていたのではないか?と疑念を持たれる可能性すらある。

と同時に、港の整備をどうしてやらなくちゃいけないのか?という素朴な疑問。
採石を運ぶための港の整備?
って言うか・・・仮にそうだとしたら、何故?そこまで民間業者のご要望に応えなくちゃならないのか?

また、今年10月に中国で開催された「北京国際風力発電展覧会」にも出展した、大手風力発電会社「NTN」の風力発電施設についても話が出たとの情報もある。

風力発電なんて役場には関係ないはずだが、風力発電まで話が出て来ちゃうとそれこそ開発後の高台利用について事前に打ち合わせしていたのではないか?と思いたくもなる。

まだまだディープな話もあるが、その他の情報については現在調査中なので聞き取りが済み次第あらためて報告したいと思う。

今頃、大和村側は「予想以上に大型プロジェクトが注目され、高台の利用について村がどこから関与するのか相当難しくなった」と、頭が痛いのではなかろうか?

あと気になる事といえば・・・民間が開発した後に高台で公共事業を行うとなれば、大和村が高台の所有権を持っていなければならないのでは?
まさか・・・採石事業後に適正価格(相場)で大和村に売却するなんてことはないだろうか?
それとも民間の土地を利用し公共事業を行う方法があるのか?
とにかく公共工事になれば許認可は大和村が取らなきゃいけないと思うのだが・・・

そのような知恵が大和村側にあるとは考え難い・・・仮に噂どおりPFIを活用するとなれば、やはりプロと言うか・・・識者の知恵が必要となるはずだ・・・となると・・・大和村側は既に識者と接触している可能性が高いと考えるべきだろう。

大和村を舞台とした大型プロジェクト・・・引き続き「福祉、文教、医療」誘致開発プロジェクトの動向に注目したいと思う。(ウェス&Eシス 活動中との情報あり)

次回へ続く。

PS・・・以下は鹿児島県内でのPFI関連資料。

◎平成27年7月に鹿児島県の大崎町でもPFIについての勉強会開催。
Click↓↓↓Click
内閣府認証 NPO法人 全国地域PFI協会

◎【大崎町ホームページより転載】
Click→鹿児島県大崎町 定住促進住宅事業・文化通2号棟建設(仮称)募集要項(案)【注目・事業者選定委員会・P17~

◎平成27年1月に鹿児島鹿屋市でもPFIについての勉強会開催。
内閣府認証 NPO法人 全国地域PFI協会

内閣府認証 NPO法人 全国地域PFI協会

◎【鹿屋市ホームページより転載】
鹿屋市・桜ヶ丘子育て支援住宅整備PFI事業

◎地域セミナーin薩摩半島・公民連携定住対策推進自治体連絡会
地域セミナーin薩摩半島・案内

Click↓↓↓Click

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR