奄美大島 瀬戸内町大型クルーズ船寄港地誘致問題・Iターン者とUターン者は厄介者扱いの可能性あり?&島民さんからの貴重なご意見

奄美大島 瀬戸内町大型クルーズ船寄港地誘致問題・Iターン者とUターン者は厄介者扱いの可能性あり?&島民さんからの貴重なご意見

201804192341598c6.png


Click→→鹿児島県 奄美大島 大型クルーズ船寄港地関連・過去記事一覧

さてさて・・・懇談会でのやり取りはひとまず置いといて、ボクが気になったことと言えば・・・懇談会終了後にどの様なやり取りがあったのか?ということ。

当日は報道各社も来ていたようですから当然懇談会終了後に取材を受けた方々もいらっしゃるのではないかと勝手に想像しているのですが・・・

町長、副町長、担当課職員、区長、地区住民、地域外住民・・・

囲み取材ありましたか?

どうなんでしょうか?

これまでの経緯と奄美の地域性を考えると、失礼な言い方かもしれませんが「一部のIターン者やUターン者だけが反対している!」「地元の苦しみを理解していない奴等が地域の事情も分からず反対している!」・・・こんな話が出たのではないかと勝手に想像しています。

ボクの勝手な想像だから間違ってたらゴメンよ!

仮にその様な会話があったならそれはちとばかり残念な話。

瀬戸内町に限らず奄美群島各市町村では、Iターン者の受け入れは勿論のことこれまで人口減少の対応策として様々な施策を打ち出して来ました。

受け入れる時はウエルカムで、いざ何かが起きればIターン者やUターン者は島の事情が分かっていない!こいつらダメだ!・・・この論法は成り立たないし、成り立たないどころか口にすべきではないですよね。

何故かと言うと・・・常識を問われると同時に人間性をも疑われかねないからです。

いやいや!それは違うぞ!
お前が間違っている!
そうお叱りを受けるかもしれないですが、であるならばIターン者やUターン者に対する施策が打ち出された時に何故反対しなかったのか?

どうして反対の陳情書や要望書を提出しなかったのか?

やるべきことをせず、声も挙げずにいた者が、Iターン者やUターン者と意見が対立した途端によそ者扱いし非難する様はもの悲しささえ感じます。

一部のIターン者やUターン者が奄美の古き良き伝統文化を否定しているのでしょうか?

違いますよね。
自然豊かな奄美が大好きだと言っているだけなのでは?

今回の混乱を引き起こした張本人は町民同士の混乱や確執を見てどう思っているのか?

おそらく・・・賛成派と反対派の間には既に険悪なムードが漂い始めているのでは?

にもかかわらず、彼等は我関せずとばかりに知らんぷりです。

口を開けば「説明不足でした」「原点に帰って」「何も分からない」の何時もの3点セット。

とにかく無責任。
Iターン者やUターン者に対する気配り無し。
他所から引っ越して来た方々は引っ越して来るまではお客さん、引っ越して来たからには瀬戸内町民です。

彼等は瀬戸内町に魅力を感じたからこそ引っ越して来たのでは?

ボクに言わせりゃIターン者とUターン者は瀬戸内町にハシゴを外されたも同然です。

体験住宅?
笑っちゃうよね!
瀬戸内町に引っ越してくる方々には最初の段階で「地元住民に配慮して下さる方のみ受け入れ歓迎」って知らせたほうがいいのでは?

地元の方々を非難しているのではありませんよ。
瀬戸内町の無責任な姿勢に対し憤りを感じているのです。

それと・・・今回の大型クルーズ船寄港地誘致問題について、あらゆる角度から誘致問題を検証されている本気を感じる方からコメントいただきましたので2通分紹介します。(島民さんからのコメント)


⚫️1通目

・何もわからないと主張する町に対してわからないなら懇談会する意味を問うこと。

・何もわからないのなら経済効果もメリット、デメリットもわからないのに誘致出来ませんよね?と問い詰めること。

・町県国発注の事業において町長派の身内業者優遇にならない保証は誰がするのか、その責任は誰がとるのか明確にすること。

・町内各地に散らばる既存施設すら(稼働率使用率低いことから)十分に活用しきれていないのに、新たに専用桟橋や陸上施設建設する必要性がどれほどあるか明文化し、責任の所在を明確にすること。

・災害復旧と既存施設のメンテナンスと町内全集落の海岸清掃と草刈り各農道林道遊歩道寺神社へ通じる草刈り倒木撤去を町内土建全会社に偏りがないように分配すること。

・資格や技術を持つ業者が等しく分け隔てなく入札出来るようにすること。資格や技術を持っていない業者(従業員)が事業を受注するなどあれば業者や町や県の担当者全員が罰則を受けること。

・既存施設の活用と地元民雇用率九割以上(ゆくゆくは地元民十割完全雇用する)という契約を提示し受け入れ拒否すること。

・世界自然遺産をうたう以上多かれ少なかれ自然破壊になる新たな桟橋建設や陸上施設の建設はせず、既存施設のキャパシティを越す受け入れにならないように上陸客を分散すること。

・他に追加することがあればそれも盛り込んだ上での全条件に対して外国船会社の返答を公開周知すること。

・現町長の『チームせとうち』の公約が、町長派、反町長派、無関係派、どうでもいい派、コネなし多数派など全ての企業や町民にあてはまるのか明確にし、分け隔てがあれば即辞任と町議会解散総選挙を能動的にすること。

これくらいしないと誰も『チームせとうち』を信用しない状況だと思います。
よって少しでも賎しさや卑しさ浅ましさ身内優遇傾向がみられるかぎり不信感の払拭は不可能だと思います。
【引用終了】

⚫️引き続き2通目

地元の農産物や水産物、お土産、その他食材をクルーザー内のレストランや売店部門がどのくらい買うのか不明。
下船した乗客にどのくらい売れるか?はやってみる価値はある。
身内優遇しないで他の生産者や販売者も自由に場所代を払わず行商出来るかが鍵になる。
下船客相手の観光サービス業も身内優遇しないで自由に他の同業者が集客出来るかが鍵になる。

役所がいう経済効果が認められない時は誰も責任をとらないと思う。
専用桟橋を建設することは自然破壊を伴う。
かめ瀬沖に投錨させた方がまだマシ。

西古見のレストラン・トイレ・売店などの陸上施設の建設はたとえ100%船会社が負担することになっても認められない。
なぜなら働くスタッフは船会社がそのほとんどを用意し、町長派の身内や関係者が僅かばかり雇用されるにとどまる公算が高い。

それでも経済効果があるというならその計算式を公表し責任の所在を明確化する必要がある。

確実なことは町長派の土建屋が仕事を手にするということだけ。
しかもそれは山を削ったり珊瑚を破壊して桟橋をつくるなど、する必要がない自然破壊。
大型船は沖に泊めておいて地元業者の船で下船客を運んだ方が雇用になる。

まだ全集落の海岸の漂着ゴミ回収や全集落の草刈りゴミ拾い、農道林道遊歩道寺神社の草刈り倒木撤去を町内土建屋全ての公共事業にした方が良い。
【引用終了】

1通目、2通目ともに島民さんからのコメントです。

誘致を前提とした話ではありますが、まさに議論を尽くすとはこのことだと思います。
賛成派から上記のような問題提起がなされたなら、反対派や慎重派の方々もとりあえずは耳を傾けるでしょう。(おそらく町長と土建屋さんは青くなる)

闇雲に地域の発展ばかりを声高らかに叫んでも無意味であると同時に無理があると言わざるを得ません。

島民さんのご意見は仮に誘致するとなれば最低限このくらいの括りを入れなければ意味ないよ!という提言なのではないでしょうか?

ただ・・・残念なことに鎌田町長が上記提言を認め確約することは絶対にないと思われます。

そのことはボクだけではなく、奄美の建設業や観光業、全ての方々が「鎌田町長がその提言を受け入れる可能性はゼロ%だよww!」と、断言するはずです。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『人ロ減は雇用がないことによる少子高齢化その原因を正しく分析出来ていないあいかわずな特権階級』

瀬戸内町がおそろしく衰退しているのは雇用機会に恵まれないから、大都市の人口が地方と比べて減少しにくい緩やかなのは雇用機会が瀬戸内町に比べてあるから。

なら雇用機会を増やすには身内優遇や町職員の世襲化身内採用の固定化廃止をまっ先にしないとおかしい。富の蓄積が固定化しても消費に繋がらない。消費が拡大しなければ民間雇用が生まれない。特権階級を一代限りにして全町民が一代限りの富の蓄積を可能にすれば、人ロ流出は確実に緩やかになる。またその方が現状の世襲固定化社会より将来設計しやすいことは確実だから消費が増える。絶対安心ではなくても金をつかう(金がまわる)仕組みをつくれば、地方でも民間雇用が増えて人ロを増やせる可能性すらある。

結局一部の特権階級の私利私欲の為の社会システムが、食えない人を流出させ人ロ減を招いているのに、町職員町長派議員等は身内優遇、身内採用で町政を私物化し、未来永劫『自分達さえ良ければいい体制作り』を強化している様に見える。

どの国の船会社なのかも答えられないのにとにかくクルーズ船誘致に町長派行政が飛び付いたのは、単に身内の利権確保や取り巻き土建屋の仕事獲得が目的になっているからなのではないか。それならどこの船がどんな外国人を連れて来るのか、実は島の人の雇用はほとんどなく場所だけの提供になろうが関係ない。島の人のためというのはただの騙し文句で、単に関連施設の建設を身内取り巻き土建屋にさせたいだけと捉えられても仕方ない。

公平公正に『チームせとうち』で反町長派も事業活動させることを保証すると全町民と確約しない状態で何を言っても信用されない。

きっと最初の受け入れ施設の建設で一時的に仲間の土建屋が儲けて、クルーズ船が来る間は町長派の取り巻きが僅かばかり受け入れ施設で雇用されるだけ。

経済効果は極めて小さい。船会社が連れて来た外国人労働者から税金をとって公務員は未来永劫安心。それ以外は本土に流出するながれは止まらない。計画段階からしてすでに間違っている。


Re: 用意周到な条例ですことさんへ

コメントありがとうございます。
おっしゃっていること100%同意すると同時にボクも常日頃から同様の考えです。
まさに日本の縮図であり姑息なやり口が見え隠れしています。
日本?
日本に明るい未来がありますか?
偽りの民主主義であり、官僚と政治家による毒された社会主義国家同然です。
現在の日本は自称保守(エセ保守)があたかも国家の為のごとく好き勝手に国政を振るっている状況です。
国民を欺きお友達優遇、大企業重視、小市民には小さなアメ玉政策
、米国追従、ニュースで報じられる様々な問題を見るとき、如何に日本の政治が腐っているか、如何に日本の政治家が自己中心的でなりふり構わず保身に走るかがよく分かります。
戦前、戦中、戦後の日本であれば、斬って捨てられるような連中が今の政治家の中にはゴロゴロいます。
政治家にとって真実などどうでもいいのです。
真実でないことを真実であるかのように国民に信じ込ますことが今の政治です。
何度も繰り返しますが、瀬戸内町は日本の縮図。
些細な問題でもなりふり構わず問題提起して行くことが、一部のこころある政治家と一部のこころある町民の原動力になるのではないかと考えている次第です。

鹿児島暴露クラブ 管理人

Re: 本音で話せばさんへ

町民がそう考えてしまうのも無理ありません。
期待された鎌田町政があらぬ方向に進んでいることを町民は肌で感じている・・・だからこそ全てに対し疑心暗鬼が芽生えるのです。
鎌田町長の身から出た錆。

物事を否定的に考えるのはネガティヴな発想かもしれませんが、一度決まれば覆らないことを考えたとき、であればなおのこと慎重に判断しなくてはならないのではないでしょうか?
否定的思考は物事について真剣に議論することを促すための薬ではないかと考えています。

鹿児島暴露クラブ 管理人
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR