鹿児島市職員ハラスメント相談13件!市長事務部局がハラスメント発生率NO1・・・残念すぎる鹿児島市長事務部局の巻

鹿児島市職員ハラスメント相談13件!市長事務部局がハラスメント発生率NO1・・・残念すぎる鹿児島市長事務部局の巻

20180620231041599.png

鹿児島市は2017年度にハラスメントに関する相談が13件あったと報告した。

この報告は小川みさ子議員の個人質問への回答。

相談が13件ってことは、間違いなくそれ以上のハラスメントがあったと考えるべきでしょう。

内山薫総務局長によると、ハラスメントによる部局別の内訳は市長事務部局がセクハラ3件、パワハラ7件。

交通局はセクハラ1件。
教育委員会はセクハラ1件、パワハラ1件とのこと。

分かっているだけでこの数。

それにしても市長事務部局がダントツの被害発生率ですね。
よりによって市長事務部局ですか。

ちまたでセクハラやパワハラがこれだけ問題になっているにもかかわらず、こともあろうか市の職員がセクハラやパワハラとはいったい何やってんでしょうかねぇ〜

市長の政務に関する業務を取り扱っているということで、天狗になっているというか奢りみたいなものがあったのでは?

市長事務部局のセクハラ実行犯については次の人事で他の部局に移動するのが妥当だと思いますよ。

被害にあった職員さんはとてもじゃないが加害者と同じ室内で仕事なんて出来やしないでしょう。

被害にあった職員さんはそれぞれの人事担当部局などに相談したようですが、一番重要なことは相談を受けた人事担当部局の職員がしっかりと対応したのかということ。

パワハラやセクハラなどのハラスメント被害にあう者は、ほとんどの場合上司から被害を受けていることは容易に想像できます。

地方公務員である鹿児島市の職員が、同じ市の職員の罪を問うことが出来るのか?

答えは「NO」でしょう。

結局のところ、なるべく穏便に済まそうとするはずです。

被害者はそれなりの覚悟を持って被害にあったことを告白したが、結局のところ行き着いた先は「口頭注意などの指導を行った」という何ともお粗末な結末。

セクハラについては、民事訴訟になればそれなりの判決が言い渡されるケースが多い。

公務員としての立場で市の職員が同じ市の職員を訴えるということは、決して容易なことではない。

そのことは、誰に言われなくともそれぞれの人事担当部局が一番分かっているはずだ。

見方によっては、訴え難いという状況を逆手にとって、穏便に済ませ全てを上手く処理しようとしたのではないか?

口頭での注意指導だから、穏便にではなくほぼほぼ揉み消しに近いって気がする。

注意指導で済ますなんてあり得ない話。
間違いなく職務規定に違反しているはずだ。

ボクは事を大きくするべきだと言っているのでない。
被害者は悩みに悩んで被害を報告した。
にもかかわらず注意指導?

これじゃ〜被害を訴えた者が浮かばれないですよね。

あと、教育委員会もセクハラ1件、パワハラ1件とのことでしたが、教育現場を指導する立場の教育委員会内部でのセクハラ被害もある意味衝撃的すぎる。

今回は市議会議員の質問で被害の実態と処分の甘さを知ることが出来ましたが、ハラスメントについては質問があったから答えるのではなく、倫理規程違反は明確であることから、抑止力の意味も含め今後は自主的に公表すべきだと思います。

それにしても鹿児島市の職員さんはいいですよねぇ〜

今の時代、民間企業ならハラスメントで一発クビなんて話もありますから。
民間企業の就業規則より公務員の職務規定のほうが厳格だと思っていましたが、逆だよね!
公務員の職務規定・倫理規程なんて飾りみたいなものなんだなぁ〜と、改めて実感しました。

鹿児島市職員によるハラスメント問題が再度持ち上がった時は、速報で皆さんにご報告したいと思います。

PS・・・鹿児島県でも現職によるハラスメントがあるようです。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR