FC2ブログ

管理人の独り言・鹿児島県議会 自民会派の政務活動費執行率が凄かった!自由民主党鹿児島県議会議員団 会長 寺田洋一氏 「批判を受ける使い方はしていない」2017年度分 政務活動費の巻

管理人の独り言・鹿児島県議会 自民会派の政務活動費執行率が凄かった!自由民主党鹿児島県議会議員団 会長 寺田洋一氏 「批判を受ける使い方はしていない」2017年度分 政務活動費の巻
20180703220350a0a.jpg

今日の地元紙に2017年度分の鹿児島県議会 自民会派の政務活動費執行率が100%って出てましたね。

自民会派の議員さんたちは実に真面目に政務活動をされているようで、会派に交付された政務活動費だけでは足りずにさらに約460万円補填したそうです。

ちなみに政務活動費が余った(使いきれなかった交付金)場合は返還しなくてはなりません。

各会派が受け取る交付金額と返還額は以下の通りです。

自民
一政務活動費・・・1億3350万円
返還額・・・・・0円

公明党
政務活動費・・・1080万円
返還額・・・・・0円

無所属 東清剛
政務活動費・・・360万円
返還額・・・・・0円

共産党
政務活動費・・・360万円
返還額・・・・・1万6549円

県民連合
政務活動費・・・2160万円
返還額・・・・・432万6262円

無所属 田中良二
政務活動費・・・150万円
返還額・・・・・13万8400円

無所属 下鶴隆央
政務活動費・・・360万円
返還額・・・・・19万2226円

無所属 岩重仁子
政務活動費・・・360万円
返還額・・・・・43万9969円

返還額0円の自民・公明・東清剛氏については先に述べた通り自身で不足分を補填したんだとさ。

補填額

自民・・・460万3千円
公明・・・28万4千円
東清剛・・2万2千円

政務活動費の項目別の支出金の人件費については以下の通りです。

人件費
自民・・・5047万462円

公明党・・・0円

共産党・・・69万4767円

県民連合・・・41万730円

無所属 田中良二・・・44万5700円

無所属 下鶴隆央・・・113万3364円

無所属 東清剛・・・256万4800円

無所属 岩重仁子・・・48万8750円

自民の5047万462円って凄くないですか?

多くの方々は政務活動費から支払われる人件費って何?という疑問が湧いたのではないでしょうか?

って言うか・・・そもそも政務活動費って何?と首を捻る方もいらっしゃるかもしれません。

そこで政務活動費について調べたところ→→→→→地方自治法に基づき、地方議員の調査研究やその他の活動に役だてる経費の一部として、自治体から議会における会派や議員に対し公費として支給される費用。

その額や支給方法は自治体ごとに異なり、全国で最高額が支給されている東京都議会議員の場合、2015年度(平成27年)は一人当り年間およそ720万円であった。

地方自治法では政務活動費の収支報告が義務づけられているが、個々の費用の執行は個別に判断されるものとなっている。そのため、政務活動費の使途は、調査研究、研修、広報、陳情活動、会議、資料作成、資料購入、事務費、事務所費、人件費などと幅広く、これらの活動にかかる委託費用、交通費、宿泊代なども含まれる。

充当が不適当な経費と判断されるものには、政党活動、選挙活動、後援会活動、私的経費などがある。なお、政治資金規正法の規制対象で、政治団体などが政治活動を行うために支払う経費をさす政治活動費とは異なる。

政務活動費は、2001年度に制度化された政務調査費の交付が、2012年9月の地方自治法改正により政務活動費制度と改められたことにより生まれた名称である。

当初の政務調査費は使途が調査研究に限られていたが、この改正により、どのような使途の支出を政務活動費として認めるかは各自治体によって決定されるようになった。

これに伴い、事実上は議員のさまざまな活動に対し、議員自身の裁量で処理される経費として認められるようになった。

領収証の添付を義務づけ、支払い報告書をホームページなどで公開し、透明性を高めている自治体もあるが、報告書や領収証の内容を詳細にチェックしているところは少ない。

2014年7月には、兵庫県議会議員が1年間には195回の出張をし、約300万円の交通費を請求していたことが取りざたされ、これをきっかけに、東京都議会、大阪府議会、京都府議会などで、次々と政務活動費の不適切な使用の問題が浮上した。

また、交付された政務活動費を使い切るため、年度末に不自然な支出が繰り返されている点も問題となった。

2009年に愛知県議会の政務調査費(現在の政務活動費)に関し、目的外の用途に使われたかが争われた裁判では、2016年に最高裁判所が県側の上告を退け、約8100万円の全額返還を命じる判決が確定した。

地方議員の政務活動費の使途を監視する仕組みづくりが求められる事態に発展しており、政務活動費制度の運用見直しや制度廃止を検討する自治体が相次いでいる。(参照・引用・日本大百科全書より)

そう言えば政務活動費の使途については過去にも様々な問題がありました。

記憶にある方と言えば兵庫県義の野々村さんとか舛添都知事ですかね。(両名とも辞職)

野々村さんの大泣き記者会見が世界中に配信され話題となりました。(歴史に残る記者会見)

鹿児島では政務活動費の不正使用事件は起きていませんが、ボク的に言わせてもらえば政務活動費の不正をチェックするシステムが構築されていなかった・・・だからこそこれまで発覚することがなかった・・・のではないかと思いますよ。

役所が不正について捜査するなんてことはありませんからね。
仮におかしな点が見つかった場合は修正させてハイお終いって感じで済ませちゃうと思います。

当ブログでも過去に政務活動費について幾度となくブツブツと呟いてきました。(ど素人の素朴な疑問)

Click→→鹿児島暴露クラブ・2017/5/14・鹿児島市議 政務活動費 大量切手購入 自民党新政会&自民維新の会

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2017/6/28・速報!鹿児島市議 政務活動費 大量切手購入 自民党新政会&自民維新の会・・・第2弾

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2016/10/11・【注目記事】鹿児島の議員さんは政務活動費不正使用していませんか?

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2016/11/21・政務活動費・鹿児島市議会議員編 第1弾【会派・自由民主党維新の会・自由民主党新政会・市民ネット】

政務活動費の使途については役所まかせではなく複数の組織でチェックするシステムを作るべきだと思いますよ。

あっ!そうそう!
ブログタイトルに自由民主党鹿児島県議会議員団 会長 寺田洋一氏 「批判を受ける使い方はしていない」って書きましたが、わざわざ「批判を受ける使い方はしていない」って言わなきゃいけなかったのかな?

言わなきゃ良かったのにねぇ〜(深い意味はないから気にしなくていいですよww)

どこかのホテルの領収書〜〜〜

・・・・・ブツブツ・・・・・ブツブツ・・・・・ww

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR