FC2ブログ

【前編】他人の船舶を無断で撤去し解体?垂水市界隈で囁かれている奇妙な話・・・垂水市漁業協同組合が関与してるって本当?【鹿児島県漁業協同組合連合会・垂水市漁業協同組合】

【前編】他人の船舶を無断で撤去し解体?垂水市界隈で囁かれている奇妙な話・・・垂水市漁業協同組合が関与してるって本当?【鹿児島県漁業協同組合連合会・垂水市漁業協同組合・鹿児島県大隅地域振興局】

201807282100394d9.png
Click→→鹿児島暴露クラブ・2018/7/27・次回予告!他人の船舶を無断で撤去し解体したのではないかとの疑惑が浮上!・・・垂水市漁業協同組合が関与してるって本当?【鹿児島県漁業協同組合連合会・垂水市漁業協同組合】

垂水市漁業協同組合と言えば養殖カンパチ「海の桜勘」が有名ですね。

Click→→
垂水市漁業協同組合ホームページ

既報のとおり、今回の問題はさかのぼること数年前から今日に至るまで、垂水市界隈で囁かれている垂水市漁業協同組合と組合員K社にまつわる話です。

漁港でよく見かける光景だと思うのですが、皆さんも一度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか?

その光景とは・・・漁港に隣接する敷地に陸揚げされた船舶です。

修理することを目的とし陸揚げされた船や使用しなくなった船、漁港近くの敷地に陸揚げされている船を見かけたことがありませんか?

何故?陸揚げされているかハッキリとした理由は所有者本人でなくては分かりませんが、ほぼその様な理由から陸揚げ保管されているのだろうと想像がつきます。

漁港に隣接しているほとんどの敷地は県有地であり県が管理しています。

県としても漁業関係者が利用出来るように整備していることから、その敷地に船舶等を陸揚げすることについては、余程のことがない限り咎められることはないでしょう。

だからこそ、漁港に隣接されている県の敷地には多くの船舶が長期、短期にかかわらず陸揚げ保管?放置されている状態です。

さてさて・・・今回の問題ですが・・・今ご説明した敷地に陸揚げされた船舶の取り扱いについての重大疑惑です。

垂水市の某漁港に隣接する敷地に陸揚げされていた船舶が所有者の同意なく勝手に処分されたのではないか?・・・この疑惑は数年前から囁かれていました。

勝手に処分したのではないか?と、疑惑をかけられているのが垂水市漁業協同組合と組合に加盟しているK社。

次から次に廃船処理される船舶を見た地元の方がフト思ったことは「次から次に船を解体処理にまわしているが船の持ち主の了解を得ているのだろうか?」「解体処理している業者は地元垂水の業者ではないようだがいったいどうなっているんだ?」・・・地元の漁業関係者なら不思議に思って当然ですね。

そこで所有者の同意を得て船舶の解体処理がされているか漁協に確認したところ、何とも腑に落ちない回答と言うか・・・要するに、実際解体処理した船舶数と解体に同意した所有者との数が合わないことが判明したのだ。

解体処理に関わっていたのが垂水市漁業協同組合と組合員K社。

役回りについては敷地に陸揚げされた船舶の処理費用を支払ったのがK社で、処理について相談を受け了承したのが垂水市漁業協同組合だろうと言われている。

何故?K社が自社船でもない船舶の解体処理費用を支払うことになったのかは不明だが、ただ言えることは仮に船の所有者の同意を得る事なく勝手に解体処分したとするなら、例え善意の解体処分であったとしてもその行為は立派な犯罪であり、刑事・民事両方で訴追される可能性が高い・・・いや・・・高いどころの騒ぎではない・・・提訴されるには十分すぎる内容の事案だと言える。

この問題で注目すべき点は、K社に対し船舶の解体処理を了承したとされている垂水市漁業協同組合の何とも曖昧な言動。

垂水市漁業協同組合が船舶の所有者から処分に関する一切を委任されているのであれば、K社に対し解体処理を一任する権限を有していると言える。

しかし、所有者の同意を得ぬまま解体処理を指示したとすれば、それもまた立派な犯罪であり、共謀、教唆等の疑いがかけられることになる。

K社にしてみると甚だ迷惑な話であり、悔やんでも悔やみきれない結果だけが待っている。

兎にも角にも、解体処理された船舶の所有者から同意を得ているのか?・・・それとも・・・同意を得ぬまま勝手に解体処分したのか?その点について垂水市漁業協同組合は疑惑を払拭するためにも説明すべきだろう。

難しい話ではない。
至って簡単な話。

所有者の同意を得たことを証明する書類、もしくは文書ではなく所有者から口頭にて了解を得ているケースであるならば、所有者の口元からかかる事実について証明していただくだけのこと。

漁業関係者の問い合わせに対し説明出来ないこと自体摩訶不思議な話であり、それも数週間・・・数ヶ月説明出来ずにいるというレベルではなく、数年に渡り説明を果たすことが出来ないということは、そこに隠された問題があるのではないか?・・・・・この問題を知る多くの者から疑いの目を向けられても仕方ないだろう。

いかなる理由があろうとも裁判所の判決なくして民間人が他人の所有物を勝手に処分することなど出来るはずがない。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR