奄美大島 宇検村で集落の預貯金を2000万円横領?騙され続けた空白の7年間!【過去の事件を検証する・奄美大島 宇検村】

18 0
奄美大島 宇検村で集落の預貯金を2000万円横領?騙され続けた空白の7年間!【過去の事件を検証する・奄美大島 宇検村】
20181104115944214.jpg

Click→→鹿児島暴露クラブ・2018/10/30・管理人の独り言・・・東京 町田の団地で自治会費2600万円着服容疑で逮捕・・・橋本健 元神戸市義 政務活動費の詐取で有罪判決【お金にまつわる事件簿】

最近になって過去発生した横領事件が話題となっている。

事件発生の舞台は奄美大島 宇検村。

枝手久島が一望出来る峰田山公園・・・
奄美大島で一番高い山から見る焼内湾・・・
奄美大島のパワースポットとも言われているアランガチの滝・・・

その風光明媚な町が騒がしくなっているという。

さかのぼること4年前、奄美大島の宇検村で1つの事件が発覚した。

元宇検村商工会長による巨額横領事件だった。

横領された額は約2000万円とも言われている。

元宇検村商工会長による犯行だと知り呆然とした村民だったが、その呆然が後に公人に対しての大きな不信感へとつながる事態と発展した。

何故?宇検村民が公人に対し不信感を募らせることになったのか・・・・・

原因はその横領事件の横領期間に関係している。

「人間誰しも魔がさすことはあるだろう」「聖人君子と言われても時として間違いを起こすことがある」・・・素朴で人情味溢れた宇検村の村民はそう考えた。

しかし、その後横領していた期間が露見したと同時に村民の顔色が一変したという。

・・・・・「7年間も集落民を騙し続けるだなんて・・・」・・・・・

この元宇検村商工会長が着服したのは集落の金だった。

宇検村田検に住む元宇検村商工会長は、平成18年4月〜平成25年3月までの約7年間で集落の会計約2000万円を着服していたのだ。

毎年の決算時に監査委員が元商工会長に預金証書の提示を求めたが、「通帳は瀬戸内町に預けている」「通帳を無くした」などと言い訳をし監査を逃れていたという。

なんとも稚拙な言い訳であるが、横領を隠蔽するための精一杯の言い訳だったのであろう。

平成26年3月の決算時に横領が発覚するまでの被害額は約2000万円。

集落の定期預金、額面500万円の4枚を数回に渡り解約し横領していた。

事件発覚後、本人は横領を認め定期預金額と利息分は返済したとのことだが、一部村民の間では「普通預金及び現金等の詳細は未だに明らかにされていないのでは?」「まだ被害額が残っているのでは?」と言われている。

その金額にも驚かされるが、集落民を愕然とさせたのはその横領を繰り返した期間。

発覚まで要した時間・・・7年間・・・(横領罪の公訴時効をむかえていたのでは?)

先にも述べたように、事件発覚当初、「人間誰しも魔がさすことはあるだろう」と考え、終わり良ければ全て良しではないが、速やかに罪を認め被害弁済を済ませてくれるのであれば・・・と考えていた集落民も少なくなかったと聞く。

しかし、長期間に渡り集落民の信頼を踏みにじっていたことが分かると同時に・・・・・

ここから先は言うまでもない。

この事件は多くの公人の足を引っ張ることになった。

村民にしてみると誰を信用していいのか?
他にも横領されている金があるのではないか?
他の集落は大丈夫か?
そもそも宇検村役場内でもおかしなことをやっている連中がいるのではないか?

役場職員は大丈夫か?
議員は大丈夫か?
まさか村長も?
その影響は計り知れない不信感を招くことになった。

また対照的な意見もあるだろう・・・
たかだか2000万円くらいで何を大騒ぎしているんだ!
被害弁済はほぼ済んだんだろ!
罪を認めて罰を受けた者を非難する権利が誰にあるんだ!

そう擁護する者もいるだろう。

だが、村民の記憶の中から起きた事実を消し去ることなど誰も出来ない。

事実だからだ。

過去の事件ではあるが警鐘を鳴らすため改めて苦言を呈した次第である。

参考まで記しておくが、この事件について調べたところ、元商工会長は「元山」なる人物だったことを付け加えておく。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





ページトップ