腑に落ちない・・・気になるのはボクだけ?東京 町田の2600万円と奄美大島 宇検村の2000万円【過去の事件を検証する・東京町田 境川団地自治会・奄美大島 宇検村】

8 0
腑に落ちない・・・気になるのはボクだけ?東京 町田の2600万円と奄美大島 宇検村の2000万円【過去の事件を検証する・東京町田 境川団地自治会・奄美大島 宇検村】

20181105200639399.png
【文集文庫より】

ボクは推理小説家ではないが、何故か今回の問題はボクの好奇心をかきたてる。

横領した額が2600万円と2000万円・・・・・
何故か気になって仕方ない。

ここであらためて東京町田の団地で起きた横領事件を検証してみたいと思う。

Click→→鹿児島暴露クラブ・2018/10/30・管理人の独り言・・・東京 町田の団地で自治会費2600万円着服容疑で逮捕・・・橋本健 元神戸市義 政務活動費の詐取で有罪判決【お金にまつわる事件簿】

前回アップした上記記事を見ると、事件報道がなされたのは2010年5月19日。

【団地の自治会費2600万円、着服容疑で逮捕 東京・町田・2010年5月19日】

団地の自治会の積立金約2600万円を着服したとして、警視庁町田署は19日(2010年5月19日)までに、東京都町田市の無職、元山⚫️容疑者を業務上横領容疑で逮捕した。

同署によると、容疑を認め「競馬や競輪に使った」と供述しているという。

逮捕容疑は約1600世帯が加入するは境川団地自治会の代表理事だった2006年5月~2008年4月、自治会費を積み立てていた定期預金を5回にわたって解約し、合計で約2600万円を横領した疑い。

定期預金の満期の案内が来ないことを別の理事が不審に思い不正が発覚。自治会が2009年3月に警視庁に告訴していた。

【注・当時配信された記事を個人情報保護の観点から一部加筆訂正し掲載しました】

1600世帯が加入する境川団地自治会の代表理事を任されるくらいの人物が、わずか2年の間にギャンブルに約2600万円もの大金を浪費することが出来るだろうか?

平均すると毎月約100万円の金になるが、その金を握りしめギャンブル場に通っていたのか?
それともインターネット決済でのギャンブルに溺れていたのか?

ギャンブルではなく、人には言えない事情があったのではないのか?

親族の借金の肩代わりをしたとか・・・
怪しげな投資詐欺に引っかかったとか・・・
とにかく70代のお年寄りが使うには金額が大き過ぎる気がしてならない。

横領した期間を見ると2006年5月~2008年となっている。

西暦2006年は平成16年。

西暦2008年は平成18年。

ようするに平成16年から平成18年4月にかけて横領したことになる。

さて、ここで気になるのは奄美大島 宇検村での横領事件。

Click→→
鹿児島暴露クラブ・2018/11/4・奄美大島 宇検村で集落の預貯金を2000万円横領?騙され続けた空白の7年間!【過去の事件を検証する・奄美大島 宇検村】

宇検村に住む元宇検村商工会長は、平成18年4月〜平成25年3月までの約7年間で集落の会計約2000万円を着服。

平成26年3月の決算時に横領が発覚するまでの被害額は約2000万円。

集落の定期預金、額面500万円の4枚を数回に渡り解約し横領していた。

・・・・・東京 町田の横領事件は平成16年から平成18年4月にかけて。

・・・・・奄美大島 宇検村の横領事件は平成18年4月〜平成25年3月までの約7年間。

偶然の一致かもしれないが、平成16年から平成18年4月(東京町田)と平成18年4月〜平成25年3月(奄美大島 宇検村)・・・まるでバトンをつなぐかのように犯罪を犯した日付けが1つの流れとなっているように見える。

東京と奄美大島の事件を勝手に関連付けるなとお叱りを受けるかもしれないが、皆さんもお気づきだとは思うが、1つのワードがどうしても引っかかることで関連性とまでは言わないが、何かしらあるのではないかと疑問を感じてしまう。

そのキーワードとは・・・・・

「元山」という名字。

Click→→
sijisuru.com.元山さん都道府県毎世帯数

全国の推定人口・約4980人
推定人口の順位・2778位

東京460人
鹿児島490人

全国には「元山」性の名字の方も多くいることは間違いないが、仮に東京町田の元山氏と奄美大島宇検村の元山氏が親族関係であったならば、誰にも言えない何かがあったのではないか?・・・・・

2人が共通の悩みを抱えていた可能性はないだろうか?

1人は1600世帯が加入する境川団地自治会の代表理事。

もう1人は元宇検村商工会長。

両名とも申し分ない肩書きである。

順風満帆とも思える彼らにいったい何があったのか?

松本清張の長編推理小説「点と線」ではないが、そこに何かがあるように思えて仕方ない。

次回へ続く。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





ページトップ