FC2ブログ

ついに馬脚を現した安倍晋三!北方4島は日本固有の領土だったのでは?・・日本会議が首相に「遺憾の意」新元号の事前公表へ不満!・・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)2018年10~12月期の運用実績が14兆8039億円の赤字!アベノミクス効果ww

ついに馬脚を現した安倍晋三!北方4島は日本固有の領土だったのでは?・・日本会議が首相に「遺憾の意」新元号の事前公表へ不満!・・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)2018年10~12月期の運用実績が14兆8039億円の赤字!アベノミクス効果ww

20190204172410d4c.png

安倍晋三首相を支持する保守系団体「日本会議」が、皇位継承に伴う新元号を4月1日に事前公表する首相方針に「遺憾の意」を示す見解を機関誌に掲載した。

天皇代替わり前の公表は「歴史上なかった」として、先例としないことも求めた。

憲法改正など基本理念を共有する有力支持団体が不満を表明するのは「異例中の異例」。

さすがの安倍首相も日本会議からクレームがつくとは想像もしていなかったのでないでしょうか。

日本会議に所属する方の中には皇位継承に伴う新元号の問題とは別に北方領土のニ島先行返還についても首を傾げている方も多数いらっしゃると思いますよ。

なんてったってニ島先行返還論と聞けば一見耳触りがいいですが、意味するところは「ニ島決着案」だということくらい高校生でも分かる。

新元号問題もだが、北方領土問題についても安倍首相の言動を糾弾とまでは言わないが指摘すらできないのであれば日本会議も終わり。

苦言を呈することすら出来なかったならば、日本会議そのものが一貫性のない自由気ままな保守気取りのサークルだと笑われていただろう。

安倍晋三首相は北方領土問題に関し、北方四島のうち色丹島と歯舞群島の引き渡しをロシアとの間で確約できれば、日ロ平和条約を締結する方向で検討に入っていることは明白だ。

日ロ平和条約を締結する方向と言うことは、2島引き渡しを事実上の決着と位置付けているということになる。

4島の総面積の93%を占める択捉島と国後島の返還または引き渡しについて、安倍政権幹部は「現実的とは言えない」などとほざいている。

「2島決着」に傾いた背景には、択捉、国後の返還を求め続けた場合、交渉が暗礁に乗り上げ、色丹と歯舞の引き渡しも遠のきかねないと判断しているようだが、こう言っちゃなんだ・・・暗礁に乗り上げるどころか戦後1ミリたりとも進んでいないじゃないかとも言いたくなる・・・

日本政府はこれまで一貫して北方四島は日本固有の領土であると主張してきた。

Click→→外務省ホームページ・日本の領土をめぐる情勢・北方領土

戦後、どれだけ政権が変わろうとも官民共に北方四島は日本の領土であると・・・当然のことながらそのことは小学生から大学生、社会人、国民全ての共通認識。

例え、30年50年100年が過ぎようとも日本国民にとってその事実は変わることはない。

しかし、自称保守を語る安倍晋三は自身の訳のわからない価値観を国民に押し付けようとしている。

ニ島決着案の背景には北方四島返還は非現実的であると安倍政権は考えたようだが、これまでの政権もそのことは分かっていた・・・分かってはいたが、北方四島は日本固有の領土であるとのスタンスを決して崩さなかった。

そこには国家として笑い者にだけはならないという強い意志があったからだ。

過去にニ島先行返還論が浮上したことがあったが、その度に保守と呼ばれるほとんどの者が「北方四島は日本固有の領土」「ニ島先行返還などという輩は国賊だ!」「ロシアと裏で繋がっている」「親露だ!」などと叫んだ。

ボクもまたニ島先行返還論は国を売り渡すのと一緒だと考えている。

にもかかわらず世間のムードは「ニ島だけ返してもらえればいいんじゃね?」に傾いている。

何度も言うが、北方四島は日本固有の領土。

例えロシアと日本のパワーバランスが天と地ほどの差があろうとも決して妥協すべき問題ではない。

安倍晋三は単に自身の手で北方領土問題を解決したいだけ。

実効支配された北方四島のうちニ島だけでも返してもらえればいいじゃん!
未来志向型で行こうよ!真の国益を考えてよ!と、国民に訴えるに違いない。

手柄大好き晋三坊っちゃまの考えそうなことだ。

話がコロリと変わりますが・・・公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が大変なことになっているらしいですよ!

公的年金を運用する「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」が1日、2018年10~12月期の運用実績を公表。なんと14兆8039億円の赤字だった。

利回りはマイナス9.06%。7兆8899億円の赤字を出して大問題になった15年7~9月期を大きく上回る過去最大の損失額だ。

GPIFが抱える150兆円資産の約1割が、わずか四半期で消えてしまった。

「最大の要因は、アベノミクスの一環として、14年10月にポートフォリオの見直しを行ったことです。国内株と外国株の比率をそれぞれ12%から25%に引き上げ、巨額資金を株式市場に振り向けた」「それで株価は2万円台に上昇しましたが、GPIFの資産が市場の変動の影響をモロに受けるようになってしまった」(経済評論家・斎藤満氏)

18年10~12月期の赤字は国内株と外国株の巨額損失によるもので、国内債だけは4242億円の黒字。

安倍首相の号令で株式の比率を上げなければ、15兆円もの損失は出ていなかったのだ。

・・・・・

安倍信者の方々はこの手の話題には触れようとしない。

領土問題も然り、北朝鮮による拉致問題もそうだ。

自分の手で!全ての問題を解決する!・・・言うことは一流だが、やってることは二流。

果たして安倍晋三は真の保守派と言えるだろうか?

単なるモノマネにしか過ぎないと思うのだが・・・・・

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR