FC2ブログ

北方四島の帰属について口を閉ざしたポチ安倍晋三・米国だけでは飽き足らず今度はロシアのポチにもなっちゃう?・・・サヨナラ北方領土返還運動

北方四島の帰属について口を閉ざしたポチ安倍晋三・米国だけでは飽き足らず今度はロシアのポチにもなっちゃう?・・・サヨナラ北方領土返還運動

20190212184405d57.jpg

Click→→2019/2/4・ついに馬脚を現した安倍晋三!北方4島は日本固有の領土だったのでは?・・日本会議が首相に「遺憾の意」新元号の事前公表へ不満!・・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)2018年10~12月期の運用実績が14兆8039億円の赤字!アベノミクス効果ww

今月7日 東京都内で開かれた北方領土返還要求全国大会に出席した安倍晋三首相は、北方領土問題の解決を含む日ロ平和条約締結交渉に意欲を表明する一方、例年言及してきた「四島の帰属」という表現を口にすることはなかった。

同大会を主催する官民団体が採択する「大会アピール」では従来の「四島が不法占拠されている」との表現を封印。

「不法占拠された」という日本の主張に強く反発しているロシア側を刺激しないよう配慮した官民一丸となった忖度大会だったと言えるww

首相は「相互に受け入れ可能な解決策を見いだすための共同作業を力強く進める」と指摘。
四島での共同経済活動の早期実施を目指す考えも表明した。

まぁ〜共同経済活動という名目で金をお支払い致しますってことでしょうね。

札幌市で開かれた北方領土フェスティバルでは、高橋はるみ知事はあいさつで「四島返還」や「不法占拠」という言葉は使わず、「領土問題は今、解決に向けて一歩一歩進んでいると感じている。力強く交渉を後押しするためにも国民世論を高めていかないといけない」と述べた。

力強く交渉を後押しするということはニ島先行返還を事実上容認することになるのでは?

何ら根拠のない、また、結果も見えてこない交渉をどう後押しろというのか?

ニ島返還の際に残るニ島についても◯◯年までには返還されるとのロシア合意がなければ意味がない。

何を今更すっとぼけたこと言ってんだい!ってのが正直な感想。

また、根室市では元島民や返還要求運動関係者らが参加し、根室管内住民大会が開かれたが、シュプレヒコールでは例年の「北方領土を返せ」を使わず、「一日も早く、北方領土問題を解決しよう」「日ロ平和条約を締結しよう」と声を上げた。

これじゃまるで土下座外交と一緒。
安倍政権下で「日本固有の領土」「四島の帰属」「不法占拠」って言葉が完全に「死語」になっちゃいましたww

土下座外交と言えば・・・韓国国会の文喜相議長が天皇陛下の謝罪で日韓歴史問題が解決するとか訳のわからないこと言ってたなぁ〜

菅官房長官が「はなはだしく不適切な内容を含み、極めて遺憾だ」と述べ、韓国政府に謝罪と撤回を求めたようですが、韓国は平気な顔をして「早期の日韓関係改善を願う思いが出たもので、報道のされ方は文氏の本意ではなかった」などと屁理屈を並び立てる始末。(注・またまた出ました!「遺憾」です)

レーダー照射問題が解決していないのにこのザマだ。

言われ放題で哀れすぎる。
日本はいつからこんな情けない国になってしまったのか・・・

保守の希望の星と言われた安倍晋三首相だが、韓国からは軽視され・・・北方領土問題はどん詰まりのまま・・・米国からは高い買い物を迫られ笑顔でご購入・・・昨年6月と今年2月末の米朝首脳会談では日本は蚊帳の外・・・1月28日からの通常国会での施政方針演説で安倍首相は初めて北朝鮮との「国交正常化交渉」を口にしたが、拉致問題についても1ミリも前に進んでいない状態・・・このままでは大ボラ吹き晋ちゃんと言われるのも時間の問題。

それでも尚、政権を支持してきた保守層が安倍政権を支持し続ける理由は、フラれた女に未練が残る男の心境と通ずるものがあるのではないかと考えられる。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR