FC2ブログ

鹿児島市営バスの一部路線を民間に移譲!住民サービス斬り捨て御免で知らんぷり!民間会社が白旗あげた場合 路線廃止は想定内?

鹿児島市営バスの一部路線を民間に移譲!住民サービス斬り捨て御免で知らんぷり!民間会社が白旗あげた場合 路線廃止は想定内?

20190611132840464.jpg

201906111328584ba.jpg

20190611132740207.jpg

昨日夕方のニュースご覧になりましたか?

地元メディアが以下のとおり報じていました。

赤字が続く鹿児島市のバス事業について、鹿児島市交通局は現在の39路線のうち、20の路線を鹿児島交通と南国交通に移譲する方針を固めました。

これは10日、鹿児島市交通局の諮問機関である経営審議会の中で明らかになったものです。

経営審議会は去年3月、鹿児島市営バスが1992年度から赤字が続く中、一部の路線を民間に移譲すべきと鹿児島市交通局に答申していました。

そして今回、鹿児島市交通局は、現在の39路線のうち20の路線について、紫原・桜ヶ丘などの10路線を鹿児島交通に、吉野・明和などの10路線を南国交通に移譲する方針を固めました。

移譲する路線は民間の事業者の既存のエリアを考慮して選ばれました。

鹿児島市交通局によりますと、これにより1日の運行数およそ1600便のうち、4割ほどが移譲されることになり、市バス事業の年間5億円から6億円の赤字が2億円から3億円の赤字に抑えられる見込みです。

審議会では民間事業者の乗務員不足を心配する意見も出されましたが、鹿児島市交通局は、事業の縮小に伴い退職する嘱託職員に対し、民間事業者の情報提供を行うなどして協力していきたいとしています。

市営バスの路線の移譲は一部を除いて、来年4月1日から実施される予定です。
【転載終了】
・・・・・・・・・・

民間移譲で解決するのでしょうか?

移譲を受けた民間会社が赤字が解消されないから一部路線を廃止します・・・などということにはなりないのか?

路線廃止になった場合でも「民間会社だから仕方ない」と市民から理解を得やすいと考え、ワンクッション入れただけってことないですよね?

まぁ〜この問題については今後の流れを見つつ注目して行きたいと思います。

それと・・・今回のニュースについてとある方が次のようなコメントを投稿していましたのでご紹介したいと思います。

的を得たコメントだと思います。
この問題について考える時の参照にされてもいいのではないでしょうか?

【コメント転載】

ドル箱路線を多く抱える大都市以外の公営交通路が黒字化できるわけがないし、実際全国的に公営廃止の流れが止まらない。

そもそも公営は民営が利益にならないことで見捨てた地域を引き受けている。

さらに値上げや路線の見直しなど議会が妨げになり臨機応変に行えない(議員は弱い者の味方だから市民の負担は認めたくない)。

天下りで定期的に大金が流れたり民間会社の嫌がらせ(市バスの直前にダイヤを組んだり10円安くしたり)だったり他にもあるのだろう。

単純に赤字だけを持ち出して批判するのは違うと思う。

赤字額は市民へのサービスだと割りきって、その額は本当にそのサービスを維持するのに妥当なものか議論すべきである。

妥当であれば税金投入で維持すべきだろう。
民間移譲されればいずれ赤字路線の廃止や本数の削減へ進むのは間違いない。

【転載終了】

コメントを読んでなるほどと頷いた方もいたのでは?

いま一度行政サービスとは何か?
「ムダ」とは何か?を考えるべきではないかと思います。

国会で政治家がカッコイイこと言ってますが、自身の歳費については言及しませんよね。

鹿児島市が言っていることもある意味同じレベルではないでしょうか?

PS・・・今回の報道についてご意見等ございましたらコメント宜しくお願い致します。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 38さんへ

38さん!コメントありがとうございます。
おっしゃる通りです!まさしく死語ですね。
今回の問題も行き着くところは赤字路線廃止しか見えて来ません。
数年後に白旗が上がり幕引きという気がします。

鹿児島暴露クラブ 管理人
7ドラゴン

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR