FC2ブログ

奄美大島が迷彩色に染まる日・・・軍事防衛拠点基地一直線!陸上自衛隊と米陸軍との実動訓練(オリエント・シールド19)を実施・奄美駐屯地

奄美大島が迷彩色に染まる日・・・軍事防衛拠点基地一直線!陸上自衛隊と米陸軍との実動訓練(オリエント・シールド19)を実施・奄美駐屯地

20190716184438825.jpg


201907161844179dc.jpg


Click→→陸上自衛隊ホームページ・2019最新情報

陸上自衛隊 ニュースリリース
JGSDF News Release
http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/
(お知らせ)令和元年7月9日 陸幕広報室
令和元年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエント・シールド19)の大要について
陸上自衛隊は、以下のとおり令和元年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエント・ シールド19)を実施いたします。

1目的 陸上自衛隊及び米陸軍の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における相互連携要領を実行動により演練し、共同対処能力の向上を図る。この際、米陸軍部隊RSOI(※)支援を実施するとともに、米陸軍MDTF(マ ルチ・ドメイン・タスク・フォース)と連携し、複数の領域にわたる日米共同のオペレーションについて演練する。

※ Reception(受け入れ)、Staging(駐留・作戦準備)、Onward-Movement(前方展開)、
Integration(戦力統合)

2期間 令和元年8月26日(月)〜9月23日(月)

3場所 健軍駐屯地、大矢野原演習場、高遊原分屯地、奄美駐屯地、瀬戸内分屯地、矢臼別演習場 等

4担任官

(1)陸上自衛隊
もとまつ たかし 西部方面総監 陸将 本松 敬史

(2)米 陸 軍
在日米陸軍司令官 少将 ヴィエット X.ルオン(Viet X. Luong)

5訓練実施部隊

(1)陸上自衛隊
第4師団第16普通科連隊、第2高射特科団、西部方面特科隊等

(2)米陸軍
第33歩兵旅団戦闘団第2ー106騎兵大隊、第17砲兵旅団 等

6特性

陸上自衛隊と米陸軍の相互運用性の向上に資する指揮機関訓練、共同射撃、共同対艦、共同対空戦闘等を演練し、共同対処能力を向上

(問い合わせ先)
陸上幕僚監部広報室 安達、三井(担当)
(TEL:03ー3268ー3111内線40084)

ちなみに平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)は以下のとおり実施されました。

20190716181638292.png
【平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)】

Click→→陸上自衛隊ホームページ・平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)について

平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)について

陸上自衛隊は、平成29年9月8日(火)から25日(金)の間、東富士演習場、王城寺原演習場等において「平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)」を実施しました。

本訓練に、陸上自衛隊から第1師団第34普通科連隊基幹(約1200名)、米陸軍から1-25旅団戦闘団(※1)3-21大隊基幹(約1200名)が参加しました。

201907161817056d9.png
【平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)】

当該期間を通じ、指揮機関訓練、機能別訓練及び総合訓練を実施し、諸職種協同による日米共同訓練により、陸上自衛隊の戦術技量及び日米の相互運用性を着実に向上させることができました。
 
20190716181723e2c.png
【平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)】

具体的には、機能別訓練では、戦車、砲迫、対戦車ヘリを含む中隊規模での諸職種協同の総合戦闘射撃を実施し、その練度を高めることにより即応性を向上させることができました。
 
2019071618152095f.png
【平成29年度国内における米陸軍との実動訓練(オリエントシールド)】

また、総合訓練では、東富士演習場から王城寺原演習場への長距離戦略機動に引き続き、日米共同攻撃を演練し、「即応機動する陸上防衛力」の構築に資する多くの成果を得ることができました。

なお、今年度は陸上自衛隊初の試みとして、「日米共同方面隊指揮所演習(YS-73)」(※2)の想定を各種訓練で活用し、エスカレートする情勢推移を逐次に付与して、年間を通じて各種事態への対応を演練できる枠組みを設定しています。

本訓練においては、「武力攻撃事態」に係る部分を活用し、当該事態における指揮幕僚活動及び部隊行動を演練しました。

※1 ストライカー装甲車を保有し、対ゲリラ作戦等の低強度の紛争から、大規模戦闘に至る各種の作戦を行う部隊。米国アラスカ州に所在
※2 平成29年11月29日(水)から12月13日(水)の間、仙台駐屯地等において実施予定

・・・・・・・・・・

なんてのかなぁ〜

結局のところ国定公園指定や世界自然遺産登録、さらには大型クルーズ船寄港地誘致なんてものは単なるエサ?

アメ玉しゃぶらせて浮かれている隙に奄美群島を軍事防衛拠点に仕上げちゃいましょうということでしょうね。

次から次に後出しジャンケンみたいに地対艦ミサイルや弾薬庫の話が湧いて来たり、米陸軍がやってきたりと・・・・・そのうちオスプレーの離着陸場や海岸線に離島奪還部隊の陸自水陸機動団の演習場作ったり、挙句のさんぱちには大型クルーズ船寄港地用の施設に海上自衛隊と米海軍の艦船を接岸する訓練しま〜す・・・なんて言い出しそうな勢い。

ついでに隣町の宇検村の枝手久まで手をつけちゃったら大笑い。

10年後は自然豊かな奄美大島ではなく、完全に様変わりしちゃって第二の沖縄、米軍兵士からリトル沖縄なんて言われるかもしれませんね。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ








コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 非公開コメントさんへ

非公開コメントさんへ
奄美のその問題については現在関係各所に抗議しております。

鹿児島暴露クラブ 管理人
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR