FC2ブログ

奄美大島 リュウキュウアユ激減で再調査!暖冬だけが原因ではない!人的要因も検証すべき【宇検村 河内川】

奄美大島 リュウキュウアユ激減で再調査!暖冬だけが原因ではない!人的要因も検証すべき【宇検村 河内川】

2019032013224340d.png


Click→→2019/6/18・気になるニュース!奄美大島の「リュウキュウアユ」減少で臨時会議・激減の理由は海水温の上昇?人為的要因も検証すべき!【奄美大島 奄美市】

MBCニュース・8月18日配信

【リュウキュウアユ激減で再調査】

ことし5月の調査で個体数が激減したリュウキュウアユの再調査が、18日、宇検村で行われました。

リュウキュウアユは、奄美大島と沖縄本島にのみ生息し、環境省のレッドリストでは絶滅のおそれがある種に指定されています。

鹿児島大学水産学部は1990年から毎年、5月と11月にリュウキュウアユの個体数の全島調査を行っていますが、ことし5月の調査では、去年のおよそ5万6000匹から3499匹まで激減しました。

特に宇検村の河内川では、例年なら500匹から1000匹が確認されますが、ことしの5月の調査では31匹しか確認されませんでした。

18日はその回復状況について再調査したところ、およそ200匹のリュウキュウアユが確認されたということです。

鹿児島大学では、個体数の減少傾向は続いているとして、今後も調査を続け保全に向けた対策を進めていくとしています。

【MBCニュース】

・・・・・・・・・・

今年6月、奄美リュウキュウアユ保全研究会(会長・四宮明彦元鹿児島大学教授)は、リュウキュウアユの激減は昨冬の海水温の上昇が仔稚魚の生存率を低下させたのが主要因との見解を明かした。

確かに暖冬による海水温の上昇も原因の1つではあると思うが、果たしてそれだけに目を向けることが正しい調査であるか・・・いま一度検討すべきだと思う。

奄美リュウキュウアユ保全研究会の方々は地元住民の話の1つとしてこのような話があることをご存知なのか?

あくまでも地域住民の話ではあるが、聞くところによると・・・・・「河内川周辺の大畑地区の道路改良工事に伴い発生した赤土が河川を汚染しリュウキュウアユが激減したのではないか?」と激減した理由の1つとして疑っているとのこと。

さらにはもっとエグイ話もある。

信じられない話ではあるが、複数の島民がリュウキュウアユを密漁し食べているのだという。

いくら何でもこの減り方は食べて減る量ではないと思うのだが、複数の者が定期的に密漁することによりリュウキュウアユが減ったことは間違いないらしい。(住用地区より宇検村地区のほうが地理的に密漁がしやすいようだ)

地域住民は「河内川は『暖冬の影響』『人的要因の1つである赤土流出』『定期的に繰り返される密漁』この三点セットが原因で、リュウキュウアユが激減した」と考えているようだ。

Click→→
2019/7/20・野猫もハイビスカスも排除してハイ終わり!国の言うことにはNOなんて言う気はサラサラ無い!従順すぎる首長連中の巻【奄美大島 世界自然遺産】

Click→→
2019/7/25・ハイビスカス800本伐採  奄美大島・宇検村・環境省・・・今日はお疲れモードにつきタイトルも手抜きさせていただきますの巻

奄美においての取り締まりは陸上の希少生物(動植物や昆虫)のみに目が行きがちだが、今後はこれまで以上に河川で生きる希少生物についても監視の目を向けるべきだろう。

また、人的要因の1つである工事に伴う赤土流出についても取り締まりを強化すべきである。

来月実施する環境保護団体の河川パトロールは、河内川をメインに監視活動を実施するとのこと。(注・奄美リュウキュウアユ保全研究会とは別組織による監視活動)

活動報告については情報が入り次第お伝えしたいと思います。

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:名無しさんへ

名無しさん!おっしゃるとおりですね。
いつのまにか奄美群島は観光と軍事基地の二本立てに舵を切りなおしたといえます。
アユに関しては希少種ですのでご理解下さい。

鹿児島暴露クラブ 管理人
7ドラゴン
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR