FC2ブログ

【NO3】鹿児島県 出水市の4歳女児が水死、暴行の疑いで母の交際相手逮捕!暴行後に水死か?【9月3日 ・各社配信記事まとめ】

【NO3】鹿児島県 出水市の4歳女児が水死、暴行の疑いで母の交際相手逮捕!暴行後に水死か?【9月3日 ・各社配信記事まとめ】

2019090610471003e.jpg


Click→→【NO1】鹿児島県 出水市の4歳女児が水死、暴行の疑いで母の交際相手逮捕!暴行後に水死か?【8月31日・9月1日までの各社配信記事まとめ】

Click→→
【NO2】鹿児島県 出水市の4歳女児が水死、暴行の疑いで母の交際相手逮捕!暴行後に水死か?【9月2日 各社配信記事まとめ】

9月3日・9月4日の各社配信記事をまとめてみました。

JNNニュース・9月3日・配信・・・【4歳女児死亡 また虐待か、児相「一時保護」せず】

幼い命が、また奪われてしまいました。鹿児島県出水市で4歳の女の子が死亡し、母親の交際相手の男が暴行の疑いで逮捕されました。警察は、事件の前に女の子が夜遅くに1人で歩いていたことなどから、児童相談所に「保護が必要だ」と伝えましたが、児童相談所は一時保護を行いませんでした。

・・・・・・・・・・

2019090610473492a.jpg


スポニチアネックス・9月3日・配信・・・【鹿児島4歳児死亡 児相一時保護せず…県警が虐待可能性伝えるも】

鹿児島県出水市で大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)が死亡し、同居する建設作業員日渡駿容疑者(21)が暴行容疑で逮捕された事件で、県警が虐待の可能性があるとして中央児童相談所(鹿児島市)に文書や電話で一時保護の必要性を伝えたが、児相は一時保護をしなかったことが2日までに、県警への取材で分かった。

璃愛来ちゃんの体に数カ所のあざがあるなど情報を出水市が把握しながら、県警に伝えていなかったことも市への取材で判明。市は「児相に伝えたかは確認中」としている。

県警は、母子が薩摩川内市に住んでいた3月下旬~4月上旬には夜に1人で外出している璃愛来ちゃんを計4回保護。「一時保護の必要性を認める」と複数回児相に伝えたが、児相は一時保護しなかったという。

その後、転居した出水市によると、8月5日に母親が受診した病院から「一緒に来た璃愛来ちゃんの体にあざが数カ所ある」との報告があるなど、複数の情報提供があった。

中央児相は1日夜の取材に「そうした情報があれば対応していた。今ある資料の中ではそうした報告はなかった」と説明している。

虐待を疑われる情報を県警や児相、市が適切に共有していれば、早期捜査や一時保護につながった可能性がある。

・・・・・・・・・・

20190906104759acc.jpg


共同通信・9月3日・配信・・・【4歳女児、母の不在時に外出か 育児放棄も、県警が生活実態捜査】

鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡し、暴行容疑で母親の交際相手で同居の建設作業員日渡駿容疑者(21)が逮捕された事件で、璃愛来ちゃんは、母親が夜に仕事で不在の時などに、1人で外出していた可能性があることが3日、捜査関係者や住民らへの取材で分かった。

県警は、母子が以前住んでいた同県薩摩川内市で3月下旬~4月上旬、夜間に1人で外出した璃愛来ちゃんを計4回保護しており、生活実態を詳しく捜査する。県中央児童相談所は母親の育児放棄(ネグレクト)を認定している。

複数の住民によると、璃愛来ちゃんは3月、深夜にドラッグストアに来店し、警察に保護された。

・・・・・・・・・・

201909061048284f7.png


NHK NEWS WEB・9月3日・配信・・・【4歳女児死亡 市が把握する以前から近くの施設などで保護】

鹿児島県出水市で4歳の女の子が死亡し、母親の交際相手の男が暴行の疑いで逮捕された事件で、以前女の子が住んでいた薩摩川内市では、市が把握する以前の去年冬ごろから1人で歩いていたところを、近くの施設などにたびたび保護されていたことがわかりました。

鹿児島県出水市明神町の建設作業員、日渡駿容疑者(21)は先月27日、同居する交際相手の子どもの大塚璃愛來ちゃん(4)の頭を殴ったとして、暴行の疑いで逮捕・送検されました。

璃愛來ちゃんは暴行の翌日、「風呂で溺れた」として病院に運ばれたあと死亡しました。

璃愛來ちゃんがことし7月まで住んでいた薩摩川内市は、3月から4月にかけ、4度にわたって夜1人で歩いているところを保護されたとしています。

しかし、近くにある高齢者向けスポーツ施設によりますと、それより前の去年12月からことし2月にかけて、夕方、1人で歩いているところをたびたび保護したということです。

雨の日にはだしだったり下着をはいてなかったりしたこともあり、施設が警察に連絡し、連れて帰ってもらったこともあったとしています。

施設の職員は「だっこをして、座ってお菓子を食べて待たせていました。自宅に『こちらで預かっています』と貼り紙をし、連れて帰ってもらいました」と話しています。

施設の看護師が体を詳しく調べたところあざはなく、迎えに来た母親にもなついた様子だったということです。

薩摩川内市は、「周辺住民から虐待の疑いに関する情報は寄せられておらず、近隣に虐待事案について尋ねることはプライバシーの関係から難しかった」としています。

・・・・・・・・・・

20190906104858b29.png


毎日新聞・9月3日・配信・・・【死亡の女児、保育園を休みがち 夜に1人で歩き4回保護 鹿児島】

鹿児島県出水市で同居の4歳女児を殴ったとして母親の交際相手の男が逮捕され、女児が死亡した事件で、亡くなった大塚璃愛来(りあら)ちゃんは今年4月に入園した保育園に2カ月半で15日しか通っていなかったことが明らかになった。母親は園からの電話に出ないことが多かったという。璃愛来ちゃんは当時、夜に1人で歩いているところを4回保護されていた。

園は璃愛来ちゃんらが7月に出水市に引っ越す前に住んでいた同県薩摩川内市の認可保育園。園によると、璃愛来ちゃんは約2年通っていた別の保育園から転園し、4月2日の入園式には母親と2人で出席した。

しかし璃愛来ちゃんは休みがちで、登園したのは4月の4日、5月の6日、6月の5日の計15日だけだった。母親から休みの連絡はなかったという。園から確認の電話をしてもほとんど連絡が取れず、園は留守番電話に「お友達が心配しています」とメッセージを残していた。

一方、璃愛来ちゃんは、入園前後の3月21日~4月2日の間に計4回、夜に1人で外にいるところを県警薩摩川内署が保護して母親に引き渡していた。入園式翌日の4月3日には、県中央児童相談所や薩摩川内市がネグレクト(育児放棄)が疑われるケースとして園に見守りを依頼していたが、璃愛来ちゃんに異常は見当たらなかったという。

璃愛来ちゃんは母親が午後5時前後に迎えに訪れると「ママ、ママ」と駆け寄り、抱き締められたまま園職員らに笑顔を見せていた。園長は「短い期間だったとはいえ私たちには子や孫のような存在で、亡くなったのはショック。当時の担任保育士は打ちひしがれている」と話した。【降旗英峰】

・・・・・・・・・・

2019090610494039f.png


NNNニュース・9月3日・配信・・・【女児死亡“げんこつはしたがしつけの一環”】

鹿児島県出水市で、4歳の女の子が死亡し母親の交際相手の男が暴行の疑いで逮捕された事件で、男は逮捕前、友人に「げんこつはしたがしつけの一環だった」という趣旨の話をしていたことがわかった。

暴行の疑いで逮捕・送検された出水市の建設作業員・日渡駿容疑者(21)は、先月27日の夜、交際相手の娘の大塚璃愛來ちゃん(4)の頭を殴った疑いがもたれている。璃愛來ちゃんは翌日、死亡した。

警察の調べに対し日渡容疑者は容疑を認めているが、逮捕前、友人に対し「げんこつはしたが、しつけの一環だった」との趣旨の話をしていたことがわかった。

日渡容疑者の友人「『げんこつはしたことを(警察に)言った』と言っていた」

警察は死亡との関連も含め詳しいいきさつを調べている。

・・・・・・・・・・

20190906104959db2.png


MBCニュース・9月3日・配信・・・【4歳女児死亡事件 虐待認定の児相「男と同居把握せず」】

鹿児島県出水市で4歳の女の子が死亡し、同居する男が暴行の疑いで逮捕された事件です。児童相談所や自治体は、事件発覚まで男が同居していることを把握していませんでした。

この事件は、出水市明神町の建設作業員・日渡駿容疑者(21)が同居する交際相手の長女・大塚璃愛來ちゃん(4)の頭を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されたものです。璃愛來ちゃんは、殴られた翌日に死亡し、体には、複数の殴られたような傷がありました。

児童相談所は今年4月、璃愛來ちゃん親子について、ネグレクト=育児放棄にあたる「虐待」と認定していましたが、児童相談所や自治体は、日渡容疑者が璃愛來ちゃん親子と同居していることを把握していませんでした。

警察は、死亡と暴行の因果関係や、日常的に虐待がなかったかなど調べています。

・・・・・・・・・・

20190906105017118.png


朝日新聞デジタル・9月3日・配信・・・【昨冬も3度保護、春から保育園休みがち 鹿児島4歳死亡】

鹿児島県出水(いずみ)市のアパートで母親の交際相手の男に殴られ、翌日に水死の疑いで死亡した大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)が、以前住んでいた同県薩摩川内市のアパート近くで昨冬、少なくとも3回にわたって保護されていたことがわかった。約3カ月在籍した保育園に15日しか通っていなかったことも判明した。

璃愛來ちゃんは今春、薩摩川内署に計4回保護され、同署が県の中央児童相談所に2回通告。児相は4月、ネグレクト(育児放棄)と認定していた。この前にも、養育状態に問題があった可能性がある。

璃愛來ちゃんと母親は薩摩川内市でアパートに住んでいた。隣接する高齢者向けスポーツジムの店長によると、璃愛來ちゃんの3回の保護は昨年12月~今年2月のいずれも夕方。ジムの従業員が、薄着に裸足姿の璃愛來ちゃんを見つけた。

1回目は警察に通報したが、母親が捜しに来て、警察官の到着前に引き渡した。2回目は自宅のドアに「預かっています」と貼り紙をしたところ、約30分後に母親が迎えに来た。

3回目は薄手の上着に、下着をつけていない状態だった。看護師の資格を持つ女性従業員が体の傷の有無などを見たが、この時も母親が迎えに来たという。

一方、璃愛來ちゃんは薩摩川内市で私立保育園に在籍。園長によると、在籍した4月2日~6月20日の間、通園してきたのは計15日にとどまっていた。連絡なく欠席した日も少なくなかったという。

璃愛來ちゃんをめぐっては、母親の交際相手で出水市の建設作業員、日渡駿容疑者(21)が8月27日夜に璃愛來ちゃんの頭部を殴ったとして、暴行容疑で逮捕された。日渡容疑者は28日夜、璃愛來ちゃんを「風呂場でおぼれた」と病院に連れて行ったが、璃愛來ちゃんは死亡した。県警によると、27、28両日の夜、母親は仕事で外出中で、県警は母親からも任意で事情を聴いた。(城戸康秀、小瀬康太郎)

・・・・・・・・・・

201909061050402eb.png


時事通信・9月3日・配信・・・【根本厚労相、一時保護「ちゅうちょなく」=鹿児島・出水の4歳女児死亡事件を受け】

鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が母親の交際相手の男に殴られ、その後死亡した事件を受け、根本匠厚生労働相は3日の閣議後の記者会見で、厚労省職員を現地に派遣して事実関係の把握を急ぐ考えを示した。

その上で、「その報告などを踏まえ、(虐待の)リスクが高い場合は一時保護をちゅうちょなく実施することなど、早急に必要な対応を講じていきたい」と話した。 

・・・・・・・・・・

20190906105059d90.png


日刊スポーツ・9月3日・配信・・・【尾木ママ、4歳女児死亡で児童相談所の対応に憤慨】

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が、鹿児島県で4歳女児が死亡した事件を受け、児童相談所の対応を厳しく批判した。

尾木氏は2日、「また繰り返した4歳女児虐待死」のタイトルでブログを更新し、同県出水市の建設作業員日渡駿容疑者(21)が同居する大塚璃愛来ちゃん(4)の頭を殴ったとして、暴行容疑で逮捕された事件に言及した。

「・警察が4回も児相に虐待通知しているのに一時保護することすらしなかった児相 ・住民による通報もあった ・児相が面接したすぐ後に虐待されて死に至っている なんだか何処かで何度も聞いたような話ばかりではないでしょうか? なのに、児相は 対応は【適切】だったと記者会見で言うのですから愕然とさせられます! 不適切だったから守れなかったのではないかと反省するのが普通なのに」と、児童相談所の対応に憤慨。「改正虐待防止法 すごく良くなって この間成立したばかりだというのにです やるせない気持ちになります!」とつづった。

・・・・・・・・・・

20190906105119a9a.png


時事通信・9月3日・配信・・・【「継続指導」決定後、面談せず=児相「出水市から連絡なし」-鹿児島女児死亡】

鹿児島県出水市の大塚璃愛来ちゃんが母親の交際相手の日渡駿容疑者=暴行容疑で逮捕=に殴られ、その後死亡した事件で、県の中央児童相談所が4月に「継続指導」の方針を決めた後、一度も面会していなかったことが3日、児相などへの取材で分かった。

児相は「市から状況の変化について連絡があればしかるべき対応を取った」と説明。市は自宅訪問などを繰り返す一方、児相への連絡はしておらず、関係機関の連携不足が浮き彫りになった。

児相によると、璃愛来ちゃんと最後に面談したのは4月3日で、担当者は「母子の関係が良かった」と判断。児相は同10日、璃愛来ちゃんの見守りを市に依頼し、異常があった場合は児相が面談などを試みる継続指導とする方針を決定した。 

・・・・・・・・・・

20190906105139e19.png


NHK NEWS WEB・9月3日・配信・・・【4歳女児死亡 事件前日の訪問でも詳しい事情確認せず】

鹿児島県出水市で4歳の女の子が死亡し、母親の交際相手の男が暴行の疑いで逮捕された事件で、出水市が虐待の有無を確認するため事件の前日に家を訪問した際、交際相手と同居しているかなど詳細を確認していなかったことが分かりました。市は母親が出産を控えていたことを把握していましたが「個人情報なので突っ込んで聞かなかった」と説明しています。

鹿児島県出水市明神町の建設作業員、日渡駿容疑者は先月27日、同居する交際相手の子どもの大塚璃愛來ちゃんの頭を殴ったとして暴行の疑いで逮捕されました。

璃愛來ちゃんは暴行の翌日「風呂で溺れた」として病院に運ばれたあと死亡しました。

出水市によりますと、7月に薩摩川内市から引っ越してきた際「母親に交際相手がいる」ということに加え「妊娠している」という記録も引き継がれていたということです。

この後、市内の病院から「女の子が室内で遊んでいたときにテーブルに頭をぶつけておう吐した」として治療を受けたことや「顔などに数か所のあざがあった」という情報も寄せられたため、先月26日に虐待の有無を確認するため家庭を訪問しましたが、交際相手と同居しているかなど、詳細を確認していなかったということです。

出水市は「パートナーがいることは個人情報なので突っ込んで聞かなかった。今後の方針を決めるところだったが、当時の対応を検証したい」としています。

虐待防止へ地域全体での支え必要 文科省
虐待を防ぐため、文部科学省は地域全体で家庭を支え、子どもを育てることの必要性を訴えています。

具体的には地域の住民が身近にいる子どもの衣服や体の汚れに気付いたり、泣き叫ぶ声が聞こえたりした場合は、ためらわずに最寄りの児童相談所につながる189番や警察に連絡してほしいとしています。

さらに、孤立を防ぐため、日頃から地域で声をかけあうことが大切だと指摘しています。

児童相談所によりますと、虐待の対応件数は去年度15万9850件で、平成11年度と比べて14倍近くに増えているということです。
専門家 「交際相手の把握必要」
児童虐待の問題に詳しい磯谷文明弁護士は「痛ましい事件が昨年から続いていて、また幼い命が失われてしまい残念に思う。母子家庭に母親の交際相手の男性が入ることや、転居をしたこと、それに、子どもの面会を求める行政への対応に消極的であることなど、過去の虐待事件で繰り返しリスク要因と指摘されたことが今回も確認されている。子どもが1人で外に出ていたとか、あざがあるといった現象面だけではなく、交際相手を含めた家族全体にどういう問題があるのか分析して把握しなければ支援の方針も立てられない。そのためにももっと交際相手についても情報収集すべきだったし、きちんとした評価・判断ができていたのか疑問だ」と指摘しました。

・・・・・・・・・・

20190906105157617.png


共同通信・9月3日・配信・・・【逮捕の男「風呂で溺れた」と説明 鹿児島の4歳女児死亡事件】

鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡した事件で、暴行容疑で逮捕された母親の交際相手で同居の建設作業員日渡駿容疑者(21)が逮捕直前、友人に「うそをついたからしつけのためにげんこつをした。風呂で目を離した間に溺れてしまった」と話していたことが3日、分かった。

一方、県中央児童相談所(鹿児島市)は4月10日、母子についての援助方針会議で母親の育児放棄(ネグレクト)を認定し「継続指導が必要」と判断したが、同3日に母子と2回目の面談をして以降、直接訪問はしていなかった。

・・・・・・・・・・

201909061052154e5.png


MBCニュース・9月3日・配信・・・【4歳女児死亡事件 根本厚労相「事実確認進める」】

鹿児島県出水市の女児死亡事件を受け、根本厚生労働大臣は3日、児童相談所などの判断について、事実関係の確認を進める考えを明らかにしました。

事件をめぐっては、中央児童相談所や出水市・薩摩川内市が、璃愛來ちゃん親子と日渡容疑者の同居を把握しておらず「母子関係は良好」などと判断し、璃愛來ちゃんを一時保護していませんでした。

厚労省の根本匠大臣は3日、関係機関の判断や情報共有が適切だったかどうか、鹿児島に職員を派遣し事実確認を進める考えを明らかにしました。

・・・・・・・・・・

2019090610524129d.png


毎日新聞・9月3日・配信・・・【夜に頻繁に出歩く姿、部屋で泣き叫ぶ声も…鹿児島女児死亡】

鹿児島県出水市で4歳女児が母親の交際相手に暴行された事件で、亡くなった大塚璃愛来(りあら)ちゃんが昨秋以降、夜に頻繁に出歩く姿を近隣住民が目撃し、部屋で泣き叫ぶ声も頻繁に聞いていたことが、住民らへの取材で判明した。だが、児童相談所などはネグレクト(育児放棄)を疑わせるこうした情報を把握しておらず、今年3月の匿名の通報で初めて璃愛来ちゃんの異変を察知した。

璃愛来ちゃんと20代の母親が7月まで住んでいた同県薩摩川内市のアパート近くの住民らによると、母子は昨年秋ごろ、このアパートに入居。母親は夕方から車で外出して朝方帰宅することが多く、目を覚ました璃愛来ちゃんが「ママー」と泣いたり、夜でも1人で外に出て行ったりすることが増えていった。

昨年12月~今春には、隣接する高齢者向けスポーツ施設の職員が、夕方~午後9時ごろに1人で外にいた璃愛来ちゃんを計3回保護していた。施設によると、初めて保護した時はおむつがびっしょりぬれていて、2、3回目は下着を着けていなかった。このうち1回の保護時の様子を見た施設利用者の70代女性によると、璃愛来ちゃんは雨の中、薄着でびしょぬれになって泣いていた。

3回目には虐待を疑った施設の看護師が体を確認したが目立った傷はなく、自宅のドアに「預かっています」と張り紙をして1時間ほど待たせていたら母親が迎えに来た。看護師が「気をつけて」と注意すると「すみませんでした」と謝ったという。

ただ、こうした情報は行政には伝わっておらず、県中央児童相談所などが璃愛来ちゃんの異変に気付いたのは、3月16日に児相に寄せられた「虐待を疑わせる動画がある」との匿名の通告(通報)が端緒だった。

しかし、通告に基づいて同月18日、児相や薩摩川内市の職員、県警薩摩川内署員が自宅を訪問した後も、璃愛来ちゃんが夜1人で出歩く姿が目撃され、同月21日~4月2日には同署が計4回保護。自宅近くのドラッグストアの店長は「午後10時前に店に入ってきた。『お母さんは?』と尋ねても答えなかったので、どうにもできず警察に来てもらった」と振り返る。

一方、璃愛来ちゃんはその頃、約2年通っていた保育園から市内の認可保育園に転園。4月2日の入園式に母親と出席し仲むつまじい姿を見せていたが、7月に出水市に転出するまでに登園したのは計15日だけだった。母親から休みの連絡はなく、園からの電話に出ないことが多かった。

児相や薩摩川内市は深夜徘徊(はいかい)が相次いだ璃愛来ちゃんについて、園に見守りを依頼していたが、異常は見当たらなかった。園長は「どうすれば防げたのか、そればかり考えている」と話した。

事件では、出水市のアパートで同居していた母親の交際相手の日渡駿(しゅん)容疑者が、8月31日に暴行容疑で逮捕された。【浅野孝仁、菅野蘭、降旗英峰】

 ◇「通告をためらわないでほしい」

昨年度に全国の児童相談所が受けた虐待の相談件数(速報値)は過去最多の15万9850件に上る。児童虐待防止法は、虐待や疑わしい事案を発見した場合、児童相談所に通告(通報)する義務を全国民に課している。実際、通告の経路別でみると、近隣住民や知人(2万1449件)が、約半数を占める警察(7万9150件)に次いで多く、虐待の早期発見に「周囲の目」は欠かせない。

ただ、虐待を疑わせるあざなどは目につきにくいところにあるケースも多く、確証がない中で通告に踏み切るのは容易ではない。今回のケースでも、近所の住民が毎日聞こえてくる泣き声に虐待を疑い、児相への通告を検討したが、悲鳴や殴る音まで確認できなかったため「証拠がないから」と見送っていた。

西南学院大の安部計彦(かずひこ)教授(児童福祉)は「専門知識のない一般の市民が判断する難しさはあるが、小さい子が1人で外を歩いていればネグレクトが疑われて心配だ。傷やあざの有無だけでなく、子どもの安全が確保されていないと思えば、虐待の可能性があると判断し、通告をためらわないでほしい」と話す。【青木絵美】

・・・・・・・・・・

201909061052595d8.png


ANNニュース・9月3日・配信・・・【《報ステ》鹿児島女児死亡 男との同居を把握できず】

鹿児島県出水市で大塚璃愛来ちゃんが死亡した事件で、璃愛来ちゃんが亡くなる前日に、市の担当者が自宅アパートを訪れていたが、暴行容疑で逮捕された日渡駿容疑者と同居していた事実を把握できていなかったことがわかった。璃愛来ちゃん親子が7月、薩摩川内市から引っ越した際、出水市には、母親に交際相手がいることなどの情報は引き継がれていたが、「個人情報等の問題がある」として詳細を確認していなかったという。日渡容疑者の知人によると、日渡容疑者は少なくとも去年までは別の女性と交際していて、今年の春ごろから璃愛來ちゃんの母親と交際を始め、親子が出水市に転居してから同居を始めたという。3日、日渡容疑者の親族が取材に応じ、「全然違う子だった。どうしてあんなに変わったのかわからない」と話した。

・・・・・・・・・・

《9月3日 報道各社配信記事 まとめ 終了》

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR