FC2ブログ

再掲載!9月9日掲載!あの話はどうなった?【第2弾!約2年以上も前に鹿児島県伊佐市 曽木の滝温泉センター近くの路上で猟銃の誤射により軽トラックのドアを撃ち抜く事故が発生していたとの情報あり!】

再掲載!9月9日掲載!あの話はどうなった?【第2弾!約2年以上も前に鹿児島県伊佐市 曽木の滝温泉センター近くの路上で猟銃の誤射により軽トラックのドアを撃ち抜く事故が発生していたとの情報あり!】

2019090818165191b.jpg


Click→→2019/9/6・情報提供募集中!伊佐市で猟銃の誤射により自動車を撃ち抜く事故が発生していたとの情報あり!事故の隠蔽に奔走する伊佐市のゴルゴ13とはアノ人物のことだった!

Click→→銃・狩猟・射撃に関するニュース

鹿児島県伊佐市で白昼に発生した猟銃誤射問題。

今回のこの問題(ある意味事件)・・・少しずつではあるが事の詳細が見えてきたため、漏れ聞こえてきた話をとりあえずまとめてみることにする。

伊佐市で銃砲の取り扱い違反の末に車を撃ち抜くという事故が発生したのが2年前の7月のことだった。

何故?2年前の事件が一切表に出てこなかったのか?

その謎を解くヒントがここに1つある。

聞くところによると、表面化しなかった最大の理由は、その地区の猟友会の会長とグループリーダーが関係しているのではないかと周辺者の間で囁かれているというのだ。

最新の情報によると周辺者が騒いだことによりここ最近になってようやく捜査機関が捜査に着手したと言われているが、それにしても着手するには時間がかかり過ぎた気がしてならない。

これまで事件が放置されてきた正確な理由については今のところ不明。

意図的に捜査を遅らせた訳ではないと信じたいと思う。

何故?「信じたいと思う」などと願いを込めた言い方になったかは、このグループリーダーが常日頃から「県警を動かすことが出来る」「議員を動かすことが出来る」「俺に文句を言う奴は伊佐市に住めないように出来る」等、口癖のように吹きまくっているという話を聞いたからだ。

関係者の間では「数年間も意図的に放置されてきたに違いない」「捜査機関も見て見ぬ振りをしているのではないか?」と、囁かれている。

ちなみに誤射の被害に遭った自動車は新車の軽トラック。

事故の現場は曽木の滝温泉センター近くの路上。

被害者はK氏、誤射の当事者はS氏。

狩猟期間が11月~3月15日であることを考えると、当日は狩猟ではなく駆除活動中での出来事。

発砲者は銃に弾を入れたまま車で移動中に獲物を発見し、その直後に路上で銃を取り出そうとした際に誤って前に止まっていた軽トラの左ドアを撃ち抜いてしまった。

ドアを撃ち抜かれたその軽トラックはその後何事もなかったかのように自動車修理工場に持ち込まれたとの情報がある。

その自動車修理工場とは・・・U自動車鈑金塗装工場ではないのか?との話。

真偽の程は定かではないが、仮に事実であるとすれば、その板金屋は銃痕のある自動車が持ち込まれた際に、速やかに警察に届けるべきだったのではないか?届け出なかったということは証拠隠滅に加担したと言われても仕方ないのではないか?

国と市から駆除費用を貰いながらの活動中に、ルールを守らず誤って誤射したとなれば大問題であり、さらには事故を隠蔽したとなれば大問題どころの騒ぎではなく悪質極まりない話だといえる。

そもそもそのような人物に銃を持たすこと自体如何なものかと思う。

次回へ続く。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR