FC2ブログ

気になるニュース!二階氏、財務省とケンカ宣言? 国土強靱化予算巡り・・・「財務省に政治をやってもらっているんじゃない。ケンカしなきゃいかんところはケンカする」と二階氏が牽制!

気になるニュース!二階氏、財務省とケンカ宣言? 国土強靱化予算巡り・・・「財務省に政治をやってもらっているんじゃない。ケンカしなきゃいかんところはケンカする」と二階氏が牽制!

20191117210932a7f.jpeg


Click→→令和2年度 国土強靱化関係予算概算要求の概要・令和元年8月 内閣官房 国土強靱化推進室

朝日新聞DIGITAL・11月13日配信【二階氏、財務省とケンカ宣言? 国土強靱化予算巡り】

自民党の二階俊博幹事長は13日、「国土強靱(きょうじん)化」を推進する党所属議員と経済界との会合に出席した。二階氏は、公共事業費の増大を警戒する財務省に対して「財務省に政治をやってもらっているんじゃない。ケンカしなきゃいかんところはケンカする」と牽制(けんせい)。予算確保に強い決意を示した。

この日の会合で、二階氏は「財政規律をいくら守っても、命を失ったら何もならん。公共事業はけしからんと言う方がけしからん」と声を荒らげた。この後、全国町村議長らとの会合にも出席。ここでも「財政当局の大変な抵抗にあって、私は腹が立っている」と語気を強めた。

二階氏は、党で国土強靱化緊急対策の延長と予算規模の拡大を求める決議をまとめ、安倍晋三首相に提言している。(河合達郎)

・・・・・・・・・・

今では死語になりつつあるアベノミクスですが、そのアベノミクスの三本の矢の一つである、財政政策は公共事業による財政出動だ。

公共事業投資の拡大は着々と進めら、その最たる象徴が今流行りの「国土強靭化」計画。

公共事業投資は必要不可欠であることは間違いないが、ここで気をつけなくてはならないことは政策決定から実施決定に至るまでの情報公開の徹底化ではないだろうか?

莫大な費用をかけることへの費用対効果、さらには優先順位などの検証が行われないまま突き進む公共工事がこれまで数多くあった。

大義名分さえあれば必要性を合理的に示したことになるというのが政治家の考えであり、それに追従するのが忖度官僚の考え。

そういった考え方が事業評価軽視へと繋がっていったのではなかろうか?

いや・・・必ずしも軽視している訳ではないかもしれない・・・あえて言うならば、事業軽視というより政治家による政治家の為の過度の忖度が行われていると言っても過言ではない気がする。

一強多弱の構図が出来たとき、年を追うごとに政権政党の暴走は加速する。

ここで考えるべきは安倍政権が重点政策として掲げる国土強靭化は、間違いなく人件費の高騰と人手不足が危惧されるということだ。

奄美の例をとっても分かるとおり、自衛隊の工事が溢れたことにより地元自治体の発注する工事が手薄となった感は否めない。

従業員だけでは手が足りず、結局は内地から下請け業者と作業員を補う始末。

二階さんはその辺りの事情が分かったうえで「財政当局の大変な抵抗にあって、私は腹が立っている」などと愚痴っているのか?

まずは建設業をはじめとする公共工事事業者の現状を調べたうえでプランニングすべきだと思う。

国の事業が優先され地元工事が手薄になるようではまさに本末転倒だと言える。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR