FC2ブログ

【訃報】志村けんさん新型コロナ肺炎感染判明から1週間で死去!【志村けんさん関連ニュースまとめ3月30日14:00現在】

【訃報】志村けんさん新型コロナ肺炎感染判明から1週間で死去!【志村けんさん関連ニュースまとめ3月30日14:00現在】

20200330142954559.jpeg


Click→→鹿児島暴露クラブ・新型肺炎コロナウイルス関連 ・過去記事一覧

スポニチアネックス・3月30日9:52配信【志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染、闘病も力尽く】

「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けん(しむら・けん 本名・志村康徳、やすのり)さんが亡くなったことが30日分かった。70歳だった。東京都東村山市出身。25日に新型コロナウイルスへの感染を所属事務所が発表していた。

志村さんは17日から倦怠感の症状があり、19日には発熱・呼吸困難の症状が出現。20日に都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受けて入院。診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された。

都立久留米高校卒業前の68年、故・いかりや長介さんを訪ねて付き人となり、74年にドリフターズのメンバーに。TBS系のバラエティー番組「8時だョ!全員集合」では、「東村山音頭」や加藤茶(77)との「ヒゲダンス」などで人気を集めた。「全員集合」終了後もコント、バラエティーを中心に活動し、言わずと知れた日本を代表するコメディアンに。フジテレビ系「志村けんのバカ殿様」、同局「志村けんのだいじょうぶだぁ」などの番組で独自のコントスタイルを確立した。

現在も日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ系「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組に出演。30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表だが出演が決まっていたほか、20年12月公開予定の「キネマの神様」で映画初主演を飾ることも発表されていた。

◇志村 けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)。1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。身長1メートル69。血液型A。

・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ報知・3月30日9:55配信【志村けんさん死去、70歳 新型コロナウイルス検査で陽性 人工心肺で治療も…】

タレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため入院していた都内の病院で亡くなった。所属事務所が明らかにした。70歳だった。新型コロナウイルスに感染し、20日から入院し、人工心肺による治療を続けていたが、29日未明に容体が悪化した。

志村さんは17日に倦怠(けんたい)感があったため自宅療養。その後、発熱やせきの症状が出始め、19日には呼吸困難となった。翌20日に自宅を訪問した医師の判断で都内の病院に搬送され、重度の肺炎で入院した。新型コロナウイルス検査で陽性が判明した23日に病状が悪化。25日に港区から新宿区の病院に転院し、人工心肺による治療を続けていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

AbemaTIMES・3月30日10:39配信【「“志村さんの後に志村さん無し”だと思う。新型コロナウイルスの厳しさを改めて突き付けられた」長年取材してきた芸能記者】

新型コロナウイルスに感染し、20日から入院中だったタレントの志村けんさんが昨夜、入院先の都内の病院で亡くなった。70歳だった。

志村さんを長年取材してきた「日刊ゲンダイ」の米田龍也・芸能編集部長は「人工心肺を付けていたということだったが、周辺取材進めても、関係者のガードは固かった。一方で、快方に向かっているという報道に安堵もしていたし、復活する日を願っていたので残念だ。大変ショックが大きい。新型コロナウイルスの厳しさを改めて突き付けられた。芸能界では収録やロケを中止しているような状況があるが、志村さんの死を無駄にしないためにも、より注意していかなければならないと思う」とコメント。

志村さん入院の経緯

また、「ヘビースモーカーでも知られていたが、数年前から禁煙されていた。ただ、お酒は大好きで、毎晩のように芸人さんや舞台で共演している女優さんたちとお酒を召し上がることで知られていた。インタビューの後、そのまま宴会に突入したこともあったし、麻布十番のガールズバーの前にいつもロールスロイスが止まっているのを我々もよくお見かけしていた。日本中、老若男女、知らない人はいないと思うし、志村さんの後に志村さん無し、だろう。70歳を迎えたが、今年は映画の初主演や「朝の連続テレビ小説」の出演も予定されていたので、これから役者としても、というところだった」と人柄を偲んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・3月30日10:43配信【志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍】

人気お笑いグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして活躍し、「変なおじさん」などの人気キャラクターや「アイーン」などのギャグで知られるコメディアンの志村けん(しむら・けん、本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルス肺炎のため亡くなった。70歳。葬儀は近親者のみで営む。

志村さんは3月17日から倦怠(けんたい)感などの症状があったため自宅で療養。発熱や呼吸困難などの症状が出たため、20日に入院し、23日に新型コロナウイルスの感染が判明した。まもなく撮影が始まる予定だった、初主演映画「キネマの神様」(山田洋次監督)の出演も辞退していた。

東京都東村山市出身。小学生の頃からお笑いが好きで、高校卒業直前の1968年春にドリフの付き人になり、修業を始めた。74年春に脱退した荒井注さんに代わり、ドリフの正式メンバーに。76年、バラエティー番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)の一コーナーで歌い始めた「東村山音頭」が話題になり、一躍人気者になった。

その後も、おばあちゃんの人形を手に「アーアッ」と熱唱する「ディスコばあちゃん」、メンバーの加藤茶さんと一緒に踊りながら大道芸を披露した「ヒゲダンス」、童謡の替え歌から生まれたギャグ「カラス、なぜ泣くの、カラスの勝手でしょ」など、次々とヒットを飛ばし、ドリフの人気を不動のものにした。最盛期には40~50%台の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し続けたお化け番組「全員集合」を加藤さんと支えた。

85年に「全員集合」が終了した後も、加藤さんと「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」(TBS系)に出演。「志村けんのだいじょうぶだぁ」「志村けんのバカ殿様」(いずれもフジテレビ系)などで、バカ殿様、変なおじさん、ひとみばあさんなどの人気キャラクターも生み出した。

99年、高倉健主演の映画「鉄道員」に出演したことがあるが、一貫してコントにこだわり、座長を務める舞台「志村魂(しむらこん)」を2006年から続けていた。

著書に自伝的エッセー「変なおじさん」「志村流」などがある。

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・3月30日11:57配信【志村けんさん死去「報道で承知。残念」 菅官房長官、記者会見で】

菅義偉官房長官(71)は30日午前の記者会見で、コメディアンの志村けんさん(70)が新型コロナウイルス感染症で死亡したことについて「報道は承知しており、大変、残念に思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と述べた。

その上で「今がまさに国内の急速な感染拡大を回避するために、極めて重要な時期」だと強調。「28日に策定した基本的対処方針に基づき、感染拡大の防止に全力で取り組みたい」と述べた。【青木純】

・・・・・・・・・・・・・・・

デイリースポーツ・3月30日10:43配信【志村さん死去で各局MC絶句 設楽「信じられない」恵「ウイルスを恨む」志らくも春菜も…】

新型コロナウイルスに感染したタレントの志村けん(本名・志村康徳)さんが29日に亡くなったことが30日、分かった。70歳だった。志村さんは今月23日に陽性と判明。東京都内の病院で懸命の治療を受けたが、力尽きた。このニュースは各局、速報で流しており、突然のことに番組MCらは言葉を失った。

TBSでは「グッとラック!」芸能コーナーで速報を取りあげた。立川志らくは「ちょっと言葉を失ってしまいます…」と絶句した後「今回亡くなった方、日本でたくさんいらっしゃる、どの命も平等だから」と前置きした後「こんな事があっていいのか。芸能界にとって、お茶の間のファンにとってこんな事起きていいのかというほどの衝撃。残念すぎる」と沈痛な面持ちだった。

フジテレビ系「ノンストップ!」では、番組途中に報道センターに切り替わり、志村さんの訃報が読み上げられた。スタジオに戻るとバナナマン設楽統は「ちょっとびっくり…。本当なのかな、信じられない」と驚き、「ちっちゃい頃から見てて、仕事でも一緒に、少し前にコントの仕事させてもらってちょっと信じられない。少したつとまたコントを見せてくれると…」と呆然。

ゲストのよゐこ浜口優も「まだ受け入れられない、この現実…」と言葉を失うと、坂下千里子も「朝ドラの報道も、志村さんを待って延期と聞いていた。本当にビックリで動揺してます…」と言うのがやっとだった。

TBS「ひるおび!」でも恵俊彰が「大変なことになりました…」「新型コロナウイルスを恨みます」「これだけ世の中を明るくしてくれたこの人の命をと考えると…許せない」と語っていた。

日本テレビ系「スッキリ」では、番組で長年志村さんと共演していた近藤春菜は号泣していた。

・・・・・・・・・・・・・・・

ENCOUNT・3月30日10:29配信【志村けんさん 芸を突き詰めるあまり遠のいた結婚】

結婚寸前だった女性も

ザ・ドリフターズのリーダーでタレントの志村けんさん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)が29日午後11時10分、都内の病院で死去した。70歳だった。

志村さんは23日に検査で新型コロナウイルス陽性と判明し、重度の肺炎と闘病していた。

志村さんは1974年、ザ・ドリフターズに加入。TBS系「8時だョ!全員集合」で一躍ブレークし、お笑い界を代表する大御所の1人だった。

芸についてはトコトン突き詰めるタイプだった。ふざけて気楽にやっているように見えて、実はかなりの慎重派。舞台の前は徹底的に稽古し、客からは自然に遊んでいるように見えるまで突き詰め、それでも本番直前はかなり緊張していた。それだけ真剣に“芸“に向き合う人だったからこそ、多くの後輩芸人の尊敬を集め慕われてもいた。

芸を突き詰めるあまり、結婚は遠のいた。これまで多くの美女との交際が報じられ、相手の女性の実家にあいさつに行くなど結婚寸前だった女性もいた。志村さん本人も結婚し子供がほしいと熱望していたが、ついにかなわなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・3月30日11:59配信【「コロナの恐ろしさ」 志村けんさん死去に自民・石破氏】

自民党の石破茂元幹事長は30日、東京都内の日本外国特派員協会での記者会見で、新型コロナウイルスに感染したタレント志村けんさんが死去したことを受け、「ごく短い期間で亡くなった。これがコロナウイルスの恐ろしいところであり、国民はそのことを強く認識することになると思う」と指摘した。

石破氏は「私が高校生、大学生の頃、本当に大人気で、今も人気のある方だ。70歳といったらまだ若い」と故人をしのんだ。 

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・3月30日11:52配信【「全員集合、かじりつくように見た」 志村けんさん死去に悲しみ広がる】

「ザ・ドリフターズ」のメンバーで、「バカ殿」や「変なおじさん」など多くのギャグでお茶の間に親しまれた人気コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスに感染して亡くなったことに、福岡の街でも驚きと悲しみが広がった。

JR博多駅に買い物に来ていた福岡市東区の会社員、竹村正明さん(60)は、子供のころに土曜の「8時だョ!全員集合」を毎週テレビで見ていたといい、「入院した時にはまさかこんなことになるとは思わなかった。志村さんが亡くなったことで、新型コロナウイルスの恐ろしさが一気に広まることになりそう」と話した。

福岡市早良区の主婦(38)も「新型コロナウイルスは今までどこか人ごとだったが、知っている有名人が亡くなってやっぱり怖いと感じた。志村さんといえば『バカ殿』のイメージ。いい意味で親近感があったのに残念です」と話した。

福岡県志免町の会社員、倉光彰さん(52)は夜勤明けに聞いていたラジオで訃報を知り、「あぁ」と声を上げたという。小学生の時は毎週土曜午後8時になると必ずテレビを『全員集合』につけ、かじりつくように見た40年来のファン。「子供の時には気付かなかったが、『全員集合』で上からたらいが落ちてきて笑わせていたのはハプニングに見えて、全て計算していた。人を笑わせるプロだった」と振り返った。

東京から福岡に出張中の40代の女性会社員は、小学1年の子供と「天才!志村どうぶつ園」を見ていたという。「子供のころは親が厳しくて、『バカ殿』を見たくても見させてもらえなかった。自分が親になり、ようやく志村さんの番組を子供と見られるようになったのに……」と言葉少なだった。【平川昌範、飯田憲】

大阪・ミナミでも驚きと悲しみが広がった。

仕事で大阪へ来ていた兵庫県三木市の会社員の女性(42)は、「感染はニュースで知っていたが、まさか亡くなるとは思わなかった。生きていてほしかった」と悲しそうな表情をみせた。子供の頃から、ザ・ドリフターズや、出演するお笑い番組をたくさん見てきたといい、「動物番組の司会でも日本中を和ませてくれる人だった。新型コロナは怖いと改めて感じる。私も別居中の70代の両親がいるが、いつ感染するか分からないので、しばらく会うのは控えたい」と話した。

東大阪市に住む会社員の男性(63)は「志村さんは日本を代表するコメディアンで、早すぎる死だ。新型コロナは病状の進行が早い印象がある。自分は糖尿病を患っているので、満員電車や人混みを避けるようにしている。国は緊急事態宣言を出すことも考えてほしい」と訴えた。【森口沙織】

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・3月30日11:44配信【ドリフメンバー絶句 「けんちゃん、悲しすぎる」研さん】

志村けんさんが所属するイザワオフィスの関係者は「本人もこういう亡くなり方をするとは思っていなかったと思うんですけれども、最後まで皆様に笑いを届けるという使命をもって頑張ってきたと思いますので、これからまだ放送がある番組もございますけれども思い出して、笑っていただければと思います」と話し、各地から寄せられた応援の声に感謝を述べた。

また、ザ・ドリフターズのメンバーには亡くなった直後に事務所から電話で伝えた。みな一様に大きなショックを受けていたという。このため、現時点ではメンバーからコメントを発表する予定はないという。

志村けんさんの死去を、親交のあった芸能人らも悼んだ。

「志村けん師匠の悲報を知りました 殿!嘘(うそ)でしょう…」

「志村けんのバカ殿様」で共演したタレントの桑野信義さんは、ブログでそう悲しみをつづった。

テレビプロデューサーのテリー伊藤さん(70)は朝日新聞の取材に「同世代の人間として芸能界を駆け抜けてきただけにとても残念でなりません。『戦友』と思っていました。悔しい。残念。これまでの志村さんは自分で自分のお笑いを演出してきた方でしたが、これからは映画やテレビドラマで自分の演出ではない世界で活躍されるだろうと期待しておりました」と話した。

テレビ番組やCMなどで多数共演した歌手の研ナオコさんはツイッターで、「今は何も考えられません けんちゃんと、もう会えなくなっちゃう 悲し過ぎて あり過ぎる想(おも)いが整理できません 一緒に仕事が出来て幸せでした ありがとう…」と悼んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

日刊スポーツ・3月30日11:34配信【東村山市「本当に残念」志村さん聖火ランナー叶わず】

ザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんさん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)が新型コロナウイルスによる肺炎のため29日午後11時10分、入院先の都内病院で亡くなった。70歳だった。23日に新型コロナウイルス陽性と判明。所属事務所イザワオフィスが同25日、文書で闘病を発表していた。

志村さんは東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの聖火ランナーとして7月14日、地元の東村山市を走るはずだったが、大会延期、そして急逝。詳細は未定も、組織委は今回の聖火ランナー権利を来夏に持ち越す方針だっただけに、無情の結果となった。

同市の聖火リレー担当部署・地域創生部東京2020オリンピック・パラリンピック推進課によると、大会組織委が志村さんを走者に決定した後、同市として所属事務所マネジャーを通じて本人に意思確認。快諾を得ていたという。担当者は「たくさんの市民が楽しみにされていた。驚きましたし、本当に残念です」と神妙に語った。兄の知行さんが市役所職員だっただけに縁も深かった。

7月14日の志村さんの走行ルートは、直前までに確定して発表される予定だった。有力候補とされていたのが、西武新宿線・東村山駅の東口駅前広場。「志村けんの木」と呼ばれている3本のけやき、志村さん直筆の記念樹看板がある。1976年に「東村山音頭」をヒットさせた際、同市から感謝状を贈られた記念に植樹されたものだ。回復して、この場を走ることが期待されていた。

渡辺尚市長は午前9時55分に「たった今、志村けんさんがご逝去されたとの速報ニュースが流れました。東村山15万市民の皆さんと共にご回復を祈っていましたが、願いが叶わず残念でなりません。心より哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りいたします。」とツイートした。

続けてフェースブックに「志村けんさん、有難うございました!!」の題名で投稿。「志村さんの訃報はネットニュースでも報道されていました。東京オリンピックの聖火リレーのランナーをお願いしていましたので、来年元気に走っていただくことを東村山15万市民と共にお祈りしていました。もう志村けんさんの『東村山音頭』を二度と見ることができないと思うと、残念でなりません。改めて、追悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りいたします。けんさん、東村山の名前を全国に広めて下さり、また長年お笑いで全国の多くの方を元気にして下さり有難うございました。どうか安らかにお休み下さい」(原文まま)と悼んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

スポニチアネックス・3月30日13:05配信【志村けんさん死去 朝ドラ「エール」収録シーンは「そのまま放送」公式ツイッターで追悼】

国民的な人気を誇った「ザ・ドリフターズ」のメンバーでタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナウイルスによる肺炎で29日に亡くなったことを受け、志村さんが出演を予定していたNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は30日、公式ツイッターで志村さんを追悼。志村さんの収録シーンはそのまま放送予定とした。

「志村けんさん、いつまでも新しいことにチャレンジする姿に、みな『エール』をもらいました。収録したシーンは、そのまま放送させていただく予定です。謹んでお悔やみを申し上げます」

俳優の窪田正孝(31)が主演を務める朝ドラ通算102作目。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。男性主演は14年後期「マッサン」の玉山鉄二(39)以来、約6年ぶり。

志村さんが演じるのは童謡「赤とんぼ」「ペチカ」などを生んだ昭和の名作曲家・山田耕筰さんがモデルの小山田耕三役。主人公が尊敬する役どころで、第5週(4月27日~5月2日)から登場予定だった。

昨年12月から撮影に入り、発症前の今月6日まで東京・渋谷の同局で数回、撮影に参加。関係者は「志村さんが戻られることを想定して、できるだけ撮影日程を後ろ倒しにするよう調整中です」と当初4月10日の予定から、5月中の撮影再開で準備を進めていた。

ドラマが順調にスタートした30日朝、初回放送終了から約1時間半後に伝わった悲報。志村さんの復帰を待っていたNHKのスタッフや関係者は大きなショックを受け、悲しみに沈んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・

とにかくビックリしました!

様子がおかしいなぁ〜とは思っていましたが、こんなにあっさりと亡くなるとは・・・・・

改めてコロナウィルスの脅威を感じました。

1月にWHOや厚生労働省はあまり騒がなくてもいいくらいの口ぶりでしたが、全くもって話が違います。

コロナウィルスを知れば知るほどそのウィルスの凄さに驚くばかりです。

1月〜2月にかけてのWHOの発表はある意味虚偽に近い広報だったと言えるのではないでしょうか?

ある意味、抑え込みに失敗したのはWHOの虚偽に近い発表に原因があると思いますよ。

中国ベッタリのWHOを信用してはいけません。

【志村けんさん関連記事3月30日14:00までのまとめ】

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR