FC2ブログ

【新型コロナウィルス関連 4月14日〜4月15日分まとめ】致死率は新型インフルの10倍 WHO見解・・新型コロナ再陽性が124人に増加 ウイルス変異の可能性に注目=韓国・・米、WHO拠出金停止へ 新型コロナ「中国寄り」批判 トランプ氏・・緊急事態宣言後にセクキャバ遊興の高井議員を立民が「除籍」処分

【新型コロナウィルス関連 4月14日〜4月15日分まとめ】致死率は新型インフルの10倍 WHO見解・・新型コロナ再陽性が124人に増加 ウイルス変異の可能性に注目=韓国・・米、WHO拠出金停止へ 新型コロナ「中国寄り」批判 トランプ氏・・緊急事態宣言後にセクキャバ遊興の高井議員を立民が「除籍」処分

2020041606464233a.jpeg
【セクキャバ遊興の高井崇志衆院議員】

《政治家関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

Click→→
鹿児島暴露クラブ・新型肺炎コロナウイルス関連 ・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・4月14日7:12配信【新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 WHO見解】

【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日、新型コロナウイルスについて、2009年に流行した新型インフルエンザより致死率が10倍高いとの見解を示した。テドロス氏は、感染を止めるために感染の疑いがある人に検査を行い、患者の隔離などを徹底するよう各国に呼びかけた。

2009年の新型インフルエンザでの死者数は世界全体で10万~40万人とされる。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナによる死者数は13日時点で11万人以上。テドロス氏は記者会見で、新型コロナの感染スピードについて「非常に速いが、減速するのはゆっくりだ」と分析し、今後も感染が急速に広がる可能性があるとした。

・・・・・・・・・・・・・・・

日刊スポーツ・4月14日9:28配信【れいわ山本太郎氏「ど・ケ・チ」休業補償を痛烈批判】

れいわ新選組の山本太郎代表が、西村康稔経済再生担当相が新型コロナウイルス感染拡大による自粛要請に応じた店舗に対する休業補償について、国から地方自治体に配分される臨時交付金は財源に充てられないとの考えを示したことを受け、「ど・ケ・チ!」と痛烈に批判した。

山本氏は14日、ツイッターを更新。13日の参院決算委員会での西村担当相の発言を報じた記事を貼り付け、「血も涙もない、とはこのこと。中小零細、個人事業主を淘汰する気満々だな。紐付けやめろ。さっさと金を刷れ、皆に配れ! ど・ケ・チ!」と批判した。

・・・・・・・・・・・・・・・

中国新聞デジタル・4月14日11:57配信【広島市でクラスター、福祉施設職員と入所者計22人感染】

広島市は14日午後、市内の社会福祉施設で職員5人、入所者17人の計22人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。阪谷幸春・保健医療担当局長は記者会見で、市内で初のクラスター(感染者集団)が発生したと説明した。

阪谷局長は、施設名や所在する区について「公衆衛生上、重大なことがあれば公表すると説明してきた。今回の施設はある程度、感染者が特定できている」として公表しなかった。

市によると、13日に職員1人、入所者6人の計7人がウイルス検査で陽性となった。その後も施設の関係者たちの検査を進めた結果、14日朝に職員4人、入所者11人の陽性が新たに判明したという。

阪谷局長は施設について、入所者数は約70人、関係する職員数は30人以上と報告した。市保健センターが、現段階で90人程度のウイルス検査を進めているとした。

13日に陽性となった7人のうち、職員で東区の20代の介護職女性は3月29日、すでに感染が判明している広島市立大の20代大学生男性2人たちと会食。4月3日にのどや頭、筋肉の痛みなどを発症していた。

ほかの6人は入所者で、20~40代の男性。12日に熱やせき、下痢などの症状が出た。同日に受診した医療機関の医師が新型コロナの感染を疑い、検体を採取していた。

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞・4月14日16:07配信【<速報>球磨病院関係の154人は全員陰性 勤務医師の新型コロナ感染で県発表】

熊本県は14日、新型コロナウイルスへの感染が確認された球磨病院(人吉市)の70代男性医師(熊本市東区在住)について、12日から実施してきた濃厚接触者ら同病院関係者計154人のPCR検査結果が全員陰性だったと発表した。県はほかにも検査対象者がいないか調べている。

・・・・・・・・・・・・・・・

聯合ニュース・4月14日17:22配信【新型コロナ再陽性が124人に増加 ウイルス変異の可能性に注目=韓国】

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は14日、新型コロナウイルスによる感染症が完治し隔離が解除された後、再び陽性判定を受けた人が計124人になったと発表した。13日から8人増えた。

再び陽性と判定されたのは20代が22,6%(28人)で最も多く、50代が18,5%(23人)、30代が15,3(19人)、60代が12,1%(15人)、40代と80代がそれぞれ10,5%(13人)、10代と70代がそれぞれ4,0%(5人)だった。0〜9歳でも3人(2,4%)が再び陽性判定を受けた。

防疫当局は、再陽性の事例がウイルスの変異と関係があるかどうかを綿密に調査していると説明した。

中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長はこの日の定例会見で、「ウイルスを分離・培養して遺伝子を分析する計画だ」と述べ、治療薬やワクチンの開発に重要な遺伝子の部位に変異があるか注目していると説明した。

再陽性となった原因について、専門家らは▼感染力がないか低下したウイルスの粒子が(検査で)発見された▼症状が回復しても完全に消えずに残っていたウイルスが免疫が低下した状態で再活性化した――などの仮説を提示している。

防疫当局は、再陽性の可能性を踏まえた隔離解除者の新たな管理策を発表する方針だ。

改善案では、隔離が解除された後にも14日間の自主隔離を勧告。隔離解除者がセルフモニタリングを行い、症状が出ればすぐに再検査を受けるようにする内容を盛り込む。

また、隔離解除後も多くの人が集まる施設や公共交通機関の利用を控え、家族との接触を減らさなければならないとする保健教育も行う予定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・4月15日7:37配信【米、WHO拠出金停止へ 新型コロナ「中国寄り」批判 トランプ氏】

【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスへの対応の過ちを検証する間、資金拠出を停止するよう指示したと発表した。

トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で「WHOは(正確な情報の提供という)基本的義務を怠り、責任を問われなければならない」と述べた。

トランプ氏は、米政府が1月末に発表した中国からの入国禁止措置についてWHOが反対したことを「最も危険な判断」と非難。WHOが「中国寄り」という批判を強めている。

また、WHOが最初に感染が拡大した中国に専門家を派遣した上で客観的に情勢を分析し、中国政府の情報開示に関して透明性の欠如を指摘していれば、「感染拡大を抑え込むことができ、犠牲者も少なかった」と強調した。 

・・・・・・・・・・・・・・・

@S[アットエス]by静岡新聞SBS・4月15日8:06配信【国交省、所管倉庫団体などへマスク斡旋 関係者「医療現場が先」「こんなことをしていたらまずい」】【新型コロナ】

新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が続く中、国土交通省が全国の倉庫関係など所管する業界団体に、医療機関でも使用可能とみられる使い捨てマスクの販売業者を仲介していることが14日、静岡県内関係者への取材で分かった。赤羽一嘉国交相は先に、タクシーなど公共交通事業者向けのマスク供給を打ち出し、同省担当者は「類似した取り組み」と説明。ただ、通知を受けた県内関係者は国による購入斡旋(あっせん)行為との見方を示し、「医療現場など、より必要性の高いところに回すのが先だ」と指摘した。

静岡新聞社が入手した文書では、マスクは50枚入り1箱3千円で、1カートン(900枚)から注文を受け付ける。販売するのは輸入関連業者とみられる。発信元は「国交省大臣官房参事官(運輸安全防災)付」で、マスク確保を調整した経済産業省から事業者の紹介を受けたと記されている。

文書は10日にメール送信され、宛先は日本倉庫協会、日本冷蔵倉庫協会、全国通運連盟など。会員事業所に情報を流すよう求めた。

県内のある倉庫業者には、数日前に業界団体の県組織からファクスが届いた。経営者の男性は「接客があまりないので人との距離を取りやすく、他業種に比べマスクを特に必要とする理由はない」と明かし、「みんなが困っている中、業界内でこんなことをしていたらまずい。購入はしない」と断言する。

医療機関ではマスク不足が深刻で、一部の市町は備蓄品配布などの対応に追われている。国交省が紹介する業者のマスクは不織布3層構造で、地域医療を担当する県中部の自治体幹部は「医療現場でも使えるはず。融通できるならしてほしい」と顔をしかめた。県中部の医療関係者も「販売先や方法が適切なのか」と疑念を抱く。

■他業種にも案内 国交省担当者の話

倉庫業以外にも、省内の各局が所管する他業種に同様の案内を出した。政府のマスクチームが医療や介護の現場をケアしているので、他で必要な分を奪っているわけではない。

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・4月15日16:16配信【3月の訪日外国人旅行者93%減 東日本大震災時の下落幅上回る 新型コロナで】

観光庁が15日発表した3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比93%減の19万3700人と大幅に減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、海外からの入国制限を強化したのが要因。減少幅は東日本大震災発生翌月の2011年4月の62,5%減を上回り過去最大となった。減少は6カ月連続。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・4月15日16:23配信【緊急事態宣言後にセクキャバ遊興の高井議員を立民が「除籍」処分】

立憲民主党は15日の持ち回り常任幹事会で、今月7日の緊急事態宣言の発令後に東京・歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる飲食店を訪れた高井崇志衆院議員の離党届を受理せず、除籍(除名)処分とすることを決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞・4月15日17:37配信【〈第2報〉感染確認の男性はタクシー運転手 熊本市、感染経路は不明】

熊本市は15日、この日感染が確認された北区の60代男性について、タクシー運転手と明らかにした。市によると、勤務した11日夜に倦怠感があり、12、13日は自宅で療養。14日に体調が悪化し、市内の医療機関に自宅から救急搬送され、15日のPCR検査で陽性だった。現在入院中で、症状は酸素投与が必要な「中等症」。現段階で感染経路は不明という。

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・4月15日18:08配信【石田純一さんが感染 仕事先の沖縄から帰京後入院、検査】

俳優の石田純一さん(66)が新型コロナウイルスに感染したことが15日明らかになった。所属事務所がブログで発表した。

それによると、仕事で滞在していた沖縄で11日、体のだるさを感じ、13日に東京に戻るまでホテルで休息。14日に病院で肺炎の傾向がみられ、入院。PCR検査を受け、15日に陽性と確認されたという。

所属事務所の発表は以下の通り。

◇新型コロナウイルス感染について

弊社所属の石田純一が、4月15日(水)新型コロナウイルスに感染している事が判明致しました。

4月10日(金)仕事のため沖縄へ行き、4月11日(土)に身体がだるく感じ、4月13日(月)に東京へ戻るまでホテルにて休息を取っておりました。

その間、発熱や咳(せき)の症状はありませんでした。

4月14日(火)病院にて肺炎の傾向が見られたため入院となり、PCR検査を受けた結果、4月15日(水)に陽性と確認されました。

この度、ご迷惑をお掛けした関係者の皆様には、心よりお詫(わ)び申し上げます。

今後は関係各所の指示の元、感染拡大防止に努めてまいります。

2020年4月15日

株式会社メロン

・・・・・・・・・・・・・・・

STVニュース北海道・4月15日19:24配信【”病院クラスター”が拡大…転院先でも感染 札幌市(北海道)】

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、集団感染=クラスターが発生したのが札幌市白石区の札幌呼吸器科病院です。患者が転院した2つの病院でも感染が広がっています。

新たに看護師1人、患者2人のあわせて3人の感染が確認され、クラスターは28人となった札幌呼吸器科病院。

(札幌市保健福祉局 山口亮感染症担当部長)

「症状が出てきてウイルス量が増えてきている段階で陽性になったということなので感染イベントがあってそのイベントに遭遇してしまった方についての陽性者が広がっている」

この病院で1人目の感染者が発表された今月9日、91歳の母親を連れてこの病院を受診したという女性に話を聞くことができました。

(9日に受信した女性の家族)

「待合室に人が少なく3人しかいなかった。先生も(診察中)距離をとってくれて正面を向かずにデスクに向いて話すなど配慮してくれていた。不安でどういう行動をすればいいか考えると思う」

札幌呼吸器科病院から転院した患者ら2人の感染が14日までに確認された札幌市白石区の長野病院。新たに看護師1人の感染が確認されました。看護師は感染患者のケアにあたっていて14日、2回目のPCR検査で陽性反応が出たということです。

札幌呼吸器科病院をめぐっては、長野病院に転院した男性ら2人と看護師のあわせて3人が感染。また、北広島病院では転院後、感染が確認された患者が死亡し、15日新たに看護師2人の感染が確認されました。北広島病院によると、感染が確認された看護師2人は死亡した男性の担当看護師だったということです。病院では15日午後から今週いっぱいの予定で休診し、院内を消毒するとともに引き続き健康状態の確認を強化していくということです。
医療機関での感染拡大。札幌市では一度、陰性でも今後症状が出てくることも考えられるとして警戒を強めています。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・4月15日20:59配信【エフエム東京記者、新型コロナ陽性 国会や官邸内で取材】

エフエム東京は15日、報道情報センターで記者やデスク業務をしている40歳代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日夜にPCR検査で陽性と判明。7日には国会内で取材をしていた。

男性社員は比較的軽症で現在、自宅待機している。同社によると3日にのどの痛みで病院に行き、風邪の診断を受け、8日まで勤務を継続。同日夜37・5度の発熱があり、その後は自宅待機していた。保健所による発症認定は8日夜で濃厚接触者はいないという。

男性社員は7日、安倍晋三首相が緊急事態宣言について報告した衆院議院運営委員会を取材。同日夜、首相会見を音声中継していた、首相官邸の記者会見室に立ち寄ったという。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・4月15日21:18配信【新たに10万円給付、政府検討 公明「一律」、補正修正要求 自民拒否、コロナ対策】

政府は15日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加経済対策として、国民1人当たり10万円の現金給付を実施する検討に入った。

先に発表した「30万円給付」に与党内で不十分だとの批判が強いことを踏まえた対応。政府・自民党は2020年度補正予算案を来週成立させた後に、2次補正の調整を本格化させる方針だ。公明党は所得制限を設けないよう主張した上で、10万円を速やかに支給するため、補正の修正を要求した。

新たな現金給付をめぐり、自公両党の幹事長と政調会長は15日、国会内で断続的に会談。公明側は、収入が減少した世帯向けの30万円給付が盛り込まれた補正予算案を修正し、「国民一律10万円給付」と置き換えるよう求めた。自民党は受け入れず、平行線に終わった。

自公協議に先立ち、安倍晋三首相は15日、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会い、政府の緊急事態宣言を踏まえた追加対策をめぐり協議した。山口氏は、所得制限なしで現金10万円を国民に給付するよう要請。首相は「20年度補正予算案を速やかに成立させた上で、方向性を持ってよく検討したい」と前向きな考えを伝えた。

この後、首相は山口氏に電話し、自公の政調会長間で協議するよう要請。山口氏は補正に関し、「30万円給付を外して一律10万円給付を組み入れるべきだ」と主張し、首相は「それも含めて協議してほしい」と応じた。

自民党の二階俊博幹事長は14日、記者団に対し、国民1人当たり10万円を給付するよう政府に求める見解を表明。この際、所得制限を設ける考えを示したが、側近は「こだわっていない。みんなにとにかく早く配る」と修正した。

菅義偉官房長官は15日の記者会見で「政府としては与党の意見を踏まえ、緊密に連携しながら政策をつくっていくのは当然だ」と述べた。

政府は、収入減少世帯に30万円を支給する「生活支援臨時給付金」を先に取りまとめた緊急経済対策に盛り込み、5月中の支給開始を目指している。ただ、対象世帯がかなり絞り込まれることに、与野党から不満が噴出した。

一方で、国民一律に10万円を配ると、単純計算で総額は12兆円超。財源をどう捻出するかや迅速に支給できるかが課題となる。高額所得者まで対象に入ることに反発が出るのも確実だ。 

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・4月15日22:11配信【首相夫人、3月に大分旅行か 週刊文春報道】

安倍晋三首相の昭恵夫人が国内で新型コロナウイルス感染が拡大していた3月中旬、大分県を旅行していたと週刊文春が15日、ウェブサイトで報じた。昭恵氏は3月下旬にも知人らと桜の下での集合写真が週刊誌で報じられており、危機感が薄いと批判が強まりそうだ。

週刊文春記事によると、昭恵氏は3月15日に約50人の団体ツアーと共に大分県宇佐市の宇佐神宮を参拝。ツアーの主催者に「コロナで予定が全部なくなったので、どこかへ行こうと思っていた」と連絡し、参拝に合流した。参拝以外のツアーには参加していないという。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・4月15日23:40配信【テレビ朝日「報ステ」スタッフ2人がコロナ感染】

テレビ朝日は15日、ニュース番組「報道ステーション」内で、同番組の40代のチーフプロデューサーの男性と男性スタッフの2人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。

同番組ではメインキャスター、富川悠太アナウンサー(43)の感染が判明している。テレビ朝日によると、チーフプロデューサーは10日からせきの症状があり、12日に病院を受診。男性スタッフは11日に高熱が出て受診したところ、軽度の肺炎と診断された。2人とも15日にPCR検査で陽性と確認された。2人は富川アナの濃厚接触者で、外部の人との接触はほぼないという。

さらなる感染拡大を防ぐため、同社は17~19日、東京・六本木の本社を封鎖して全フロアの消毒を行うことを決めた。生放送に対応する一部社員以外の出入りを原則禁止とするという。

番組では入院中の富川アナの感染発覚までの経緯も説明され、「すぐに平熱になったことから発熱を軽視してしまい、出演をつづけたことを深く反省しています」などとする富川アナのコメントも読み上げられた。

・・・・・・・・・・・・・・・

WHOのテドロス事務局長は2009年に流行した新型インフルエンザより新型コロナウイルスのほうが致死率が10倍高いと真顔で言い放ちました。

えっ?

終息の兆しが見えぬと分かるや否や今度は致死率10倍?患者の隔離などを徹底するよう各国に呼びかけ?

当初、渡航規制をかけようと動いていた各国の対応を非難していた方が今さら「隔離」を徹底するよう呼びかけるとは、首を傾げたくなります。

ちなみにトランプ米大統領は14日、WHOの新型コロナウイルスへの対応の過ちを検証する間、資金拠出を停止するよう指示したと発表。

これまでのテドロス事務局長の発言?失言?の数々を考えるとそれはそれで仕方ないかなという気がします。

コロナウィルスが終息した後にテドロス事務局の辞任はやむを得ないでしょうね。

それはそうと・・・僅か1日で「セクシーキャバクラ」の異名を得ることになった立憲民主党の高井崇志衆院議員ですが、この人何考えているんでしょうね。

新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言発令後に国会議員自ら歌舞伎町に学術研究にでも出向かれたのでしょうか?

国民に対し自粛自粛とお願いするなかいくら何でもセクシーキャバクラは・・・・・笑えません。

このような弛んだ議員さんはとっとと議員辞職すべきですね。

議員さんには最低限のモラルが必要です。

国会議員に限らず議員と呼ばれる方々はそれなりの節度を持ち政治活動に邁進していただきたいと思います。

えっ?
流れ的にはセクシーキャバクラの話から鹿児島の議員のスキャンダラスな話に行くのではないか?と期待した?

ややこしい話はそのうちにということでご理解の程宜しくお願い致します。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

一律全国民に給付金を配り公共交通機関を運休にして、夜間外出自粛令を出し、日中のお店は営業にすれば、確実に人の動きは減り、買い物パニックも起きず、濃厚接触場面も減る。公共交通機関を運休にしない限り、会社は休めない。公共性の高い職種の人達は、普段から自家用車通勤をしていて、公共交通機関を運休しても、然程影響は無い。財源は政党交付金と各政党の内部保留政党交付金。
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR