FC2ブログ

【新型コロナウィルス関連 5月8日〜5月10日分まとめ】回復患者の血漿投与で治癒 オーストリア・・アフリカで最大19万人死亡も 新型コロナでWHO警告・・都庁に侵入容疑、51歳の男を逮捕「コロナの給付金もらいにきた」・・自民・森山国対委員長「鹿児島は14日宣言解除へ」

【新型コロナウィルス関連 5月8日〜5月10日分まとめ】回復患者の血漿投与で治癒 オーストリア・・アフリカで最大19万人死亡も 新型コロナでWHO警告・・都庁に侵入容疑、51歳の男を逮捕「コロナの給付金もらいにきた」・・自民・森山国対委員長「鹿児島は14日宣言解除へ」

2020051015184767c.jpeg


《政治家関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

Click→→
鹿児島暴露クラブ・新型肺炎コロナウイルス関連 ・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・

ANNニュース・5月8日6:13配信【新型コロナ感染者 全国で一日100人を下回る】

東京都の7日の新型コロナウイルスへの感染者は23人でした。全国では96人で、一日の感染者数が100人を下回ったのは3月30日以来です。

東京都・小池百合子知事:「連休だったので、そのままの数字で受け止めていいか慎重に見極めたい」

東京都で新たに感染が確認されたのは23人で、そのうち感染経路が分からない人や調査中の人は15人でした。一日の感染者が30人を下回ったのは先月7日に緊急事態宣言が出てから初めてです。また、全国では96人の感染が確認されましたが、全国の一日の感染者が100人を下回るのも3月30日以来です。

・・・・・・・・・・・・・・・

ANNニュース・5月8日7:10配信【新型コロナ“抗体開発”北里大学などが成功】

北里大学などの研究グループが新型コロナウイルスの感染を抑える効果がある抗体を作製することに成功したと7日に発表しました。今後、この抗体を使った治療薬や検査薬の開発が期待できるということです。

抗体の作製に成功したのは北里大学、花王、イプシロン・モレキュラー・エンジニアリング社の研究グループです。

北里大学によりますと、新たに作製した抗体は新型コロナウイルスだけにくっつくき、ウイルスが人の細胞に侵入することを阻止して感染を抑制します。この抗体はアルパカの抗体から作られる「VHH抗体」と呼ばれるもので、温度変化などにも強く、低コストで生産が可能とされています。北里大学は「今回の成果は治療薬や検査薬の開発につながることが期待できる」としています。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・5月8日7:08配信【治療薬開発、急ぐ日本企業 アビガン先行 新型コロナ】

米製薬大手ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」が7日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として国内で初の承認を受けた。世界的な感染拡大で治療薬の開発競争は激化。巨額資金を投じる海外企業に交じり、日本企業も取り組みを急いでいる。

治療薬開発の主流は、レムデシビルのように別の治療目的で承認された抗ウイルス薬の転用だ。富士フイルム富山化学(東京)の抗インフルエンザ薬「アビガン」は、安倍晋三首相が「月内承認を目指したい」と表明。レムデシビルに続く承認が確実視される。

感染者への治療効果や安全性を確認する臨床試験(治験)は3月末に開始。政府の支援で国内の安定供給体制の確立も進める。ただ、副作用リスクのある妊婦に投与できないデメリットがある。

欧州で開発され、帝人ファーマ(東京)が国内製造販売元の「オルベスコ」はぜんそく向けの吸入ステロイド薬。クルーズ船患者への効果が報告され、研究が進んでいる。

抗ウイルス作用以外では、中外製薬の関節リウマチ薬「アクテムラ」が月内に治験開始見込みだ。炎症の原因物質の働きを阻害するといい、重症患者向け。同社は「年内申請を目指す」としている。

新規開発は武田薬品工業が着手した。昨年買収した欧州大手の技術を生かし、回復患者の血漿(けっしょう)中の抗体を活用して開発する。欧米勢と提携し、「血漿を効率的に集める」という。塩野義製薬は年度内の治験開始を目指している。

同社はワクチンも開発し、年内に治験を始めると表明。ワクチン開発では、田辺三菱製薬がカナダ子会社で取り組む。バイオベンチャーのアンジェスは7月の治験開始が目標だ。 

・・・・・・・・・・・・・・・

現代ビジネス・5月8日11:01配信【やっぱり中国は隠してる「新型コロナ」感染拡大はこうして起こった】

武漢のウイルス研究所に向けられる疑惑

『Fox News』や『The Washington Post』が、コウモリ由来の新型コロナウイルスは湖北省武漢の海鮮市場ではなく、武漢のウイルス学研究所から流出したのではないかと、米政府内で議論になっていると報じた。

その理由として、以下の3点を挙げている。

----------

1.感染者が出た当時は武漢の市場にコウモリはなかった。

2.2018年に適切に訓練された研究者と技術者の深刻な不⾜で安全性に問題があると警告していた。

3.コロナウイルスの危険な研究していた。

----------

科学雑誌『SCIENTIFIC AMERICAN』によれば、この研究所には雲南省などの洞窟にいるコウモリからコロナウイルスを採取していて、「コウモリ女」とあだ名される研究者がいると紹介されてるほどで、流出の条件としては揃っている。

余談だが、武漢の大学でコメの遺伝子組み換えを研究していたところ、研究室からそのコメが流出して、あっという間に中国南部に拡がったことがあった。

管理が非常に杜撰だったからだが、そんなことを考えるとウイルスの流出はあり得ない話ではない。ただ、いずれも直接証拠になるようなものはなく、どこまで信憑性があるかはわからない。

武漢ウイルス学研究所では、少数のコウモリコロナウイルスが培養されていたことは間違いないという。また、3の「コロナウイルスの危険な研究」とは、キメラウイルスを作ってマウスで実験をしていた(Nature Medicine)ことを指しているのだろう。

だから、ウイルスが研究所から漏れたという説は完全に否定できないのだが、かといって、自然界もしくは市場で売られているコウモリから感染したという説も否定できない。

ただ『The Washington Post』によると、実際、感染が始まった当時は武漢の市場にコウモリは売られていなかったそうである。

しかし、新型コロナウイルスは感染しても8割近くが無症状だということ考えれば、どこかで感染した人物が、知らないうちに周囲を感染させていたということも考えられる。

もちろん、研究所はウイルスが漏れたということは否定している。また、研究所が、新型コロナウイルスをサンプリングして、研究所が保管しているウイルスと比較してみたが一致するものがなかったという。

それでも、研究所から漏れたという説がいつまでもくすぶっているのは、中国がこの研究所を第3者に査察させないからである。

なぜパンデミックになったのかを知ることが、次のパンデミックを防ぐためには不可欠のはずだ。それゆえ、査察を受け入れないのは何かを隠しているのではないかと疑ってしまうのだろう。

新型コロナウイルスの系統図が教えるもの

武漢に出現したこの新型コロナウイルスが、中国から国外に出てパンデミックになるまで何があったのか。これまで海外で報じられてきたことを時系列にたどりながら検証してみたい。

それには格好の材料がある。「中国国家生物情報センター」というところが公開している新型コロナウイルスの詳細な系統図である。

武漢のウイルスが、ランダムにゲノムを変えながら、どのように世界中に広がっていったかを、全世界の新型コロナウイルスをサンプリングしながら、ウイルスの拡散と進化を追跡していったものだ。おそらく、1つのウイルスをここまで解析したのは初めてだろう。

この系統図とは別に、2月15日に中国の研究者が医学雑誌『THE LANCET』に発表した論文がある。おそらく論文公開に当たって、中国政府は深く関与したはずだから、重要なデータは隠されているはずで、それを承知で参照してみた。

この論文によると、新型コロナウイルスに感染した最初の患者が現れたのは12月1日だった。

新型コロナウイルスに感染した人物をXとするが、感染ルートについては何も書かれていない。ただ、武漢のシーフード市場とは関係がないとしている。この感染者は発熱や呼吸器に問題はなく、「その後の症例との間に疫学的関連は見られなかった」としているが、では、その後どうなったかについてはまったく触れていない。

市場と接触した感染者が現れるのは12月10日以降である。1月2日までに入院した患者は41名。そのうち27名(66%)が武漢シーフード市場にいたとしているが、残りの14名がどこで感染したかについてはわからない。ただ、疑惑の人物Xは14名の一人に含まれているようである。

また、武漢の病院には12月16日から入院記録はあるそうだが、おそらくその中に感染者Xも含まれているはずだが、まったく触れていない。

中国は隠し続ける

「中国国家生物情報センター」の系統図に現れる最初のウイルスは12月23日である。これが12月10日以降に市場で感染した患者のウイルスだろうか。では、12月1日に現れた最初の感染者のゲノムはなぜここにないだのだろう。

また『The Washington Post』によれば、当時、武漢シーフード市場ではコウモリを売ってなかったことや「中国は初期のコロナウイルスのサンプルをアメリカの専門家に提供していない」と書いている。12月1日のゲノムは「中国国家生物情報センター」の系統図にも載せていない。なぜ隠すのだろうか。

中国側の発表によると、原因不明の肺炎を発見したのは12月末で、30日には管轄の医療機関に緊急通達を出したとしていて、論文にある12月1日のことや、系統図にある12月23日にはふれていない。

台湾が、原因不明の肺炎は人から人へ感染していることをWHOに警告したのは12月31日。しかし、年が明けると、北京から専門家チームが武漢に派遣されてくるが、彼らは人から人へ感染させる明確な兆候は見られないと報告している。おそらくWHOにもこうした報告をしたのだろう。

しかし、先ほどの論文によれば「家族感染も1つ見つかった」としているから、すでに初期の段階で人から人に感染することは認識していたはずである。

たとえば、12月30日に「SARS(重症急性呼吸器症候群)の患者が7名いる」とSNAに発信して処罰を受けた李文亮医師は、「ヒトからヒトへ感染するということは明らかです」(『財新』)と語っている。北京から派遣されたような専門家が、なぜ嘘を報告しなければならなかったのだろうか。

全人代の前に騒ぎを起こすな

1月7日に習近平主席が「指示を出した」とされているが、どんな指示だったかは不明である。ただ翌日に「病原体は新型コロナウイルス」と断定したことを発表しているからこのことだろうか。これは、翌日に日本の新聞も報じている。

系統図を見ると、ウイルスは12月末から変異しながら複雑に分岐していくが、1月8日には、ついに国境越えてタイに感染が拡大している。

1月11日、上海公衆衛生臨床センターは、世界で初めて新型コロナウイルスのゲノムを公開したが、なぜかすぐに閉鎖され、関係者は姿を消したという 。

1月13日、タイで再び感染者が出た。そのことを内部報告によって知った「北京の指導者たちはパンデミックの可能性を認めた」という。翌日には関係者で電話会議が行われ「春節で多くの人が旅行するので感染の拡大のリスクが高い。パンデミックに備えなければならない」(いずれもAP通信)と確認したという。

それにもかかわらず、北京の指導者たちは動かなかった。おそらく3月5日から始まる予定だった全国人民代表大会(中国の国会に相当)の前に余計な騒ぎを起こすなという判断ではなかったか。

パンデミックで大勢の人が死ぬ可能性よりも、彼らには全人代をいかに成功させるかのほうが大切だったのだろう。1月下旬に当時の武漢市長が「私は(中央から)許可を得た後でなければ情報を開示できない」と語って驚かせたが、おそらく北京の最高幹部から公にしないように指示が出されていたと思われる。

そして1月19日、WHOのテドロス事務局長が「人から人への感染リスクは少ない」と発表して、世界中を安心させてしまった。

その翌日、習近平は「真剣に受け止めなければならない」と初めてパブリックコメントを出し、ウイルスは人から人へ感染させることを認めたが、すでにこの時点で中国国内では 3000人以上の感染者がでていた。

春節を契機に世界中に広まった

1月23日、ついに武漢は封鎖されたが、それ以外の人の移動が禁じられたわけではなかった。こうして春節を利用した何千万という中国人が世界に散っていくのである。

そして1月には、日本だけで97万人の中国人観光客がやってきた。結果的に彼らは日本中にウイルスをばらまいたというわけである。

この系統図では、日本でサンプリングしたゲノムが出てくるのは1月23日。まさしく春節に入る直前だった。まだ他国の出来事のように思っていた日本人の間で、静かに感染が広がっていたのである。

系統図から、1月中に各国でウイルスがサンプリングされた日を時系列に並べてみると、1月8日にタイ、1月13日タイとネパール→19日アメリカ→22日オーストラリア→23日フランス→25日台湾およびカナダ→27日カンボジアおよびインド→28日ドイツ→29日イタリア→30日韓国と広がり、春節をきっかけにしてウイルスが全世界にばらまかれたことがわかる。

2月6日、台湾が素早く中国人の入国を全面禁止したのは、中国が公表したデータを信じていなかったからだろう。北朝鮮は中国と似た国だから、本能的になにか隠しているとわかったのか、1月24日という早い段階で中国との国境を閉鎖している。

もし中国が、パンデミックの可能性を理解した1月13日、世界に向けて公表していたら、これほどのパンデミックにはなっていなかったし、少なくとも25万人(5月5日)もの命が奪われなくてすんだはずなのだ。

奥野 修司

・・・・・・・・・・・・・・・

AFP=時事・5月8日11:02配信【新型コロナ、回復患者の血漿投与で治癒 オーストリア】

【AFP=時事】オーストリア当局は7日、新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の複数の患者が、回復した患者から採取した血漿(けっしょう)を投与した後治癒したと発表した。

血漿治療法はいくつかの国で試験が実施されているが、その有効性に関する医学的データはほとんどない。

同国南東部グラーツ(Graz)にある病院の感染症専門医ロベルト・クラウゼ(Robert Krause)氏は記者会見で、同院で血漿を投与された患者3人が回復したと明らかにした。

しかし、「厳選された患者を対象とした選択肢の一つ」であり、新型コロナウイルス感染者全員に「容易に投与はできない」と述べた。

回復した3人のうち2人は別の疾患があり、免疫系が非常に弱っていたという。

この治療法は、新型コロナウイルス感染症患者から採取した、回復期血漿と呼ばれる抗体が豊富に含まれる血液の一部を用いる。オーストリアではこれまでに20人がこの治療を受けた。

赤十字(Red Cross)は7日、実験段階にある血漿治療法の試験の拡大を目指し、血漿の提供を呼び掛ける運動を急きょ開始した。オーストリアでは、これまでに約200件の提供があった。

回復期血漿は、エボラ出血熱や重症急性呼吸器症候群(SARS)を含む感染症の治療に効果があることが複数の小規模研究で証明されている。

新型コロナウイルス感染症に対する血漿治療法は、フランス、米国、スイス、中国などでも認可されている。【翻訳編集】 AFPBB News

・・・・・・・・・・・・・・・

STVニュース北海道・5月8日19:01配信【新型コロナウイルス】【北海道は新たに6人感染確認1人死亡 札幌の感染者数は2日連続1桁(北海道)】

北海道では8日、札幌市の4人を含む新型コロナウイルスの感染者が6人確認され札幌市の80代の女性が亡くなりました。札幌市では2日続けて感染者が一桁となっています。

札幌では8日、新たに介護老人保健施設の茨戸アカシアハイツで80代と90代の入所者の女性の感染が確認されたほか、これとは別に30代の男女2人が感染していたことが判明しました。札幌市が8日発表した感染者は4人で2日続けて一桁となり、8日は感染経路が分からない感染者はいませんでした。

(札幌市の担当者)
「よい傾向だが決して安心できない。少なくとも1、2週間は経過を見ないと」
また、札幌市では治療中だった80代の女性が亡くなり、石狩管内では60代の女性と40代の男性の感染が新たに確認されていて、道内の感染者は934人死者は48人となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・5月8日19:28配信【アフリカで最大19万人死亡も 新型コロナでWHO警告】

【キンシャサAFP時事】世界保健機関(WHO)は7日、アフリカで新型コロナウイルスの感染封じ込めに失敗した場合、1年間で最大4400万人が感染し、19万人の死者が出る恐れがあると警告した。

WHOの声明によると、アフリカ47カ国の人口計10億人を対象にした予測では、2900万~4400万人が感染し、8万3000~19万人が死亡する可能性がある。

アフリカでは欧米などのような急激な感染拡大には至っていないが、WHOのモエティ・アフリカ地域事務局長は「地域の多くの政府が積極的に取り組まなければ、新型コロナは今後数年間、われわれの生活の一部になる恐れがある」と指摘した。

・・・・・・・・・・・・・・・

KYT鹿児島読売テレビ・5月8日20:09配信【鹿大病院でPCR検査実施へ(鹿児島県)】

新型コロナウイルスのPCR検査が全国で進んでいないことが問題となっているが、新たに鹿児島大学病院でも検査が行われることになった。

これは8日の定例会見で三反園知事が明らかにしたもの。

県内でPCR検査ができるのは4か所で1日最大105件を見込んでいる。新たに検査が始まる鹿児島大学病院では最大10件の検査を行い、今後は県内5か所、1日最大で115件の検査ができるようになる。

PCR検査を巡っては霧島市も独自に行うことを発表していて、1日最大20件を目指している。

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月8日21:14配信【休業要請、10県が全面解除 一部は18県、継続4県】

都道府県の休業要請を巡る動き

新型コロナウイルス感染症の重点対策が必要な13の「特定警戒都道府県」以外の34県のうち、事業者への休業要請を全面的に解除する方針の自治体が10県に上ることが8日、分かった。

人が密集して感染リスクの高い施設などを除いた一部解除は18県。休業要請を当面継続するのは4県で、岡山、徳島の2県は休業要請を実施していない。内閣官房の7日時点の集計を基に、共同通信が自治体の8日の発表などを反映させた。

政府は4日、緊急事態宣言の延長に合わせ基本的対処方針を改定。感染抑制地域での休業要請緩和を部分的に容認。これを受け、自治体に経済活動の再開に向けた動きが広がっている。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・5月8日23:45配信【国内の死者600人超える 感染確認は新たに90人】

新型コロナウイルスの感染者は8日、午後9時時点で90人が新たに確認され、国内の感染者は計1万5676人となった。死者は16人増え、606人となった。

東京都では新たに39人の感染が確認され、3日連続で50人を下回った。新たな感染者には山田記念病院(墨田区)の医療従事者5人が含まれているという。都内の死者は11人で、このうち3人が集団感染が起きた永寿総合病院(台東区)の入院患者だった。これで亡くなった同病院の患者は、少なくとも40人となった。

大阪府では10人の感染が新たにわかり、このうち3人は東大阪市の牧野病院の医療従事者だった。集団感染が発生している千葉県市川市の介護老人保健施設「市川ゆうゆう」では、新たに30代の男性職員1人の感染が判明。同施設関連の感染者は計23人となった。

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞社・5月8日23:56配信【新型コロナ】【熊本地域医療センターの技師感染 県内47人目】

熊本市は8日、同市中央区の熊本地域医療センターに勤務する20代の男性臨床検査技師(東区)が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で感染が確認されたのは4月26日以来、12日ぶりで、計47人(うち同市39人)となった。

同センターで感染が確認されたのは、看護師2人と臨床検査技師に続き4人目。センターは検査を受けた患者や職員ら約300人の陰性を確認し、7日に一般外来や救急受け入れなどの業務を再開したばかりだった。市によると、センターは9日午前中に今後の対応を決めるという。

市によると、男性技師は4月24日の検査で陰性を確認。5月3~4日に発熱の症状があり、5日に市内の医療機関を受診。その後、熱が下がったため、7日の午前中に1時間半勤務した。8日に同センターを受診し、PCR検査で陽性が判明した。

男性技師は、センターで4月23日に感染が確認された50代の女性臨床検査技師と同じフロアで勤務しており、市は濃厚接触により感染したとみている。今後、女性臨床検査技師と接触した7人の経過を観察する。

会見した大西一史市長は「地域医療センターで集団感染につながらないよう、万全な対策を取ってもらいたい」と強調した。(臼杵大介、久保田尚之)

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞・5月9日6:53配信【〈速報〉重症の70代医師が死亡 熊本県内3人目 新型コロナ感染】

熊本市は9日、新型コロナウイルス感染症で、球磨病院(人吉市)に勤務していた東区の70代男性医師が同日午前に死亡したと発表した。県内で感染が確認された患者が死亡したのは3人目。

熊本市によると、男性は4月11日にPCR検査で陽性と判明し、市内の感染症指定医療機関に入院。約1カ月間、集中治療室(ICU)か人工呼吸器による管理が必要な重症の状態が続いていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

NNNニュース・5月9日7:03配信【米副大統領の報道官が感染 WHで相次ぐ】

アメリカのペンス副大統領の報道官を務める女性が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。ホワイトハウスでは、大統領の身の回りの世話をするスタッフにも感染者が出たばかりでした。

感染が判明したのは、副大統領担当のケイティ・ミラー報道官で、8日に陽性反応が出たということです。ホワイトハウスは、「最近、大統領とは接触していない」と説明していますが、副大統領との接触については明らかにしていません。

ただ、副大統領のスタッフには多くの濃厚接触者がいたとみられ、この日、出張に向かった副大統領の専用機からは、搭乗済みだった6人が、急遽降ろされ出発が1時間以上遅れる場面もありました。

感染が確認されたミラー報道官の夫は、トランプ大統領のスピーチライターを務める側近でもあります。

ホワイトハウス内では、トランプ大統領の身の回りの世話をするスタッフの感染が7日に確認され、大統領と副大統領は、毎日検査を受ける方針を決めたばかりでした。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・5月9日9:47配信【都庁に侵入容疑、51歳の男を逮捕「コロナの給付金もらいにきた」】

東京都庁に侵入したとして、警視庁新宿署は8日夜、自称大阪府の職業不詳の男(51)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕した。

新宿署幹部によると、男は8日午後8時過ぎ、新宿区の都庁本庁舎1階にある職員通用口ゲートを乗り越え、同庁舎に侵入した疑い。そのまま31階に移動し、新型コロナウイルス対応などにあたる福祉保健局のフロアで「金がなくなったので来た」などと大声で騒ぎ、駆けつけた警察官に取り押さえられた。

調べに対し、男は「コロナの給付金をもらいにきた」などと供述しており、同署は都庁を訪れた経緯を調べている。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・5月9日9:24配信【イタリアのコロナ死者3万人超える 米英に続き3カ国目】

イタリア政府は8日、新型コロナウイルスに感染して死亡した人が、前日より243人増えて3万201人になったと発表した。死者が3万人を超えたのは、米国、英国に次いで3カ国目。感染者数は前日より1327人増の21万7185人で、このうち9万9023人はすでに回復している。集中治療室にいる人数は4月3日の4068人をピークに減り続け、1168人となった。

一方、イタリアの国家統計局は今月4日、同国内の死者数が、新型コロナの感染が急拡大した今年2月20日~3月末までの間、2015~19年の同時期の平均人数より約2万5千人多かったと発表した。

3月末時点の新型コロナによる死者数は1万2428人。残りの約1万3千人の中には検査を受けずに亡くなり、新型コロナによる死者数にカウントされなかった人がいるとみられる。

感染が集中した北部ベルガモ県では死者数が6238人に上り、15~19年の平均人数の5・3倍に達した。(ローマ=河原田慎一)

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞・5月9日11:53配信【熊本県感染症情報】【感染気付かず広めるケースも 梅毒増加傾向続く】

4月27日~5月3日の県感染症情報によると、梅毒の患者1人の報告があり、今年の累計は38人となった。過去5年で患者数が最多だった2019年(累計135人)と同様のペースで増加している。感染に気付かず広めてしまうケースも多く、県健康危機管理課はコンドームの使用や早めの受診を呼び掛けている。

梅毒は性的接触で感染。感染部位にしこりができたり、股の付け根のリンパ節が腫れたりする。放置すると体に赤い発疹[はっしん]が出て、皮膚や骨などに腫瘍が発生することも。妊婦が感染した場合、胎盤を通じて胎児も感染し、死産や早産、奇形が起きることもある。

同課によると、梅毒は13年から全国的に増加傾向にあり、県内は17年から急増している。男性は20代~70代、女性は20代~40代に多いという。

全医療機関に報告義務がある感染症は、梅毒のほか、侵襲性肺炎球菌感染症、百日ぜきが各1件だった。(深川杏樹)

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月9日9:50配信【抗原検査キットを13日に承認 15分判定、週20万件分供給へ】

政府は9日、新型コロナウイルスを患者の検体から15~30分で検出する「抗原検査」のキットを13日に薬事承認する方針を固めた。PCRによる検査が数時間かかるのに対し、医療現場で短時間で判定が可能になるため、検査態勢の強化に貢献しそうだ。当面、週20万件分が供給可能だ。ただ精度はやや劣るため、陰性が出た場合は、念のためPCRによる検査を実施する見通しだ。

承認と同時に保険適用とすることも決めた。

開発した「富士レビオ」(東京)が4月に申請していた。同社広報は需要状況に応じて生産規模の拡大を検討するとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・

北海道ニュースUHB・5月9日17:23配信【北海道"死亡後に2人"コロナ判明…まだ続くクラスター感染は5人増加 再び感染者2桁945例に】

北海道は5月9日、新たに新型コロナウイルスの感染で死亡した1人と感染した8人の詳細を発表しました。

死亡したのはクラスターが発生している千歳市の千歳第一病院の入院患者で、死亡後に陽性と判明しました。

この病院と遠軽町の遠軽厚生病院をあわせ新たに5人の感染が確認されました。
詳細は以下の通りです。

■千歳第一病院
・千歳市:20代女性 看護師
・90代女性(5月8日死亡)
 この女性は4日に発熱や肺炎などの症状が出て、7日に検体を採取し8日に死亡。9日死亡後に陽性と判明しました。
 
千歳第一病院での感染は45人となりました。

9日には、札幌市北区の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」の80代男性も死亡後にコロナ感染が判明しています。

■遠軽厚生病院
・オホーツク地方:20代女性 医療スタッフ
・オホーツク地方:20代女性 医療スタッフ
・オホーツク地方:30代女性 医療スタッフ

遠軽厚生病院での感染は17人となりました。


【そのほかの感染者情報】
・江別市:70代女性(中等症)
・千歳市:20代男性 病院職員(千歳市民病院勤務)※千歳市民病院の感染は4人目
・千歳市:70代男性(職業非公表)

新たに判明した8人の感染経路は不明です。

9日は、北海道内で3人死亡、感染者は札幌市2人、小樽市でも1人の感染者が確認されています。
北海道内での感染者は8日に25日ぶりに1桁になりましたが、再び11人と2桁になりました。

北海道の感染は945例です。

・・・・・・・・・・・・・・・

MBCニュース・5月9日18:02配信【自民・森山国対委員長「鹿児島は14日宣言解除へ」】

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で続く中、自民党の森山裕国会対策委員長は9日、鹿児島県は今月14日に宣言が解除される見通しを示しました。

緊急事態宣言については、西村経済再生担当大臣が7日、鹿児島など新規の感染者が1週間続けて発生していない県については、今月14日をめどに解除することを示唆していました。

9日鹿児島市で取材に応じた自民党の森山裕国会対策委員長は、今月14日に安倍総理が国会に新たな考え方を示した上で、夕方には記者会見を開く方向で準備が進んでいることを明かし、鹿児島県も14日に緊急事態宣言が解除される見通しを示しました。

県内では新型コロナウイルスの感染を確認するためのPCR検査が8日までに延べ1446件行われていて、これまでに10人の感染者が確認されていますが、先月20日を最後に感染者は確認されていません。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月9日19:09配信【80代女性が再陽性 2回の検査で陰性、症状が再度悪化か】

横浜市は9日、新型コロナウイルスに感染した80代女性が2回陰性と確認された後、再び陽性となったことを明らかにした。これまで市内では430人以上が感染しているが、再陽性が確認されたのは初めて。

この女性は市内のグループホームに入所していた4月中旬、感染した別の入所女性の濃厚接触者としてPCR検査を受け、陽性と確認された。無症状だったため、入院せずに同ホーム内で療養。同月24日と5月1日に行った2回の検査で、いずれも陰性となった。

ところが、2日になって発熱やせきなどの症状がみられたため、同日に市内の病院に入院し、再びPCR検査を実施。5日に陽性と判明したという。

市の担当者は「高齢者はウイルスが減っていく速度が遅い。別の経路で再度感染したということではなく、症状が再び悪化したとみられる」としている。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・5月9日19:59配信【福岡県で新型コロナ2人確認、計653人】

福岡市は9日、新型コロナウイルスの新たな感染者が2人確認されたと発表した。福岡県内の感染者数は計653人となった。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・5月9日22:14配信【警察官感染、30人超が自宅待機 横浜市初の再陽性も 新型コロナ】

神奈川県で、新型コロナウイルスの感染者が8人確認されたほか患者1人が死亡し、9日に横浜、川崎の両市が発表した。感染者には、同県警の警察官や、横浜市内で初となる、陰性となった感染者の再陽性の事例も確認された。

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月10日6:49配信【世界で感染者400万人超す 新型コロナ、勢い衰えず】

【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が9日、世界全体で400万人を超えた。欧米での被害が依然深刻だが、南米や中東でも増加傾向にあり、感染拡大の勢いは衰えていない。死者は約28万人に上りさらに増え続けている。

感染者は、中国で最初の症例が報告されてから約3カ月後の3月26日に、世界全体で50万人を超え、その後はほぼ1週間ごとに50万人が増える状態が続いてきた。今回は5日で50万人増と、ペースが上がった。

この間、感染の中心地は欧州から米国へと移った。米国は世界最多の130万人の感染者が確認されている。

・・・・・・・・・・・・・・・

くるまのニュース・5月10日7:30配信【「自動車税」納付困難者に特例措置で1年延長も 「徴収猶予」「分割納付」の手続き方法とは】

延滞金なしで納付期限が1年延長へ

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から、車検期間の延長や変更登録、抹消登録などの登録手続きにさまざまな配慮がなされています。

しかし、自動車税の納付期限は例年通り「5月末または6月1日」(青森県と秋田県は6月末)となっているため、コロナ禍の影響で納付期限までに自動車税を納めるのが困難な人もいるかと思います。

自動車税の納付に関して何らかの救済措置はないのでしょうか

「自動車税」納付困難者に特例措置で1年延長も 「徴収猶予」「分割納付」の手続き方法とは

コロナ禍の影響で自動車税の徴収猶予や分割納付が可能

東京、神奈川、千葉など首都圏各都県税事務所の自動車税担当部署に電話をして聞いてみたところ、意外な救済措置がありました。

コロナ禍によって収入が低下し、5月末または6月1日を期限とする自動車税の納付が困難な人に対しては、おもな救済措置として「徴収猶予」と「分割納付」があります。

まずは、「徴収猶予」については下記のようです。

・収入がおおむね20%以上減った人が受けられる特例措置
・徴収猶予が承認されると、納付期限が1年間延長される
・延滞金はつかず、通常の税額のままで増額などはなし

つまり、収入が減って自動車税の納付が期限までに困難な人に対する、事実上の「期限延長」になる特例措置があるのです。

ただし、申請をして承認された場合のみの適用なので、収入が2割以上減った人に対して「一律に猶予」されるということではありません。

収入が減ったことを証明するには、前年同月比で売上の減少が分かる書類や帳簿、給与所得者であれば給与明細などの提出でもOKとのことでした。

また、学生でクルマを所有している場合、アルバイトの収入でも20%以上減っていれば「収入の減少」として認められます。

徴収猶予を申請したい場合は、都道府県税事務所に電話をして方法を確認してください。各自治体の公式サイトなどから申請書をダウンロードできる場合もあります。

都道府県によって申請や承認の手順や必要日数などは異なりますが、首都圏の県税事務所では、徴収猶予に関わる手続きをすべて郵送でおこなう場合、自宅に申請書が届くのが5月末として、そこから必要事項を記入して返送→審査を経て承認→「徴収猶予許可通知書」を入手するまでに、1か月以上の時間がかかる場合があるとのことでした。

早く「徴収猶予許可通知書」を入手したい人は、県税事務所の窓口に行って申請することをお勧めします。

分割納付も可能だが、車検を受ける場合は要注意!?

もうひとつの救済措置は、自動車税を分割で納付する方法です。

自動車税は原則として一括での納付となりますが、一括では難しいという場合にはほかの地方税と同様に、分割で納付する方法もあります。

「自動車税」納付困難者に特例措置で1年延長も 「徴収猶予」「分割納付」の手続き方法とは

徴収猶予に比べると手続きが簡単で、収入減少を証明する書類などの提出は必要ありません。

住まいのある都道府県税事務所の自動車税担当部署に電話をして分割納付をしたいことを口頭で告げます。その際、自動車税の納付通知書を手元に用意しておくとスムーズです。

電話口では「分割納付の計画」を聞かれますので、「6月から8月末まで毎月1万円ずつ」などの、納付の計画を伝えましょう。

分割の回数は、だいたい3回程度が一般的とのことでしたが、事情によってはそれ以上の回数でも可能となる場合もあるようです。担当者に相談をしてみてください。

なお、分割納付の場合は徴収猶予と違って、延滞金はついてしまいます。延滞金が付き始める時期は自動車税の税額がベースとなります。

自動車税が高ければ高いほど、1000円以上の延滞金が早く付き、低額であるほど遅く付くことになります。

自家用乗用車の最高自動車税額は12万7000円(排気量6リッター超で自動車税11万1000円に15%の重課となった場合の税額。端数切捨て)で、この場合1000円の延滞金がつくのは7月24日からとなりますが、1,5リッターから2リッター未満の自動車税(重課ナシ)3万9500円では10月5日からとなります。

一方で、継続検査(車検)を受ける際には、自動車税を納めていることを証明する納税証明書の提出(または納税していることの確認)がマストです。

徴収猶予期間や分割納付をおこなっている間に車検の満了日が来た場合はどうなるのでしょうか。

これについては、2020年5月7日に総務省自動車税制企画室から、各都道府県/市区町村税務担当課にあてた、「徴収猶予期間中における自動車税種別割及び軽自動車税種別割に係る証明書の取扱いについて」というタイトルの事務連絡のなかで、次のように示されています。

「徴収猶予の特例を適用されている期間中に、対象車両の継続検査(車検)を申請する場合、徴収猶予の特例の適用を受けている旨の証明書の提示が必要となるため、納税者からの求めに応じ交付する必要があります」

つまり、徴収猶予が適用されて自動車税を納めていない状態で車検を受ける場合も、納税証明書に代わる「徴収猶予許可通知書」(「納付書番号等」欄に自動車登録番号又は車両番号、もしくは車台番号が記載されていることが必須)が交付されるので問題なく車検を受けることができるというわけです。

しかし、分割納付の場合はこのような特例措置がないので、車検を受けるときまでに全額を納付しておく必要があります。

加藤久美子

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・5月10日9:43配信【ブラジル、コロナ死者1万人超え 大統領は記者をばか扱い】

【サンパウロ共同】ブラジル保健省は9日、国内の新型コロナウイルス感染者が15万5939人、死者が1万627人に達したと発表した。いずれも中南米最多。感染者数は世界で7番目、死者数は6番目に多い。

このような中、新型コロナ感染症を「ただの風邪」と呼ぶ右翼ボルソナロ大統領は9日にブラジリアの公邸で大規模なシュラスコ(焼き肉)パーティーを行うと記者団に予告していたが、ツイッターで「フェイク(作り話)」だったと述べ、批判的な記事を書いた記者らをばか呼ばわりした。

大統領は、率先して規制を無視し感染拡大に無頓着な姿勢を貫いている。

・・・・・・・・・・・・・・・

AFP=時事・5月10日14:26配信【トランプ氏のコロナ対応は「大惨事」 オバマ前米大統領が批判】

【AFP=時事】バラク・オバマ(Barack Obama)前米大統領は8日夜、前政権メンバーらとの個人的なチャットの中で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の新型コロナウイルス対応を「全くの混乱を招いた大惨事」だと厳しく批判した。

チャットの中でオバマ氏は、ロシア疑惑をめぐり米連邦捜査局(FBI)への偽証を認めていたマイケル・フリン(Michael Flynn)元大統領補佐官(国家安全保障担当)の起訴取り下げを司法省が決定したことが、米国の法の支配を脅かしているとの懸念も表明。

また、11月の大統領選に向けて、民主党候補指名を確実にしたジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領を共に支持するよう前政権メンバーらに呼び掛けた。

米ヤフーニュース(Yahoo News)が最初に入手したこのチャットの音声によると、オバマ氏は、「われわれが闘っているのは、自己中心的で仲間を優先し、分裂して他者を敵視する長期的な傾向だ。それは米国人の生活の中でより強い衝動となっている」と語った。

また、新型コロナウイルスの感染拡大の対応について、「政府が極めて有能でも、うまくいかなかっただろう。『自分にとってどのような利益があるか』や『他人のことなど構わない』という考え方が政府でまかり通る時、(コロナ対応は)全くの混乱を招いた大惨事となる」と述べた。

米国の感染者数は世界最多の約130万人で、死者数は7万7000人超に上っている。

トランプ氏は、この危機的状況で国を導く役割を基本的に放棄したと批判されており、感染拡大への対応は各州に任せられ、医療物資の調達で州同士が競合する状況さえある。

トランプ氏は再選をにらんで人命より自身の政治的利益を優先させているとの非難もある。同氏は経済活動の再開を各州に強く求めているものの、ウイルス感染への安全策は明確に提示していない。【翻訳編集】 AFPBB News

・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・5月10日20:10配信【新たに70人の感染確認、計1万6537人に 死者646人 新型コロナ】

新型コロナウイルスの感染者は10日、全国で新たに70人が確認された。クルーズ船の乗客乗員を含む国内の感染者数は計1万6537人。死者は9人増えて646人となった。東京都で新たに判明した感染者は22人で、1日の感染者数としては4月以降最少となった。

厚生労働省は全国の退院者数をこれまでの独自集計から、各自治体の公表人数を足して集計する方法に変更した。感染者の増加により状況の把握が難しくなったため。これに伴い「退院・療養解除者」として新たに発表された人数は8778人(クルーズ船含む)だった。【まとめ・斎川瞳】

・・・・・・・・・・・・・・・

ABCテレビ・5月10日20:53配信【神戸労災病院で院内感染か 患者と看護師の計3人感染 新規外来を当面取りやめ】

兵庫県では新たに5人の新型コロナウイルスの陽性患者が確認されました。

そのうち1人は、神戸労災病院に勤める50代の女性看護師です。この病院では、別の疾患で入院していた男性患者2人(50代と90代)が新型コロナウイルスに感染していたこともわかりました。病院ではこれまで軽症の陽性患者を数人受け入れてきましたが、一般患者と建物を分けるなどの措置をとっていなかったということです。神戸労災病院は9日から当面の間、新たな外来の受け入れなどを取りやめています。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・5月10日20:54配信【制限緩和したばかりの韓国、集団感染が発生…ソウル繁華街の複数ナイトクラブ発端】

【ソウル=建石剛】韓国政府は10日、ソウルのナイトクラブを訪れた客を中心に新型コロナウイルスの集団感染が発生し、これまでに54人の感染を確認したと発表した。韓国では、ウイルスの感染拡大が抑制されたとして今月6日に制限が緩和されたばかりで、「出口戦略」の難しさが浮き彫りとなった。

集団感染は、ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)にある複数のナイトクラブが発端となった。今月6日に20歳代の男性客の感染が最初に確認され、行動を調べたところ、2日未明、ナイトクラブを訪れていたことが判明。それぞれの店の客を中心に、次々に感染者が確認された。

・・・・・・・・・・・・・・・

新型コロナウィルス関連 5月8日〜5月10日分まとめ

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で続く中、幸いなことに鹿児島は先月20日を最後に感染者は確認されていません。

新規の感染者が1週間続けて発生していない県については、今月14日をめどに解除するとの話がありましたが、この調子で行くと鹿児島も14日に緊急事態宣言が解除される公算が高いですね。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

不要不急って意味知ってる⁈ 森山裕先生。

せめて、アベノマスク持って来てくれればよかったのに 森山裕先生。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そう言えば

そう言えばマスクどうなったんでしょうねぇ〜
アベノマスク

県境またいだ移動の禁止要請出してる知事の、たかが事務所開きに来るかなー。  な!! 前回に続き 二期連続、森山裕先生は 三反園さんを推薦って事よ。

Re:名無しさんへ

県連が現職推薦決めたということはそういうことになりますね。
知事選は現職がこのまま逃げ切りの公算が強くなってきました。涙

鹿児島暴露クラブ 管理人
7ドラゴン

伊藤前知事イチオシ⁇ 連合鹿児島が 伊藤前知事推薦すれば 楽勝 です。連合鹿児島とは、社民・民進・国民系労働組合です。主力組合は、原発推進派の九州電力労働組合・自治労鹿児島・私鉄総連系南国交通労働組合・鹿児島交通労働組合とか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

日本共産党 平良県議、鹿児島県知事選挙出ないのかよ 笑 笑 笑 。 党員 可哀想すぎるぞ!

↑あれ、 これも自主規制なのか? 規制厳しくない⁈

Re:名無しさんへ

出来る限りコメントは承認するようにしていますが、ブログ運営会社からクレームのつく恐れのあるコメントは今後承認致しませんのでその旨ご理解宜しくお願いします。

7ドラゴン

Re:自主規制?

明らかに事実誤認であるコメントは名誉毀損の対象となるため、ブログ管理人サイドとしては承認出来ないコメントもありますよ。
ご指摘の件については確認済みです。
仮に学歴に異議があるのであれざ直接問い合わせさてみてはいかがでしょうか?

鹿児島暴露クラブ 管理人
7ドラゴン
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR