fc2ブログ

【新型コロナウィルス関連 6月14日〜6月19日分まとめ】PCR検査増員、ミス再発防止へ 熊本市・・大島病院にPCR検査機導入へ 鹿児島県、1時間弱で判明・・県またぐ移動 19日“解禁” 安倍首相表明 入国制限緩和も・・東京で41人コロナ感染 「夜の街」関連は10人

【新型コロナウィルス関連 6月14日〜6月19日分まとめ】PCR検査増員、ミス再発防止へ 熊本市・・大島病院にPCR検査機導入へ 鹿児島県、1時間弱で判明・・県またぐ移動 19日“解禁” 安倍首相表明 入国制限緩和も・・東京で41人コロナ感染 「夜の街」関連は10人

20200418204829348.jpeg


《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

Click→→
鹿児島暴露クラブ・新型肺炎コロナウイルス関連 ・過去記事一覧

Click→→
鹿児島暴露クラブ・鹿児島県 ビルメンテナンス業界編 ・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・6月14日14:28配信【米の病院、コロナ治療で1億円超請求 2カ月入院の70歳男性に】

【ワシントンAFP時事】新型コロナウイルスに感染し、米西部ワシントン州の病院に2カ月余り入院した男性(70)が、110万ドル(約1億1800万円)を超える治療費を請求された。

地元紙シアトル・タイムズが13日報じた。

同紙によると、男性は3月4日に入院し、一時危篤状態に陥ったものの回復して5月5日に退院したが、受け取った請求書は181ページにも及んだ。請求額は計112万2501ドル。内訳は、集中治療室代が1日9736ドル、29日間の人工呼吸器代8万2000ドルなど。 

・・・・・・・・・・・・・・・

共同通信・6月14日15:54配信【世界のコロナ死者、43万人超す 米、ブラジルで被害拡大】

【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が14日、世界全体で43万人を超えた。世界最多の11万5千人の米国や、4万人を上回り2番目のブラジル、1万6千人超のメキシコなど、米大陸での被害拡大が深刻となっている。感染者は世界で770万人を上回った。

世界保健機関(WHO)の13日付状況報告によると、米州地域事務局管内(南北米大陸)が感染者の48%、死者の46%を占め、いずれも世界で最も多い。前日から増加した感染者の55%、死者の69%は同管内が占めており、現在、被害が最も多く出ている地域となっている。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・6月14日16:08配信【東京都で新たに47人感染 「夜の街」の同じ店で18人】

東京都の小池百合子知事は14日、新型コロナウイルスの感染者を新たに47人確認したと発表した。そのうち18人が新宿区内の「夜の街」にある同じ店での感染だという。また、5人は集団感染が起きている武蔵野中央病院(東京都小金井市)関連だという。

都は11日、新型コロナ感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した。ただ11日以降、1日あたりの都内での感染者は4日連続で20人を上回っており、再び感染者数が増加している。

・・・・・・・・・・・・・・・

HTB北海道テレビ放送・6月14日17:55配信【<北海道>道内新たに7人感染 「昼カラ」感染も拡大】

道内ではきょう、新たに7人の新型コロナの感染が確認されました。また、新たに3人の感染者が昼カラオケを利用していたことが分かりました。

新たに感染が確認されたのは、札幌市在住の30代から70代の男女6人と、年代非公表1人のあわせて7人です。このうち6人は感染経路が追えているということです。

また、これまでの感染者の中から新たに3人が昼間にカラオケができる、いわゆる「昼カラ」を利用していたことが分かりました。

3人はいずれも60代以上の女性で、このうち1人はクラスターが発生した市内の喫茶店を利用していたということです。

札幌市以外では新たな感染者は確認されていません。

道内の感染者はのべ1170人となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・

西日本新聞・6月14日20:01配信【速報】【北九州市で新たに2人感染 3日連続で確認】

北九州市は14日、新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。ともに感染経路は不明。感染者の確認は3日連続で、同市で感染が再拡大した5月23日以降の感染者の累計は154人となった。

市によると、1人は八幡西区の80代男性で、13日に37度台の熱があり、医療機関に救急搬送され、PCR検査の結果陽性が確認された。もう1人は門司区の30代男性で、13日に40度台の熱と呼吸困難があり、医療機関を受診して感染が確認された。80代男性は入院中で、30代男性は入院に向けて調整しており、現在は自宅待機中だという。

・・・・・・・・・・・・・・・

MBCニュース・6月14日19:07配信【鹿児島県内11例目 接触者102人に修正 PCR検査「全員陰性」】

鹿児島県内11例目の新型コロナ感染者となった鹿児島市の40代の男性について、市は14日、接触者の人数を102人に修正した上で、全員陰性だったと発表しました。

12日に感染が確認されたのは、鹿児島市の40代の男性です。市はこれまで接触者の人数を濃厚接触者として家族と友人6人、職場の同僚など61人、会議に同席した20人のあわせて87人としていましたが、14日新たに職場の同僚など15人を加え、102人に修正しました。

14日までのPCR検査で、全員陰性が確認されたということです。

40代男性の感染経路は不明で、市は引き続き接触者がいないかどうかも含め調査するとしています。男性は現在入院中で、体温は36.9度、症状はないということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

スポーツ報知・6月15日8:00配信【小池百合子知事、東京47人感染に「積極的に検査した結果」】

東京都の小池百合子知事(67)は14日、新型コロナウイルス感染者を新たに47人確認したと発表した。1日の新規感染者数が40人を超えるのは、57人に達した5月5日以来40日ぶり。前日の24人からほぼ倍増し、先月25日の緊急事態宣言解除後では最多。32人が夜の繁華街関連だった。

感染拡大への警戒を呼び掛ける「東京アラート」を11日に解除、翌12日から休業要請などの緩和を「ステップ3」に移行したわずか2日後、感染者数がジャンプアップした。これまで比較的低い数値で推移してきた日曜日ということもあり、週明けにはさらなる感染者数増加の可能性も懸念される。

47人のうち18人は新宿・歌舞伎町の同じホストクラブに勤務する20~30代の男性従業員たち。既に感染者が出ていた店舗側が新宿区のPCR検査に協力して判明した。残り29人のうち14人も夜の繁華街と関連があり、5人は院内感染の疑いがある武蔵野中央病院(小金井市)の患者と職員だった。

小池氏は急増した感染者数について「無症状の方も呼び込んで積極的に検査した結果の感染者数」とし、従来とは感染者把握の経緯に違いがあることを強調。「検査することで感染を自覚し、人に感染させないことにつなげたい」と述べた。都の担当者も「今まで調査に非協力的だった事業者が検査に応じている」として、市中感染が広がっている状態ではないとの見解を示した。

小池氏は今月2日、前日の13人から34人に感染者が急増したことを受けて「東京アラート」を発動したが、その後は10~20人台で推移したため解除に至った。感染者数が再び急増する状況になったが、都知事はアラートの再発動や休業要請緩和の段階を「ステップ2」に戻す可能性については言及せず。ホストクラブなどの接客を伴う飲食店を含めて19日に全ての休業要請を解除する方針は変更しない見通しだ。

小池氏と会談した西村康稔経済再生担当相(57)は「陽性者が出た店舗が協力的にPCR検査を受けた結果。2次感染を防止するための取り組みが進められていると前向きに考えたい」とし、むしろ肯定的なメッセージを発した。

 ◆これまでの東京アラート発動の目安 直近7日間平均の〈1〉新規陽性者数(1日20人以上)〈2〉新規陽性者数における経路不明率(50%以上)〈3〉週単位の陽性者増加比(1倍以上)など7つのモニタリング指標に、医療体制なども考慮して判断。47人は〈1〉、〈3〉で目安に達しているが、小池都知事は11日に解除した際、新たな体制を作るとし再発動には否定的だった。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・6月15日10:16配信【国内感染者、累計1万8249人 死者は944人 新型コロナ】

国内で確認された新型コロナウイルス感染者は、15日午前10時現在でクルーズ船の乗船者らを含めて1万8249人に上り、前週より325人増えた。

死者は12人増え、944人となった。

感染者の内訳は、都道府県別の合計が1万7114人、横浜市で停泊中に集団感染が起きた「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員が712人、長崎市で停泊中に集団感染が起きた「コスタ・アトランチカ」の乗員が149人、政府チャーター機での帰国者らが15人など。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・6月16日16:49配信【武蔵野中央病院、新たに15人の感染確認 累計54人に】

武蔵野中央病院(東京都小金井市)は16日、新たに入院患者13人と職員2人の計15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これで同病院での感染者は計54人(患者が42人、職員は12人)となった。

同病院によると、すべての患者と職員にPCR検査を実施。その後、発熱などの症状が出た人に再検査を実施し、陽性が確認された。感染した患者は、専門病院に転院して治療を受けている。

新たに感染が確認された患者13人のうち、4人は感染が集中していた精神科隔離病棟の患者で、9人は隣の病棟の患者だった。

・・・・・・・・・・・・・・・

TNCテレビ西日本・6月16日18:20配信【速報】【北九州市で新たに1人 新型コロナ感染 福岡県内の感染者のべ827人に】

新型コロナの情報です。

福岡県内では16日、これまでに北九州市で新たに1人の感染が確認されました。

福岡県内の感染者数、これまでの累計はのべ827人で、死者は28人です。

・・・・・・・・・・・・・・・

東海テレビ・6月17日6:00配信【金を借りた男性「コロナで仕事が減り苦労していた」“法定金利の約35倍”で金を貸した自営業の男逮捕】

新型コロナウイルスの影響で生活に困っていた男性に対し、法定の35倍の金利で金を貸したなどとして、愛知県尾張旭市の61歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは尾張旭市の自営業・岩下茂治容疑者(61)で、今年3月から5月にかけ、名古屋市内の男性2人に対し、貸金業の登録を受けず法定のおよそ35倍の金利で金を貸した疑いが持たれています。

「ヤミ金をやっている男がいるので取り締まってほしい」という愛知県警守山署への通報で事件が発覚しました。

岩下容疑者に金を借りた26歳の男性は、「コロナで4月以降仕事が減り、生活費の工面に苦労していた」などと話しているということです。

岩下容疑者は調べに対し容疑を認めていて、警察は余罪を追及しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

九州朝日放送・6月17日23:45配信【福岡県で新たに3人の新型コロナ感染確認】

福岡県内で17日、新たに3人の新型コロナウイルス感染が確認されました。キャバクラ店関連の感染者が続いている福岡市では、ホステス1人の感染が確認されています。

福岡市で感染が判明した20代女性は、先週感染が確認された30代男性と同じキャバクラ店で働くホステスです。最近は勤務していないと話していて、市は30代男性との接点などを調べています。福岡市では、先週10日以降の感染者9人のうち5人が、中洲のキャバクラ店の利用客や従業員です。

北九州市で感染が確認された2人は、大分県中津市から市内に通院していた70代男性と、小倉南区の中学生で、市が感染経路を調べています。

・・・・・・・・・・・・・・・

熊本日日新聞・6月18日11:07配信【PCR検査増員、ミス再発防止へ 熊本市】

熊本市は17日、新型コロナウイルスのPCR検査で4月に陰性の人を陽性と判定したミスを受け、検査をする市環境総合センターの検査員を6月から2人増員し、9人体制としたことを明らかにした。

ミスは検査情報の誤入力が原因。誤判定された人は当時、済生会熊本病院に入院中で、病院業務に重大な影響が出た。三島健一環境局長はこの日の市議会環境水道委員会で「2度とミスがないよう取り組む」と謝罪した。

ミス発生時の検査員は5人で、発覚後に7人に増員。情報入力をダブルチェックするなど再発防止策をとっている。同センターは今後の感染第2波などに備え、9月にさらに検査員を2人増やす計画。(隅川俊彦)

・・・・・・・・・・・・・・・

南海日日新聞・6月18日13:01配信【大島病院にPCR検査機導入へ 鹿児島県、1時間弱で判明】

鹿児島県は、奄美市名瀬の県立大島病院を含む五つの県立病院に、PCR検査機器を整備する。17日発表の6月補正予算案に事業費を計上した。奄美大島内の新型コロナウイルス感染症疑いの患者から採取する検体を、県本土に搬送することなく島内で検査することが可能になる。

導入される予定の検査機器は、従来の複雑な工程と熟練の検査技師でないと運用が難しい機器とは異なり、操作が比較的簡単なのが特徴。適用される試薬が国に承認されたこともあり整備が決定した。

同病院への導入は1台で、一度に4検体(1~4人分)の検査が可能。約1時間ほどで結果が出る。県立病院課によると、1日の運用可能人数は通常の受診から検査までの流れを想定すると、1日に4人程度だという。予算額は約700万円。

これまでは、奄美群島にある各帰国者・接触者外来で採取された検体は航空機や船舶で県本土の検査機関に運ばれ、結果が出るまで2~4日かかっていた。県立大島病院に導入されることで大幅な時間短縮が可能になる。ただし、検査が可能なのは同病院を受診する患者で、他の機関から運ばれた検体のみの検査は原則行わない。機器は外国製で、県に入荷次第配備される。

PCR検査機器については、15日に奄美大島の5市町村長でつくる新型コロナウイルス感染症対策本部会議(会長・朝山毅奄美市長)が三反園訓知事に対し、「台風接近時は交通手段が絶たれる」として配備を求める要望書を提出していた。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNニュース・6月18日17:46配信【速報】【県またぐ移動 19日“解禁” 安倍首相表明 入国制限緩和も】

首相官邸では、政府の新型コロナウイルス対策本部の会議が開かれ、安倍首相が移動や営業の制限を緩和し、海外との往来を再開させる方針を表明。

安倍首相「改定した基本的対処方針にのっとり、あす、社会経済活動のレベルをもう一段引き上げます。具体的な都道府県をまたぐ移動については、一部の首都圏や北海道との間も含めて制限がなくなります。一定の人数や収容率のもとで、コンサート等のイベントを開催していただきます。

また、接待をともなう飲食業等、これまで休業のお願いをしてきた一定の業種についても、ガイドラインを守っていただくことを前提に、休業要請を撤廃いたします。

他方、新しい生活様式を定着させ、3密回避をはじめとした感染防止策を徹底していただくことには変わりありません。国民の皆さまにおかれましては、引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

加えて、19日からは接触確認アプリを導入し、クラスター対策をもう一段強化してまいります。アプリを持っている人同士が一定時間以上近距離にいると、その情報が記録され、陽性者が発覚した場合、自動的に通知が行われます。個人情報を全く取得しない、安心して使えるアプリですので、ぜひ多くの皆さまにご活用していただきたいと思います。

また、国外からの新型コロナウイルスの流入防止に万全を期すべく、引き続き水際対策を徹底していきますが、同時に経済を回復軌道に乗せていくうえでは、国際的な人の往来を部分的、段階的に再開していくことも必要です。そのため、まずは入国拒否対象地域の中でも、感染状況が落ち着いている、ベトナム、タイ、豪州、ニュージーランドとの間で、現行の水際措置を維持しつつ、入国前のPCR検査証明やアプリによる位置情報の保存、事前の活動計画書の提出等の追加的な貿易措置を講じることを条件に、例外的に人の往来を可能とする仕組みを施行するため、協議・調整を進めることに致しました。

そのうえで、わが国内外の感染状況等を総合的に勘案し、例外的な人の往来の対象となる国・地域を順次拡大し、合意に至った国・地域から同様の措置を講じてまいります。貿易措置を講じていくうえで、わが国の検査能力、体制の拡充は必要不可欠。厚生労働省をはじめとした関係省庁は連携して、PCR検査等の代替的な検査方法の導入や、海外渡航者のための新たなPCRセンターの設置等を進めてください。

コロナ時代の新たな日常に向かって、1歩1歩、わたしたちは確実に前進しています。感染予防と両立しながら社会経済活動を回復させていく取り組みに、地方自治体と連携しながら、引き続き全力であたってください。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・6月18日20:09配信【東京で41人コロナ感染 「夜の街」関連は10人】

東京都は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに41人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数が40人を上回ったのは15日(48人)以来3日ぶり。これで都内の感染者は計5674人となった。死者は計317人。

都によると、41人のうち接待を伴う飲食店などで感染したとみられる「夜の街」関連は10人だった。12~18日の感染者228人のうち「夜の街」関連は96人という。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日新聞デジタル・6月18日22:28配信【移動自粛を全面解除、安倍首相が表明「経済を回す」】

安倍晋三首相は18日、首相官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために求めてきた移動自粛の全面解除を表明した。国内の感染が一定の範囲に抑えられているとして、緊急事態宣言を全て解除した際に出した行程に沿い、19日から社会経済の活動水準を引き上げる。

宣言は5月25日に全国で解除されたが、政府は最後まで宣言対象だった東京や北海道など5都道県との不要不急の往来は慎重に検討するよう求めていた。活動水準の引き上げにより、ほかの都道府県から観光客を呼び込むことを認め、イベント開催制限も緩和。展示会やコンサートなどが最大1千人規模で開けるほか、プロスポーツをはじめとする全国的な人の移動を伴う大規模イベントも無観客から始めることができる。

各知事が行ってきた店舗などへの休業要請も原則なくなる。繁華街の接待を伴う飲食店やライブハウスなども、業界団体がつくった感染予防のガイドラインを守ることなどを条件に営業が認められる。

首相は会見で、「社会経済活動を犠牲とするこれまでのやり方は長続きしない。できる限り制限的でない手法で感染リスクをコントロールしながら、しっかりと経済を回していく」と述べた。宣言解除後、東京で1日40人前後の感染者が出る日もあるが、首相は「夜の街で検査を強化している。こうした検査強化は二次感染を防止する上で有効だ」との認識を示した。

・・・・・・・・・・・・・・・

コロナウィルス関連6月14日〜6月19日分のまとめです。

19日、県をまたぐ移動や入国制限が緩和されることになりました。

数ヶ月前に比べると国内においてはコロナウィルスも多少落ち着きを見せ、徐々にではありますが日常生活が戻りつつあるといった感じです。

それとあれだけ品薄だったマスクやアルコール類製品も簡単に手に入るようになり、最低限の感染防止対策も出来るまでになりました。

冬場に再度流行するのではないか?と言われていますので、今の時期から備えておかなければなりませんね。

冬場インフルエンザが流行する時期までに治療薬が開発出来ればいいのですが、医薬品完成までのプロセスを考えるとほぼ絶望的ですかね?

今は効果が期待できる既存の薬を1つでも多く見つけることで、対応して行くしかなさそうです。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR