FC2ブログ

謎の男・・最福寺の池口恵観氏【北朝鮮と池口氏の不思議な関係】その1

ただ者ではないとは思っていたが……ついにやっちまったなぁ~というのがボクの正直な感想だ!


元阪神の金本氏や安倍首相を筆頭に複数の大物政治家……え~と……鹿児島選出の代議士でしたら……徳田毅氏のお父上と近くしていたのでは?

各界に幅広い人脈を持ち大物とお付き合いされてる超有名人の池口氏ですが……

地元鹿児島では多分に賛否両論あるんじゃないですかね。

ちなみにボクはアンチです。

それにしても今回の朝鮮総連中央本部の土地・建物を落札したって話にはビックリしちゃいました!

金額にも驚きましたが……落札した物件が朝鮮総連中央本部だって言うから2度ビックリです。

でもどうして北朝鮮の大使館的な役割を果たしてきた朝鮮総連中央本部を落札しなきゃいけなかったの?

ひょっとして日本の土地を買いまくっている中国暗躍論?最福寺が買わなきゃ中国資本にやられちゃうとか?

拉致被害者を奪還するために朝鮮総連に貸しを作ったとか?

よく分かんないけど……やることが相変わらず派手だよね。

ボクは外交のプロじゃないから購入の意図が今一理解出来ないんだけど、あの建物は北朝鮮の大使館であり、北朝鮮工作員の本丸だったんじゃないの?

北朝鮮にしてみりゃ~ラッキーって思ってるんかもしれないね。

最福寺の池口氏が過去に北朝鮮を訪問したって話は聞いてたけど……日朝友好文化交流団の団長として、「よど号」ハイジャック事件のメンバーとも面会してたんだね!

あと……知らなかったんだけど、平成23年には北朝鮮へ金日成主席観世音を寄贈したり……平成24年4月には、金日成主席の生誕100年を祝う行事に出席するため平壌入りした際は、親善勲章第1級が授与されたらしいですよ。

超VIPってやつだな!!

ボクら凡人には宗教家の心理状態は到底理解できないよ。

国に任せていても北の脅威は回避出来ないし、拉致被害者も奪還出来ない……だから……民間人ではあるが国家国益の為に汗を流しているんだよ!……とでも仰るのでしょうか?

まぁ~安倍さんともお付き合いがあるようですから、事前に話は通っているのかもしれませんが……

だけど……そうなりゃ~常々代議士個人によるスタンドプレー的な外交手法を非難してたことを自ら否定することになるんじゃないかな?

もしそうならば……例えオフレコで了解してたとしても、安倍総理に対する国民の不信感は募る一方ではないでしょうか?

まぁ~凡人であるボクの勘違い論はこのくらいにしときます。


さぁ~ここからが池口氏の宗教家としての本領発揮です!

金日成生誕100年祭訪朝の理由は、日本が歴史的に韓国と北朝鮮に対して大きな犠牲を抱かたことに対し、素直に謝罪し慰霊したかったとのこと。

また、まずは日本が北朝鮮に対して、いわゆる「過去の植民地統治に関する戦後補償」と謝罪をして、それから日朝国交正常化をするべきだとも主張しています。

戦後補償と謝罪だなんて……聞くだけでウンザリするよ!

真の懺悔と謝罪があってこそ相互友好関係が生じるとのお考えだそうですから……池口氏があまりにも立派すぎて、ボクは!なんて小さな人間なんだろ~と猛省致しました。

未熟なボクは一瞬耳を疑ったのですが、金正日総書記が死去した際には、「朝鮮の大いなる指導者、金正日総書記閣下が地方指導に向かう途上で亡くなられたのは、とても痛ましく悲しい」「朝鮮半島の平和と繁栄、日朝国交正常化を金日成主席と共に見守ってほしい」と哀悼の意を示したそうですよ。

宗教家って凄いですねぇ~

核ミサイルをぶっ放すぞ!って騒いでみたり……ことあるごとに戦争だ!なんて近隣諸国をビビらせることばっかなのに!

ボクだったら鹿児島から連れ去った拉致被害者をとっとと返せ!って叫んじゃいますよ!

北朝鮮から頼まれたからって、落札までしなきゃいけなかったのかな?

本当に疑問です。

ボクも燃え上がる炎の前で経を唱えれば、池口氏のことが少しは理解出来るのかもしれないですねぇ~


(=・ω・)/トリアエズ ラチヒガイシャヲ カエシテクレ!

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR