FC2ブログ

鹿児島コロナ速報《県内コロナ感染者総数877人》《天文館Aクラスター累計54人》《鹿屋体育大学クラスター累計20人》新たに2人の感染確認!姶良市の10代男性と60代女性!《塩田知事 年末年始の帰省「一律の帰省自粛求めない」》《日本のコロナ対策論議に根本的に欠けているもの/米村滋人氏》《12月20日PM6時現在》

鹿児島コロナ速報《県内コロナ感染者総数877人》《天文館Aクラスター累計54人》《鹿屋体育大学クラスター累計20人》新たに2人の感染確認!姶良市の10代男性と60代女性!《塩田知事 年末年始の帰省「一律の帰省自粛求めない」》《日本のコロナ対策論議に根本的に欠けているもの/米村滋人氏》《12月20日PM6時現在》

一元的に対応する相談窓口「コロナ相談かごしま」電話番号099ー833ー3221《24時間対応》

帰国者・接触者センター【099−216−1517】

202012201831339ee.jpeg
【MBCニュース配信】

Click→→鹿児島コロナウィルス関連

・・・・・・・・・・・・・・・

【陽性反応を公表した企業、団体等は以下のとおり・一部については削除しました】

◎鹿屋体育大学(鹿屋市)

◎鳳凰高校(南さつま市)

(注・一定期間が経過した後に順次削除致します)

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

MBCニュース・12月20日17:40配信【新型コロナ感染者 鹿児島県内新たに2人確認】

鹿児島県内では20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2人発表されました。

感染が確認されたのは、姶良市の10代男性と60代女性です。2人ともクラスター関連ではなく、60代女性はすでに確認されている感染者の接触者だということです。

県内の感染者は累計で877人となりました。療養者は19日時点で106人で重症は1人です。

・・・・・・・・・・・・・・・

KTSニュース・12月20日17:25配信【鹿児島県では新たに2人の感染確認 新型コロナ】

鹿児島県内では20日、新たに姶良市の10代の男性と60代の女性の2人に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

いずれもこれまでのクラスターとの関連は確認されていません。

県内の累計感染者数は877人となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・

KKBニュース・12月20日配信【県内 新型コロナ 新たに2人】

20日、県内では新たに新型コロナウイルスの感染者が2人確認されました。

県内で新たに感染が確認されたのはともに姶良市に住む10代の男性と60代の女性の2人です。

一方、鹿児島市の新規感染者の発表はありませんでした。

鹿児島市で新規感染者の発表がないのは今月8日以来12日ぶりです。

これまでの県内の感染者の累計は877人となりました。このうち医療機関や宿泊施設での療養者は106人、重症は1人で酸素投与が必要な中等症は7人となっています。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

KTSニュース・12月20日18:07配信【鹿児島県 塩田知事 年末年始の帰省「一律の帰省自粛求めない」】

新型コロナウイルスの感染拡大を受け20日全国知事会が開かれ、鹿児島県の塩田知事は年末年始の帰省について、「一律の自粛は求めない」との考えを述べました。

20日にオンラインで開かれた全国知事会には40道府県の知事が参加しました。

その中で、塩田知事は全国一斉停止が決まった「GoToトラベル」について

国に対し今後、停止や規模を縮小する場合の基準を明確化するよう求めました。

また、年末年始の帰省については「一律に自粛を求めるものではない」とした上で感染防止対策の徹底を県民に呼び掛けました。

塩田知事は取材に対し「感染拡大している地域に行く人も、もう一度その必要性についてしっかり考え、感染拡大防止の対策をしっかり行っていもらいたい」と話していました。

・・・・・・・・・・・・・・・

【注目記事】ビデオニュース・ドットコム・12月19日20:05配信【日本のコロナ対策論議に根本的に欠けているもの/米村滋人氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授・内科医)】

欧米諸国で新型コロナウイルス感染症が猛威を奮うのをよそ目に、日本では中国や韓国などとともに過去半年の間、世界中が羨み不思議がるほどコロナ感染症の流行が抑えられていた。

特に日本がこれといった対策を打っているわけではないにもかかわらず、感染者数はアメリカの100分の1、人口あたりで見てもアメリカやフランスの30分の1から50分の1程度しかコロナの感染は広がらなかった。

この事象に対する決定的な説明はまだなされていないが、最初はキスやハグの習慣がないことや手洗い、うがい、マスクを着ける習慣があることなどが取り沙汰されたのを皮切りに、感染者数の欧米との差が広がるにつれ、家の中で靴を脱ぐ習慣があるからとか、BCGの接種率が高いこと、しまいにはネアンデルタール人のDNAの有無まで引き合いに出されるなど、未だに諸説が乱れ飛ぶものの、東アジアの諸国でコロナの感染者数が極端に低く抑えられている本当の理由はわかっていない。

理由はわからないが何らかの理由で感染が抑えられているという意味で、科学者たちでさえ「ファクターX」などというミステリアスな表現を使わざるを得なくなっているようだ。

しかし、である。理由は定かでないものの、そのような幸運、いや天運に恵まれながら、その間、日本は一体何をしてきたのだろうかと思わずにはいられない。

11月に入り日本でも都市部を中心にコロナの感染者数が増加に転じ始めた。すると、感染者数でも重症者や死者の数でも、半年前のピーク時とさほど変わらないレベルであるにもかかわらず、早くも医療逼迫や医療崩壊の危機が騒がれる事態となっているではないか。

欧米の100分の1程度の感染者数で医療が逼迫してしまうほど日本の医療体制が脆弱なのだとすると、もしファクターXの効力が切れ、日本でも今の欧米並の感染爆発が起きたら、日本は一体どうなってしまうのだろうか。

今年3月から4月にかけて最初にコロナの流行が始まった時、日本では専門家会議の尾身副座長が何度もテレビに出てきて、お馴染みのグラフで現在の状況を説明していた。

それは、今のペースで感染者が増えつづければ、早晩医療崩壊が起き、本来は助かるはずの命も助からなくなってしまうことを示すグラフだった。

そのため、行動制限によって感染者数の上昇カーブをより緩やかなものに抑え込むと同時に、同時進行で医療のキャパシティを強化することで、感染者が増えても容易に医療崩壊が起きなくすることが重要だという趣旨だった。

そのような専門家と安倍政権の説明に基づいて実施された小中高等学校の一斉休校や緊急事態宣言に基づく経済活動や移動の制限要請に対して、われわれ日本人は世界が驚くほど従順に、これに従った。

あくまで「自粛」なのだからと言って要請に従わない者に対しては、自粛警察なるものまで登場した。

そして半年が過ぎ、国をあげての自粛の甲斐もあって下火になっていた感染者数が、GoToトラベルなどの施策と相まって再び増加に転じたかと思うと、早くも医療逼迫が叫ばれている。

これではまるで、われわれ国民は色々な我慢を強いられたり、辛苦を舐めさせられても、従順に政府の言うことを聞いてきたのに、肝心の政府がその間、本来すべきことをサボっていたために、また話が元の木阿弥になっているとしか思えないではないか。

言うまでもないことだが、一時的にロックダウンをしようが何をしようが、コロナを完全に撲滅するまでロックダウンを継続しない限り、経済活動が再開されればいずれまた感染者数が増加に転じることは最初からわかっていたことだ。

しかし、われわれは世界に冠たる自粛や個々人の予防策の実施、そして多分ファクターXなるもののおかげで、半年近くの猶予をもらった。その間、医療のキャパシティが十分に強化されていれば、アメリカの100分の1の感染者が出たくらいのことで医療崩壊を恐れなければならないような事態は避けられたはずだ。

医師でありまた法学者でもある東京大学法科大学院の米村滋人教授は、医療の逼迫を理由に大規模な行動制限措置を導入することには否定的だ。

なぜならば、日本の医療逼迫の最大の原因は、日本の医療体制とそれを巡る法制度に問題があるからであり、医療体制が問題を抱えたまま単に行動制限を導入しても、国民に大いなる負担や辛苦を強いる一方で、根本的な問題は何も解決されないからだ。

要するに問題の本質に手を付けなければ、単に国民の苦労と時間の浪費が繰り返されることになる可能性が大きいのだ。

実は日本は人口当たりの病床数が群を抜いて世界で一番多い国だ。だから、本来その日本で、この程度の感染者が出ただけで医療が逼迫するなどあり得ないことのはずだ。

しかし、病床数は多いが、ICUの数では狭義に定義したICUでは日本はドイツやアメリカの5分の1以下、早晩医療が崩壊してコロナの感染爆発が起きたイタリアよりも少ない。広義に定義したICUを含めても、日本のICUの数は世界の中で決して多い方ではない。

平時には潤沢すぎるほど病床数を抱える日本は、感染症の爆発などが起きた有事には、通常の病床をICUに転換する必要が出てくる。

しかし、現在の医療法では政府は医療機関に対して病床の転換やICUの設置、感染症患者の受け入れなどをお願いすることしかできないのだと米村氏は指摘する。

しかも、日本は欧米と比べると公立の医療機関よりも民間の医療機関が圧倒的に多いため、コロナ患者を受け入れることで従来の患者を失い、結果的に経営が圧迫される可能性がある民間の医療機関は、政府からお願いをされてもコロナ患者を受け入れようとはしないのだと米村氏は言う。

結果的に今日本では、強制はされなくても「義侠心や使命感」(米村氏)からコロナ患者の受け入れを決めた一握りの医療機関にコロナ感染者が集中し、そこだけで「医療の逼迫」や「医療崩壊の危機」が起きているのだと米村氏は言う。

政府に医療機関に対してコロナ感染者の受け入れを強制する法的な権限はなく、また民間や地域レベルでそうした受け入れ病院を調整する仕組みもほとんど存在しないために、方々で通常の病床は沢山空いているのに、コロナ患者が必要とする設備を備えたICUなどは実際に不足しているのだ。

コロナの流行が始まった当初、病床の転換が後手に回り、一時的に医療逼迫が起きるというのは無理からぬことかもしれない。

しかし、コロナの第一波からもう半年以上が経つ。コロナの登場からはもう一年が経とうかという現段階においても、依然として1日3000人程度の新規感染者しか出ておらず、重症患者はその中のほんの僅かという状態で、世界で最も多くの病床を持つ日本が医療崩壊の淵に瀕している最大の理由が、そのような制度面の不備にあることが、なぜこれまで放置され、ほとんど指摘されてこなかったのだろうか。

医療機関が政府の介入を嫌う理由はわからなくはない。病床の転換のような、ある程度の専門性を要する判断は専門家に任せて欲しいという主張もあり得るだろう。また日本では日本医師会のような政治力のある団体が政府や自民党と伝統的に強い結びつきを持ち、影響力を行使しているのも恐らく事実だろう。しかし、アメリカの100人の1の感染者数で世界一の病床数を誇る日本の医療が崩壊の淵に瀕しているとすれば、今後アメリカの半分、いや10分の1の感染者が出た時に日本でどんな悲劇が起きるかは、想像に難くないはずだ。

ギリギリまでGoToなどで国民の人気を取っておいて、最後は自粛要請で国民に負担を押しつけるようなことを繰り返すのではなく、手遅れになる前にそろそろ本気で制度面や法律面での体制作りにとりかかるべきではないだろうか。

今週は現役の医師にして法学者でもある米村氏と、これまでの日本のコロナ論議で抜け落ちている重要なポイントを、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

【プロフィール】
米村 滋人(よねむら しげと)
東京大学大学院法学政治学研究科教授・内科医
1974年東京都生まれ。2000年東京大学医学部卒業。医学部在学中の1998年司法試験合格。04年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。東大病院、日本赤十字社医療センター循環器科勤務医、東北大学大学院法学研究科准教授、東京大学大学院法学政治学研究科准教授などを経て、17年より現職。現在、東京都健康長寿医療センター勤務医(循環器内科)も兼務。専門は民法・医事法。著書に『医事法講義』、共著に『生命科学と法の近未来』など。

宮台 真司 (みやだい しんじ)
東京都立大学教授/社会学者
1959年仙台生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。東京都立大学助教授、首都大学東京准教授を経て現職。専門は社会システム論。(博士論文は『権力の予期理論』。)著書に『日本の難点』、『14歳からの社会学』、『正義から享楽へ-映画は近代の幻を暴く-』、『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』、共著に『民主主義が一度もなかった国・日本』など。

神保 哲生 (じんぼう てつお)
ジャーナリスト/ビデオニュース・ドットコム代表 ・編集主幹
1961年東京生まれ。87年コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。クリスチャン・サイエンス・モニター、AP通信など米国報道機関の記者を経て99年ニュース専門インターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』を開局し代表に就任。著書に『地雷リポート』、『ツバル 地球温暖化に沈む国』、『PC遠隔操作事件』、訳書に『食の終焉』、『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』など。

【ビデオニュース・ドットコムについて】
ビデオニュース・ドットコムは真に公共的な報道のためには広告に依存しない経営基盤が不可欠との考えから、会員の皆様よりいただく視聴料によって運営されているニュース専門インターネット放送局です。
-----

(本記事はインターネット放送局『ビデオニュース・ドットコム』の番組紹介です。

・・・・・・・・・・・・・・・

ANNニュース・12月20日15:01配信【東京都で新たに556人の感染確認 日曜日としては過去最多 重症は4人増えて66人】

東京都によるときょう都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は556人だった。日曜日としては過去最多となった。重症の患者は前の日から4人増えて66人。

感染が確認されたのは10歳未満から90代の男女556人。5日ぶりに600人を下回ったが、日曜日としては先週の480人を大きく上回りこれまでで最も多くなった。

年代別にみると、20代が最も多い150人、次いで30代が111人、40代が92人、50代が61人。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は合わせて73人。重症の患者は前の日から4人増えて66人。これで都の感染者は5万1447人となった。

・・・・・・・・・・・・・・・

MRT宮崎放送・12月20日14:33【新型コロナ 新たに8人が感染・宮崎県】

宮崎県と宮崎市は、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。新たに感染が確認されたのは、宮崎市の30代から50代までの男女5人、それに都城市の20代と60代の女性3人のあわせて8人です。

このうち宮崎市の30代女性は、クラスターが発生した愛知県からの来訪者の関連でこれで一連の感染者はあわせて14人となりました。

宮崎県内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、累計で665人となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄ニュースQAB・12月20日17:59配信【22人が新型コロナに感染 新たなクラスターも】

県内では12月20日、新たに22人が新型コロナに感染したことが確認されました。

県によりますと県内で20日、新たに新型コロナへの感染が確認されたのは10代から60代の男女あわせて22人です。

また、那覇市の専門学校に通う生徒5人が新型コロナに感染し、40例目のクラスターと認定されました。5人は同じ授業を受けていて保健所が接触状況の確認や検査を行っているということです。

さらに、北部地区で感染が広がっていることから、新規感染者の受け入れ可能数が県立北部病院でゼロ、北部地区医師会病院で軽症2人となっていて病床のひっ迫が続いています。

県は直近一週間の人口10万人当たりの新規感染者数などは減少傾向にあるとしながらも、県内での一般病床の占有率が91パーセントとひっ迫していることなどから、緊張感をもって対応する必要があるとしています。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

【12月20日まとめ】

今日新たに感染が確認されたのは姶良市の10代男性と60代女性。

2人ともクラスター関連ではありません。

また、鹿屋体育大学と鳳凰高校関連の感染者はゼロ。

鹿児島市天文館地区で発生した接待を伴う飲食店でのクラスターについてもゼロです。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



tag : 鹿児島/コロナ/感染確認/速報/姶良市/米村滋人氏

コメントの投稿

非公開コメント

地産地消で 経済まわるよ。 現金支給で 地域で消費。 安心・安全 鹿児島へ 。 島同意してる場合じゃない 知事さん、地域経済まわして 鹿児島県民を救おう!
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR