FC2ブログ

後編 おまんさぁ~ビンタがうっがれちょらせんな!? 南大隅町の常識は日本の非常識その63

はぁ~

外に出ると桜島の灰は舞ってるし・・・太陽はジリジリと照りつけてくるし・・・

こんな日は仕事なんかほっぽりだして、昼間っから生ビールをグイグイ飲みまくりたくなるなぁ~・・・と発作的に思ったので・・・仕事嫌いなボクは「昨年の手術の年一度の検査に行って参ります!」と午後からの仕事を爽やかに放棄したのである。

要するに本日の昼過ぎには昼食をとりながらビールをがぶ飲みしていたのだ!


さぁ~話を南大隅町の問題に戻すとするかぁ~♪

南大隅で一番の人気者!地上最強のブロガー真実くんは、相変わらずブッ飛ばしてるみたいですね。

そこで・・・妄想癖のあるボクは、今一度真実くんとボクが会話を交わしたならどうなるかシュミレーションしてみたのである!


暴露くん・・「先生ご無沙汰しております!」

真実くん・・「ご苦労さん!暴露くん元気にしてた?かわごろもが如何に恐ろしい奴か分かったかね?」

暴露くん・・「先生!いきなりかわごろもさんの話ですか?」

真実くん・・「いきなりとはどういう意味だ!かわごろもは南大隅町を奈落の底に突き落とそうと企んでいる危険な男なんだ!油断大敵って言葉があるだろ!バカもん!」

暴露くん・・「・・・奈落の底に突き落とす・・・って言うか・・・かわごろもさんがそんなことを企んで何かプラスになるんでしょうか?」

真実くん・・「だから貴様はアマチャンなんだよ!貴様がダラダラしている間に、かわごろもは女性戦士を育て上げ、我々良識派に対し仕掛けて来ているんだぞ!」

暴露くん・・「・・・女性・・・戦士・・・???」

真実くん・・「そうだ!女性戦士だ!色々とややこしい会を設立して市民団体を装ってはいるが・・・間違いなく・・・戦う戦士・・・殺戮マシーンだと言っても過言ではないだろう!」

暴露くん・・「殺戮マシーン?先生!いくら何でも殺戮マシーンじゃないと思うのですが・・・普通の・・・主婦・・・だと・・・思いますが・・・しかも・・・自発的に結成活動していると聞いていますが・・・」

真実くん・・「フッフッ・・・貴様・・・戦場で一番先に死ぬタイプだな(笑)」

暴露くん・・「先生!南大隅町は今戦場と化しているんですか?・・・って言うかボクは戦場なんていかないと思うのですが・・・さらに言わせてもらうと・・・先生!何か変な宗教に嵌まってるんじゃないですか?」

真実くん・・「無礼者!貴様ら凡人には死ぬまで理解出来ぬだろうよ!」

暴露くん・・「先生!申し訳ありません!修行が足りませんでした!」

真実くん・・「学ぶことを忘れてはならぬぞ!日々が修行の場じゃ!」

暴露くん・・「先生の一言一言が身に染みます!」

真実くん・・「では・・・少し勉強してみようではないか」

暴露くん・・「はい!お願い致します!」

真実くん・・「ねじめ漁協が生け簀を40基増設するという事は、南大隅町にとっては、大切な雇用が生まれる事になるんじゃ!そのことは理解出来るかな?」

暴露くん・・「はい!理解出来ます!生け簀が増えると新規雇用が発生するということですね」

真実くん・・「その通りじゃ!今のねじめ漁協こそ南大隅町の基幹産業と言っても過言ではない!」

暴露くん・・「なるほど」

真実くん・・「ところがじゃ!こともあろうか一部のグループが亀や子供を盾に、生け簀の増設反対を訴えているんだよ!」

暴露くん・・「なるほど」

真実くん・・「奴ら何でも反対しやがって・・・それならばこの高齢化率鹿児島県NO1、過疎化率NO1に住む若者の雇用はどうでもいいのか?・・・俺様は奴らより先の先の先を見てものを言ってるんだよ!」

暴露くん・・「先の先の先を見て・・・なるほど」

真実くん・・「雇用がなければ若者がいなくなり、結婚出来るカップルもいなくなり、そうするともちろん子供たちもいなくなる・・・残ったのは亀だけ・・・南大隅町にとって最悪なシナリオなんだよ!一大事だよ!一大事!」」

暴露くん・・「たしかに亀だけの町になったらマズイとは思うのですが・・・40基増設してどのくらいの若者の雇用が保証されてるのですか?」

真実くん・・「・・・沢山じゃ・・・」

暴露くん・・「沢山の若者の雇用が保証されている?」

真実くん・・「・・・その通りじゃ・・・」

暴露くん・・「しかし、雇用も大事ですがせっかく美しい海や浜があるんですから環境保護にも目を向けるべきでは?そもそも高齢化率鹿児島県NO1、過疎化率NO1を放置し続けた町政に問題があるんじゃないですか?」

真実くん・・「貴様にかわごろもの亡霊が乗り移ったのを、今この目でしかと見させてもらったわ!この裏切り者めが~」

暴露くん・・「・・・・・・」

真実くん・・「今こそ南大隅町民が一丸となって佐多岬観光開発や、ねじめ漁協の拡大に協力することが大切だということが貴様には分からぬのか?」

暴露くん・・「委任状大好き町長も観光をテーマにしているんだから、環境保護に力を入れ美しい海や砂浜、そして海亀を守ることが重要だと思うのですが・・・海亀が来るなんて素敵じゃないですか!」

真実くん・・「海亀が来るのが素敵?何が素敵じゃ!オカマみたいなこと言いやがって!貴様は少女マンガの主人公か!亀が好きなら水族館に行きやがれ!」

暴露くん・・「・・・・・・」

真実くん・・「言葉も出ないのか?」

暴露くん・・「違います・・・呆れているんです・・・観光元年って言ってみたり、生け簀が増えなきゃ人がいなくなるって叫んでみたり、もう生け簀なんて増やさなくてもいいじゃないですか!子孫に誇れる美しい自然を残す努力をすべきだと思います!これまでの失政のツケをこれからも町民に押しつけるんですか?先生!ボクは生け簀増設に反対します!」

真実くん・・「貴様~!この裏切り者が~!飼い犬に手を噛まれた気分だ!死ぬまで増設反対してやがれ!」

暴露くん・・「・・・先生!出来の悪い弟子で申し訳ありませんでした!また会う日まで・・・サヨウナラ~♪バイバイ~♪」


こうして暴露くんは真実先生から絶縁状を叩きつけられ、真実塾の塾生を首になったそうじゃ。

これは遠い昔・・・大隅半島にある・・・南大隅村であった本当の出来事だったそうな・・・めでたし・・・めでたし・・・

坊や~♪良い子じゃ~♪寝んねしなぁ~♪今も昔もかわりなく~♪・・・・・・・・・・・遠い~♪昔の~♪物語~♪(日本昔話のテーマソングを歌いながらサヨナラです♪)


(=・ω・)/ウソツキチョウチョウニ ミナミオオスミヲ マカセテラレナイヨネ!
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR