fc2ブログ

警視庁公安部が死亡の男を「東アジア反日武装戦線」メンバー 桐島聡容疑者と断定 容疑者死亡のまま書類送検・・・桐島聡容疑者を名乗り死亡した男を本人と特定し5つの事件で書類送検「連続企業爆破事件」で重要指名手配から49年 DNA型鑑定などで本人と断定 警視庁公安部《東アジア反日武装戦線》

警視庁公安部が死亡の男を「東アジア反日武装戦線」メンバー 桐島聡容疑者と断定 容疑者死亡のまま書類送検・・・桐島聡容疑者を名乗り死亡した男を本人と特定し5つの事件で書類送検「連続企業爆破事件」で重要指名手配から49年 DNA型鑑定などで本人と断定 警視庁公安部《東アジア反日武装戦線》

20240227203431924.jpeg
【TBSニュース 配信】

Click→→鹿児島暴露クラブ・東アジア反日武装戦線 関連・過去記事一覧

Click→→
鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞・2月27日12:35配信【桐島聡容疑者本人と特定し書類送検 連続企業爆破事件に関与の疑い】

1974~75年の連続企業爆破事件のうちの一つに関与した疑いがあるとして指名手配されている過激派「東アジア反日武装戦線『さそり』」メンバー、桐島聡容疑者(70)を名乗った男性について、警視庁公安部は27日、容疑者本人と特定したうえで殺人未遂や爆発物取締罰則違反の容疑で書類送検した。捜査関係者への取材で判明した。

捜査関係者によると、指名手配容疑となった75年4月の韓国産業経済研究所の爆破や、同年2月のゼネコン・間組の本社ビル爆破など5事件に関わったとされている。

末期がんを患っていた桐島容疑者は2024年1月29日朝、入院先の神奈川県鎌倉市内の病院で死亡した。入院当初は「内田洋(うちだひろし)」という名前を使っていた。【木下翔太郎、松本惇】

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・2月27日12:47配信【桐島聡容疑者を書類送検 連続企業爆破事件 先月名乗り出て病死 警視庁公安部】

昭和49~50年に起きた連続企業爆破事件で、爆発物取締罰則違反容疑で指名手配されていた過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー、桐島聡容疑者(70)と特定した男について、警視庁公安部は27日、指名手配容疑の爆破事件を含む5つの事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反と殺人未遂の疑いで書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

桐島容疑者は、「内田洋(ひろし)」の名前で約40年間にわたり、同県藤沢市の工務店に住み込みで勤務していた。1月、末期がんで神奈川県鎌倉市の病院に入院。自ら「桐島聡」と名乗り、公安部が任意で捜査していたが、症状が重く、同月29日に死亡した。公安部がDNA型鑑定などを行い、身元を容疑者本人と特定した。

桐島容疑者は昭和50年4月、手製の時限爆弾で東京・銀座の韓国産業経済研究所の入り口ドア付近を爆破したとして、爆発物取締罰則違反容疑で手配していた。

・・・・・・・・・・・・・・・

TBSニュース・2月27日13:01配信【警視庁公安部が死亡の男を「東アジア反日武装戦線」メンバー 桐島聡容疑者(70)と断定 容疑者死亡のまま書類送検…5つの爆破事件に関与か】

先月、過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー桐島聡容疑者(70)と名乗り死亡した男について、警視庁公安部がDNA型の鑑定結果などから、桐島聡容疑者本人と断定し、容疑者死亡のまま書類送検しました。

先月中旬、「内田洋」と名乗る男が末期の胃がんを患い神奈川県鎌倉市内の病院に入院し、「自分は桐島聡です」と打ち明け、その4日後に死亡しました。

警視庁公安部は「内田」と名乗っていた男と桐島容疑者の親族のDNA型鑑定や数十年前から神奈川県藤沢市の工務店に住み込み、従業員として潜伏していた自宅を捜索するなどの捜査を進めた結果、男を桐島聡容疑者本人と断定しました。

桐島容疑者は指名手配されていた1975年4月に東京・銀座の「韓国産業経済研究所」で起きた爆破事件を含む、あわせて5つの事件に関与した疑いがもたれていて、警視庁が、爆発物取締罰則違反と殺人未遂の疑いで容疑者死亡のまま書類送検しました。

桐島容疑者は、死亡する直前、警視庁の事情聴取に対し、「事件について後悔している」などと話していたということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・2月27日13:02配信【速報】【桐島聡容疑者を殺人未遂容疑などで書類送検 爆破5事件に関与 「内田洋」名乗り死亡の男を本人と特定】

連続企業爆破事件で指名手配されていた桐島聡容疑者を名乗り死亡した男について、警視庁公安部は、桐島容疑者と特定し、5件の爆破事件に関与した殺人未遂などの疑いで27日書類送検した。

過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー・桐島聡容疑者(70)について、警視庁公安部は27日、1975年に東京・中央区で起きた韓国産業経済研究所のほか、大手ゼネコン・間組の本社ビルや作業所、工場などあわせて5件の爆破事件に関与した、爆発物取締罰則と殺人未遂の疑いで容疑者死亡のまま書類送検した。

桐島容疑者は49年間にわたり「内田洋(うちだひろし)」という偽名で潜伏していたが、先月、胃がんが悪化し、神奈川県内の病院に入院。入院中に桐島聡容疑者であることを打ち明け、先月29日に死亡した。

警視庁公安部は複数の親族から提供されたDNA型鑑定と、生前行われた任意聴取の内容などを総合的に判断し、桐島容疑者本人と特定した。

桐島容疑者は、死亡直前、病院で行われた任意聴取に対し韓国産業経済研究所爆破事件への関与を否定したものの、間組の事件については、関与をほのめかす供述をしていたという。

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・2月27日13:04配信【速報】【桐島聡容疑者を名乗り死亡した男を本人と特定し5つの事件で書類送検 「連続企業爆破事件」で重要指名手配から49年 警視庁公安部】

1970年代の連続企業爆破事件で指名手配されている桐島聡容疑者を名乗り、先月29日に死亡した男について、警視庁公安部が桐島容疑者本人と特定し、27日午後、5つの爆破事件で容疑者死亡のまま書類送検しました。

警視庁によりますと、神奈川県鎌倉市の病院に末期がんで入院し、先月25日に桐島聡容疑者と名乗り、先月29日に死亡した男について、警視庁公安部はDNA鑑定や裏付け捜査を行った結果、桐島聡容疑者、本人と特定しました。

また、1970年代に起きた一連の連続企業爆破事件のうち、1975年に起きた5つの事件について、容疑者死亡のまま書類送検しました。桐島容疑者は逮捕状が出ていた「韓国産業経済研究所」爆破事件、大手ゼネコン間組の本社ビルの2か所、大宮工場については爆発物取締罰則違反の疑い、江戸川作業所では殺人未遂や爆発物取締罰則違反の疑いが持たれています。

桐島容疑者は先月中旬、「内田洋」の名前で入院し、「死ぬときくらいは本名で死にたかった」と話していたということですが、桐島容疑者の指紋やDNAは残っておらず、警視庁公安部が親族のDNA型と照合するなどして確認を進めていたほか、今月2日には自宅を家宅捜索を行うなどして、裏付け捜査を進めていました。

桐島容疑者は過激派組織「東アジア反日武装戦線」のメンバーで、1970年代に起きた「連続企業爆破事件」に関与したとして1975年に爆発物取締罰則違反の疑いで指名手配され、50年近く逃亡していました。

桐島容疑者は「内田洋」という名前で、数十年前から神奈川県内の工務店で、住み込みで働いていたということです。

桐島容疑者は公安部の任意の調べに対し、韓国産業経済研究所爆破事件について関与を否定する一方、間組の一連の事件に関しては関与を認める説明をしていたということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・2月27日13:29配信【死亡した桐島聡容疑者を書類送検、殺人未遂容疑など…DNA型鑑定などで本人と断定】

1970年代に起きた連続企業爆破事件で、警視庁公安部は27日、入院先の病院で今年1月に死亡した過激派「東アジア反日武装戦線」メンバーの桐島聡容疑者(70)について、容疑者死亡のまま爆発物取締罰則違反と殺人未遂容疑で東京地検に書類送検した。

捜査関係者によると、桐島容疑者は「内田洋」の偽名で約40年間にわたり、神奈川県藤沢市内の土木工事会社に住み込みで働いていた。今年1月上旬に同じ偽名で同県鎌倉市の病院に入院し、同25日に病院関係者に本名を明かしたが、4日後に死亡した。末期の胃がんを患っていた。

公安部は、桐島容疑者の親族とのDNA型鑑定などから、死亡した人物を桐島容疑者本人と断定。その後の捜査で、桐島容疑者が75年4月の韓国産業経済研究所爆破事件や、同年2月のゼネコン「間組」本社爆破事件など計5事件に関与したと判断した。

桐島容疑者は死亡前、公安部の任意聴取に対し、韓国産業経済研究所爆破事件について「知らない」と関与を否定した一方、間組の爆破事件への関与を認める説明をしていたという。

東アジア反日武装戦線は74~75年、大手商社やゼネコンなど海外進出企業を狙って計11件の爆破事件に関与したとされる。75年5月に「狼」「大地の牙」「さそり」各グループの計8人が逮捕され、さそりグループのメンバーだった桐島容疑者も韓国産業経済研究所爆破事件で指名手配されたが、一度も逮捕されることなく約49年間にわたり逃亡を続けていた。

一連の事件では、77年に超法規的措置で釈放された大道寺あや子容疑者(75)ら2人が国外に逃亡しており、公安部は引き続き捜査を続ける。

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・2月27日13:29配信【共謀の男は無期懲役で服役も…逃げ切った桐島聡容疑者、死亡で書類送検の幕引き】

昭和40~50年に発生した連続企業爆破事件の一つに関与したとして手配されている過激派「東アジア反日武装戦線」メンバー、桐島聡容疑者(70)を名乗った後に死亡した男について、警視庁公安部は27日、DNA型鑑定などで身元を桐島容疑者本人と特定した。桐島容疑者との共謀が指摘された事件を巡っては無期懲役判決を受けたメンバーもいただけに、司法の場での真相解明が期待されたが、桐島容疑者が死亡したことによって、動機などが不明のままでの無念の幕引きとなった。

桐島聡容疑者と特定

東アジア反日武装戦線は昭和49~50年に連続企業爆破事件を起こし、公安部がメンバー10人を特定。桐島容疑者は3つのグループの一つである「さそり」に属しており、10人の中でただ一人、一度も逮捕されずに潜伏を続けていた。

同グループのリーダー格だった黒川芳正受刑者は鹿島建設爆破事件(49年12月)や間組爆破事件(50年2月)などを起こしたとして、62年に無期懲役刑が確定。これらの事件では、桐島容疑者との共謀関係が指摘されていた。

桐島容疑者は、指名手配容疑を含む5つの事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反容疑容疑で27日に書類送検された。

・・・・・・・・・・・・・・・

日テレNEWS NNN・2月27日13:57配信【桐島聡容疑者を5つの爆破事件で書類送検 先月死亡の男を本人と特定】

桐島聡容疑者を名乗り先月、死亡した男について、警視庁公安部は、桐島容疑者本人と特定し、5つの爆破事件で容疑者死亡のまま、27日、書類送検しました。

過激派組織「東アジア反日武装戦線」のメンバーで、1970年代の連続企業爆破事件で指名手配されていた桐島聡容疑者を名乗り死亡した男について、警視庁公安部は、親族とのDNA鑑定や裏付け捜査を行った結果、桐島聡容疑者本人と特定しました。

また、1970年代に起きた一連の連続企業爆破事件のうち1975年に起きた5つの事件について、容疑者死亡のまま書類送検しました。桐島容疑者は逮捕状が出ていた「韓国産業経済研究所」爆破事件、大手ゼネコン間組の本社ビルの2か所、大宮工場の事件については爆発物取締罰則違反の疑い、作業員1人がけがした江戸川作業所では殺人未遂と爆発物取締罰則違反の疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと、桐島容疑者は「内田洋」という名前で数十年前から神奈川県内の工務店で住み込みで働いていて、先月入院した際に「死ぬときくらいは本名で死にたかった」などと言って桐島容疑者を名乗ったということです。

また、桐島容疑者は公安部の任意の調べに対し、韓国産業経済研究所爆破事件について関与を否定する一方、間組の一連の事件に関しては、関与を認める説明をしていたということです。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村



tag : 東アジア反日武装戦線/桐島聡/DNA/連続企業爆破事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR