fc2ブログ

“史上最長演説”立憲・山井議員「サインは白い紙」野党内から「五輪ではない」批判も・・・徹底抗戦の方針貫けなかった立憲民主、「腰砕け」の対応に…反発招いたフィリバスター・・・立憲民主党の山井和則議員が1日に行った衆院史上最長の2時間54分の演説・・・国会、異例の土曜審議 寝不足議員は「ふらふら」 😓😓😓

“史上最長演説”立憲・山井議員「サインは白い紙」野党内から「五輪ではない」批判も・・・徹底抗戦の方針貫けなかった立憲民主、「腰砕け」の対応に…反発招いたフィリバスター・・・立憲民主党の山井和則議員が1日に行った衆院史上最長の2時間54分の演説・・・国会、異例の土曜審議 寝不足議員は「ふらふら」 😓😓😓

20240223215313a26.jpeg


Click→→鹿児島暴露クラブ・管理人の独り言・過去記事一覧

《政治家・選挙関連の記事が掲載されています!力強くプッシュお願いします》 →→
鹿児島暴露クラブ・政治家関連・過去記事一覧

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

FNNプライムオンライン・3月2日19:57配信【秘話】【“史上最長演説”立憲・山井議員「サインは白い紙」 野党内から「五輪ではない」批判も】

立憲民主党の山井和則議員が1日に行った衆院史上最長の2時間54分の演説について、「白い紙が掲げられたら終える」との“サイン”が決まっていたとの内幕がわかった。

山井氏は1日、2024年度予算案の採決を職権で決めた小野寺五典委員長に対する決議案の趣旨弁明を、2時間54分にわたり本会議で行った。

同日の採決を阻止するための「フィリバスター」(引き延ばし戦術)の一環だったが、衆議院に記録が残る中で最長の演説となった。

山井議員は、「何時間やるとか決まりはなかった。合図が出るまでエンドレスだった」と、FNNの取材に対し内幕を語った。

山井氏によると、議場に“演説を終われ”と知らせる担当の議員がいて、「『白い紙を上に掲げたら終わる』という決まりにしていた」という。

与野党の議場外での交渉が前進したのを受け、「白い紙」の合図が示された。

一方、山井氏の演説をめぐっては、一夜明けた2日、日本維新の会の馬場代表が記者会見で立憲民主党への批判を展開した。

馬場氏によると、自席の近くの立憲幹部から山井氏に向けて「もっと頑張れ」「新記録を立てろ」といった声援のようなヤジがあったという。

馬場氏は「オリンピックじゃないんだから。新しい記録を樹立したらいいというもんじゃない」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・3時2日11:43配信【異例の「土曜国会」、衆院予算委で集中審議…予算案採決巡り与野党が前日深夜まで攻防】

衆院予算委員会は2日午前、岸田首相が出席して集中審議を行った。与党は同日午後に衆院本会議で2024年度予算案を可決し、参院に送付する考えだ。予算案が2日中に衆院を通過すれば、憲法の規定により参院送付後30日で自然成立するため、年度内成立が確定する。

予算案について、与党は2日午後に衆院予算委での採決を経て、衆院本会議に緊急上程する想定をしている。土曜に国会審議が行われるのは異例だ。

首相は集中審議で、「(能登半島地震の)復興予算をはじめ、国民生活に深く関わる内容が含まれている」と強調。「予算を年度内に成立させるかどうかは大変重要な課題だ」と理解を求めた。

自民党派閥の政治資金規正法違反事件に関係した議員については、「国会の議論や党の実態把握などを通じて事実を確認した上で、党として政治責任、道義(的)責任を判断しなければならない」との考えを改めて示した。

予算案の採決を巡っては、与野党の攻防が1日深夜まで続いた。

自民は1日の採決を野党側に提案したが、合意が得られず、自民の小野寺五典・衆院予算委員長が職権で採決を決めた。これに対し、立憲民主党は「審議が不十分だ」と反発し、小野寺氏の解任決議案と鈴木財務相の不信任決議案を相次いで衆院に提出したが、いずれも自民、公明、日本維新の会などの反対で否決された。

立民は、小野寺氏の解任決議案が採決された衆院本会議で3時間近くにわたって趣旨弁明を行うなど引き延ばしを図り、与党が目指した採決は2日以降にずれこんだ。与野党は予算委の審議状況をにらみつつ、採決について協議する。

能登半島地震の復旧・復興財源を含む予算案の一般会計総額は112兆5717億円。

・・・・・・・・・・・・・・・

TBSニュース・3月2日11:59配信【衆議院の予算委員会 異例の土曜日審議 2024年度予算案夕方にも衆院通過へ】

国会では、2024年度の予算案をめぐり、異例となる土曜日を使った審議が行われていて、政府・与党側は、きょう夕方にも衆議院を通過させたい考えです。

深夜にまで及んだ与野党対立から一夜、衆議院の予算委員会では、野党も出席して集中審議が行われています。野党側は、自民党の二階元幹事長らが党から受け取った政策活動費が適正に使われているか、岸田総理が確認しないことを問いただしました。

立憲民主党 江田憲司 衆院議員

「自民党の幹事長は10億円使途不明金、使途分からないんだから、使途不明金でしょう政策活動費だって、企業に10億円の使途不明金あったときに税務署が来ましたと。企業の人が岸田さんが言ってるように、『適切に使ってますから確認するまでもありません』という言い訳通っちゃいますよ。そうでしょう。違いますか」

岸田総理

「政策活動費の使途を明らかにするというのであるならば、これは各党各会派、名称は違っても同じ資金があるわけですから、共通のルールに基づいて対応するべきであると申し上げています。これ少なくとも、使途不明金であるという指摘は当たらないと思います」

また、衆議院の政治倫理審査会の議論について岸田総理は、「(政倫審の)質疑の中で明らかになったことはあったと思う」と答える一方で、「これですべてが解決したなどとは私は申し上げていない。引き続き実態把握に努めなければならない」と強調しました。

衆議院の予算委員会では、このあと全閣僚が出席して締めくくり総括質疑が行われます。

政府・与党側は2024年度予算案の年度内の成立を確実にするため、きょう中に委員会と本会議での採決を行いたい考えで、予算案は夕方にも衆議院を通過する見通しです。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・3月2日13:27配信【国会、異例の土曜審議 寝不足議員は「ふらふら」】

国会は2日、異例の「土曜審議」に及んだ。

2024年度予算案の年度内成立を確実にしたい政府・与党と充実審議を要求する野党が1日深夜に折り合った結果だが、寝不足の議員は「ふらふらだ」と疲労感をにじませた。

金曜の審議が長引き土曜未明にもつれ込む例は少なくないが、土曜の日中に本会議や委員会の審議が行われるのは異例。衆院事務局によると、休日の予算委開催は20年4月29日の祝日「昭和の日」に補正予算を審議した例がある。

岸田文雄首相は2日午前9時前に予算委が開かれる委員室入り。心なしか疲れた表情だったが、前日の衆院本会議で「フィリバスター」(議事妨害)戦術を展開した立憲民主党の山井和則氏と笑顔で言葉を交わしていた。

この後の審議で、立民議員から国会の混乱は首相の指示が招いたと追及されると、首相は「予算委の在り方を直接指示することはない」と反論した。

・・・・・・・・・・・・・・・

時事通信・3月2日14:56配信【予算案、衆院通過 年度内成立確定 自・立、政倫審継続で合意】

2024年度予算案は2日夕の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決され、参院に送付された。

自民が派閥の政治資金パーティー裏金事件に関し、衆院政治倫理審査会で引き続き審議することなどを確約したのを受け、立憲民主党が採決を受け入れた。予算案は憲法の規定で今年度中の成立が確定した。参院の予算案審議は4日に始まる見通しだ。

自民、立民両党は2日昼に国対委員長会談を開き、予算案採決と政倫審での審議継続に加え、衆院に政治改革特別委員会(仮称)を設置することで合意した。現行の政治倫理確立・公職選挙法改正特別委員会を拡充する方向で検討しており、裏金事件を踏まえた政治資金規正法の改正について議論する。

両党は4月以降に衆参予算委で集中審議を実施することで一致。野党が求める下村博文元政調会長らの参考人招致については引き続き協議する。

立民の安住淳国対委員長は国会内で記者団に「『政治とカネ』の問題を継続して追及する」と強調。政倫審に関し「自民の説明では5人程度が弁明したいと話している」と明かした。

衆院予算委は2日午前、集中審議を再開。締めくくり質疑の後、予算案を可決し、衆院本会議に緊急上程した。参院予算委は理事懇談会で4、5両日に岸田文雄首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行うことを決めた。

予算案の一般会計総額は過去2番目の112兆5717億円で、能登半島地震の復旧・復興費用が含まれる。首相は記者団に「被災地の生活なりわい再建に不可欠だ。年度内成立が確実でなければ、被災自治体で備えも準備しなければならない」と2日の衆院通過を図った意義を強調した。

自民は予算案の1日の参院送付を目指したが、立民は審議不十分と反発し、小野寺五典衆院予算委員長の解任決議案などを提出して抵抗したため、採決は2日にずれ込んだ。土曜日の日中に予算案の審議が行われるのは異例だ。 

・・・・・・・・・・・・・・・

産経新聞・3月2日18:36配信【異例の「土曜国会」 首相、予算案衆院通過で山越えるも前途は多難 参院審議でも守勢】

令和6年度予算案は2日、異例の「土曜国会」を経て5年度内の成立が確実となり、岸田文雄首相は大きな山を越えた。ただ、自民党派閥の政治資金パーティー収入不記載事件が依然としてのしかかり、前途は多難だ。

首相は2日の衆院予算委員会で「年度内成立が重要だと再三、党関係者に伝えてきた」と述べ、自身が主導したことをにじませた。確実な予算執行を保証する国民生活への配慮は本音だが、不測の事態で年度内成立ができず求心力が低下する事態を避ける側面もあったとみられる。

一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は2日の党会合で「逃げ切れると思ったら大間違いだ」と強調した。参院予算委では4日から予算案の実質審議が始まる。不記載事件のほか、少子化対策財源を巡っても首相は守勢に回りそうだ。

参院政治倫理審査会は11日の週にも開かれる方向だ。自民安倍派(清和政策研究会)の世耕弘成前参院幹事長が出席する意向を示し、衆院政倫審でもさらに5人程度が弁明を望んでいるという。野党は関係議員の参考人招致や証人喚問も求めており、自民への逆風がさらに強まる可能性がある。

自民、立民両党は2日、衆院に政治資金規正法改正などを議論する特別委員会を設置することで合意した。野党が企業・団体献金や政策活動費に関して「高い球」をぶつけ、自民が慎重姿勢なら批判が高まることもありうる。

4月の衆院3補欠選挙が首相の命運を握っているとの指摘がある。自民が大敗すれば「岸田降ろし」に発展し、無難に乗り切れば、首相が6月の今国会会期末に合わせて衆院解散を断行するとの臆測もある。だが、それまでに信頼回復が進むかは見通せない。(沢田大典)

・・・・・・・・・・・・・・・

読売新聞オンライン・3月2日22:27配信【徹底抗戦の方針貫けなかった立憲民主、「腰砕け」の対応に…反発招いたフィリバスター】

2024年度予算案は2日、異例となる「土曜国会」を経て衆院を通過し、今年度内の成立が確実となった。大きなヤマを越えた政府・与党には安堵(あんど)の声が広がった。立憲民主党は当初の徹底抗戦の方針を貫けず、「腰砕け」の対応となった。

「年度内の成立が確実なものでないならば、被災自治体においても備えをしなければならない。石川県の馳浩知事からも『安心して復興・復旧に取り組むことができる』という言葉もいただいた」

岸田首相は2日の衆院本会議で予算案が可決された後、首相官邸で記者団にほっとした表情で語った。予算案には能登半島地震の復旧・復興のための予備費1兆円が計上されており、予定通りの執行が確実となった。

首相は予算案の年度内成立が確実となる2日までの衆院通過に強くこだわった。不測の事態で年度内成立ができず、党内の求心力が低下する事態を避けたい考えもあったとみられる。首相自ら衆院政治倫理審査会に出席するという過去に例のない対応を取ったのは、首相の強い思いの表れだった。

立民は予算案の2日までの衆院通過を阻もうと、1日、小野寺五典・予算委員長(自民党)の解任決議案と、予算案の担当閣僚である鈴木財務相の不信任決議案を衆院に提出するなどしたが、抵抗戦術は1日だけで取りやめた。

潮目が変わったのは、小野寺氏の解任決議案が議題となった1日の衆院本会議で、立民の山井和則衆院議員が行った2時間54分の趣旨弁明演説だった。

長時間にわたって演説するフィリバスター(議事妨害)と呼ばれる戦術で、日本維新の会と国民民主党は「昭和の政治だ」と反発。鈴木財務相の不信任決議案の採決でそろって反対に回ると、立民は1日深夜、予算案の2日採決で自民と大筋合意するなど、方針転換せざるを得なくなった。

自民内からは、主要野党で不信任決議案に賛成したのが、立民以外では共産党だけだったことから、「『立憲共産党』批判を恐れ、引いたのではないか」との見方が出ている。立民幹部は「予算案の年度内成立は確実になり、他の野党の信頼も損ねた。うちだけ損をした格好だ」と肩を落とした。

予算案の審議は4日から参院に舞台を移す。野党は派閥の政治資金規正法違反事件を巡り、参考人招致や証人喚問をちらつかせ、追及を続ける構えだ。予算案の年度内成立を期限ぎりぎりで確定させたものの、首相の苦境は続きそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村




コメントの投稿

非公開コメント

No title

麻生太郎
「キミ 座りっぱなしに耐えられるかね?」
耐えられません
(・_・;)

Re: aozoratenki2さんへ

aozoratenki2さんへ
立憲の山井議員終始ドヤ顔でしたね😓

鹿児島暴露クラブ 管理人
7ドラゴン
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR