FC2ブログ

鹿児島2区衆議院補欠選挙 その2

徳洲会グループが昨年の参院選で支援したのは、自民党から比例代表で出馬した園田修光氏だった。

昨年の4月下旬、徳洲会グループの地区責任者から各地の病院に「今夏の参院選において園田氏をグループ挙げて支援することになりました」とし、職員に支援活動をさせるよう求める文書が送られたそうです。

これと合わせ、各病院に園田氏の事務所から、園田氏の名刺やチラシ、ポスターなどが大量に届けられ、職員らに取引先業者などを回って支持者を獲得する活動が割り振られたという。

7月4日の公示後には、各地の病院職員らが集めた取引先などの名簿をもとに、徳洲会グループ東京本部職員らが園田氏への支持呼びかけの電話攻勢を展開。

選挙戦終盤に各病院へ送られた指示文書では、「支援を最後まで広げていくため」とし、園田氏の個人演説会の映像を患者の会合などで視聴させるよう求めたほか、「医療連携している近隣の社会福祉施設を訪ね、園田氏の推薦書に署名を依頼するように」とも指示。推薦要請文の見本などを各病院に配っていた。

園田氏は平成8年、衆院選鹿児島2区で徳洲会理事長の徳田虎雄氏を下し初当選したが、その後3期連続で虎雄氏や後継者となった徳田毅氏に敗北。前回の衆院選は出馬を見送り、徳田毅氏の支援に回っていた。

園田氏は報道機関の取材に対し、「虎雄さんから支援してくれると聞いて、ありがたいことだなと思った。徳洲会からポスター、チラシを大量に送ってほしいと言われて慌てて送ったが、どんな活動をしてくれたのかは分からない」と話した。

【昨年報道されたニュースより一部転載】


えっ?

「どんな活動をしてくれたのかは分からない?」って?

これまでに幾度となく選挙区で議席を争った徳田陣営の選挙手法が分からないなんてウソだろ!

まぁ~応援してもらうこと自体が犯罪だという訳ではないからそりゃ~それで構わないけどさぁ~

病院職員らは公示前から約3カ月間にわたり、後援会員集めや推薦団体探し、患者への支持呼びかけなどの活動をさせられたといい、医療現場を選挙のたびにフル回転させていた実態が明らかになったって話ですよ!

医療現場の職員が患者さんをほったらかして貴方の選挙運動をやってたんですよ!

一度は議員バッチつけた経験があるんだから、「知らなかったとはいえ、昨年の参院選で私の選挙応援をして下さった病院職員の皆様方には大変ご迷惑をおかけ致しました。」・・・補欠選挙への立候補を表明する前に、このくらいのことは言うべきなんじゃないの?

病院職員と患者さんは犠牲者だと思いますよ!

お詫びも言えないような人が政治家を目指す?

ふっ(笑)

まぁ~頑張って下さい。



(=・ω・)/・・・・・・・・・・ツカレマスネ!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR