FC2ブログ

奄美大島発 2つの怪しい噂ばなし【鹿児島県建設業関連】

ホンマかいな?

国土交通省が奄美市や地元遊漁船組合員の意見を良く聞かず、勘違いしたまま別地点にブロックの建設を強行したという話が飛び交っているようですが・・・本当なの?

地元では施工費約3億6千万円が無駄遣いになるのではないか?との不満の声が上がっているとか・・・


問題となっている現場は長浜西防波堤近くのようだが、地元住民の話によると本来工事しなければならなかったのは遊魚舟を係留する場所であり、当初から工事箇所が違うのではないか!?と問題になっていたという。

「工事する所を間違っているのではないか?おかしいだろ!」と抗議する組合員に対し、地元選出の県議会議員のA県議が、工事を進めることへの理解を求めるため、地元住民に説明してまわったとの話もある。

何故?国土交通省が発注した工事の地元対策にA県議が登場するかはイマイチ意味が分からないが、地元建設業協会役員とA県議のこれまでの密接な関係ぶりを考えれば理解出来ないこともない。

問題となっている現場は平成26年8月末に一部完了し(※鹿児島市の大手建設会社が1億6千7百94万円で受注し工事完了)、平成26年8月末から来年2月末頃にかけ別の業者が残工事を行うようだ。

ちなみに残工事を1億9千6百72万2千円で落札し受注したのは、奄美大島の建設業協会の役員会社である。


今回の問題について地元民は「本当は別な場所に波消し用の構造物を造ってほしいというのが釣り舟遊漁船組合からの要望だったそうです」「地元民の声は無視され、地元民の為の工事ではなくただただ予算を消化するためだけに役人主導で無駄な工事が推し進められているような気がします」と語った。

地元から不満の声が上がっているこの問題、地元県議が登場したりと気になる点も多いことからこれからも注視したほうがよさそうである。


もう1つの「ホンマかいな?」は・・・

な・な・な・なんと・・・奄美大島の某地区の大手建設会社と指定暴力団組長との怪しい関係についてである!

この建設会社の地元公共工事の受注ぶりを見るとき、ボクは単なる首長との癒着問題だろうと想像していたのだが・・・

調べてみるとどうも様子が違うようだ。

実は地元では・・・建設会社社長が指定暴力団組長と昵懇関係にあることは皆が知っていると言うのだ!言うことを聞かなければ何らかの報復があると考え、それを恐れた首長は問題の建設会社社長の言いなりになっているとの噂が絶えないのである。

当の建設会社社長本人も「○○組長と俺は兄弟分だ!」と日頃から豪語しているという。

暴力団組長との関係を背景にちらつかせ、地域の公共工事を我が物顔に仕切っているというのが事の真相のようだ。

今回のこの問題が真実ならばコンプライアンスに抵触するどころか、ある意味刑事事件に発展する可能性すら出てくる。

前代未聞のこの問題・・・真相究明される日は意外と近いのでは・・・


(=・ω・)/ヨナオシタイノミナサン!カンレンスルジョウホウモ ヨロシクオネガイイタシマス!


【カゴシマ バクロクラブワ シンチャンスエコ フタリノ アイヲ オウエンシマス!】

↓ポチット↓ヒトオシ オネガイシマス!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR