第5弾!奄美大島の大和村で何かが起きようとしている!・・【独自シュミレーション】

2 0
ひょっとしたら・・・大和村を舞台とした大型工事(謎のプロジェクト)の、未来の落札業者(JV)は既に決定しているのではなかろうか?

一連の流れを考えると何となくそう思えて仕方ない。

そもそも役所が主導してプランを立てているなら、早い時点で議会で取り上げられるなり何らかのアクションがあるのが普通の流れである。

しかし、今回の一連の流れを見るとどうも腑に落ちない点が多く見受けられる。

その1つが某議員の怪しい動きだ!

開発行為に伴う用地の買収があるとするなら、役場サイドが事前に地権者に打診するなどの動きがあるのが普通だろう。

ところが・・・役場職員ではなく大和村の某議員さんが用地の取りまとめに動いているのではないかとの情報がある。

事業自体が公表されていない現時点で、役場サイドが露骨に動く訳にいかず議員が代走で打診に奔走していると考えるべきなのか・・・

いやいや・・・それは無理がある・・・事前に情報を共有したとなれば情報漏洩となりかねない。

では何故?表に出ていないプロジェクトなのに議員が動いているのか・・・

誰からの依頼で動いているのか?

事業そのものが民間事業であるならばそのような動きがあったとしても不思議ではないが、ちまたで囁かれている大和村主体の「大型プロジェクト」実現のための足場固めで議員が動いているなら、一部の議員のみが役場と情報を共有していたことになる。

とにかく今回の大型プロジェクトには謎が多すぎるのだ!

※※※これはボクの推測だが【妄想シュミレーション】↓↓↓↓↓

◎プロジェクト自体を複数の建設会社などが企画立案。
↓↓↓↓↓

◎プロジェクト参加企業でコンサル会社【A】を設立する。
↓↓↓↓↓

◎【A】コンサル会社が別のコンサル会社【B】と契約を結ぶ。
↓↓↓↓↓

◎大和村に【B】コンサル会社が企画提案する。
↓↓↓↓↓

◎村長がそりゃ~素晴らしい話だとノリノリになる。
↓↓↓↓↓

◎役場と【B】コンサル会社が内々で事業を組み立てていく。
↓↓↓↓↓

◎【B】が【A】に情報を垂れ流す。
↓↓↓↓↓

◎事業のすべてを把握することに成功した【A】コンサルは、ヨダレを滴ながらその日が来るのを待っている。↓↓↓↓↓

◎大和村議会で大型プロジェクトについて議論される。
↓↓↓↓↓

◎あたかも初耳だったかのように驚く議員たちだが、実は既に根回し済み。それどころか用地買収でハチマキを巻いて走り回っていた協力者もいた。
↓↓↓↓↓

◎議会では正統性をアピールするため「過疎化脱却」「雇用を増やす」「税収を増やす」を軸に議論し、「企業誘致」「大学誘致」「地震対策として老朽化した役場もついでに建て替えましょう」ってな方向に持って行く。
↓↓↓↓↓

◎そりゃ~素晴らしい発想だ!だから数ヶ月前に大学キャンパス誘致したいって新聞記事に出てたのね。村民も議員も納得する。
↓↓↓↓↓

◎大和村が大型プロジェクトを打ち上げる!(※地元紙が大々的に提灯記事を書きまくる)
↓↓↓↓↓

◎プロジェクトそのものが本格的に前に進みだす。
↓↓↓↓↓

◎さぁ~今からスタートだ!と思っているのは何も知らない村民と何も知らない一部の議員さんだけ。実は昨年の秋には絵図は出来上がっていた。
↓↓↓↓↓

【※※途中の過程は省略※※】

◎いよいよ発注時期到来!
↓↓↓↓↓

◎3~4JVが入札に参加。
↓↓↓↓↓

◎ところがドッコイ本命がどのJVか分かっている他のJVは全くヤル気なし!とりあえずは奄美市の大手建設会社2社の顔をたててお付き合い入札に参加。
↓↓↓↓↓

◎予想通り本命JVが落札!答えありきの出来レース入札完了。
↓↓↓↓↓

◎その後しばらくして落札出来なかったJV関係者から「落札業者は最初から決まっていた」などの愚痴が出回る。
↓↓↓↓↓

終わり。
( ̄~ ̄)ξ

ってな事になるのではないかと思っちゃうんです。

という訳で・・・まさかとは思うのですが、そのまさかに備え今後も情報入手とともに随時発信し続けたいと思います。

ただ・・・どうしても分からないことが・・・あるんだよね。

予算どうするの?

大和村にそんな予算捻出出来るの?

そこが謎なんだよねぇ~

まぁ~情報を整理して行けばそのうち謎は解けるでしょう。

大型プロジェクトに参加しているそこの貴方!鹿児島暴露クラブから目を離しちゃダメよ!

Click↓↓↓Click







ページトップ