FC2ブログ

南大隅町長選挙 備忘録2・・・南大隅町の常識は日本の非常識・・・その117

Click→鹿児島暴露クラブ・南大隅町関連
選挙前・・・選挙中・・・そして選挙後・・・町長選挙にまつわる様々な話題が市中を駆け巡り南大隅町はおかしな雰囲気に包まれている。

誰が味方なのか・・・
誰が敵なのか・・・

迫口氏の出馬のお膳立てをした者がいるのではないか?

迫口氏は何を根拠に某選挙陣営に密約があったと言い放ったのか?

根拠があったとするなら証拠を示せるのか?

今回の南大隅町長選挙は前回とは違い摩訶不思議な選挙戦となった。

突然立候補を表明し、選挙目前で出馬を取りやめた放射性廃棄物処分場誘致推進派の田中氏・・・

突如現れ話題の人となった放射性廃棄物処分場誘致反対派の迫口氏・・・

さらに立候補者だけではなく立候補者を支持する側にも大きな変化があった。

特に目を惹いたのはこれまで森田氏を支持してきたミスターX(南大隅町に放射能廃棄物を持ち込むため大活躍した人物)の変貌ぶり・・・

この人物が森田氏と東電とを結びつける橋渡し役であったことは誰もが知っている。

だが、ミスターXは今回の町長選挙前に自らが関与したモーターボート譲渡について、「森田町長から売買代金を受け取っていない」「頼まれて領収書を先に交付した。未だに代金未払いの状態」と言い放ったのだ。

ミスターXの発言が真実であればまさに選挙を目前にしての「秘密の暴露」ということになる。

ミスターXがモーターボートの件を暴露したことを知った瞬間「仲間割れ?」「足を引っ張っているのでは?」・・・「条例作った森田氏は用済みってことか?」誰もがそう考えに違いない。

選挙前にわざわざ暴露するとはあまりにもタイミングが良すぎる。

ミスターXの暴露はその後もとどまるどころか、日増しにエスカレートしているのではないかとさえ感じる。

彼が良心に基づき真実を語っているならば、今語るのではなく前回の町長選挙前に語って欲しかったというのがボクの正直な気持ち。

現在、森田氏は様々な疑惑の追及を受けている。

町民を欺き町長自ら放射性廃棄物処分場誘致に奔走していた時期に様々な接待を受けていた容疑がかかっている。

都心のホテルや向島の料亭などでの接待。

銀座のクラブでの接待。

さらにはデリヘルの話まで飛び出す始末だ。

皆さんはどの様にお考えか分からないが、ボク的には今回の疑惑については「限りなく黒」だと思っている。

要するに接待を受けただろうということだ。

接待した者が食事やクラブでの支払いの記録を提示しても構わないと言っていると聞く。

また、デリヘル接待についても支払った方法や料金についても具体的に語っている。

炎上火だるま状態といえよう。

まさしく昨日の友は今日の敵となったわけだ。

それにしても利害関係が無くなった瞬間に暴露?それはそれで何とも複雑な気持ちになったのもこれまた事実。

森田氏のデタラメぶりは今に始まったことではないことからさほど驚きもしないが、ミスターXの変貌ぶりにはただただ驚くばかりである。

デリヘル疑惑については「インターネットでデリヘル嬢あっせん業者を調べ女性の派遣を頼んでいた」「その後にホテル前で女性と待ち合わせデリヘル嬢側に代金を支払い、部屋番号を教えて部屋に送り込んでいた」と接待役側の関係者が証言しているようだ。

驚くべきは料金の高さ。

通常のマッサージであれば時間にもよるが数千円〜1万円くらいなのでは?と思うのだが、接待役側の関係者は毎回4〜5万円支払っていたとか。

だからこそ買春行為があったのではないか?と指摘されているのである。

一方、森田町長はそれらの疑惑について未だに沈黙。

だが・・・ここにきて一部住民が森田町長にまつわる疑惑について「白黒」をつけるべく追及するのではないかとの噂が南大隅町で広まっている。

「白黒つける」とは今回浮上した疑惑を司法機関に告発するということだろう。

先日、当ブログにある方から非公開コメントが寄せられた。

内容はと言うと・・・今回、森田氏は町民からの告発をもとに警察に間違いなく逮捕され失職する!・・・貴殿は今回の疑惑についてどうお考えか?と言うものだった。

非公開コメントだったのでコメント欄ではなく、あえてここでボクの考えをお伝えします。

先ずは疑惑についてですが、今回言われていることはほぼ間違いないのではないかと考えています。

ただ・・・森田町長が告発後に逮捕され失職するとの話については、コメント下さった方とは若干見解に相違があるかな?

告発され逮捕されるとのことですが、警察に告発したからといって必ず逮捕されるとは限りません。

警察も証拠を検証し事件性があるか、ないか、先ずは判断し、その後に検察と協議するはずです。

逮捕することは簡単なことですが、まずは捜査段階で起訴出来るか、起訴出来ないかの判断をしなくては逮捕に踏み切ることは出来ないでしょう。

えっ?証言する者もいるのに?逮捕されない可能性があるのか?とのお考えを持つ方もいらっしゃるとは思いますが、ボク個人の見解としては果たして警察が証言を証拠として採用し、それだけをもって逮捕起訴出来るのか?という素朴な疑問が湧いてくるのです。

要するに証言は証拠になるのか?と言うことです。

例えば殺人現場に血まみれの包丁が落ちていた・・・包丁に容疑者の指紋が付着していた。
この様な場合は包丁についた指紋を証拠(物証)とし逮捕状を請求し逮捕に踏み切ることになると思う。

証拠とは何か?
一番の証拠は「容疑者の自白調書」であることは間違いありません。

次に「物証」(血まみれの包丁に指紋がついていれば立派な物証)。

証言も証拠ではありますが、証言や供述証拠については、「証拠にはなるけれどもそれだけで決め手と判断することはなく、何か他の補強事情と合わすことでその証言が信用できると判断した場合に、はじめて決め手となる証拠として取り扱う」ということになると思います。

逮捕することは簡単ですが、逮捕する以上犯罪を立証しなくてはなりません。

公判を維持出来るか・・・維持出来ないか・・・この事を判断するのは警察ではなく検察です。

証言も証拠の1つではありますが、状況証拠にしか過ぎません。
状況証拠だけでは公判維持が出来ないと考えるべきでしょう。

よって・・・物証がない以上、状況証拠をより多く集め積み上げて行くしかないのです。

では、状況証拠を積み上げることで必ず起訴出来るのか?という素朴な疑問が湧いてきますが、答えはNOです。

状況証拠のみでの起訴は事案にもよりますが、おそらく10%〜30%くらいの確率ではないかと思います。

ひょっとすると10%〜15%かもしれません。

今回の森田町長の疑惑についてですが、接待役側が支払った代金の領収書等が事件(容疑が断定出来ないので事件と記)の物証と成り得るかが最大の焦点になるのかな?

接待現場に森田氏がいたという証拠・・・日付け入りの写真など。
森田氏自身が接待現場にいたと供述するか?そして接待を受けたことを認めるか?
この辺りが物証が物証として意味を成すか成さないかの判断に繋がるのではないかな?

あと・・・デリヘル接待についても同様です。

女の子が確かに森田氏の相手をしましたと供述しても、それは傍証にしか過ぎず状況証拠の1つとして取り扱われるのではないか?と思います。

それと・・・森田氏自身がデリヘル接待を受けたと供述するか?
例えば、「確かに女の子が部屋の入り口まで来ましたが、お断りして帰っていただきました」
森田氏がこの様な供述をしたならば、女の子が森田氏の顔を知っていてもおかしくないし、接待役側がホテルに入室する前に女の子側に代金を支払ったと証言したからと言って、支払いをした行為が必ずしも森田氏が接待を受けたとする証拠であるとは断言し難いと裁判官から判断される可能性があります。

女の子が森田氏の顔を知っていることも傍証であり状況証拠にしか過ぎないということです。

サービスを受けたという明らかな証拠が必要でしょう。

さらに料金の高さから買春が疑われていますが、そもそもデリヘルでの本番行為は違法。
買春をデリヘル側が言及することは管理売春を認めることになるので、料金の高さについてどの様な説明をするのか気になるところです。(話の信憑性を確保するため必ず検察官はそのことは調書にまくはずです)(あと、店側には何ら直接迷惑をかけていない森田氏のことを、デリヘルと料亭の経営者は検挙に向けての調書作成に協力するのか?老舗の料亭が例えどの様な状況であれ任意の協力で警察に顧客情報を出したとなればのれんにキズがつくのではないか?また、デリヘルも同様に顧客から信用を失くす可能性があるが調書作成に協力するのか?この点も気になるところである)

犯罪を立証するのは訴えた側の仕事。

日本の裁判において起訴後の有罪率は99,9%くらいじゃないかな?

この数字は有罪に持っていけない事件は起訴しないという事を意味しているのです。

さらに残念なことにウソつき森田氏は町長という公人の立場にあります。
仮に起訴し有罪に持っていけないような不測の事態になれば、起訴すると判断した検察官は勿論のこと、下手すれば次席検事にまで火の粉が及ぶ可能性すらあります。

まさに出世の妨げになるってやつです。

公人を逮捕する以上は必ず起訴しなくてはならないと考えているでしょう。

任意の取り調べ(事情聴取)、在宅起訴、などの言葉を聞いたことがあるかと思いますが、よほど間違いない証拠がない限り、政治家については先ずは任意の取り調べを行い起訴出来るか出来ないかを判断します。(勿論警察の取り調べと検察官の取り調べがあります)

任意の取り調べ内容を精査しその後どのように動くか決めます。

事件として取り扱うと判断した場合。(有罪に持って行ける)
◯逮捕状を請求、身柄を確保し(逮捕)取り調べを行なう。
◯逮捕状を請求、身柄を確保せず(在宅)取り調べを行なう。
いずれかのパターンかな?

事件として取り扱う事が出来ないと判断した場合。(公判維持が出来ない可能性がある。無罪判決の恐れがある)
◯任意の取り調べのみで一旦留保。(新たな証拠が出て来るまで待つ)

その政治家がいくらボンクラでも起訴出来ない可能性が10%でもあれば逮捕に踏み切ることはないでしょう。

ということは・・・公判維持の為の証拠を90%固めなければ逮捕しないということではないでしょうか?

今回、告発に踏み切る方々がどこまでの証拠を握っているのかが勝負の分かれ道です。

聞いたとか・・・言っていたなどの伝聞レベルでは全く話になりません。

少なくとも今回取材に応じた接待側の人間やデリヘル業者には面前で話を聞いたほうがいいかもしれませんね。

告発だからそこまでする必要があるのか?とのご意見もあるかと思いますが、出来ることならそこまで裏を取っていたほうが正解だと思います。

何故かと言えば・・・警察が立件出来ないと判断した場合、これだけ疑惑が周知された以上、森田氏側が名誉毀損で逆に訴えてくる可能性があるからです。

森田氏が現時点で動かないのは先ずは立件されるか?立件されないか?様子を見ていると考えるべきではないでしょうか。

反撃された場合どのように対処するかのシュミレーションも必要。

森田氏が名誉毀損で訴える相手は必ずしもミスターXやデリヘル業者とは限らないのです。(的を変えて来る可能性もある)

告発者に対してのみ民事や刑事で訴えて来る可能性もあるということです。

可能性が1%でもあるならば気をつけるべき。

ついつい長々と書き綴ってしまいましたが、再度言いたいことは疑惑については黒だとは思いますが、森田氏の逮捕については間違いなく逮捕されるとは言い難い。

全ては証拠次第。

そして、告発者は森田氏からの反撃に備えることを怠ってはいけないということです。

森田氏が前科一犯になると思っていたら、いつのまにか自分が訴えられちゃっただなんてことにならないよう万全の態勢と細心の注意を払って下さい。

1%の危険があればNOリスクとは言えないのです。

次回へ続く。

PS・・・「お前も森田氏の疑惑について黒だと書いてるから訴えられる可能性があるのではないか?」とのご意見があるかと思います。

そうですね。
あるかもですね。
最悪身柄まで取られるようなことになれば、その時は仕方ないので留置場でのんびりと本でも読んで過ごすことに致します。ハイ。
Click↓↓↓Click




コメントの投稿

非公開コメント

接待問題について

今回の暴露クラブを拝見しました。逮捕までとなると敷居が高い様々な条件が横たわっているのですね。
 ところで報道されたからには、報道した側も相当腹を括って報道したはずですから・・・黒い疑惑の存在自体は確実に把握しているのではないかと思います。
 接待疑惑については、順番的には、まず町民側から公開質問状を含む、真相を明らかにするよう求める数多くの立て看板の設置や100条委員会において真相解明を求めるチラシ等を配布すべきではないかと思います。
 その事を受け、南大隅町議会側が、はじめて疑惑解明の為の100条委員会を設置し、接待疑惑の真相を究明すべきではないかと思います。
 ところで・・・選挙期間中指宿市から黒のベンツが南大隅町に来たと言う話を聞いていますが、誰が?何の?の用事?で誰?と誰?にどのような話?をし、誰かが一筆入れたと言う話、その一筆の写し等具体的な内容の証拠が未だないのところで一部町民が騒いでいるのもおかしいな~~~と思います。

Re:コメントありがとうございました

コメントありがとうございました!
ご指摘の通りそれなりの証拠があるからこそ問題提起されたのだろうと思います。
あと・・・接待疑惑追及について、まず町民側から公開質問状→真相を明らかにするよう求める数多くの立て看板の設置→100条委員会において真相解明を求めるチラシ等を配布がいいのではないか?とのことでしたが、流れとしては適切な流れではないかと思うと同時に賛同致します。

町民が問題提起する手順として公開質問状を提出することは意義があります。
回答を得られなかった場合、得られなかったから次の行動に出るという大義名分が立ちます。
立看板に書く内容にもよりますが、設置場所や内容によっては上げ足を救われることも予想されますので、法に抵触しない形で上手に行動すればオッケーです。
また、効果も望めると思います。
いきなり百条委員会設置に動くより上記行動をした後に、町長から回答を得られなかったことについて、それぞれの議員の考えを引き出すために議員全員に公開質問状を提出してはどうでしょうか?

質問状の中に「町長から真偽について回答を得られなかった。よって真偽について町民の疑問に答える為にも百条委員会を設置するべきではないかと考えるが、貴殿らの意見をお聞かせ下さい。と、同時に、町民から百条委員会設置の要望書が提出された場合、貴殿は百条委員会設置に賛成しますか?反対しますか?」

この公開質問状に対し回答しなかった議員や百条委員会設置を拒む議員については、それこそ看板に質問状のコピーを貼り付け内容を知らしめるべきでしょう。

ここから告発に打って出れば様々な危険を回避出来るかな?って気がします。
告発するまでのプロセスっていうか足跡を作ったと言えるのではないでしょうか?

それと・・・黒のベンツが南大隅町に来たと言う話ですが・・・ボクの元へは具体的な情報は入って来ていません!

ただ・・・指宿から来た?との話が事実であれば気になりますよね。
人の口には戸は立てられないとの諺がありますから、そのうちいろんな話が出て来るのではないでしょうか。

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR