未解決殺人事件!鹿児島県 阿久根 大川強盗殺人事件

【平成9年8月1日 事件当時の似顔絵・この顔にピンときたら110番】






1997年8月1日の午後2時頃、鹿児島県阿久根市大川の下薗さんの住宅に2人の男が押し入った。

押し入った2人組は在宅中であった下薗さんと下薗さんの妻に対し「金を出せ!」と迫り、金属バットで殴る蹴るの暴行を加え夫を殺害、また妻も重傷を負う大怪我をした。

2人組の男は被害者宅を物色したものの、結局は何も盗らずに・・・盗らずにというより・・・被害者宅にあった現金を見つけることが出来ずに手ぶらのまま車で逃走。

ちなみに事件当日 被害者宅には現金800万円が保管されていた。

現金が手付かずだったことから怨恨か金目当てかは特定されていないとされているが、ボクが思うに怨恨ではなく、金目当ての強盗事件で単に金を見つけることが出来なかった・・・金を見つけることが出来なかったまではまだ良しとして、被害者が死亡したことにより強盗事件が強盗致傷事件でとどまるどころか、強盗殺人事件になったという悲惨な事件だと思う。

この強盗殺人事件は、未解決のまま今月の8月1日で丸20年が経過した。

犯人の特徴【平成9年8月1日 当時】
◎犯人A→→20〜40歳、160センチくらいの小太り。

◎犯人B→→20〜40歳、170センチくらいのやせ型。

犯行に使用したと思われる車両は熊本ナンバーの白い乗用車。

その後の捜査で犯人の遺留品と思われる作業着や帽子、夫に暴行を加えた時に使ったと見られる金属バットが発見されている。

20年前と言えばひと昔前・・・当日現場に被害者以外のDNA鑑定につながるような遺留品は残されていなかったのか?

髪・・・皮膚片・・・飛散したツバなどの体液・・・

20年前は不可能でも現在の科学捜査なら鑑定可能なのでは?と思うのだが・・・

DNAにつながる情報は出て来ない・・・また、捜査のすすめかた見たとき、当日事件現場に遺留品など残されていなかった可能性が高く、ゆえに事件発生から20年経過した今もなお犯人逮捕につながる有力な情報が得られていないのだろう。

Click→→鹿児島県警察ホームページ・阿久根市 大川強盗殺人事件

そう言えば・・・未解決事件にはよく懸賞金がかけられることがあるが、阿久根の強盗殺人事件には懸賞金がかけられているのだろうか?

複数による犯行であれば、長い月日の中で周辺者についつい喋った可能性があるのではなかろうか?

であれば、犯行に及んだ2名が懸賞金目的で情報提供することは考えられないが、秘密を知る犯人以外の周辺者が懸賞金につられ暴露する可能性はゼロではないはずだ。

この事件は怨恨による事件ではなく間違いなく金目当ての強盗殺人事件だと思う。

犯人逮捕には大々的に懸賞金を掲げ情報提供を呼び掛けることが事件解決への近道なのではなかろうか。

Click↓↓↓Click ポチッとヨロシクお願いします。






「M」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
訪問者カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR