FC2ブログ

デタラメ阿久根市有害鳥獣協会・・・会員無視・会員無視・会員無視・会員無視・会員無視・腐った肉を食肉用に加工?嘘つきは泥棒の始まり

デタラメ阿久根市有害鳥獣協会・・・会員無視・会員無視・会員無視・会員無視・会員無視・腐った肉を食肉用に加工?嘘つきは泥棒の始まり

イノシシやシカなどの有害鳥獣を駆除した際に支給される補助金の一部を、会員の総意を得ずに協会が不正に徴収していたことが判明した。

簡単に言うと・・・コソーッとピンハネしていたということ。

協会役員はピンハネしていた理由について「解体処理施設の運営についての貯蓄」だったと説明しているようですが、協会員には事前に説明がなされていなかった訳ですから疑いの目で見られても仕方ないですよね。

過去に、霧島市でも似たような事件がありましたが、あの時は一頭の鳥獣を様々な角度から写真に写し複数駆除したかのように偽装し駆除で得られる補助金をパクってたという完全な詐欺事件でした。

Click→→2017/6/4・霧島市で4年間で252件!有害鳥獣捕獲報償費を不正受給・・・絶対に刑事告訴すべき!

Click→→
2017/6/15・【ひとくちメモ】霧島市→鳥獣駆除報償費不正受給問題→お茶濁しで手仕舞い→茶番劇

有害鳥獣協会ってのは本当にいい加減だわ。

補助金支出している側の阿久根市水産林務課は「3団体の決算書や通帳などから、不正がないことは確認している」「徴収分の使途を協会内で明示し、会員に丁寧に説明するよう再三求めている。改善が見られない場合、ほかの補助も含め制度を見直したい」と、話しているようですが・・・改善が見られない場合とか呑気なことを言ってますが、改善が見られなくとも補助金が適正運用されるよう阿久根市独自のガイドラインを作成すべきではないかと思います。

お役所仕事はユルユルですから困りますよね。

それと・・・デタラメ阿久根市有害鳥獣協会は腐ったイノシシやシカを食肉用に解体処理したとウソ八百を並べ立て補助金を申請した疑いがあることが新たに判明しているようです。ハイ。

2015年に撮影されたイノシシは腐っていた。

2015年の写真では、シカの腹の部分が他の動物に食べられていた。

2016年の写真では、シカにハエがたかっていた。

腐った肉を食肉用に解体した?

マジ笑わせますよね。
完全な補助金詐欺!(阿久根市は絶対に告発しないと思います。出来ることなら会員が連名で告発してみてはいかがでしょうか?)

さらには・・・会員が猟に出かけた日数を水増しして報告書に記載し、市から補助金を受けていたって話。(会員を利用し水増し請求していた立派な犯罪。被害者→→会員と阿久根市)

こいつら確信犯だな。

協会を通して会員に支払われるはずの補助金が会員には支払われていなかった今回の問題について、協会は「運営費に充てた」などと言い訳しているようですが、涼しい連中と言うか・・・「会員はクルクルパーだからほっとけ!発覚した時に事後報告ってことで話をすりゃ〜いいだろ!」とでも考えていたのでは?と言いたくもなる。

協会会長→→→「説明不足もあった。申し訳なく思っている」(注・「説明不足もあった」どころの話ではない。この後に及んで素直に謝罪できないなんてクズ同然。反省の色なし)

協会員→→→「あまりにもひどい。腐敗したのまで解体処理したようになっている」(注・虚偽の申告をして不正に補助金を受け取ったなら間違いなく犯罪」

阿久根市によると、2015年度だけでも約2370万円が協会に支払われているとのこと。

2370万円ですよ!

まさしくチンガラ阿久根市有害鳥獣協会ですね。(注・意味・チンガラ→→無茶苦茶)

いい加減なことをやっても、いざバレた時はゴメンなさいで済むからこの手の協会は不祥事が無くならない。

何れにせよ会員を無視し物事を勝手に決めちゃうような役員はクビにしたほうがいいと思います。

いや・・・クビにしたほうがいいと思うではなく、絶対にクビにすべきです。

役員がそのまま役員続けるようなことになれば、それこそ阿久根市民から笑われちゃうのでは?

2つとも↓ポチッとClick ↓ヨロシクお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 鹿児島県情報へ





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR