FC2ブログ

【予告編】龍郷町!次の注目物件はココだ!既に落札者は決まっているのか?

【提供写真】

西郷南洲翁が今の龍郷町政を見たらきっと嘆くことだろう。
南洲翁遺訓から一部転載
【為政者の基本的姿勢と人材登用】
廟堂に立ちて大政を為すは天道を行ふものなれば
政府に入って、閣僚となり国政を司るのは天地自然の道を行なうものであるから、いささかでも私利私欲を出してはならない。
だから、どんな事があっても心を公平にして正しい道を踏み、広く賢明な人を選んでその職務に忠実に実行出来る人に政権を執らせる事こそ天意である。
だから本当に賢明で適任だと認める人がいたら、すぐにでも自分の職を譲る程でなくてはならない。
従ってどんなに国に功績があっても、その職務に不適任な人を官職に就ける事は良くない事の第一である・・・

【下民其の勤労を気の毒に思ふ様ならでは、政令は行はれ難し】
国民の上に立つ者は、いつも自分の心をつつしみ、品行を正しくし、偉そうな態度をしないで、贅沢をつつしみ節約をする事に努め、仕事に励んで一般国民の手本となり、一般国民がその仕事ぶりや生活ぶりを気の毒に思う位にならなければ、政令はスムーズに行われないものである・・・
【提供写真】

国と町とでは規模は違えど長たる者、その職務に全身全霊を注ぎ取り組むべきであり、町民に信頼されるどころか不信感を持たれるなどということは絶対にあってはならない。

龍郷町においては一部の建設会社の入札落札率が著しく高いことから官製談合が行われているのではないかとの噂が絶えない。

所詮、噂は噂にしか過ぎず・・・と、考えがちだが、この噂を裏付けるかのような落札額・落札率のデータが出揃っている。

全ての建設会社がそうであるとは言わないが、龍郷町地元数社については、入札において何らかの違法行為が行われているのではないかと多くの住民は疑惑が払拭出来ないでいる。

以前から警鐘を鳴らしているが、一向に落札の傾向に変化が見られない。

発注者サイドも何事もなかったかのように未だ看過し続けている。

町民は考える・・・「役場も見て見ぬふりをしている」「それどころか、役場が裏で入札を仕切っているのではないか?」

日を追うごとに不信感は膨らむ。

発注者としての威厳が問われているということに町長は気付いていない。
もしかすると、気付いてはいるが抜き差しならぬところまでドップリと浸かりきっているのかもしれない。
国も県も落札率が高止まりし続ける場合、時に受注者サイド(指名業者)に対し不正行為がないかとヒアリングを行う。

そうすることが談合に対する抑止力へと繋がることを知っている。

ここに来て龍郷町が後日発注予定の入札についてまたもや疑惑が浮上してきた。
【提供写真】



噂となっている物件とは・・・マングローブが自生している役場前公園の土地再生整備事業と奄美自然観察の森の整備事業の2件。

この2件については既に落札業者が内定しているのではないか?との噂が市中を駆け巡っているのだ。

まさかとは思うが、龍郷町のいつものビッグ3社が噂通り両物件を仲良く落札するようなことになれば
、噂が単なる噂ではなくなり、事と次第によっては龍郷町2度目の官民癒着の一大スキャンダルとして大注目されることは間違いないと思われる。

龍郷町の建設業界の歪な構図の根底にあるものは・・・「それは島特有の町長選挙が関係しているのよ」「選挙の勝ち組は優遇されて当たり前、選挙応援した訳だから当然そうなるでしょ」「負け組は選挙で負けた瞬間、暫く仕事は取れないと諦める」「Aを見てみぃ、Aは選挙負け組、Aが指名に入れば叩きになってるだろ」「Aは負けは負けだが負け組なりに意地を通しているってことよ」「選挙の勝ち負けで仕事量が変わるのは龍郷だけじゃないよ、宇検も大和も瀬戸内も一緒よ」と地元住民が語った。

耳を疑いたくなるような話ではあるが、これが奄美群島の建設業を取り巻く実状なのだ。

「当たり前だ」が、普通の会話として成立すること自体が驚きではあるが、その当たり前を鶴の恩返しの如く実行する首長の公人としてのモラル・・・いや・・・モラル以前に遵法精神欠如にただただ驚くばかりである。

彼等にとって法律とは一体何なのか?

「慣例」この言葉だけでは説明がつかないところまで来ている。

次回へ続く

Click↓↓↓Click




龍郷町に官製談合疑惑!限りなく100%に近い落札が続いていた!シリーズ第2弾!

龍郷町役場に自浄能力などというものは存在しない。

何故なら・・・発注者自らが一部の建設会社と裏で手を組んでいる可能性があるからだ。

まともな発注者であればこれだけの高落札率が数年も続けば不審に思い、指名業者に対しヒアリングを行うはずである。

しかし、いくら周りが騒ぎ問題提起し疑惑を発信し続けても、仕事を出す側の龍郷町、そして、仕事を貰う側の建設会社、外野の声など聞く耳も持たず「沈黙は金なり」と、言わんばかりに自らのスタンスを変えようとはしなかった。

ある地元住民は「龍郷町の選挙は土建屋のための選挙」「私たちが支払う税金は、一部の土建屋に仕事をさせる為に払っているようなもの」と語った。

そして「余計なことを口走ると自分に跳ね返って来る・・・」そうも話した。

ここで先日執行された龍郷町発注の入札結果を検証してみる。


他地域で建設業を営む者ならこの入札結果を見て思うことはたった1つ。

それは「談合」。

数年に渡り龍郷町の入札結果を見て来たが、どの建設会社が一番美味しい仕事を受注しているか、どの建設会社の落札率が一番高いか、一目瞭然だった。

何らかの形で町長、副町長、幹部職員の誰かが不正に関与していなければこれだけの高落札率での受注が暗黙の了解の如く続くはずがない。

発注者が不審に思わぬ訳がない。

問題にならぬということは、官側が自らも「談合」を承知している、いや、容認していると言っているようなものだ。

町長なのか?
副町長なのか?
それとも幹部職員?

以前も役場職員の不正が明るみとなり奄美群島の建設業界に激震が走った。

今回、またしても事件に発展するようなことになると、司法の目は龍郷町のみならず瀬戸内町、宇検村、大和村、さらには徳之島や喜界島などにも向くことになるだろう。

仮に司法が腰を上げぬようならば、既報の通り発注者のみならず司法機関と建設会社の癒着の可能性も出て来る。

無法地帯と化した奄美群島・・・知らぬは納税者である市民、町民、村民。

血税が食い物にされている。

市民、町民、村民の信託に応えるべき立場の公務員、疑問を呈することすら放棄した地方議員、地元の有力者にへつらい平気でペンを折る地元報道機関(南海日日新聞は除外)、島民は何が真実なのか?何が起きているのか知る由もない。

先日、奄美市発注の入札においても100%での落札が一件あった。



本来ならば疑惑の入札と言いたいところであるが、
奄美市発注の入札件数を考える時、仮に業者間による談合が行われていたとしても、少なくとも官側は関与していない・・・業者間での談合は有り得るが、官製談合の疑いは限りなくゼロに近いと思われる。

業者間による談合も犯罪ではあるが、役場職員など官側も関与しての談合は極めて悪質な犯罪であると言っても過言ではない。

次回へ続く。

【ひとくちメモ】奄美市崎原地区に産廃場建設案が浮上しているみたいですが、世界自然遺産登録前に水を差す話ですね。
空気読めてないねぇ〜

Click↓↓↓Click





龍郷町に官製談合疑惑!疑惑の100%落札劇!シリーズ第1弾

こりゃ〜いくらなんでも有り得ないだろ!
龍郷町発注の水道工事入札で同日に落札率100%が2件も出ました。







100%で落札出来るだなんて・・落札業者のレベルは積算能力鹿児島県NO1決定!・・・と・・・言いたいところだが、な・・・な・・・なんと・・・この日の龍郷町発注の入札で100%の落札が2件あったと聞き、ビックリ仰天!

ボクも長いこと鹿児島県内の入札をチェックして来たが、同じ発注者からの入札で同日に2件100%落札は初めてのこと。

土木や建築工事ならまだしも水道工事で100%での落札だなんて凄すぎるの一言に尽きる。

水道工事は合算経費の積算が難しいはずだ、にも拘わらず2社が100%で落札した。

「官製談合」・・・必然的にこの言葉が頭をよぎる。

町長・・・副町長・・・土木課長・・・生活環境課長・・・どこから入札情報が漏れているのか・・・それとも他の何者かが情報を盗み取ったのか?

ひょっとしたら情報を盗み漏洩した職員は、漏洩者の容疑がかからぬよう入札当日に欠勤していた可能性すらある。

何れにせよ何か裏があることは間違いない。

確かに、龍郷町の入札結果を見ると、落札出来る業者と落札出来ない業者がはっきりしている。

竹山建設なども多く落札していることから注視して来たが、竹山建設の落札率を見ると談合での落札率とは違い、競争したと思われる妥当な落札率なのだ。

それに引きかえ龍郷町に本社を置く数社については驚異的な落札率で多数の物件を落札し続けている。

それにしても龍郷町の町長さんや土木課長さん大丈夫?そのうち警察から取り調べを受けるのでは?

過去に役場職員が逮捕されたことがある龍郷町、当時の土木課長だったっけ?龍郷町の業者が警察に情報提供し、その後の逮捕劇に繋がった。

あれから数年・・・当時警察に情報を提供した者(業者)が、今度は自らが同様に某職員を操り入札情報を得ているのではないか?そのような噂が龍郷町を駆け巡っている。

その噂話には続きがある・・・「当時、警察に情報を提供したことで某刑事と深い繋がりが出来たようです」「少々のことには目をつぶってもらうというような密約が交わされている可能性があります」「だからこそ平気で他の業者を足蹴にし仕事を取り続けている」「ただでさえ乱暴者なのに、警察までバックについているとなれば鬼に金棒」「龍郷町の建設会社は一言も言い返せないって話ですよ」

衝撃的な内容ではあるが、ありがちな話ではある。

仮にその噂話が真実ならば、鹿児島県警本部長のキャリアにキズがつく恐れがある。

当ブログは状況証拠が整い次第、公正取引委員会に告発すると同時に、鹿児島県警本部長に対し「龍郷町官製談合問題」の捜査要請と、業者の用心棒に成り下がっていると思われる警察官の綱紀粛正を強く要望しなくてはならないと考えている。

次回へ続く

【公正取引委員会】
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-10-7
福岡第2合同庁舎別館
TEL:092-431-5881(代表)

【鹿児島県警察本部】
〒890-8566
鹿児島市鴨池新町10-1
TEL:099-206-0110(代表)

Click↓↓↓Click











前略 龍郷町長 徳田康光様

あ~あ~
最初から町民の声を聴けばよかったんだよ~

龍郷町芦徳地区の大型客船寄港地建設計画に民意を無視し簡単に賛成表明しちゃってさぁ~

時には首長が判断しなきゃいけないこともあるかもしれませんが、今回の件は町民に伺いをたてるべきだったと思います。

賛成を撤回したことで多少は非難を回避出来たかもしれませんが、出来ることなら手順を踏み賛成表明すべきでした。

ところで・・・今回、町議にすら意見を求めなかったのかな?仮に数名の町議の意見を参考にし、「これなら行けるぞ!」ってなパターンで賛成表明に踏み切ったなら・・・そりゃ~後押しした議員さんも悪い・・・って言うか・・・嵌められたんじゃないか?そんな気がしてなりません。

えっ?何故?町長の足を引っ張る必要があるのかって?

来月の町議選挙・・・もしくは来年の町長選挙・・・皆さんいろんな思惑があるんじゃないですか?

地方の選挙は土建屋さんが裏で操るって話をよく耳にしますが、龍郷町はどうでしょう?

言いたい放題の土建屋さんに振り回されていませんか?

特定企業に利益を誘導するような町政は必ず身を滅ぼします。

たとえ足を引っ張る奴が出てきても毅然とした態度で挑むべきです。

町民の為の政治を行えば「信頼」を獲得出来るはず。

それと・・・特定企業に利益を誘導するべきではないと申し上げましたが、ちょっと気になることが・・・

地元企業を優先したい気持ちは分かりますが、龍郷町の建設業者に対する格付け調べたら思わず「えっ!?」って思っちゃいました。(※平成28年度 龍郷町建設工事入札参加資格者格付表を参照)

龍郷町外に主たる事業所を有する業者は奄美市の格付けを準用採用しているんですね。

そのやり方ってどうなんだろう。

龍郷町においては地元の3社(浜島産業・南洲建設・中善組)が、土木・建築・管・舗装・水道、いずれもAになっています・・・この3社の県の土木と建築の格付けは以下の通り。

↓↓↓↓↓

◎浜島産業・・土木(C)・・建築(D)

◎南洲建設・・土木(C)・・建築(D)

◎中善組・・・土木(C)・・建築(丸D)

県の格付けはこんな感じですが龍郷町ではオールA~~~~技術者大丈夫かい?

なのに・・・龍郷町外の業者は奄美市の格付けを準用。

なんか違うような気がするんだよね。

不公平っていうか不公正っていうか・・・指名外しなどでお騒がせした過去の苦い経験が生かされてないっていうか・・・

町外業者に対しても龍郷町独自の格付けをつけるべきだと思いますよ。

そうすることで公平かつ公正な格付けが確保されるのではないでしょうか。

あっ!そうそう!町のホームページ見てたら都市再生整備事業のプロポーザルの実施についての記事が出てたけど・・・

この手の事業が一番気をつけなきゃいけないんだよねぇ~

提案が一番優れている事業者を選定するってやつだからさぁ~

ある意味官製談合やり易いだろうからねぇ~

コンサルが決まった時は既に工事の施工業者も決まってるパターンがありますからね(笑)

龍郷町も大和村も怪しさ満点(笑)ドングリの背比べって感じだね。


PS・・・奄美世直し隊さん!コメントありがとうございました。

え~~~~来年の町長選挙の対抗馬が決まっているって本当ですか!

また画策してるのはアノ建設会社ですか(笑)

メジロでチンコロしたり何でもありですね。

また面白い情報宜しくお願い致します!

Click↓↓↓Click

続きを読む

【再掲載・平成27年8月22日分】龍郷町長選挙の勝ち組に異変が起きている!?【news告知】+【アクセス数がトップなので永久保存版決定】

【※次回予告!龍郷町に新たな問題!?外国からの客船誘致に動いている?近日公開予定!】

この記事は昨年の8月22日に掲載致しましたが現在もアクセス数がアップしているため永久保存版とします。

今回、地元業者の方だと思われる方から「地元でとても反響があった記事なので、検索しやすいようトップページに再掲載できないでしょうか?」との問い合わせがありました。

当ブログは地域密着型ブログです。これまで同様、今後も地元の小さな声も大事にして行きたいと思います。

【※再々掲載↓↓↓↓↓】

かねてから胡散臭さが満載の龍郷町の入札問題。

ここに来て新たな局面を迎えているとの情報が入った。

その情報とは・・・町長選挙の勝ち組の代表格であるH建設とN建設がトラブっているのではないかというものだ。

「えっ?そりゃ本当かい?」と、誰もが首を捻りたくなる話ではあるが、どうやら単なる噂ではないようだ。

地元の事情通によると「HとN建設は自他共に認める町長選挙の勝ち組です」「今後はこの2社がガッチリ手を組んで龍郷を仕切って行くと囁かれていましたが、どうやら最近になって良好な関係は崩壊したようです」「噂によるとH建設のおこなう裏工作が原因でトラブったのではないかと・・・」

何故?HとN建設がおかしな関係になってしまったのか?

原因は何か?

裏工作とはいったいどういうことなのか?・・・


事情をよく知る地元の関係者いわく、「HとNでは龍郷ではHが力を持っていると言うことさ!」「龍郷で仕事取りたきゃうちをチャーターで使え!使わなきゃ仕事は取れないぞ!と言うのがHの口癖だよ」とのこと。

この疑惑については以前も一度書いたことがあるが、今回またしても同様の話を耳にすることとなった。


さて、今回のトラブルについてここ数日調べてみたところ、HとN建設のトラブルは予想通り仕事の取り合いが原因だということが判明した。

仕事の取り合いが原因ってことは、要するに話し合いが不調に終わったと言うことだろう・・・

談合疑惑の絶えない龍郷なら十分にあり得る話である。

ただの談合なら叩きあいをすれば済むことだが、ことここに及んで仮に官製談合が存在するならば誰も太刀打ち出来ない。

最低制限価格を知る者のみが必ずチャンピオンになるからだ。

龍郷には未だ官製談合の噂が絶えない。

H建設とN建設のトラブルの原因が単なる仕事の取り合いではなく、官製談合が絡むトラブルならそれこそ大事件勃発となる。

この問題については今後も動向を注視すると共に、龍郷町の良識ある方々からのさらなる告発を待ちたいと思う。



龍郷の問題を書いたついでに、もうひとつ気になる龍郷の建設業界のことを書きたいと思う。

建設業界においては、元請けと下請けは長年培った信頼関係で結ばれている。

あそこの会社がこの地域の物件を落札すれば、馴染みの会社を下請で使ったり、チャーターを使ったり・・・まぁ~言ってみりゃ~こんな感じだ。

元請け会社もそんな簡単には下請け会社をコロコロ変えたりはしない。

付き合いの浅い業者を安易に使い労災事故でも起こされたらかなわないからだ。

顔見知りの業者を使ったほうが安心感があることは言うまでもない。

先日、龍郷の入札結果と出入り業者の流れを調べてみたところ、気になる案件が浮上してきた。

奄美市の大手建設がこれまであまり付き合いがないと思われてきたH建設にチャーターの仕事をさせているのだ。

どこに仕事を任せるかは自由であるが、何故?奄美市に本社を構える某大手建設会社はH建設を使ったのか?

H建設と某代議士との関係を考えると・・・

まさかとは思うが・・・某代議士が関係しているのでは・・・?


次回へ続く!


【※龍郷のHやN、某代議士に某大手建設会社、「アルファベット」や「某」が多すぎて混乱すると思いますが、パズルだと思って皆さんなりに解釈して下さい】


それにしても・・・こんな調子じゃHも本当に一人ぼっちになっちゃうんじゃないの?

大手T建設の仕事だけ黙って受けてりゃ~いいものを、よりによってアノ建設会社の仕事を受けちゃうなんて・・・

えっ?意味が分からないって?

そのうち分かる日が必ず来ますよ。

Click↓↓↓Click

続きを読む

奄美大島 龍郷町発注の土木工事入札結果を検証する・・【公正取引委員会も大注目!】

【お知らせ】※3月21日掲載分を4月11日再掲載しましたがアクセス数が多かったため最新記事トップに再々掲載しました。

過去に入札問題や官民癒着の構図が露見し世間を騒がせた奄美大島の龍郷町。

その龍郷町発注の入札結果にまたもや疑問の声が上がっている。

先ずは龍郷町発注の土木工事入札結果の一部を検証したいと思う。

落札日・工事名・落札金額・落札率・入札参加業者・落札業者の順で記載。

【No1】
◎2015年6月12日・・26年度社会資本整備総合交付金(浦赤尾木線)2工区・・425万8千円・・98.8%・・浜島産業、南洲建設、中善組、田中建設、荒場産業・・【浜島産業】


【No2】
◎2015年7月7日・・26年度橋梁補修(交付金)(第1里橋)・・1.118万5千円・・99.4%・・浜島産業、田中建設、南洲建設、中善組、荒場産業・・【浜島産業】


【No3】
◎2015年7月24日・・27年度道路補修(屋入赤尾木線)・・156万円・・97.9%・・浜島産業、碇山、龍郷建設、田中建設、拓南土木・・【浜島産業】


【No4】
◎2015年8月25日・・27年度森林管理道舗装円線(農山漁村地域整備交付金)・・2.605万円・・99.4%・・浜島産業、中善組、田中建設、南洲建設、荒場産業・・【浜島産業】


【No5】
◎2015年9月29日・・27年度橋梁補修(交付金)(玉里1号3号橋)・・1.792万6、303円・・87.2%・・浜島産業、赤穂産業、共栄開発工業、グリーンテック、竹山建設、中善組、南洲建設、友原建設・・【浜島産業】


【No6】
◎2015年10月2日・・27年度公営住宅ストック総合改善事業(赤尾木団地)改修・・2.310万円・・97.7%・・浜島産業、山口建設、俵塗装、中善組、南洲建設・・【浜島産業】


【No7】
◎2015年10月14日・・27年度龍南地区簡易水道基幹改良事業1工区・・4.190万円・・99.2%・・浜島産業、田中建設、荒場産業、南洲建設、中善組・・【浜島産業】


【No8】
◎2015年10月16日・・27年度観光施設設備事業(手広海岸観光地連携整備事業)園地整備・・1.730万円・・99.2%・・浜島産業、中善組、田中建設、南洲建設、荒場産業・・【浜島産業】


【No9】
◎2016年1月6日・・27年度赤尾木団地浄化槽切替・フェンス取替・・915万円・・97.9%・・浜島産業、カワバタ電設、南洲建設、拓南土木、田中建設、大平建設、碇山、中善組、龍郷建設、作田産業・・【浜島産業】


【No10】
◎2016年1月22日・・27年度町単独河川維持補修(手広川)・・710万円・・97.7%・・浜島産業、荒場産業、南洲建設、田中建設、中善組・・【浜島産業】


すでに業界関係者の方々はお気付きだと思うが、上記入札には1つのパターンがある。

地元の業者のみで指名メンバーが構成された場合の落札率と、地元以外の業者も同時に指名メンバーに構成された場合の落札率に歴然とした開きが出ているのだ。(※県の瀬戸内土木事務所発注工事も同様のケースが多い)

再度入札結果を見てみると・・・・・

【No1】→98.8%→425万8千円

【No2】→99.4%→1.118万5千円

【No3】→97.9%→156万円

【No4】→99.4%→2.605万円

【No5】→87.2%→1.792万6、303円

【No6】→97.7%→2.310万円

【No7】→99.2%→4.190万円

【No8】→99.2%→1.730万円

【No9】→97.9%→915万円

【No10】→97.7%→710万円

ご覧になって分かる通り【No5】の入札だけが何時ものメンバーと違う赤穂産業、共栄開発工業、グリーンテック、竹山建設が指名に入っている。その結果何時もは97%超えの落札率が約10%ダウンの87.2%の落札率となっている。(※ご丁寧にNo5の入札金額だけは下一桁まで数字を出している)

単純に考えると「話し合いが通用しない」相手とは当たり前の競争入札をやらざるをえない・・・というふうに解釈出来るのではないだろうか?

談合の証拠などなかなか出てくるはずがない。

しかし、状況的に不自然な落札が続くようであれば、発注者や警察当局は警戒すべきである。

今の時代よほどのことがない以上、競争入札で話し合いをせず(※談合)97%以上で落札出来る可能性はゼロに等しい。

奄美大島においては奄美市以外の町村(※龍郷町、瀬戸内町、大和村、宇検村)では未だ談合が行われている。

公正取引委員会が奄美大島に来るはずがない!証拠がないから警察が捕まえられるはずがない!・・・公正取引委員会と警察当局を嘲笑うかのように日々談合は繰り返されている。

歴史は繰り返されるというが、龍郷町では以前摘発された時の構図と同じ構図が出来上がっていると考えるべきだろう。

要するに・・・またしても発注者サイドから入札金額が業者に漏れている可能性が高いということだ。

役場職員が情報提供の見返りに金品を受け取っているならば、それこそ新聞の三面記事にデカデカと掲載されることになる。

業者は指名停止で済むかもしれぬが、情報を漏らした役場職員は懲戒免職プラス退職金ゼロ、さらには刑事事件の被告となり留置場→拘置所→裁判→有罪判決→前科一犯となる。

黙っていればバレない・・・・・果たして本当にバレないだろうか?

役場内部に・・・

次回へ続く!

Click↓↓↓Click





アゲー(´Д`)【奄美大島建設業関係者必見!】

先日アップした「独占スクープ!奄美大島の何処の話か勝手に想像してくれ!【奄美大島建設業関係者必見!】」の続編です!


まずは・・・奄美大島の世直し隊の皆さん!本当にありがとうございます!

いゃ~なかなか面白い情報ですなぁ~


H社の社長の趣味が自分の自慢話と他人の悪口だとは想像もしていませんでした(笑)

まるで小学生( ̄□ ̄;)!!

そんな調子なら「指名に入れないぞ~」って叫ぶのもマジ分かるわ~


挙げ句の果てにはメジロを飼っていた知人のことを警察にリークしたのもH氏!

リークしたことがバレそうになって必死に他人のせいにしたらしいが、周りは皆分かっていた・・・H氏が間違いなくリークしたはずだ!皆そう思っていた。

メジロくらい見逃してやればよかったのに・・・



おそらくH氏は罪1つ犯したことがない神様みたいな人なんだと思う。

だから課長が業者と出来上がっていることをリークしたり、アノ人がメジロを飼っているとリークしたのだろう


と・と・と・ところが・・・そんな正義の味方であるリークマンにも1つの疑惑がある。

その疑惑とは・・・

鹿児島県が経営審査の際に提出させる書類に一部故意の偽造があったのではないか?というものである。

手口として一番考えられることは、点数を下げないために「借入利息」を意図的に改竄したのではないか?

その可能性が高いと睨んでいる!

H社については現在調査中であるが、何れは県の管理課に確認してみようと思う。

あと・・・極めつけは・・・と思ったのですが・・・この問題については後のお楽しみに取って置きます


はぁ~それにしても奄美大島はいろいろありますなぁ~

次はどんな情報が飛び込んでくることやら・・・



(=・ω・)/ヨナオシタイノミナサン!コニヤ&セトウチジョウホウモ ヨロシクオネガイイタシマス!


【カゴシマ バクロクラブワ シンチャンスエコ フタリノ アイヲ オウエンシマス!】

↓ポチット↓ヒトオシ オネガイシマス!

独占スクープ!奄美大島の何処の話か勝手に想像してくれ!【奄美大島建設業関係者必見!】

某代議士と蜜月関係が噂されている疑惑の建設会社H社について調べている。

このH社・・・県のランクはDなのに地元では何故か鼻息が荒い。

「うちに逆らうと指名に入れないぞ!」

「うちのダンプを使わないと仕事が取れないぞ!」

何処のお偉いさんか分からないが勘違いもここまで来れば可愛い気がない。

地元の入札結果を見てみると、さすが鼻息の荒さと比例して、美味しい仕事もガッツリと落札している。

何時ものパターンで入札情報が抜けているのではないか?と疑いたくなる。

って言うか・・・指名に入れる、入れないなどと聞くと、いよいよもってただ事ではないなぁ~と、改めて事の重大さを実感する。


早速、地元で情報収集したところ、案の定・・・入札情報流出の噂をキャッチ!

どの職員が情報を流しているんだ!?

課長か?

いったい誰なんだ?

答えは直ぐに出た!

な・な・なんと・・・首長さ~ん・・・あなただったのねぇ~(笑)

選挙で協力してもらったからって首長みずからそこまで協力しなくてもいいんじゃないの?

こりゃ~時間の問題だなぁ~

それとも逃げ切る自信でもあるのかな?

その可能性はあるよね。

だってさぁ~H社って・・・確か・・・数年前に警察に情報リークしてお手柄たてたんだよね。

警察の良き協力者なんだから未来永劫捕まるなんてことないかもしれないねぇ~

ただ思うんだよねぇ~

警察ってそんな甘くないんじゃないのかって・・・法の番人だからね。

多少の事には目をつぶれても、あまり跳び跳ねられちゃ~庇いようもなけりゃ~目のつぶりようもないんじゃないの?

地元の建設業者は酷い目にあってるようです。

反対に・・・H社と仲良しこよしで我が世の春を満喫している業者もいる。

自分たちは勝ち組だと勘違いしているようだが、果たしてそうだろうか?

人生なんて一寸先は闇だということを忘れてはならない。

事件の組み立てなんてのも素人では想像も出来ぬストーリーが時として出来上がるということも忘れてはならぬ!

えっ?どういう意味かって?

例えば・・・H社は小物だからマリコン談合事件に登場していたT社を引っ張りたい!

H社から着手して本命のT社をパクる!(※H社が撃沈して喜ぶのは地元の業者だけ。T社が道ずれ撃沈してくれれば県内大手は万歳三唱)

さらにH社が口を滑らして某代議士のネタが出て来れば二重丸◎◎(※たとえ追い詰めることが出来たとしても代議士逮捕は無理だが、貸しを作ることが出来る)

こんな感じの組み立てもあるかも知れないですよ。

もちろん主人公の首長さんはクビチョンパですけどね。


PS・・・世直し隊の皆さん!命懸けの情報提供ありがとうございました!



(=・ω・)/ヨナオシタイノミナサン!ガンバッテクダサイ!


【カゴシマ バクロクラブワ シンチャンスエコ フタリノ アイヲ オウエンシマス!】

↓ポチット↓ヒトオシ オネガイシマス!

第5弾!疑惑の島 奄美大島 鹿児島建設業関連

龍郷町が発注した2件の道路整備工事の入札で、数社が最低制限価格と同額で入札し、抽選で落札が決まったんだとさ♪

龍郷町地域整備課は「企業努力の結果で、最低制限価格と入札が同額になる可能性はある」と情報漏れを否定しました。


企業努力??????

ふぅ~ん

龍郷町の建設会社は奄美市の建設会社同様優秀なんだねぇ~

なんてったって奄美の建設業協会の支部長が立派な方だから・・・他の建設会社も見習って頑張ってるんだろうなぁ~

皆さんも何か心配事があれば地元選出の県議の先生に相談して下さいね♪

えっ?どういう意味かって?

それは秘密です


話が反れちゃいそうなので、今回の入札に話を戻すとするか♪

町道本茶安木屋場線2工区の入札は3社が最低制限価格の1823万1886円で入札。

町道本茶安木屋場線3工区の入札は2社が最低制限価格の2166万6324円で入札。

落札した業者は「過去の入札の経験を踏まえ、町が公開している情報をパソコンソフトに入力すれば最低制限価格と一致することはある。不正はない」と話しているようですが・・・

皆さんはどう思いますか?

猫も杓子もパソコンソフト!パソコンソフト!ってバカの1つ覚えみたいに言ってますが・・・ってことはパソコンソフト持ってる会社が断然有利ってことなの?

パソコンソフトだけではなく、入札に関する有力な情報がプラスされることでパソコンソフトが有効活用されるんじゃないの?

発注者から有力な情報を得られる会社が1人勝ちするに決まってるじゃん!

現在、公正取引委員会が奄美大島の某地区の入札を調査してるみたいだから、ついでに龍郷町も立ち入り検査してもらえばいいんじゃないかな?

黒なのか・・・白なのかハッキリさせたほうがいいと思いますよ!

奄美大島の最低制限価格ドンピシャ落札の多さは異常でしょ!

鹿児島の大手建設会社は苦戦してますよね!!

龍郷町の建設会社より数ランクレベルが上なのに仕事が取れずにバタバタしてる。

龍郷の建設会社が言うように簡単に最低制限価格が出せれば苦労してないよ!

渡辺組・南生建設・植村組・丸福建設・森山組・小牧建設・・・このクラスの実力派が苦戦している現状を考えれば、奄美大島の建設会社の主張は説得力に欠けるんじゃないかなぁ~

一連の最低制限価格ドンピシャ落札には、何かがあるのではないかと疑われても仕方ないんじゃないの?


PS・・・告発者さん!仰天の内部資料ありがとうございました。


(=・ω・)/ミナサン ナツバテニワ キヲツケテクダサイネ!

プロフィール

7ドラゴン

Author:7ドラゴン
世の中には表に出て来ない話が山ほどあります。
新聞にも週刊誌にも載ることはありません。
そのような見過ごされそうな問題をボクなりの視点で皆さんにお伝えして行こうと思います。
主に鹿児島県内の問題。
情報があれば九州管内の問題についても呟きますのでおヒマな時にはご訪問下さい。
情報提供、告発等につきましては公益性のあるものに限らせていただきます。
コメントは管理人承認後に掲載致しますが、コメントの内容が個人情報、誹謗中傷と判断した場合は承認致しません。
複数回に及んだ場合は通報と同時にIPアドレスをブロック致します。
宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR